プライベート

「C'EST LA VIE!」は思わぬ幸運に恵ま れたときに使う例外的な使い方です 。映画「セラヴィ!」

<今日の表紙>先日81歳で亡くなった桂歌丸NHK追悼番組から4年前の姿
DSC03118

品のある落語家が亡くなりましたね。

昨日観たフランス映画「セラヴィ!」もフランスの上手な超個性派俳優たちの息の合った自然と笑いを誘う素敵な映画でした。DSC03119


主人公のベテランウェディングプランナーのマックスを演じたジャン・ピエール・バクリの演技力には惚れますね。DSC03121


17世紀建造のお城を借り切った結婚パーティの準備から長~い宴をアクシデントに遭遇しても乗り切って全員がハッピーになるストーリーです。DSC03123


フランス語の「C'est la vie.」とは、フランス人がしばしば口にする決まり文句で、あえて日本語にするならば、「これが人生さ」「人生って、こんなものさ」「仕方ない」などに相当するとあります。一般にあきらめ顔、悲しそうな顔、達観した顔、むずかしそうな顔などをして言う。

映画の節々に「C'est la vie.」になりそうなシーンが出てきますが、最後に「C'est la vie!」になります。「!」が付くだけで、セラヴィは明るい声になり、思わぬ幸運などに恵まれた時に使います。

C'estは「これが~」「それが~」「vie」は「人生」のこと。

  セラヴィ!があるから今日を生きているフランス人のこれが人生

フランス語の勉強が出来ました。(笑)

映画を観に行く前に右ひざにヒアルロン酸注射を打ちに病院へ行く途中地下鉄上飯田駅を登って地上に出たところに糞まみれになった「つばめの巣あります」の張り紙が。DSC03117
上を見ると天井の隅に雛が3羽餌を欲しそうにしていました。DSC03112
強い雨の中でも餌を探しに親燕は出かけています。「C'est la vie.」

今朝の5時半ごろの地蔵川です。DSC03131
水位はだいぶ下がっていました。そんな中、1羽のツバメが餌を探しに川面を飛んでいました。DSC03133
朝早くからご苦労様ですね。「C'est la vie.」

でも、「C'est la vie.」を言い続けていると、いつか「C'est la vie!」を言える出来事に遭遇します。

ワールドカップは、フランスがウルグアイを2-0で下してベスト4一番乗りです。DSC03130
1点目のゴールシーン

C'EST LA VIE!

豪雨に耐えて咲き続けているヒャクニチソウでお別れします。DSC03135


今日の曲は、絢香 真夏の果実




僕たちとの小脳の機能差がネアンデルタール人の絶滅につながったかも?

<今日の表紙>七夕の短冊に書いた願い事
DSC03095

僕がバドミントンを楽しんでいる名古屋市北生涯学習センターロビーの七夕飾りです。DSC03097
思い思いの願い事が飾られています。DSC03098

ふと、僕が願い事を書くとしたらどんなことを書くのかな?と考えました。

11月にある全日本シニアバドミントンのシングルスベスト8に入る!

これぐらいしか想像できませんでした。(汗)

昨日の朝日新聞夕刊に、ネアンデルタール人の絶滅に関する面白い検証が書かれていました。DSC03099

4万年ほど前までには、ヨーロッパで現代人とネアンデルタール人は共存していましたが、その後姿を消して行きました。この絶滅の背景に小脳の機能差があった可能性を慶応大などが発表しています。

現代人の大脳に対する小脳の割合は13.5%。ネアンデルタール人は12.7%。このわずかな差が絶滅につながったようです。DSC03111


小脳は主に運動機能に関係すると考えられてきたが、最近は言語や思考などの高次認知機能にも関わっていることが分かってきました。この小脳の違いによる認知能力や社会能力の差が絶滅に影響した可能性もあると結んでいます。

つまり、僕たちの祖先の存在が絶滅に影響したということです。

面白い見解ですね。

  小脳の機能差という原因が今の僕たち生きてる理由

今、僕が読んでいる「ジェノサイド上」高野和明著がまさに、今の僕たち人類よりもはるかに脳が発達した新人類に対して人類がどう対処するかのアドベンチャー小説です。DSC03109
DSC03110


著者の高野和明の新人類の表現力は素晴らしく、このネアンデルタール人の絶滅に関する考え方とよく似ています。

人類の絶滅の可能性を探る1970年代に書かれた「ハイズマン・レポート」から始まっています。

絶滅の5つの可能性が書かれています。

宇宙規模の災害、地球規模の環境変動、核戦争、疫病:ウィルスの脅威及び生物兵器、そして、最後の可能性:人類の進化です。

この小説は、人類の進化が起こり現存人類がネアンデルタール人の運命のようになる可能性をモチーフにした興奮する内容です。

「ハイズマン・レポート」は小説の中の架空のレポートですが、本当のような気がします。

現実の世界は、地球規模の環境変動におびえる事例が次々とニュースになっているようです。

今日も、豪雨が西日本を襲って被害が拡大しているようです。DSC03104
今朝も雨です。

7月になって僕の目に留まった朝日新聞の3つの折々のことばでお別れします。DSC03108
DSC03107
DSC03106
僕の小脳の認知能力の結果ですかね(笑)

今日の曲は、吉田拓郎&アルフィー ある雨の日の情景 どうしてこんなに悲しいんだろう




「亡妻に捧げるバラード」が完成しました。

<今日の表紙>亡妻のお墓
DSC02976

拡大するとこうなりますが、中心だけが搬送されて周囲(お花&外観)は変わりません。DSC02978


昨日、6月初めに申し込むつもりだったけれど、5ヶ月前から予約受付でしたので、12月1日の亡妻の10年祭を申し込みに、亡妻のお墓がある覚王山のお墓のマンションに行って来ました。

6月4日に亡妻のお墓参りに行った日にふと閃いて途中まで作った「亡妻に捧げるバラード」の詩が一応完成しました。

昨日のお墓参りで、亡妻に小さい声で伝えました。(汗)DSC02980


では、海援隊の「母に捧げるバラード」のメロディーに乗せて口ずさんでください。なお、歌の部分は省略しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あんたがバドミントン好きだってことを知ってて結婚したけれど、結婚してもバドミントンばっかしして、家庭を顧みない。近所の人たちから何と言われよるか知っとん「バドミントン狂いのバカ亭主」と言われとるとよ。
あの日、あんたの一瞬のかっこいいプレーを見なかったらあんたみたいな人とは結婚しとらんやった。

<歌の部分>

子育ての時期になると、仕事、仕事と言いながら、バドミントンを忘れてゴルフばっかし。子供たちがよく言っとったよ「お父さんに育てられた記憶はありません」
50歳を過ぎて子育てが終わって、2人で旅行でもしようと思っていたら、ダイエットの一環と言いながらジョギングを始めて、旅行先でもどこでも走ってばっかし。観光する時にはいつも疲れて眠そうにしてたやないの。そのころのあんたのニックネームはランニングマン・クニハル略して「ランクニ」ホノルルマラソンでランクニ頑張れ!と言われたことを自慢するバカ亭主。
そうこうするうちに、身体が軽くなったのでまたバドミントンをやりだす始末。

あんたは、自分勝手な駄目亭主やったけど、私、一つだけ感謝しとるとよ。
10年前の11月11日。私が亡くなる3週間前に宮津から岸に名前を変えてくれたこと。これで、岸家のご先祖様たちの元に安心して行ける。
故郷のマザー・レイク琵琶湖の上からあんたのことを見とるからね。

5年前には安曇川の家をこわして、バドミントン専用体育館の岸バドミントンアリーナ略して「KBA」を作ったのはご先祖様もビックリ!わたしが元気だったら絶対にKBAは出来ていなかったと思うと、KBAは私のお陰かな?
あんた、安曇川の人たちからなんと言われよるか知っとるとね。「KBAのバカ神主」と言われよると。

今は、ゆるガットのゆるゆる大作戦でバドミントンを楽しんでいるようね。

行ってこい、どこへでも行ってこい。そして、輝く年寄りの星となるように!

<歌の部分>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
妻が亡くなって今年12月1日で10年経ちます。長いようで短い、短いようで長い10年でした。

僕も子供たちも、妻が生きていたらどんなだったと想像したことも多かったです。しかし、現実は妻のいない世界がこの10年間広がっていました。この世界はこれからも続きます。

3月3日に実兄の3回忌が別府でありました。兄が亡くなって2年しかたっていませんが、もう兄のいない世界が当たり前のように存在していました。兄の話題よりも、今の自分たちの近況がは話の中心です。でも、これが現実ですし、当たり前の世界です。

亡くなって10年も経てばもっとそういう方向に話題が向くことは当然です。

せめて、10年祭の宴の最初だけは「亡妻に捧げるバラード」で笑いながら、妻をみんなで偲んでいただければと思い作りました。

  10年祭亡妻に捧げるバラードの報告参り文月はじめ

歌ってみると、かなり難しいことが分かりました。(汗)

ワールドカップ西野ジャパンのベルギー戦の健闘を称えるかのような今朝のパノラマとDSC03011
薄い煙にまとわれた日の出の太陽でお別れします。DSC03012


今日の曲は、海援隊 母に捧げるバラード(アドリブ付き)






サヨナラ!丸栄 経営者の能力は歴史になる

<今日の表紙>75年の歴史を昨日閉じた名古屋栄のデパート丸栄の屋上のシンボルマーク
DSC02876

昨日は、午後からのバドミントンの練習がメンバー不足でキャンセルになったのでどうしようかと考えていたら、確か丸栄が今日で閉店ということが思い出されて、急に丸栄に行ってみようということになりました。DSC02848
僕は恥ずかしながら丸栄には行った記憶がないのでおそらく最初で最後でしょう。(汗)

入ると、ディスプレーに「75年の間ありがとうございました。」DSC02894


1時前でしたが、店内は大勢の人でにぎわっていました。DSC02864


催事場では、丸栄のあゆみ パネル展が行われていました。DSC02851
丸栄の全身の呉服店「十一屋」の操業から数えると403年の歴史に幕を下ろしたことになります。DSC02853
DSC02855
創業400年を祝った作品です。DSC02856


多くの丸栄ファンからのメッセージも展示していました。DSC02862
DSC02863


僕は買い物に来たわけではないので、行った先は屋上ビアガーデンです。DSC02875
暑い中、大勢のお客様でにぎわっていました。
ビアガーデンのトイレは洋式ではありませんという案内にも歴史を感じさせますね。DSC02891


昼食を兼ねて2時間美味しいビールとバーベキューを楽しみました。BlogPaint

丸栄の屋上にはお稲荷様が鎮座していました。DSC02870
DSC02871


30分ほど、女性歌手のパフォーマンスで盛り上がりました。BlogPaint
最後ということでとってもいいパフォーマンスでした。

何か、記念にと思っていたら似顔絵コーナーがありましたので、僕の酔っぱらっている顔をデジカメで撮ってくれて似顔絵を作ってくれました。DSC02904


今朝の朝日新聞でも閉店のシーンが載っていました。DSC02925


名古屋では、4Mと言われた百貨店の愛称があります。丸栄、三越、松坂屋、名鉄百貨店です。

その一つが今日から無くなります。

今は、名駅前のJR高島屋が台頭してきて百貨店の勢力図を塗り替えました。人の動きも名駅前に多く集まり、栄地区を凌駕して来ています。

そのあおりを受けたことや消費不況などが、丸栄の経営に重くのしかかってきた結果のようです。

JR高島屋でなくて、JR丸栄だったらなと一瞬思いました。

403年の長い歴史のなかで、その時々に経営者の能力が試されて今日に至りました。丸栄に幕を引いたことも経営者のなせるわざです。

丸栄の終わり見届け我思ふ歴史作るは経営者かな

今後の丸栄は会社は存続し、外商も営業をつづけるが、1953年築の建物は老朽化しており、9月から取り壊される予定です。

古い建物に入り、今日で最後かと思いながら過ごすと、屋上の入り口のドアの閉まるひときわ大きい「バターン!」という音が普通よりもさらに大きく耳に届きました。

丸栄の最後の夜の後には、穏やかな7月最初の日の出でお別れします。DSC02923


今日の曲は、ビアガーデンでの歌手の歌った最後の曲 Let It Go





スッキリしない映画「オンリー・ザ・ブレイブ」を観た後に、きれいな花々に癒されました。

<今日の表紙>名駅付近通路の花屋さんのキキョウ
DSC02752

昨日は、名駅前のミッドランドスクエアシネマ2で森林消防隊の実話に基づく映画「オンリー・ザ・ブレイブ」を観てきました。DSC02768


ブレイブの意味は、勇気や勇敢です。ということは、実在したグラニット・マウンテン・ホットショットの勇気をたたえる映画です。

20人の隊員で19名が大規模な森林火災に巻きもまれて死亡した事実をかなり忠実に描いています。

僕は、ハッピーエンドの映画が好きなのですが、何ともすっきりしない幕切れでした。

アベンジャーズ・インフィニティウォーでも、やっつける方がやっつけられる方にやられて終わってスッキリしませんでしたが、今回も山火事に負けたというストーリーでした。

終盤までは結構よかったのですが・・・・・

昨日は、梅雨の晴れ間というか、すごく暑い1日でした。JRタワーズも暑そうです。(笑)DSC02749


映画を観終わってスッキリしない余韻のまま帰路を歩いていました。

いつもの花屋さんでアジサイを中心にフラワーウォッチングです。

ファーストレディーです。DSC02758

マジカルアメジストです。DSC02756

ハワイアンブルーです。DSC02754

最後はダンスパーティーです。DSC02760
いろいろな種類のアジサイが梅雨の時期に僕の目を楽しませてくれます。

  アジサイは花も名前もカラフルでピチピチチャプチャプダンスパーティー

千日紅のラスベガスもきれいです。DSC02751


6月に入り7本映画を観ましたが、半分以上期待外れです。数多く観なければいい映画にはめぐりあわないということですね。(汗&笑)

いつ見てもきれいに思う昨夜のおぼろ月でお別れします。DSC02761


今日の曲は、EXILE My Star







1時間遅れて大分に到着しました。何で?(第5回ミニ同窓会イン大分2018)

<今日の表紙>1年ぶりに大分で再会した3人(左は佐野君、右は和田君)
DSC02348


昨日はお昼過ぎの名古屋発新幹線のひかりに乗り、新神戸乗り換えで小倉へ、小倉から日豊本線の特急で大分へ向かいました。ジパング倶楽部を利用していますので、のぞみには乗れません。ひかりから新神戸でさくらに乗り換えます。

予定では17時着です。

雄大な伊吹山もばっちりです。DSC02315


昨夜、美味しいお酒を飲み過ぎたせいで、新幹線の中では読書より睡眠でした。新神戸までぐっすりでしたがさくらへスムーズに乗り換えしました。快調に小倉へ向かえると思っていましたが約1時間後に事件が起こりました。さくらでもすぐに眠ってしまい14時35分に目を覚ますと大きな駅に停まっていました。僕は15時35分に到着する小倉と勘違いして慌ててさくらから駅に降りました。

あ~、間に合った。良かったなと思っていたら、何か変です。小倉とは違う感じです。DSC02318
広島です。(汗&汗)

こだまが来たので乗り込んで小倉まで行って、1時間遅れて日豊本線の特急に乗り込んで17時到着予定だった大分へ18時に到着です。

こだまの車窓から見えた徳山のコンビナートの高い煙突です。DSC02324


日豊本線の特急の車窓からの別府湾の奥に見える別府の市街です。DSC02341


大学時代3人で16年勉強してゆっくり卒業した僕たちのミニ同窓会は今年は大分に住む佐野君の当番です。(汗)

  大学もゆっくり出たし少々の遅れ全然ノープロブレス

今年で5回目のミニ同窓会です。昨年は松山に住む和田君の当番で「ヒマラヤの青いケシ」を観ました。DSC00728


美味しい海鮮料理を頂きながら近況報告などを中心に話の華が咲きました。DSC02351
DSC02353


3人とも元気で何よりです。

今日は臼杵の石仏を観て四国へ渡る予定です。

来年は僕の当番です。したがって新幹線勘違い事件は起こりません。(笑)

苦労してたどり着いた大分駅でお別れします。DSC02347


今日の曲は、吉田拓郎&かまやつひろし 我がよき友よ



今年2回目の亡妻のお墓参りをしてきました。「亡妻に捧げるバラード」を考えました。(笑)

<今日の表紙>太陽の光を浴びて気持ちよさそうなタイサンボクの咲きかけの花
DSC01975

僕の住むマンションの花壇では、タイサンボクの大きな花が咲きだしています。DSC01973


昨日は、午前中に覚王山にある行きつけの歯医者さんに歯のメンテナンスをしに行きました。

30分ほどして終わると、近くにある亡妻が眠っているお墓のマンションにお墓参りに行きました。DSC01960
DSC01961


この時期には、普通はお墓参りには行きませんが、今年12月1日で妻が亡くなって10年になりますので、10年祭の予約も兼ねてのお墓参りです。

いつものことで、亡妻のお墓の前で短歌を詠いました。DSC01968


  早いな~師走はじめは十年祭君を偲びて集まり祝う

今日現在、法事に来ていただく人たちは、10年前から幸いなことに全員元気にしています。これも妻が若くして亡くなったおかげだと思っています。

お墓参りの後に、事務所によって10年祭の予約をしようとしたら、予約は5ヶ月前からの受付ということでした。来月に出直しです。(涙)

昨日、お墓参りに出かける前にふと、海援隊の「母に捧げるバラード」があるのなら、「亡妻に捧げるバラード」があってもいいなと思いました。(笑)

適当に思いつくままにセリフの部分をしたためました。10年祭までに完成すればOKです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あんたがバドミントン好きだってことを知って結婚したけれど、結婚してもバドミントンばっかしして、家庭を顧みない。近所に人たちから何と言われよるか知っとん「バドミントン狂いのバカ亭主」と言われとるよ。
あの日、あんたの一瞬のかっこいいプレーを見なかったらあんたみたいな人とは結婚しとらんやった。
子育ての時期になると、仕事、仕事と言いながら、バドミントンを忘れてゴルフばっかし。子供たちからは「お父さんに育てられた記憶はありません」と言われたね。
50歳を過ぎて子育てが終わって、2人で旅行でもしようと思っていたら、ダイエットの一環と言いながらジョギングを始めて、旅行先でもどこでも走ってばっかし。観光する時にはいつも疲れて眠そうにしてたやないの。そのころのあんたのニックネームはランニングマン・クニハル略して「ランクニ」ホノルルマラソンでランクニ頑張れ!と言われたことを自慢するバカ亭主。
そうこうするうちに、身体が軽くなったのでまたバドミントンをやりだす始末。

あんたは、自分勝手な駄目亭主やったけど、私、一つだけ感謝しとるとよ。
忘れもしない10年前の11月11日。私が亡くなる3週間前に宮津から岸に名前を変えてくれたことよ。これで、岸家のご先祖様たちの元に安心して行ける。
故郷のマザー・レイク琵琶湖の上からあんたのことを見とるからね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まだまだセリフが全然足りませんが、12月1日までに「亡妻に捧げるバラード」を完成しようと思います。

10年も経てば、子どもや孫の成長の方が話題の中心になると思います。そんな中、亡妻への感謝を「亡妻に捧げるバラード」として伝えられれば幸いです。

今朝の少し遅い日の出のパノラマでお別れします。DSC01981
DSC01985


今日の曲は、海援隊 母に捧げるバラード








株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール