老後つれづれ

孤独、孤愁、ひとりでの過ごし方はいろいろありますね。(老後つれづれ(27))

<今日の表紙>iichikoの11月のポスター
DSC08156

道路の真ん中下には、おなじみのいいちこです。DSC08157

そして、右下のキャッチコピーは「孤愁。」DSC08158

孤愁とは聞きなれない言葉ですので、早速調べました。

孤愁=ひとりでもの思いにふけること

晩秋の今、いいちこを友として一人でもの思いにふけるのもいいものですよ。とささやいているようです。

そして、11月17日の朝日新聞折々のことばです。DSC08094

人は大勢の人の間にあっても、というかその中でこそ孤独であると哲学者は言う。だから人は、逆説的にも孤独から逃れるために独居しもする。が、反対に、孤独を味わうために街に出もする。孤独は何かの欠乏ではなく、まぎらすよりもむしろ味わうべきもの。その意味で孤独は感情よりも知性に属し、その中ではじめて世界と確と(しかと)向き合うことができる。『哲学と人生』から。

深い言葉ですね。

僕は、6年間ほど、ひとりで生活しています。

いいちこを飲まなくてもよくもの思いにふけっています。(笑)孤愁の常習犯ですね。

孤独には、ロンリネスとソリチュードがあるとかなり前の折々のことばで教わりました。DSC07246
2016年8月8日

ロンリネスは文字通りひとりりぼっちで寂しい状態です。

ソリチュードは、ひとりぼっちを楽しむ状態です。

この折々のことばに書いていることは、そのどちらでもない方向から「孤独=ソリチュード」を説明しているようです。

寂しいという状態は本当の孤独ではないようです。

  一人暮らし孤独が友の毎日を楽しく生きる知性とともに

僕の朝の行動は、この折々のことばのように孤独を味わっています。朝起きたら日の出ウォッチングをして、朝食を食べて、ブログを書いて1日の予定をチェックする時間です。その時間は僕だけが存在するのです。

僕は哲学者ではありませんが、ひとりでの良さを毎日味わって生活しています。1日のすべての時間が一人では少し辛いですが、次の日かその次の日に誰かと会う予定があれば孤独を楽しめます。

孤独を上手に楽しむことが、老後の生活を楽しむことにつながります。

今朝の雲のないパノラマと、DSC08160
鉄塔に捕らわれた太陽でお別れします。(笑)DSC08169


今日の曲は、長渕剛 Myself



僕らは元気な288の4Gだぞ~!(老後つれづれ(26))

<今日の表紙>アテネオリンピック女子マラソンの金メダリスト野口みずきさん
DSC07756

2004年から14年経ちました。DSC07757
元気そうですね。

バドミントンの家庭婦人の名城クラブの練習に行くと、よく4Gが集合します。

4Gと言うのは、地球の重力の4倍という意味でなく、モバイル通信の第4世代という意味の4Gでもなく、 4人のじいさんのことです。

内訳は、最長老の勝村さん(78)、次は名北クラブ長老の冨田さん(73)、そして、僕のダブルスのペアの小林さん(70)と僕(67)です。

3人合わせて203歳のころの3ショットです。(5年前)004
中央が勝村さん、右が富田さん
そして、二人わせて137歳の小林さんとの2ショットです。DSC06676
今年10月の試合で

皆さんお元気にバドミントンを楽しんでいます。

ただし、練習のあいまの雑談は、健康のことや病気のことが連続スマッシュのように次から次へと出てきます。(笑)

4Gのお付き合いは、僕が20代中盤からですので、かれこれ40年以上ということになります。不思議なもので、当時はみんな若かったのですが、一緒に歳を取ってきましたので、精神的には若い時の雰囲気のまま今に至っています。

1ヶ月で1回ほどのペースで4Gがそろいます。3Gは1ヶ月2回ほどです。2Gは3回ほどです。

4Gがそろうとなんだかホッとします。4Gの合計年齢は288歳平均72歳です。いつ、バドミントンが出来なくなるかお互い心配ですが、練習でお会いすると嬉しい時間が過ぎて行きます。

僕を除く3Gは無理せず体と相談しながらバドミントンを楽しんでいますが、僕は体にムチ打ち楽しんでいる感じです。(汗)少し反省しています。

これからも家庭婦人のママさんたちとシャトルを打ち合い笑顔で汗を掻いている4Gでありたいです。

  288月に一度の4Gは病気話の連続スマッシュ


色鮮やかなゼラニウムの花でお別れします。DSC07383
DSC07384


今日の曲は、矢沢永吉 ラストシーン






自分の将来の姿が分かるような気がしました。バドミントンのことです。(老後つれづれ(25))

<今日の表紙>ツマグロヒョウモンのオス
DSC07381

歳を取ると、些細なことが気になるのでしょうか、蝶のことが気になりだしました。この蝶は昨日観たのですが、少し前に見たこの蝶はウラゴマダラシジミのような気がします。DSC06816
シジミという名前の通りかなり小さい蝶です。
10月下旬のこの時期でもかなり蝶を見ることが出来ます。

若い時には、アゲハチョウやモンシロチョウぐらいしか分かりませんでしたが、67歳の今は、蝶々が飛んでいると何だろうなと追っかけが始まります。

先々週の水曜日から先週の水曜日まで8日間バドミントンを続けて練習、試合をしました。そして、先週木曜日から土曜日までお休みして、日曜日にバドミントンの練習をしました。

若い時でしたら、肉体的な変化はあまり感じませんが、今回の日曜日はかなりひどかったです。

身体が重く、硬い。それも、コチンコチン。

ドロップやクリアなどの揺さぶりに全くついていけません。意識はしっかりしていますが、身体の方は油が切れた機械の様な状態でした。

ダブルス中心の練習でしたので、パートナーにはかなり迷惑をかけてしまいました。

8日間の肉体の酷使が、3日間の休養では取れないことが顕在化したようです。

これって、僕の数年後の姿かもしれません。今でも、若い時に比べたら体の柔軟性がなくなってプレーしていることを自覚しています。でも、今回の日曜日のプレーを味わうとかなりショックでした。

その時に、心掛けたことは、相手のシャトルを打つコースを予測することでした。これは自分の身体の動きの幅が狭まっているので必然的にそうなります。でも、上手な人のシャトル回しは予測外れが多いです。(笑)

数年後の僕の姿を予測して、身体が動いている今でも、相手のシャトルを打つコースを予測してプレーすることは一番大事なことのように感じました。

練習量もこれからは考えながらバドミントンを楽しむことが必要だと知らされました。(汗)

僕の場合は時間があり過ぎて、ついついオーバートレーニングになりがちです。

身体は、確実に老化しています。今の僕の課題は、痛めている右ひざや腰の具合を気にしながらの練習をして、相手のシャトルを打つコースを予測する確率を上げることが課題です。ということは、僕たちグランドシニアは身体は老化しても、頭は老化しないことが大事ということです。

  肉体の老化をカバー予測力バドミントンのグランドシニア

老後を楽しく生きるためにあの手、この手を駆使して頑張ります。

今日の練習ではどんな体の状態か気になります。コチンコチンじゃなくて、コチンぐらいだといいのですが?(汗)

今朝の鉄塔に刺されて昇って来た太陽でお別れします。(笑)DSC07409
DSC07412
DSC07414


今日の曲は、「蝶のように舞い、蜂のように刺す」モハメド・アリ名言集です。



僕の老後の時間のつぶし方つれづれ(老後つれづれ(24))

<今日の表紙>ヒガンバナ科の白くて繊細な花「ネリネ」
DSC06928

先日、デジカメのフラッシュの故障が直ったのでエディオン大曽根に取りにいった時に見ました。

今のマンションに移って11月11日で4年になります。そして、車の生活をやめて3年になります。

当然、ほぼサンデー毎日のひとり暮らしの生活ですので膨大な自由時間が襲ってきます。

昨日までで、今年に入ってバドミントンを162日、映画を94本、読書とブログのアップと日の出ウォッチングはほぼ毎日という風な時間の使い方をしています。好きなことだけに自由時間を消費しています。DSC07018
今朝の日の出ウォッチング
DSC07017


それでも、仕事をしていた時に比べるとそのほかの時間はずいぶん余裕があります。

逆に考えれば、バドミントンや映画、読書、ブログのアップ、日の出ウォッチングの趣味がなければ今ごろ僕は何をしていたのだろうか?とぞっとします。まあ、何かをしていたと思いますが、想像できません。

昨日から8日連続でバドミントンをする予定です。これってかなりハードスケジュールだと思いますが、バドミントンが出来ると思うと自由時間が潰れてほっとするというのが今の心境です。

老後の時間のつぶし方は健康問題も絡んできて歳をとるほどに難しくなる感じがします。

あるテレビ番組で、年寄りの健康に大事なものは「睡眠」と「食事」だと言っていました。

家にいる時や、時々は映画館で睡眠をとっていますので「睡眠」は仕事をしているときに比べるとかなり多くなっています。

「食事」は、一人での夕食は外食をしなくなって1年半ほどになります。外出から帰る前に勝川駅下にあるスーパーで夕食と朝食のサンドウィッチなどのの買い物をして帰ります。自分なりに栄養を考えて夕食を食べています。でも、電子レンジでチンや鍋で温めるだけの作業しかしませんので料理を作る楽しみはずいぶん味わっていません。

車生活ではないので、行動範囲が勝川~名古屋までの狭い範囲の1日が多いこの3年間です。

バドミントンでの旅行以外のブログの写真はこの狭い範囲の風景の中のショットが大部分です。DSC07008
昨日のお昼前の秋の空のパノラマ

人生は一度きりですので、この歳ではこういう風な生活がいいということは分かりません。

マンネリになるなと自分に言い聞かせていますが、やはり今の生活には満足していますので1日の過ごし方はマンネリになってきているようです。そういう自分が少し不満ですのでこういうブログを書いているのです。
DSC07015
紅葉したきれいなハナミズキ

バドミントンのやりすぎに注意をしなければ膝などがパンクするのではないかという不安がありますが、今のペースを落とすと、自由時間が増えてしまい、時間の処理に悩む自分を想像してしまいます。

ボーっとしていても一日は過ぎていきます。でも、超忙しい人から見ればボーっとする時間が恋しいと思われていると思うとこれでいいのかな。

67歳のサンデー毎日のひとり暮らしは、暇な時間を持つというのも趣味のうちにしてしまいます。(汗&笑)

  映画観てバドミントンと読書してボーっとするのも趣味のうちです

大曽根の花屋さんで見かけた人間の脳のようなケイトウとDSC06923
珍しいリューカデンドロンでお別れします。DSC06925


今日の曲は、安全地帯 プルシアンブルーの肖像



4年前5円と査定された僕のセカンドバッグの今(老後つれづれ(23))

<今日の表紙>実って来たボケの花の実
DSC06448

愛知県スポーツ会館(県スポ)の入り口近くの歩道沿いに3月中旬に鮮やかな朱色のはなを咲かせて僕の目を楽しませてくれるボケの花の実が成っていました。DSC07037
DSC07038


ボケと言えば、先日買って読んだ本「民王」池井戸潤著は、以前読んだことのある本でした。今年2回目のボケでした。(笑)まあ、あらすじはボーっとした覚えていませんでしたので結構楽しむことが出来ました。

今年2月21日のブログで「3年前5円と査定された僕のセカンドバッグの今」というブログをアップしました。
その時の状態から最近は愛用のセカンドバッグの状況が変わってきましたので勝手に報告させていただきます。

まず、おさらいです。

これが4年前、引っ越しの整理中に買ってから15年ぶりに発見された約10万円の新品状態のバッグです。085
この状態で質屋さんに持って行ったらなんと5円と査定されました。(涙)
そして、今年2月の状態です。DSC08158
ほとんど毎日使っていますのでだいぶ疲れて来ています。この1年前にバッグの鍵の部分の留め金が緩んで紛失。DSC08161
バッグの蓋が出来なくなりました。

そこへ登場したのが新しい留め金の代わりです。DSC08163
1年間に10本ほどのボールペンが代わりを立派に果たしてくれています。DSC08162


この状況から先日手さげ部分が切れてしまいました。DSC06411
糸で補強して応急処置を施しました。DSC06408
その上にバドミントンのグリップテープの残りを巻き付けて完了です。DSC06413


さらに、一昨日のバドミントンの飲み会で派手派手なショルダーベルトをプレゼントされて今ではこんな状態です。(汗)DSC06459


このバッグを買って約19年になりますが、使い勝手がいいのでまだ手離せません。というか、ここまで来たらお墓に連れて行きたいです。(笑)予定では、あと15年ほど生きますので、かなり長いお付き合いになりますがね。

昨日のブログで「脳には妙なクセがある」池谷裕二著を紹介しましたが、僕の脳は妙なクセがあるようです。

長い老後の生活の潤いといいますか、妙なこだわりも老後には必要なことのような気がします。ボケないためにもね。

  長い老後潤いつくるこだわりは査定5円のセカンドバッグ

昨日、ボケて咲き始めた県スポへ行く前の交差点角にある桜の木でお別れします。DSC06445
DSC06446
葉っぱが台風などで落とされると毎年この時期にボケて咲きます。

今日の曲は、松山千春 君を忘れない



宇宙は1400億年安泰、神様の寿命も1400億年安泰?(老後つれづれ(22))

<今日の表紙>マレーシアから来たピザ職人のカリドーとの2ショット
DSC06256

昨日は、愛知県スポーツ会館(県スポ)でのバドミントンの後、仲間と3人で県スポの近くの名城公園内のイタリアンレストラン「ガーブ・カステッロ」でランチを食べました。

2人がピザを頼んだので、カリドーが運んできました。そして、僕が着ていた先日のマレーシアのペナンでのアジアパシフィックマスターズゲームの記念Tシャツを見ると、ペナンに行ったの?と人懐っこい笑顔で語りかけられました。

カリドーはマレーシア出身で日本に来て6年目です。ガーブ・カステッロのピザは結構美味しいですよ!
僕がマスターズゲーム記念Tシャツを着ていたことがこの出会いを生みました。嬉しいですね!

  ペナンでの記念Tシャツ着ているとマレーシア人カリドーほほ笑む

家に帰ってテレビをつけると、御嶽山の噴火から4年経ち安全が確認されたので山頂まで登れるようになりましたとのニュース映像です。DSC06258
犠牲者の遺族の方々も山頂を訪れていました。偶然でしょうか、必然でしょうか、昨朝は僕の住むマンションからも御嶽山が見れました。DSC06251


遺族の人々にとって山頂に登れなかった4年の歳月は長かったのではないかと思います。

昨日の朝日新聞夕刊に「僕たちの住む宇宙はあと1400億年は安泰です。」が載っていました。DSC06261

138億年前にビッグバンでこの宇宙が出来て、膨張を続けています。膨張が加速していることが分かってきたが、膨張が速くなり過ぎて宇宙が引き裂かれる「ビッグリップ」が起こるかが焦点になっているとのことです。スバル望遠鏡での観測であと1400億年は安泰だとのことが分かったようです。

ふと考えました。僕たちが信じているいろいろな神様の寿命もあと1400億年は安泰なのかな?人間の寿命を100歳としたら14億倍以上は神様の寿命は長いことになります。僕が死んでも僕の魂は神様と共に1400億年漂うのかな?太陽の寿命はあと50億年、地球も太陽に飲み込まれて滅亡しますので50億年以内です。

かなり馬鹿げた妄想ですが、「時」という概念は考えれば考えるほど不思議です。宇宙も僕も過去には戻れません。今と未来があるのみです。

大きなテーマを考えると、小さなことは気になりませんね。あと15年ほど生きる予定ですが自分の思い通りに生きられればハッピーです。

多分、あの世があれば、あの世は時を感じられない世界ではないかと思います。そして、1400億年などあっという間でしょう。ということは、1秒も1400億年も一緒です。これって、あの世も一瞬ってことかな?

暇な、老後の秋の夜長に宇宙の1400億年を考えてみました。(笑)

県スポに行く途中に見た今が旬のシジミチョウの一種のクロシジミでお別れします。DSC06173
シジミチョウもあの世があるのかな?

今日の曲は、コブクロ 奇跡の地球





今の僕の仕事はバドミントン?やっぱりそうだよね。(老後つれづれ(21))

<今日の表紙>昨日の朝日新聞夕刊のテレビ欄
DSC04888

アジア大会のバドミントン女子団体戦準決勝日本×インドネシアの中継です。DSC04889
DSC04892

3-1で勝って今日の決勝で中国と対戦します。

バドミントンは、最近テレビでよく中継してくれるほど人気スポーツになりました。

バドミントンを愛する僕としては大変うれしいことです。僕がバドミントンを始めた18歳のころ、今から49年前には考えられませんでした。

バドミントンは個人種目ですので、本人がバドミントンを楽しもうと思えば比較的簡単に楽しむことが出来るスポーツです。

60歳を過ぎて仕事の量が減り、今ではサンデー毎日の生活を楽しんでいます。そんな僕の一番の趣味はバドミントンを楽しむことです。

僕は今67歳ですが、65歳の時に全日本シニアという大きな大会の65歳以上シングルスに出てベスト16に入りました。このときは偶然3回勝って4回戦で偶然が通用しませんでした。

でも、僕の心にシングルスの面白さのスイッチが入ったのは確かです。今は、ベスト8を目指して練習に励んでいます。

昨日までに今年になって125日バドミントンを楽しんでいます。バドミントンを楽しむことが仕事です。(笑&汗)映画も72本観ましたがね。

僕は夜は練習をほとんどしませんので、昼間に家庭婦人のママさんたちに鍛えられています。

今日も午前は愛知県スポーツ会館(県スポ)、午後は北生涯学習センター、そして、6時半からはアジア大会決勝をテレビ観戦と1日バドミントン三昧です。

年間の試合は、僕が監督をしている名北クラブでの愛知県社会人リーグ以外はほとんど年齢別で楽しんでいます。ということは、同じ年齢層の人たちと試合を楽しむことになります。

仕事をしている時代は、いいスタッフやいいお客様に恵まれていい仕事が出来ました。

今は、いい練習相手や、試合で競うライバルたちに恵まれていい仕事(バドミントン)が出来ています。(笑)

仕事でも、マンネリに陥ることが怖いですが、バドミントンでもマンネリに陥ることが怖いです。

やっぱり、上手な人のプレーのまねをしたり、いろいろな工夫をして楽しむことが大事です。

今は、桃田選手のプレーを参考にしたり、ブログでも何度か書きましたが13ポンドのゆるガットのラケットを使ったりしています。

今年1月からゆるガットにしていますが、かなりいいフィーリングで楽しめています。

僕たちの歳になると、健康を損ねてバドミントンが出来なくなった人も珍しくありません。

僕もあとどれだけバドミントンを楽しめるか分かりませんが頑張って仕事(バドミントン)をします。

今では、昔の仕事着のスーツを買うことはありませんが、昨日9月のマレーシアのペナンで開催される第1回アジアマスターズゲームのためにバドミントンのユニフォームを買いました。

仕事は身だしなみが大切です。

ゆるガットと新ユニフォームで頑張ってきます。

やっぱり、今の僕にはバドミントンは仕事です。(笑)

  給料をもらえませんが仕事ですバドミントンを楽しむことが

仕事は周りの人にも喜んでいただけなければいけません。僕がバドミントンを楽しむことが周りの人たちにも喜んでいただけるようにこれからも頑張ります。

今朝のダイナミックなパノラマでお別れします。DSC04905


今日の曲は、奥原希望選手の「なんてフットワークの軽さだ」





株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール