日の出・日の入りウォッチング

コロナ対策でぶれない、そして的確な方針を示してくれる本庶先生は、やっぱりいいね!

<今日の表紙>昨朝の6月最後の日の出
DSC09989

今朝は雨模様ですので昨日の日の出が6月最後です。DSC09991
いいお天気でしたのでまぶしい太陽が昇ってきました。DSC09995
恵那山の朝焼けもきれいです。DSC09988


さて、緊急事態が解除されてだいぶたちますが、東京では相変わらずコロナ新規感染者数が50人を超える日が珍しくありません。経済活動が活発になりつつありますのでこの事態は想定内です。

昨日、夕食を終えて家に帰ると、BSTBSの報道1930で久しぶりに京都大学のノーベル賞学者本庶先生が出演していました。DSC00010

コロナ対策での先生の見解をわかりやすく説明していました。DSC00008


4月24日の僕のブログで紹介した内容です。BSフジのプライムニュースで2018年のノーベル賞受賞者の本庶先生が出演していました。DSC07341


その中で、今回のコロナショックの独特の解決方法を述べています。解決方法と言っても先生はコロナウィルスを撲滅することは不可能ですので、どれくらいの状況で今の緊急事態宣言を解除するかが重要だと言っています。そのためには、今の日本にコロナウィルスに感染している人がどれくらいの%でいるか把握することが重要です。そうすると、今日の状態での新型コロナでの死亡率が2.4%だとすると、今日発表の10倍の人が感染していれば0.2%に下がる可能性がある。そんなに恐ろしい感染症ではなくなります。そういう状況を具現化するためにPCR検査や抗体検査をもっと多くして今の日本の状況を正確につかむことが一番大事です。それとともに、死亡者を少なくするために、既存のいろいろな薬を患者さんに使ってみることが大事です。コロナウィルスのワクチンは今までの経験から言うとそんなに効かない。

今のように、毎日感染者数(PCR検査で陽性)を発表していることがそんなに意味があるのではなくて、推定される感染者数の死亡率がどれくらいかと言う事のほうがはるかに大事だと言う事です。そして、死亡者数を少なくする努力をしてこの病気が怖くない、インフルエンザのようだと言える世界にすることが大事です。

この本庶先生のコロナショックの解決方法が今回も間違っていなかったということを感じる内容でした。

今回は、ワクチン開発がアメリカや中国で活発ですがどうですか?という問いに対して、中国は今までワクチン開発に成功して世界に供給した実績がない。実績で言えばアメリカのほうが上です。しかし、ワクチン開発は長い時間をかけたハイレベルのプロジェクトだし、早期にワクチンが世界にいきわたるということは幻想にすぎない。現状は、コロナウィルスに効果がある薬を使って死亡者数を減らすことが一番有効な対策です。日本が今、そしてこれからしなければいけないことは空港などでの検疫体制の強化です。水際対策をしっかりするとともに、感染者の死亡を防ぎ、インフルエンザと同じレベルの死亡者数に抑えて、この病気は怖くないと言える世界にすることが大事だと言う事をわかりやすく語りました。DSC00005


本庶先生の言葉には、独特のオーラがあり、なぜか安心できました。

  独特のオーラを発揮ぶれがないコロナ対策本庶佑

6月はバドミントンの練習を17回出来て、僕の日常はだいぶ元通りになってきましたが、依然として試合の予定はまだ立っていません。そんな中、6月の終わりに本庶先生のコロナ対策を聞くことが出来て良かったです。

昨日の練習後のランチを食べる前の信号角の花壇に咲くカンナと、DSC00001
歩道隅のアザミでお別れします。DSC09997


今日の曲は、宇多田ヒカル 花束を君に

紫陽花の便りが届きました。長谷寺門前町の草餅とちまきです。

<今日の表紙>地下鉄市役所駅の階段
DSC09949

名古屋城へ行くときには市役所駅で降ります。

昨日は久しぶりの日の出が観れました。DSC09967
日の出前には雲が光り出しています。DSC09956
DSC09957
おぼろげに太陽が昇ってきました。DSC09962
そして、暑い1日が始まりました。DSC09964


一昨日の夜、思わぬ物が届きました。DSC09969
草餅とちまきです。

仕事をしているときに親しくしていた方からです。中に挨拶状が入っていました。BlogPaint


水無月をお過ごしの皆様へ  「紫陽花の便りをお届けします。」

少しでもこの季節を楽しんでいただこうと思い、「紫陽花」と「旧暦の端午(6月25日)」にあやかって、草餅と、ちまきをお届けさせていただきました。

なぜ草餅かと言うと、紫陽花や牡丹など花のお寺として有名な、奈良の「長谷寺」の門前町では草餅が有名だからです。

門前町の草餅の老舗「赤滝さかえや」の草餅です。DSC09972


早速、昨朝美味しくいただきました。

立派な千萱の葉で巻かれたちまきは冷蔵庫で保存しました。DSC09971


単調なコロナショックの中の生活の中、こういうサプライズが起こり大変うれしく思いました。

  紫陽花の便りに乗せて長谷寺の門前町の草餅届く

僕にはこういう粋な趣向はできそうにありません。(汗)

地下鉄市役所駅の出口の涼し気な噴水でお別れします。DSC09950


今日の曲は、山下達郎 HERON

夏至の日の出は雲からでした。(年間グランドスラムの日の出ウォッチング)

<今日の表紙>青春18きっぷのポスター
DSC09863

JR大曽根駅通路の壁のポスターに久しぶりに登場しました。DSC09864


昨日は、僕が定めた日の出ウォッチング年間グランドスラム(春分の日、夏至、秋分の日、冬至)の夏至です。今までのデータでは、夏至が年間GSでは一番日の出ウォッチングが難しいと言う事です。梅雨時期ということで、曇りや雨の時が多いです。

しかし、昨朝は珍しく晴れて始まりました。DSC09852
そして、雲の中からの日の出です。DSC09854
DSC09857


  夏至の日の出観ることが出来期待する年間グランドスラム達成

今年のGSは、これで2つ目を達成。残り2つです。

今年最初のGSの春分の日の日の出です。DSC05988
DSC05989
最近の春分の日は香川県丸亀市のバドミントンのグランドシニア大会に参加していますので日の出ウォッチングできていませんでした。しかし今年はコロナショックで大会が中止でしたので見れました。(汗)

今年の冬至は12月21日です。この日の朝に今年のGSの結果が判ります。

昨日の朝日新聞折々のことばでお別れします。DSC09861


今日の曲は、サザンオールスターズ 神の島遥か国

新型コロナウィルスとのお付き合いも動的平衡で。―分子生物学者 福岡伸一

<今日の表紙>昨朝の恵那山の朝焼け
DSC09721

昨朝は快晴で明けました。DSC09713
日の出前の恵那山のシルエットです。DSC09717
日の出が始まると、日の出の位置の右側の恵那山の山頂付近が明るくなります。DSC09718
そして、太陽の光によって全体が赤みを増します。DSC09723
DSC09724
きれいですね。

この昨朝の恵那山の変化も自然の営みです。

僕の好きな分子生物学者福岡伸一博士が、昨日の朝日新聞のコラム「動的平衡」でコロナウィルスとの共生を語っていました。DSC09730


動的平衡とは、「生命は、絶え間ない分解と合成の上に成り立つ」という理論です。DSC09732


本来の自然をギリシャ語でいうピュシス、脳が作り出した自然をロゴスと呼んでみます。
------------------------------
生命はピュシスの中にある。人間以外の生物はみな、約束も契約もせず、自由に、気まぐれに、たった一回のまったき生を生き、ときが来れば去る。ピュシスとしての生命をロゴスで決定することはできない。人間の生命も同じはずである。
 それを悟ったホモ・サピエンスの脳はどうしたか。計画や規則によって、つまりアルゴリズムによって制御できないものを恐れた。制御できないもの。それは、ピュシスの本体、つまり、生と死、性、生殖、病、老い、狂気---。これらを見て見ぬふりをした。あるいは隠蔽し、タブーに押し込めた。しかし、どんなに精巧で、稠密なロゴスの檻に閉じ込めたとしても、ピュシスは必ずその網目を通り抜けて漏れ出してくる。あふれ出したピュシスは視界の向こうから襲ってくるのではない。私たちの内部にその姿を現す。

 そんなピュシスの顕れを、不意打ちに近い形で、我々の目前に見せてくれたのが、今回のウィルス禍ではなかったか。-----ウィルスも生命の輪の一員であり、ピュシスを綾なすピースのひとつである。
 ウィルスが伝えようとしていることはシンプルである。医療は結局、自ら助かる者を助けているということ、今は助かった者でもいつか死ぬということ、それでもなお、我々の多様性を種の内部に包摂する限りにおいて、誰かがその生を誰かがその生を次世代に届けうるということである。
 一方、新型コロナウィルスの方も、やがて新型ではなくなり、常在的な風邪ウィルスと化してしまうだろう。宿主の側が免疫を獲得するにつれ、ほどほどに宿主と均衡をとるウィルスだけが選択されて残るからだ。明日にでも、ワクチンや特効薬が開発され、ウィルスに打ち克ち、祝祭的な解放感に包まれるような未来がこないことは明らかである。長い時間軸を持って、リスクを受容しつつウィルスとの動的平衡をめざすしかない。
 ゆえに、私は、ウィルスを、AIやデータサイエンスで、つまりもっとも端的なロゴスによって、アンダー・コントロールに置こうとするすべての試みに反対する。それは自身の動的な生命を、つまりもっとも端的なピュシスを、決定的に損なってしまうことにつながる。かくいう本稿もロゴスで書かれているという限界を自戒しつつ、レジスタンス・フォータル(無駄な抵抗はやめよ)といおう。私たちはつねにピュシスに完全包囲されているのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ワクチンやと特効薬の開発は、動的平衡からすれば無駄な抵抗と言う事になります。

長い時間軸をもってリスクを受容しつつウィルスとの動的平衡を目指そうということです。

  ウィルスも人も自然の一部だと教えてくれる動的平衡

こういう視点から今回の新型コロナウィルス禍を眺めると面白いです。

昨朝見えたきれいなお月さまでお別れします。DSC09715


今日の曲は、JY 好きな人がいること

水無月に川が濁りて鳥無の地蔵川では甲羅干し目立つ(つれづれウォーキング地蔵川6月2020)

<今日の表紙>ダイナミックな朝焼けの昨朝のパノラマ(4時32分)
DSC09673

昨朝はいつものぱのらまの左側が朝焼けで始まりました。DSC09674
DSC09675

20分ほど経つと雲が広がり朝焼けは消えてしまいました。DSC09682


そんな中、6月最初のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC09684

珍しく川が濁っています。と言う事は鴨さんや鷺さんは餌が見えませんのでいません。

亀さんがいたるところで日向ぼっこをしています。DSC09709
DSC09687
DSC09696

鯉さんたちは橋の下で口を出して餌をねだっています。DSC09698


  水無月に川が濁りて鳥無の地蔵川では甲羅干し目立つ

ヒヨドリジョウゴの白い花がきれいです。DSC09688
地蔵川沿いの畑では、ルドベキアが満開です。DSC09691
ギシギシです。DSC09699
ツユクサがきれいです。DSC09700
かわいいランタナがいっぱい咲いています。DSC09701
サフランモドキがすごくきれいです。DSC09704
アリストロメリアです。DSC09706
シロタエギクです。DSC09705

つれづれウォーキング地蔵川が終わっての帰り道で民家の塀からはみ出しているノウゼンカズラです。DSC09710


少し汗ばむつれづれウォーキング地蔵川でしたが、気持ちよく出来ました。

昨朝のバックが赤く染まった御嶽山のシルエットでお別れします。DSC09677


今日の曲は、福耳 夏はこれからだ

3ヵ月ぶりの名古屋でのバドミントンを楽しみました。

<今日の表紙>昨朝のダイナミックなパノラマ
DSC09586

昨朝は曇りの予報でしたが、よく晴れて始まりました。DSC09580

太陽が雲の中から昇ってきました。DSC09584
DSC09588


9時過ぎには曇り空になり小雨が降ってきました。

昨日の10時ごろからお昼まで待ちに待った3か月ぶりの名古屋市北生涯学習センターでのバドミントンをしました。DSC09479


更衣室に入ると、ロッカーが半分使用禁止になっていました。DSC09596


体育室では家庭婦人のママさんたちが練習を始めていました。DSC09597
床が新しくなってコートのラインがまぶしいです。

窓や非常口のドアはオープンにしていました。DSC09598


基本練習後にはさっそくゲームをして楽しみました。

多くの人は3か月ぶりと言う事で動きがいまいちでしたが、僕はKBAで練習できていましたので相対的によく動けました。つまり、調子よく感じて楽しかったです。

2時間余りバドミントンを楽しんで、5人で行きつけのお店でランチを食べて近況を語り明かして帰りました。

バドミントンが出来る幸せ感をみんなで語りました。

今日、明日も練習です。

幸せだなー!

  幸せを感じてシャトル打ったよと3ヵ月ぶり笑顔はじける

昨朝のダイナミックな空でお別れします。DSC09594


今日の曲は、浜田省吾 光と影の季節

昨日の日の出ウォッチングは煙が主役でした。そして、昨日のKBAは暑かった。

<今日の表紙>昨朝の巨大な煙突の煙
DSC09268

昨朝はいいお天気の中、煙突の煙が目立つパノラマで始まりました。(4時45分)DSC09266
日の出の太陽は雲に隠れています。(5時00分)DSC09267
だんだん変化してきます。(5時10分)DSC09269
日の出の太陽が煙の上に現れました。(6時54分)DSC09273
まぶしい夏の日差しが煙を蹴散らしたようです。(7時54分)DSC09274


  煙突の煙が主役3時間初夏の早朝ダイナミックショウ

ダイナミックショウが終わると、8時から日帰りKBAバドミントンツアーに出かけました。

夏空が広がる奥琵琶湖のパノラマです。DSC09277
そして、マキノのメタセコイア並木に入ります。DSC09280
緑がまぶしい!DSC09283
緑のトンネルです。DSC09286


10時半前にKBAに到着です。DSC09289
KBAからのパノラマです。DSC09288


5人でバドミントンを楽しみます。DSC09291

午後からの室温は32℃湿度40%です。DSC09297
湿度は低いですが室温32℃の中でのバドミントンは汗が吹き出します。

終盤では、シングルスを楽しみました。DSC09295
いや、苦しみました。DSC09294


ケガもなく、熱中症にもならず、5ゲームに1回の換気を心掛けてバドミントンを楽しめました。

名古屋で夕食を楽しんだ後の久しぶりに見るお月さまでお別れします。DSC09299


今日の曲は、桑田佳祐 明日晴れるかな

株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール