プライベート

カルロス・ゴーン事件の裁判での通訳の世界に感心しました。(1月9日天声人語)

<今日の表紙>名城公園に住むメジロ
DSC09776

目の周りが白いのでメジロです。DSC09775
わかりにくいですが、サザンカの花を食べています。こちらはナンキンハゼの実を食べているカラスです。DSC09771
冬枯れの今の時期は鳥たちもいろいろな餌で春を待っています。

さて、この連休明けの話題は、カルロス・ゴーンの保釈ができるか、保釈金はいくら?

1月9日の天声人語は、この事件を別の角度からウォッチングしていました。それがかなり興味深くてこの事件の大変さを窺うことが出来ました。

公判での通訳の問題です。DSC09841
先日の法廷でご当人や裁判官、弁護人よりも多く長く言葉を発したのは、法廷通訳の女性だろうとあります。
法廷通訳は裁判所の職員ではなく、語学講師らの兼業がほとんどで、国内に3800人。言語は62に上るとあります。さらに「ゴーン氏の公判は会計や法律の知識が求められ、準備作業が膨大。私にはとても引き受けられません」「加害者の通訳もあれば、被害者や証人の言葉も訳す。訳し方によっては人の一生左右してしまう。大変な重圧です」。と話すのは静岡県立大教授の高畑幸さん(50)。これまでに500件もの裁判で通訳を務めてきたとあります。DSC09842
隠語や下品な言葉、感極まっての涙声には骨が折れる。とりわけ手ごわいのは検察官の言い回しだ。早口、責め立てるような尋問。「絶対に記憶がないとは言い切れないですよね」といった二重否定を頻用する。
法廷通訳は5年間で200人も減っている。いつ裁判所から依頼が来るか読みにくい。報酬の基準が判然とせず事前の書面通訳には対価が支払われない。重責に報いるには、雇用環境が不安定すぎはしまいか。
結びはこうです。
年ごとに多くの外国人が法廷に立つ時代である。肝心の通訳の成り手が細って大丈夫だろうか。ゴーン前会長の裁判の行方も気になるが、通訳制度の行方も心配になってきた。

外国人の裁判での通訳の能力も裁判の行方にかなり影響するということがよくわかりましたし、裁判の増加が予想される中、人数が減っているという問題点も分かりました。

  通訳の能力超える裁判となる気がするよゴーン裁判
  
先日、フランスの司法当局から竹田JOC会長が贈賄容疑で調べられているという報道がありました。そのことについても昨日の天声人語で書いています。
昨年12月にもパリで聴取された。「復讐は冷まして食べる料理だ」。美食の国フランスのことわざである。敵をとるならじっくり策を練ってからと教える。ルノー会長として、かの国で尊敬を集めてきたカルロス・ゴーン容疑者に対する捜査の意趣返しか。

果たして、未来はどうなっているのでしょうか?

先日、名駅前の通路の花屋さんで見た、赤い花がとってもきれいなアネモネと、DSC09899
ゼラニウムでお別れします。DSC09900


今日の曲は、MISIA アイノカタチ

今年2019年の目標は「読書を強く心掛ける」

<今日の表紙>昨日の今年最初のJRタワーズのパノラマ
DSC09649

青空をバックにしてきれいなパノラマでした。

昨年末の天声人語はなかなかの内容でした。DSC09495
大晦日の楽しさを綴っています。「たかが新しい年になるだけだ。三十数年も生きると、別に新しい年になって何かが劇的に変わるということがないのも知っている。それでも、待つことそのものを味わうのだ」・・・新年を待つだけの不思議な瞬間である。人間には、二通りの時間の感じ方がある。一つは未来に向かって直線に進んでいく時間。もう一つは、毎年毎年、循環する時間である。「直線」の感覚からすれば、新年は通過点にすぎない。しかし「循環」すると思うなら、年が明ければ自分も新しくなるような気がする。DSC09496


<今日の表紙>のJRタワーズのパノラマも昨年から変わっているわけではありません。でも、今年最初という表現は新年では何故かふさわしいし、自然です。

今年の目標にしても、毎年毎年、循環する時間の中での目標です。新しい年になったからと言っても劇的に変わる行動ではありません。

まだ、年が明けて5日しか経っていませんが、今年の干支の「亥」にちなんだ短歌を今年最初のブログで書きました。
猪を家畜にすれば豚になる豚肉食べて猪パワー!!

ということで、2日と昨日4日のランチはかつ丼とみそカツにしました。DSC09651
4日間でたった2回ですが、豚肉を意識してレストランのメニューでは豚肉料理が目につきました。

言葉にすると、結果が少し変わるのかもね。(笑)


  したい事言葉にすればしないより実現できることがよくある

ということで、恒例の僕の今年の目標はこうなりました。

「読書を強く心掛ける」

昨年は、バドミントンのし過ぎが読書にも影響していたような気がします。

昨年も、読書は、電車の中でよくしていましたが疲れて途中で切り上げることも多かったです。

本の内容にもよりますが、1ヶ月3冊強読んで年間40冊読めればいいかなと思います。

ということで、今年は読んだ本をカウントすることにしました。まずは、年末年始に読んだ「当確師」真山仁著で1冊目です。DSC09663


言葉にすればしないよりも実現の可能性が増すと思います。

読書は、老後の生活というか、暇つぶしの時間を支える大切な僕の趣味です。いつでも、どこでも本は手軽に持ち運び出来ますし、費用が少なくてすみます。そして、感動したり、そんなこともあるんだと感心したりできて、67歳になった僕でも知らないことがいっぱいあるということを教えてくれます。いい本に出合った時の感動は本当に得したなと感じます。

今年は、豚肉をたくさん食べて猪パワーでたくさん本を読もうと思います。(笑)

昨日のきれいな夕暮れ時のパノラマでお別れします。DSC09665
DSC09664


今日の曲は、絢香&三浦大知 ハートアップ



30年祭から日吉大社へ

<今日の表紙>岸家ファミリーで、明けましておめでとうございます。
DSC09563

今年の正月も孫たちはKBAでよく遊びました。DSC09543
DSC09546
1546393336620


今年になって早くも2日目になりました。

今朝は、岸家の戦後を支えた岸鯛輔(僕の亡妻の親父です)の30年祭から始まりました。DSC09560
DSC09565


  二日目は岸家支えた鯛輔の30年祭曽孫とともに

神事を終えて日吉大社へ初詣に行きました。

あいにくのお天気の中、琵琶湖に浮かんだ白髭神社の鳥居です。DSC09569
神秘的な感じです。

日吉大社の入り口の鳥居の前の3ショットです。DSC09574
海ちゃんもお参りします。DSC09581
有名な辛抱地蔵です。DSC09582
神輿蔵に鎮座しているお神輿さんです。DSC09584


日吉大社のふもとのJR比叡山坂本駅で海ちゃんとお別れです。DSC09594


KBAへ帰る途中で遭遇した今年初めての虹でお別れします。DSC09600


今日の曲は、松田聖子 赤いスイトピー




明けましておめでとうございます。平成31年元旦

<今日の表紙>今年の僕の年賀状
DSC09401


明けましておめでとうございます。

亥年のスタートです。今年もよろしくお願いします!

年賀状にも書きましたが、今年の僕の短歌はじめの歌です。

  猪を家畜にすれば豚になる豚肉食べて猪パワー!!

今年は、意識して豚肉を食べることにします。(笑)


今日は日の出ウォッチング年間グランドスラムの一つ「冬至」ですが・・・(涙)

<今日の表紙>昨日が最終日の年末ジャンボの様子
DSC09201

昨日は、午前中名駅前に映画を観に行きました。DSC09202
平日にも関わらず宝くじ売り場には大勢の人が押し寄せていました。DSC09205


  年末のあわただしさの風物詩年末ジャンボ儚き夢か

夕方からは、久しぶりのバドミントンの仲間が集まり新栄で飲み会です。

新栄の花屋さんには、門松飾りが並んでいました。DSC09208
そして、ハボタンです。DSC09207


今朝は日の出ウォッチング年間グランドスラムの一つ「冬至」ですが、残念ながら雨模様で日の出は見れませんでした。DSC09216


年間グランドスラムとは「春分の日」「夏至」「秋分の日」そして「冬至」です。

今年は、秋分の日と夏至に一瞬の日の出が見えただけでした。DSC02568


日の出ウォッチングを始めて5年目になりますが、未だ4日とも日の出が見えたことはありません。

今までは夏至が一番見えにくかったですが、今年はその逆でした。

まあ、気長に行くことにします。

今朝の太陽の代わりに昨日、飲み会の前に観たきれいなお月様でお別れします。DSC09212


今日の曲は、絢香 あいことば

四文字熟語もいいけれど、三文字熟語もいいよ!

<今日の表紙>昨日の僕が参加した家庭婦人のママさんたちのイベント「フレンドリー」
DSC09163

昨日は、今年通算201日目のバドミントンの日でした。

いつもの練習会場の名古屋市北生涯学習センターでは、いろいろなところでバドミントンを楽しんでいる家庭婦人のママさんを中心としたお楽しみ会「フレンドリー」が40人以上の参加者で開催されました。

和気あいあいのうちに10時~4時半までバドミントンを楽しんでお開きになりました。

打上げは人数が少なかったけれど盛大に4人で行われました。(汗)

昨日の天声人語では、住友生命が募った創作四文字熟語で1年を振り返っていました。DSC09165
最後の方では、11月中旬以降に起こった出来事を筆者が四文字熟語で表わしていました。DSC09166


僕的には、筆者が書いた「疾風土投」が昨日の天声人語の中では一番の傑作だと思いました。

ということで、僕も今年1年を四文字熟語で振り返ってみることにしました。

とはいえ、ボケブラリーが少ない僕としてはなかなか浮かびません。

しばらく考えた末に浮かんできました。

起死回生をもじって「岸緩生」

岸は言うまでもなく僕です。緩生は、ゆるガットのゆるゆる大作戦を実行中のことです。

しばらく、素晴らしいなと「岸緩生」を思っていましたが、大問題に気が付きました。

「岸緩生」は三文字熟語です。(汗)

でも、今年の僕の目標は、自分の気持ちと相談しながら楽に生きることにしますということですので、4文字じゃなく3文字でもいいじゃん。

そう納得すると「岸緩生」が輝きだしました。

  新しい言葉遊びは岸緩生三文字熟語結構いいね!
  
今日は、3文字熟語は「岸緩生」しか浮かびませんが「三文字熟語」の世界はかなり広いような気がします。

今朝の気持ちよさそうな煙突の煙でお別れします。DSC09168


今日の曲は、Queen Somebody To Love



歯茎を手術して早一年が経ちました。今のところ順調です。

<今日の表紙>つれづれウォーキング地蔵川でのベストショット(12月5日)「ダイサギの舞い」
DSC08758

チャンスは突然にやってくるものです。

昨日は、約1ヶ月半に1回の歯のメンテナンスの日でした。右下の奥歯の歯茎が少し弱っているようです。

そして、今日は前歯上の歯茎の手術からちょうど1年が経ちました。

愛知学院歯学部付属病院の口腔外科で前歯上部の「歯根端切除術」という手術をしていただきました。

50歳代前半の頃からこの部分がばい菌により膿胞が出来てきて、歯茎を切開してクリーニングする手術を2回行いました。BlogPaint
行きつけの歯医者さんでの写真

今回で3回目です。

手術の2ヶ月ほど前から、膿胞が少し大きくなってきたので手術でクリーニングすることにしました。完全に治るわけではありませんが、前歯を抜くよりもいいのでこの手術を選択しました。ただし、もう手術できるのは、これが最後とのことです。

お陰様で1年が経った今でも大過なく過ごしています。歯は僕の長~い友だちです。

手術をしてくれたお医者さんや病院に感謝します。

毎日、食事をしますのでその都度歯が大活躍します。歯は生きる上での大切な部分です。

12月18日は、僕のいい歯の日です。

  手術して1年が経ち我思ふ長~い友だち髪の毛より歯

15日の名駅前のスパイラルタワーとお月様でお別れします。DSC09059
DSC09064


今日の曲は、槇原敬之 冬がはじまるよ



株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール