結婚式

サホロ・スキーの旅2017が無事終わりました。

<今日の表紙>帰りの新得駅待合ロビーに展示していた新得ロケーションブライダルフォト
DSC06193

昨日のサホロの帰りに見た新得ならではのロケーションフォトです。DSC06197
DSC06198
DSC06196
いいですね。海外もいいけれど、北海道の自然もいいね!

昨日は、朝から薄曇り空でしたがスキーには問題なしのお天気。DSC06177
ホテルの入り口横の雪ダルマも行ってらっしゃ~い!DSC06181

朝8時45分からリフトに乗ってサホロスキー場へ向かいました。そしてゴンドラ駅から快調に滑り出します。DSC06184

3回ゴンドラに乗り滑りましたが、だんだんお天気が悪くなりました。DSC06189

10時15分まで滑って今回のスキーはおしまいです。DSC06192

2日間、ケガをすることもなく快調に滑ることが出来ました。

無理をするなと自分の心に言い聞かせて滑ったおかげだと思います。

ホテルから新得駅までは、来るときと同じマイクロバスの運転手さんでしたので、会話を楽しんで、シーユーアゲインネクストイアーと言ってお別れしました。(笑)

  よかったよ 今年もいっぱい スキー出来 思い出つくり サヨナラサホロ

13時40分ごろに新千歳空港に着きました。空港では、昨年と同じくシロクマ君がお出迎えしてくれました。DSC06202

お目当ては松尾ジンギスカンのお店です。DSC06203

ここのジンギスカンを食べながら生ビールを飲むことが北海道でのスキー旅行のもう一つの楽しみです。DSC06206
いただきま~す!

30分遅れの16時30分に名古屋行のANAが飛び立ちました。DSC06214
眼下には雪の大地が見えました。DSC06219
飛行機雲がきれいです。DSC06223
リズミカルな雲海です。DSC06225


セントレアに近づいてきたときの雲の切れ間から見えた夜景でお別れします。DSC06229


今日の曲は、絢香 はじまりのとき New Beginning




別れの季節から出会いの季節へ2017

<今日の表紙>昨年5月22日の煙突に乗った太陽
DSC03944

別れの季節から出会いの季節へ を書きだして今回で早くも7回目になります。

ということは、約6年の月日が経ってしまったということです。

昨年も1月の雪の日のあとに書きました。(ブログ参照)。015



第1回目、2回目を見て、僕の会社で結婚式のアルバイトをしてくれた人たちは、もう社会人として働いている計算になります。

先週の土日、寒波の中、センター試験が行われました。

世の中は、受験シーズンが始まりました。そして3月には卒業シーズンを迎えます。

高校生だった君は、大学生へ。大学生だった君は、社会人へ。

新しい世界が待っています。

学生時代の幹は授業であることは当然です。

僕は、はるか48年前に大学に入りました。

48年前のことですので、授業はほとんど覚えていません。しかしアルバイトしたことはよく覚えています。

お金儲けのためにアルバイトをしたのですが、不思議と覚えているものです。

大学の授業は難しくて覚えにくいものですが、アルバイトは大学の授業に比べて刺激的で覚えやすいということでもあります。

これから社会人になる君もひょっとしたら10年後ぐらいには、僕の会社でアルバイトしたことの方が大学の授業よりよく覚えているかもね。

しかも、その仕事が結婚式という華やかな舞台を支えるスタッフというかなり印象的な内容です。

結婚式を挙げるカップルの幸せの演出を作る映像の仕事です。

大学というフィールドとは違ったフィールドでいろいろな人と出会い協力して仕事を完成させていくストーリーです。

多くの感動の場面に遭遇します。

そういう仕事を体験できる君はラッキーだと思います。そして、そのラッキーな仕事を体験して社会人になる君は自分が将来結婚する時に必ずプラスになるでしょう。

ラッキーと言えば、僕が最近再読した本「人類が生まれるための12の偶然」の中で面白いラッキー、多分君が知らない偶然(ラッキー)を2つ書きますね。002


1つは、太陽系の木星と土星という巨大惑星の引力のお陰で、もし木星と土星が存在しなければ地球に衝突する隕石の数が現状の1000倍になっているのです。

ということは、2つの巨大惑星のお陰で恐竜の絶滅を引き起こしたとされる巨大隕石の衝突が起こりにくいような太陽系での位置に地球があるということです。

2つ目は、月の存在が、地球の自転速度を1日6時間から、今の24時間に変える役目を果たしました。

月は、1年間に地球から約4センチづつ遠ざかっています。その間に長い時間をかけて月の引力の影響で自転速度が遅くなりました。1日6時間の自転速度では常に強風は吹き荒れていて、今の人類は生まれていません。

この本では、そのほかに太陽の大きさや太陽系での地球の位置、地球の大きさなど、10の偶然(ラッキー)があって、僕たちが存在していると書いています。

今回の君のラッキーは、多くの人類の中で天文学的に少ない、僕の会社で結婚式の仕事をするという特別なラッキーです。(笑)

  君からの通知がないか確かめる10分ごとに重なる指紋 池内絵美香さん 東洋大学が募る今年の「現代学生百人一首」入選作より

さあ、勇気をもって新しい世界へ羽ばたこう!DSC05040
素晴らしい1月16日の日の出

今日の曲は、星野源 恋








今日は38回目の結婚記念日です。最近9回は1人で祝っています。(涙&笑)

<今日の表紙>今朝のダイナミックな日の出前のパノラマ(6時47分)
DSC03821

今朝は、久しぶりに雲が日の出前の太陽に照らされてダイナミックなパノラマが出現しました。DSC03822


太陽が昇るとパノラマショウは、光が強すぎて終わります。(6時56分)DSC03835


12月1日の亡妻の命日にお墓参りに行きました。

妻と僕のお墓のプレートの写真です。
DSC03384

最近は、だんだん亡妻との歳の差を感じるようになりました。DSC03389


朝、目を覚ますと、すぐには起きられません。

よっこらしょ!

38年前の昭和53年12月10日に、僕たちは、名古屋市の八事にあった「ウェディングパーク八事平安閣」で結婚しました。

ガラス張りの建物で、当時は多くのカップルが結婚式を挙げていました。

当時は、結婚式、披露宴を合わせて2時間半ほどが普通でしたが、後席がなかったせいもあり、盛り上がって披露宴が3時間を超えてしまいました。

スピーチのほか、伊勢音頭や流行歌など、僕も歌ってしまいガラス張りの部屋でしたので、外が暗くなるのがよくわかりました。

今となっては、懐かしい思い出ですが、結婚式に来ていただいた、来賓の方や、友人たちとも38年経ってもお付き合いさせていただいているということは大変感謝しております。

僕たちの結婚した時代は、結婚式をした日が結婚記念日ということがほとんどですが、最近結婚する人達は、入籍と結婚式をする日がかなり間隔があいて、どちらにするか?です。

月並みですが、あっという間の38年間でした。

記憶というのは、本当にいい加減ですべてがあいまいになってきています。

あの時は、楽しかったな~。あの時はつらかったな~。で膨大な時間を表現してしまいます。

楽しかったなら、その楽しさを具体的に覚えていろよ!と言いたいですがほとんどアバウトです。辛いことも同じです。

先日、バドミントンの試合で待ち時間が十分ありました。その時に突然浮かんだことがありました。

それは、もしあなたの寿命はあと1年だよとお医者さんから宣告されたら僕はどうして生きるだろう?と考えました。

65才の今でしたら、11ヶ月はほとんど今まで通りの生活をして、最後の1ヶ月は、ちょっと懐かしい人に会いに行く計画を立てるかな。でもあと1ヶ月しかなければ動けない身体になっていて計画倒れかもしれません。

なかなか、今までの生活を変えることは難しい。それと、意外とこの生活に満足している自分がいます。

これってささやかな幸せなのかなと感じます。多分半年だと宣告されても同じでしょう。

幸せをこういう角度で見ると、今の生活を変えたくない人は幸せですかね。

若い時と違い、人生を自分なりに楽しむことが目的になっています。

今はどう 幸せですか そうですね 今の生活 変えたくないね

僕の目標である、生誕30000日(2033年5月11日)目指して頑張ります。

生誕24000日(今年12月6日)は、残念ながら2日後に気が付きました。

次のチェックポイントは、生誕25000日(2019年9月2日)です。

亡妻の愛した皇帝ダリアでお別れします。DSC03397


今日の曲は、TUBE 十年先のラブストーリー



笑顔が溢れた素敵な新郎新婦でした!(兼松・光田ご両家結婚披露宴)

<今日の表紙>披露宴会場入り口前に飾られたウェルカムボード
DSC03091

昨日は、新幹線に乗り神戸へ出かけました。

兼松・光田ご両家結婚披露宴に出席するためです。会場は、新郎宏光さんのお父様が経営する結婚式場「エスタシオン・デ・神戸

200名以上の方々のご列席で最近ではかなり盛大な結婚披露宴です。

午後1時過ぎから始まりました。

新郎新婦入場です。DSC02994
新婦奈未さんのきれいなこと、笑顔が素敵な女性です。

新郎宏光さんより、早速皆様へのスピーチです。DSC03002
かなり緊張気味です。

全互連会長&(株)サンレー社長の佐久間庸和様よりのお祝いの言葉です。DSC03003


続いて、新婦側の主賓ご挨拶、乾杯のご挨拶と続き、新郎の友人たちと新郎新婦とのショットです。DSC03015


そして、新婦の友人たちとのショットです。DSC03018
最近は、新郎新婦の席は、フォトスポットとなっています。

カリスマブロガーでもある佐久間社長と僕との2ショットです。DSC03019


迫力ある、マグロの解体ショウです。DSC03023
そして美味しかったこのマグロの刺身です。DSC03083


新婦の1回目の退場は、ご両親とです。DSC03027
新郎の退場は、友人の騎馬にまたがってです。DSC03030


2人での1回目のお色直し入場です。DSC03034
続いてケーキ入刀です。DSC03041
新婦からのビッグなファーストバイトです。DSC03044
さすがに1回では食べられません。DSC03045


新婦奈未さんは、ANAのキャビンアテンダントとして活躍してきました。同僚の方々による、機内での注意事項の案内をもじった余興は面白かったです。DSC03065
「機長兼松宏光、チーフキャビンアテンダント光田、いや改め兼松奈未・・・・・」DSC03078


2回目の退場は新婦は仲のいい弟2人とです。DSC03081
新郎は、お母さんと2年前に結婚して、今はアメリカに住んでいる長女の奈央さんとです。DSC03084


奈央さんの結婚式の時にもご挨拶しました、お二人の結婚式の祭主をされた、伊弉諾(いざなぎ)神宮の本名孝至(ほんみょうたかし)宮司と2ショットです。DSC03085


2回目のお色直し入場は、鮮やかな黄色のドレスです。DSC03088


料理は、メインのサーロインステーキになりました。DSC03096


いよいよクライマックスの新婦よりご両親への感謝の手紙の朗読です。DSC03102


  花嫁は 両親への愛 しっかりと 溢れる想い 伝えほほ笑む

花束贈呈のあとは、兼松会長より両家代表謝辞です。DSC03122
そして新郎宏光さんよりの御礼の言葉です。DSC03134
ちょっとアドリブでしゃべりますと言って立派な御礼の言葉を述べられましたが、心配そうな兼松会長の表情が印象的でした。

エスタシオン・デ・神戸のスタッフへの感謝の言葉など、無事御礼の言葉を述べてほっとした表情で退場される宏光さんも印象的でした。DSC03136


エンディングシネマでお開きとなりました。DSC03137


お見送りをしているときの兼松会長のほっとした表情が、新郎の親の心境を現していました。DSC03140


やっぱり結婚式はいいですね!招待されたお客様も幸せ感をいただけます。

僕のブログは写真が多いのですが、結婚式となると、普段よりも多く撮ります。今回は160枚ほど撮りました。

選りすぐった29枚のお開きのショット、お二人と僕の3ショットでお別れします。(笑)DSC03098


今日の曲は、福山雅治 家族になろうよ


結婚式場はお二人の両親が主役の新しいイベントを考えてほしい!

<今日の表紙>今朝の遅い日の出
DSC01381

今朝も暖かく、半そででもOKでした。
よく晴れていましたので、日の出を期待していたら、雲がかかってなかなかお日様が顔を見せてくれません。

6時23分ごろにやっと雲の中から出てきました。DSC01379
今朝のお日様はまぶしくなくて、雲のベールをまとってミステリアスな登場です。DSC01383
ハロウィンではありませんが、お日様も仮装をしているようです。(笑)

秋の結婚式シーズン真っ只中です。日本中の結婚式場は今の季節が一番忙しいはずです。

僕の会社も、結婚式の映像演出のお仕事をしていますのでかなり忙しそうです。

先日は、忙しい中、新しい記録商品の打ち合わせをしたところです。

ビデオが普及し始めのころは、記録(ビデオ撮影)がほとんどの仕事でした。

それが、今では結婚式の中で流す映像演出商品(エンディング・シネマなど)が仕事の半分以上を占めています。

結婚式場の昔も今も変わらないところは、土、日、祝日中心の施行と春・秋のシーズン(12、1、2、7、8月を除く)があるということです。

この除かれた5ヶ月のうちでは、比較的柔軟なイベントを行える時間があるように思います。

では、僕が何をしてほしいか書きますね。

今年の6月23日のブログ(仮称「縁日の宴」)でも書きましたが残念ながら一歩も進んでいませんので。(汗)

結婚式前と結婚式当日はお二人を中心に両家の両親がそろって食事やお話しの華が咲きます。

でも、どうでしょう?それ以後は・・・・・

僕の例で言いますとこういうことです。

6年前に息子が結婚しました。嫁の両親と食事をしたのは結婚式の後では宮参りと今夏のKBA62の法事だけです。

3年前に娘が結婚しました。婿の両親と食事をしたのは、結婚式の後では、宮参りの後だけです。3日後の美和ちゃんの宮参りの後食事をする予定。

僕自身のことを言えば、僕の実家が大分県別府、亡妻の実家が滋賀県高島市ということで結婚した名古屋とは離れています。

ということで、結婚式後は、まったく両家で食事をしたことはありません。そして、僕と亡妻の両親はその後全く顔を合わせないまま天国へ・・・・・

僕の例でもお分かりのように、結婚式の後は意外と両家の両親がそろうことはないのです。

でも、二人が結婚できたのも両親のお陰です。197


クリスマスやバレンタインデーや最近はやりのハロウィンなどと同じように、結婚式場でお二人の両親が楽しく食事ができるイベントを毎年恒例化してほしいです。

そしたら、毎年は無理でも、結婚して5周年、10周年などの記念に思い出の結婚式場で両家の両親と共に楽しい食事が出来たらうれしい。

親子3世代そろってのパーティーです。

僕たち、二人の両親は歳を取り、時間に余裕ができると同時に、残された時間も短くなります。

年寄りになって思うことは、体が元気なら子供たちの家族に会える楽しいイベントは、わくわくします。

お二人を中心としたファミリーのパワースポットとしての結婚の地、結婚式場が取り持つ「縁」を生かして、お二人だけではなく、ファミリー全員が楽しいイベントを企画してほしいですね。

  ファミリーの 不思議な縁(えにし) 語り合う パワースポット 結婚の地

先日の天橋立で見かけたコスモスでお別れします。DSC01248


今日の曲は、コブクロ YELL~エール~





結婚式場の新しいイベントを提案します。仮称「縁日の宴」

<今日の表紙>22日の朝日新聞(経済欄)で紹介された弊社のVR(バーチャルリアリティー)
DSC05144

21、22日の2日間東京ビッグサイトで開催されたブライダル産業フェアの弊社ブースでの出店風景が朝日新聞の経済欄に紹介されました。

結婚式の世界も、デジタル技術でいろいろなサービスが可能になっています。

しかし、結婚式場は、結婚者数の減少に比例して全体的にはアゲインストの風が吹いています。

そういう意味でも、新しいイベントを立ち上げる必要があります。

結婚式と全く関係ないイベントではなく、結婚式の縁を大切にしたイベントの方が意義があります。

ということで、僕自身の立場から出た発想を提案します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
仮称 縁日の宴

結婚式場で、今まで結婚式をしたお二人をご招待してイベントを開催することはよくあります。

しかし、お二人を含むそれぞれのご両親を招待してイベントをする結婚式場は僕の知るところではありません。

僕も、6年前に息子、3年前に娘が結婚しましたが、孫の宮参り以外では、結婚式以来、それぞれのご両親と食事をする機会がありません。

瞬間的には会うことはありましたが、ゆっくりお話しをする機会などはありませんでした。

ということは、僕のお葬式に来るぐらいしか僕とは縁遠い親戚ということになります。

よく考えると、僕たちのそれぞれの両親のときも全くその通りでした。

お二人の出身地が離れているほどそういうことになります。

僕は、今自分自身のためにも、結婚式場がその結婚式場で縁があって結婚式をしたお二人とそれぞれのご両親を交えて食事会をするイベントを作ってほしいです。

縁が結んだお二人、そしてその縁を生み出したそれぞれのご両親、そして選ばれた結婚式場という縁で結ばれたイベントを作ってほしいです。

お二人とそれぞれのご両親、そして孫で作る1テーブル、

1年間のいつこのイベントをするかは考えどころですが、僕はある期間(例えば1週間)のウィークデーの夜(6時~9時)がいいと思います。

1時間ほどは、家族の絆などのテーマで著名人の講演か、タレントのマジックショウかトークショウなど、後の2時間はディナータイム

この企画は、1年前に結婚式を挙げた人だけでなく、10年前に結婚式を挙げた人でもOKです。

毎年イベントを開催するごとに参加者が増えていくことになる可能性大です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結婚式で結ばれた、ご両家の縁を再確認する機会になることを期待しています。

今年は、8月11日が山の日として新しい祝日になります。「縁日の宴」も新しい結婚式場のイベントとして船出してほしいです。

6月8日のブログで「やっぱり、生誕30000日記念日(僕の場合は82歳と7日)は祝ってほしい!」を書きましたが、歳をとるということは、お祝いのイベントが多くあった方がうれしいものです。

結婚式場は、結婚式の縁が生み出すイベントで、僕たちが歩むながーい道のりの中に潤いを与えてくれる企画をいっぱい作ってほしいですね。

  結婚後 再び会える 機会です 二人の親の 縁日の宴

197
僕の娘の結婚式での両親への花束贈呈です。

お別れは、昨日のブログの最後のスズメ蛾の幼虫の雰囲気にぴったりの20日の朝日歌壇の短歌です。DSC05097


  全力を出さねばならぬときがある地に落ち毛虫は走りはじめる 館林市 阿部芳夫

今日の曲は、コブクロ YELL~エール~




別れの季節から出会いの季節へ 2016

<今日の表紙>1月19日の朝、空に現れた一瞬のファイアーフィッシュ(雲と太陽の芸術作品)
030

僕は、一昨年の11月にマンションの6階に引っ越してから、毎朝日の出ウォッチングをしています。

今朝は、最近の寒波の影響で、雪が積もった日の出の風景です。015


1年の間には、すばらしい日の出の時間に遭遇することが数回あります。これは、偶然ですが必然でもあります。017
昨年1月14日の日の出前

根気よく、ワクワクしながらその瞬間を待っているからです。

そしてその一瞬に遭遇したとき、感動する自分に出会った時、続けて良かったとつくづく思います。019
今年1月5日の惑星のような太陽

学生生活も根気が大事です。

この季節は、君たちは劇的な時間を過ごします。そう、多くの若者が味わうこの時間。

君は、僕の会社で結婚式の仕事を卒業して社会に旅立とうとしています。

そして、君は新しい学びのフィールドに一歩を踏み出そうとしています。

卒業する君には、いままでの経験を胸に温めて社会人になって、結婚するときには、やっぱり結婚式をして多くの人に祝福してもらい、多くの人に幸せを感じてもらうことを忘れないでほしい。

それぐらい、結婚式は、人生のイベントとして重要なことなのです。

言葉ではなかなか語れないですが、あかの他人同士の男女が、君たちのご両親と一緒の体験のスタートの儀式。

これから大学生になる君が、アルバイトをしようといろいろな仕事を探すとき、出来るだけ感動できる仕事を経験してほしい。

いろんな仕事がある中で、結婚式の関係での仕事は、一押しです。

僕の会社の仕事は、結婚式の映像を作ることです。

幸せの時間が、結婚式が終わった後も残ります。

限られた学生生活の時間に、感動できる仕事を体験できることは、社会人になっても君の将来にいい影響を及ぼすでしょう。

もちろん、集中して仕事をしなくてはいけない状況もあります。

でも、幸せな時間を作るチームの一員として君の存在が欠かせません。

極めて人間的な感性が必要な仕事です。そしてこの経験が君のこれからの生活で必ず生かされるでしょう。

君自身の出会いの季節と別れの季節の間、君はすばらしい君に出会えるかもね?

君の勇気と決断が、君の未来を作るんだ!

  幸せな 時間をつくる お手伝い 君の勇気が 未来を照らす

君の情熱のような昨年9月24日の日の出前の空をプレゼントします。007


今日の曲は、いきものがかり ラブとピース






株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール