老後つれづれ

これからの僕の人生は、あんまり売れないシネマチックなのかもね。(汗&笑)(老後つれづれ(49))

<今日の表紙>一昨日から大活躍の我が家の新しい扇風機
DSC01468

3日前の夜にもう20年間は使用した扇風機がついに壊れて新しい扇風機を買いました。

今の扇風機は、リモコン付きでも安くて4100円ほどでした。しかも音が静かで快適です。

この扇風機を買った時にちょっとした事件が起こりました。クレジットカードで買いましたが、家に帰って伝票を見ると8200円ほどなっています。1台ではなくて2台になっていました。早速お店へ連絡するとカードと伝票を持ってきてくださいとのことです。昨朝、お店へ行って無事4100円になり一見落着です。

かなり珍しいケースですが、僕も買った時に数字を確認していたら防げたトラブルでした。

それとは別に最近驚いたことが2件。

今週の水曜日の11時頃に映画「新聞記者」を観に名駅前のミッドランドスクエアシネマに行きました。ところが、もうすでに満席で入れませんでした。仕方がないので別の映画を観て帰りました。

普通のウィークデーの11時頃で満員の映画は珍しいなと思っていましたが、次の日の朝日新聞朝刊の文化文芸欄にそのことが載っていました。DSC01469
DSC01470


もう1件は、日本が31年ぶりに商業捕鯨を再開するという7月1日夕刊の1面です。DSC01471
そこに、9日から滞在する釧路の事が載っていました。DSC01472
それによると、1952~61年、釧路は沿岸捕鯨で日本一の水揚げ高を誇ったとあります。2002年に国の調査捕鯨の拠点として復活。今回隆盛の歴史を踏まえて再開の港に選ばれた。

釧路の話題が一つ増えました。

先月の愛知県スポーツ会館の件もそうですが、1560510238457
最近の僕は世間の出来事を身近に感じています。

事故などに巻き込まれないように、そして事故を起こさないように心がけねばなりません。

今日のブログのタイトルは、2017年11月に観たとっても感動したイギリス映画「人生はシネマティック!」を思いだして決めました。DSC04212

1940年のイギリスが舞台です。戦争が始まってロンドンに空襲が始まっている時期です。

ドイツとの戦争用のプロパガンダ映画を作るための脚本に取り組む女性の主人公カトリン・コールの奮闘ぶりを表した映画です。DSC04206
カトリン・コールを熱演したジェマ・アータートンです。

映画のストーリーのように劇的ではありませんが、僕の人生も最近の世間の出来事に影響されているようです。

残された余生をあんまり売れないほどほどのシネマチックに楽しめればと思います。

  これからの僕の生きざまほどほどのシネマチックに楽しめればと

扇風機を買いに行くときに歩道で見かけた珍しいハマユウでお別れします。DSC01466


今日の曲は、今宵ロマンス劇場で 主題歌 シェネル 奇跡


2ヶ月後の今日、僕は生誕25000日を迎えます。(老後つれづれ(48))

<今日の表紙>昨日偶然見たテレビ愛知での水戸黄門
DSC01441

初代水戸黄門の東野栄治郎、助さんの里見浩太朗、格さんの横内正です。

懐かしいですね。CBCではないというのが意外でした。

長く生きているんですね、僕は。

僕ぐらいの歳(68)になると、安心して観れる一番のテレビ番組はやっぱり水戸黄門です。

昨年の6月30日は、75年の歴史がある名古屋のデパート丸栄が閉店した日でした。DSC02876
DSC02848


月並みですが、一昨日は昨年丸栄が閉店した日ということは思い出せませんでした。たまたまブログをチェックしていたら分かったことです。

歳を取るほどに過去に起こったことはすぐに忘れ去られるということでしょう。

人は、未来に対して頭を使う方が圧倒的に重要だということでしょう。

そういう意味で、あと2ヶ月後の9月2日は、僕が生まれて25000日になります。

まだ2ヶ月ありますが、今からワクワクします。その日が来たら僕自身に拍手、そして乾杯!

  2ヶ月後その日が来たら乾杯だ僕の生誕二万五千日

そして、9月2日からさらに5000日後の2033年5月11日に生誕30000日を迎えます。

実感としては、約14年後と言った方がピンときます。

僕は、そこが人生の終着駅だと考えてライフワークを設定しています。運よく30000日を越えて元気でしたら、それはもうおまけの日々だということです。

今年もあっという間に半年が過ぎました。ということは、14年の時間もすぐに経ってしまうことでしょう。

バドミントンをしていると、若い20代のプレーも目にします。あんなプレーはとてもできないよと感じることもよくあります。しかし、いろいろな練習方法を取り入れて80歳になってもバドミントンを楽しむことが出来ることも分かっています。あと14年間を僕なりに楽しめればと思っています。

とりあえずは、2ヶ月後の生誕25000日にどういう状態なのかは重要なチェックポイントになります。

68歳とか70歳とか75歳とか80歳とかというチェックポイントもありますが、個人的には、25000日から30000日までの1000日単位のチェックポイントも大事にするといいかなと思います。

今の僕の生活は、いわゆる余生ですので、結構自由な時間を潰して毎日を過ごしています。

浦島太郎状態の今から油断すると体を壊して苦しむ生活をすることになりかねません。そういうことにならないように注意しながら毎日を過ごすことが大事です。

バドミントンや映画、読書などで感動することが多く訪れる生活をすることが25000日や30000日に繋がります。

この7月9日から涼しい釧路でバドミントンやゴルフをして過ごします。1年ぶりに友人たちにも会います。北海道の自然に触れることも楽しみです。

感動することが、普通の日常よりも多く訪れることを期待しています。

これからの2ヶ月を健康に過ごして9月2日を迎えたいです。

今が旬のクチナシの花でお別れします。DSC01247
DSC01354


今日の曲は、山下達郎 REBORN


中日ドラゴンズの前の監督は誰だったっけ?(老後つれづれ(47))

<今日の表紙>昨日の夕方のパノラマ
DSC00466

飛行機雲の残像が空のキャンパスに残っています。

昨日も、新栄の名演小劇場へ映画を観に行きました。

新栄の花屋さんの玄関前には、ピンク色のハイビスカスがきれいでした。DSC00456


歳を取ると、記憶力が衰えるということは、今では常識です。

でも、最近、気になることが、そして、僕にとってかなりショックなことがありました。

僕は、プロ野球の中日ドラゴンズファンです。

今の監督は、与田ですが、昨年の監督は誰だったけ?

かなり、時間を費やしたけれど思い出せません。

ついでに、阪神の前の監督は誰だっけ?

これも、思い出せません。

流石に、巨人の前の監督は、高橋ということはちょっとの間があって思い出しました。

今の時代は、これからが問題です。

月並みですが、ネットで調べれば解決します。

僕は、すぐにネットに頼りました。そして、すぐに解決です。森監督、金本監督です。

何か、スッキリしません。全然知らないことだとこれでいいでしょう。でも、かなり時間が経っても森監督、金本監督は思い出せるような気がしました。

先日観た映画「長いお別れ」のテーマは認知症です。

認知症は、今や、今からの日本に根を張っている厄介な病気です。

認知症を予防したり、進行を遅くしたりすることには、今のネット環境はマイナスになるような気がします。

簡単に答えが見つかるという今の世界は、認知症という病気にとっては本人にとっては頭を絞り出して答えを見つける努力をする必要がなくなっている悪環境になっているようです。

これからは、認知症になる人が今までよりも多くなりそうです。

そういう僕も、すぐにネットで答を求めている習慣がもう自然です。

これからの認知症予防として、プロ野球の前監督の名前はネットに頼らずに覚える、そして忘れていたらネット以外で答を求めることにします。

  昨年の中日監督誰だっけネットにネットかけて探そう

日の出は見れなかったけれど、きれいな今朝のパノラマでお別れします。DSC00471


今日の曲は、山下達郎 硝子の少年

老後は、相対的な生き方ではなくて、絶対的な生き方をすることが大事です。(老後つれづれ(46))

<今日の表紙>6月最初の朝日
DSC00422

今朝はよく晴れたお天気で始まりました。DSC00408
赤い太陽が出てきました。(4時46分)DSC00412
残念ながらとりあえずこの大きさまでで、消えてしまいました。DSC00415
再び現れた時はオレンジ色になっていました。(4時52分)DSC00417
雲とのコラボがきれいです。DSC00419
あたり全体をオレンジ色に染めています。DSC00421
DSC00418

月の始めにいい日の出ウォッチングが出来て幸せです。

今朝の朝日新聞折々のことばは、筑紫哲也さんでした。DSC00424
「ああおもしろかった」と臨終の際にどこまで言えるかが、限りある生の勝ち負けを決めるものさしだと私自身は思っている。筑紫哲也

僕は常々82歳と49日、生誕30000日まで元気に生きれたら幸せだと言って来ました。

あと、14年ほどです。筑紫哲也さんのように、「ああおもしろかった」といえるように頑張ります。

そのための基本的な考え方が、今日のブログのタイトルです。

老後は、相対的な生き方ではなくて、絶対的な生き方をすることが大事です。

つまり、自分自身の価値観で毎日を楽しく生きていくということです。

相対的なものの見方は、過去の日本と比べて、現在はずいぶん便利な暮らし方が安価でできるようにたことを幸せだと感じることです。これ以外は、僕自身の時間のつぶし方は僕だけの考え方に基づいて行動するということが大事です。

このように書くと、頑固爺のように思われるかもしれませんが、そうではなくてお金の使い方にその行動がよく現れています。これからの14年間で僕が納得するお金の使い方ができるように行動するということです。

今の世の中は、老後の時間のつぶし方が以前に比べて格段と多くなっていますし、自分に合った時間のつぶし方を見つけることが比較的容易です。

僕の場合は、普通の日常としては、日の出ウォッチングから始まり、バドミントン、読書、映画、ブログ、ネット、YouTube、テレビなどで時間を潰しています。

時々、バドミントンの試合ついでで旅行をしたり、KBAで合宿をしたりして非日常を楽しんでいます。この7月にはもう4年連続になりますが、釧路へ10泊してきます。

老後はビジネスをしているときと違って、いたって単純な世界です。

自分の事だけを中心に考えて行動すれば1日1日が過ぎていきます。

自由な時間がたっぷりある今の老後では、思わぬ気づきも日常によく発見できます。

昨日の黒川郵便局となりの花屋さんでの発見は、「日々」「百日」「千日」でした。

花屋さんの入り口近くの花の展示です。日々草です。DSC00406
そして、百日草です。DSC00402
最後は千日紅です。DSC00404
花屋さんのご主人にあっぱれ!

  日々が百日となり千日へ日々の営み幸せへ続く

そういえば、もうすぐ百日紅(サルスベリ)が咲きだします。

娘夫婦の家に毎年咲く百日紅の花でお別れします。002


今日の曲は、KOKIA サルスベリの揺れる頃



駄目になるまで使ってから次の処置をしましょう。僕の歯のお話しです。(老後つれづれ(45))

<今日の表紙>地下鉄大曽根駅への階段横に咲きだしたキンシバイ
DSC00087

昨年の昨日のブログにもアップしていました。DSC00088
これからしばらくきれいな黄色の花を楽しめます。

これからは、楽しめないお話しです。

最近、歯茎から出血しだしましたので、歯医者さんへ治療に行きました。

すると、ブリッジの負荷が大きかったために歯が割れているとの診断でした。

しかし、治療するとなると、部分入れ歯かインプラントしかありません。先生が言うには、歯が駄目になるまで様子を見てからにしましょう。ただし、明日駄目になるか1年後か2年後駄目になるかわかりませんがねとのことです。

ということで、割れた歯にかかる負荷を弱めるためにブリッジでの噛み合わせをやさしくしました。

1年半前に、愛知学院歯学部附属病院の口腔外科で前歯上部の「歯根端切除術」という手術をしました。この時も、ばい菌を完全に排除できなくて、いずれ前歯を抜くことになりますが持たせるだけ持たせましょうとのことでした。

そういえば、右ひざ痛も半月板がだいぶ傷んでいるけれど、ヒアルロン酸注入で持たせるだけ持たせましょうという治療です。

どうも、年を取ると、悪いところが顕在化すると、ごまかしながら持たせるだけ持たせてから次の処置を考えるというパターンが多くなる感じです。

長く生きると、使いすぎている個所や、もともと弱い箇所に故障が起きるものです。僕の場合は歯や膝です。

82歳、生誕30000日が一応のゴールですのであと14年元気に生きるために老いに対して抗いたいです。

  年を取れば弱いところが現れるごまかしながらゴールを目指せ

一昨日は、県スポでのバドミントンの練習でシングルス3ゲーム、ダブルス3ゲームして楽しみました。右膝はまだ大丈夫のようです。(汗)

楽しむと言えば、先日買った「散歩の草花図鑑」に載っている雑草を県スポに行く途中に二つ発見しました。

まず、ナガミヒナゲシです。DSC00108
そして、ヒルザキツキミソウです。DSC00091


ついでに、近くまで寄っても逃げない、DSC00106
気持ちよくタンポポの花に留まっているモンシロチョウです。DSC00100


もう一つの楽しみの今朝の日の出ウォッチングです。

今朝の日の出は、霞の中からでした。DSC00146
そして、煙突の上に昇ってきました。DSC00161
煙突の煙とのコラボです。DSC00159
暖かい朝のパノラマです。DSC00162


髭を生やした今朝の太陽でお別れします。(笑)DSC00163


今日の曲は、安全地帯 蒼いバラ


忘却は、今をより輝かせる脳の仕組みかもしれません。(老後つれづれ(44))

<今日の表紙>実がなっている昨日のクリスマス・ローズ
DSC09817

昨日は、名駅前に映画を観に行きました。DSC09830
流石にこの時期のミッドランドスクエアB1のクリスマス・ローズには実がなっています。DSC09824
表面はまだ花が咲いているようです。DSC09825


まだ、5月中旬ですが、昨日は初夏のようでした。

昨年のこの時期の事などは、真剣に考えてもどうだったかな?すっかり忘れています。

僕は認知症ではありません。でも、昨年の事の大部分は忘れています。それよりも、つい最近の事でもほとんど忘れています。

忘れるということには、意味があるような気がします。生きるためにですが。

脳の休養になっているのではないかな?

それは、今を生きるために脳を使いなさいという生存本能のなせる業のような気がします。

記憶力は、年を重ねるほどに衰えると言われていますし、僕の記憶力もその通りです。

でも、若い時から昨日の夕食は何だったかと聞かれるとすぐには答えられなかったと思います。

生きるためにそんなデータは重要ではなかったからだと思います。

昨日、大学時代のバドミントン部の後輩からのメールで僕の後輩のO君がなくなったという連絡がありました。そのメールで、学生時代のO君をうっすらと思い出しました。このメールがこなかったらO君のことを思い出すことはなかったでしょう。

脳は不思議ですね。僕の脳のどこかにちゃんとどこかに学生時代のO君が居たんですね。

でも、膨大な記憶の蓄積をしている脳も、今を生きるために大部分の機能を使っているようで死ぬまで記憶がよみがえる機会がないことの方が圧倒的に多いでしょう。

昨日は、今年3月に観たアカデミー賞作品賞・脚本賞に輝いた「グリーンブック」を再び観に行きました。DSC01582


どうせ、映画を観るなら、面白くなさそうな新作を観るよりも先回観て良かったなと思った映画を観た方がいいような気がしました。

この行為も、僕の脳の指示によることです。

一昨日が、楽しい1日でしたので昨日はその延長線上で不幸な思いをしたくないという欲求が高まったせいです。

これも、グリーンブックを観て2ヶ月ほど経っていますが、ほとんどのシーンがあいまいになっていて、グリーンブックは面白かったなという感想が脳に刻みこまれていたせいです。

見直すと、シーンごとにそうだったよねとかなりはっきりと思い出します。

そして、先回観て感動したシーンでは、まったく同じ涙を流していました。(笑)

忘れるということは、生きることにとってはかなり大事な能力です。ひょっとして、記憶力がいいということよりも大事なことかもしれません。それは、忘却することが脳を休養させて脳の限られた能力を生かすために進化したことかもしれません。

  忘却は脳を休養させた後今から生きる栄養となる

過ぎたるは猶及ばざるが如しというように、認知症になって周りに迷惑を掛けない程度に忘れることを楽しむ人生を送りたいですね。


昨日の雲の中から昇って来た太陽と、DSC09811
煙突との2ショットでお別れします。DSC09815


今日の曲は、かりゆし58 アンマー




14年後の今日、僕の生誕30000日を迎えます。あと5114日です。(老後つれづれ(43))

<今日の表紙>老後の不安がイメージされる今朝のパノラマ
DSC09748

今朝は雲が放射線状に広がっていました。DSC09734
日の出の位置は赤く染まっています。DSC09736
日の出の始まりです。DSC09739
DSC09741
DSC09745
人の顔のようです。DSC09749
これからの僕にはどんなストーリーが待っているのでしょうか?DSC09750
そんなことを考えながら過ごしたけさの日の出ウォッチングでした。DSC09751


さて、今日5月11日は、僕にとっての特異日です。14年後の今日、僕は生誕30000日を迎えます。今日まで24886日を生きてきました。あと5114日後です。

僕は、60代になって漠然と82歳までは元気に生きようと考えるようになっていました。男性の平均寿命が80歳を超えたころです。2歳足したぐらいがちょうどいいような気がしました。

そしたら、2014年11月に高倉健が83歳で、菅原文太が81歳で相次いで亡くなりました。日本の男の代表2人の平均が82歳です。82歳は僕の目標として定着しました。

そうしたら、生誕30000日が82歳と49日にやってくることをその後知りました。

その日が2033年、そして令和15年5月11日です。

人生は、思った通りには行かないことはよく分かっていますが、とりあえずのどのくらい生きるかを設定することは、老後を生きやすくする効果があります。

僕は、例えば今日からの14年間の生活予算をざっくりと決めています。

収入が年金のみですので、今現在の資産と年金での5114日です。運よく14年後を元気に迎えられたら、資産は0に近くなっているはずです。(汗)万一、14年過ぎても元気でしたら、もうこれはおまけみたいなものですので今から気にしてもしようがありません。

GW中に、娘と息子には、ケース1からケース4までの相続について僕の考えを説明しました。ケース3とケース4が14年後も生きているという場合です。

老後を楽しく生きるということは、健康を維持するということを代表にして、いろいろな企画や努力が必要です。

  年寄りの僕の目標三万日元気でゴールあと14年

今月は予算が余った、使いすぎたなど一喜一憂することもボケ防止に役立つ気がします。

ちなみに、僕の生誕25000日は今年の9月2日です。9月2日は月曜日ですので、8月31日、9月1日の2日間、KBAでバドミントンを楽しむイベントを企画中です。

さあ、14年後に向かっての最初の日を楽しみます。

令和になって、初めて見た昨夜のお月様でお別れします。DSC09732


今日の曲は、松田聖子 時間の国のアリス

株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール