日の出・日の入りウォッチング

若い人の短歌は、かなり眩しい!(昨日の天声人語  現代百人一首)&今朝の日の出ウォッチングもかなりいいよ!

<今日の表紙>昨日の歌会始での天皇陛下の御製(歌)今年の題は「光」
DSC00020
NHKニュース
阪神大震災で犠牲になった当時小学6年生だった加藤はるかさんの自宅跡に咲いていたひまわりの種を御所の庭にまいて毎年育てているといいます。(写真のバックは「はるかのひまわり」)

短歌の話題が続きます。昨日の天声人語では、毎年この時期恒例の東洋大学の「現代百人一首」のフレッシュな短歌が踊っていました。DSC00005
DSC00006


32回目の今回は、5万7千首超の応募がありました。

いきなりの恋の歌2首です。

月曜は19時半の越後線1号車には君が居るから 高2 菅沼麻沙(まあさ)さん

すぐそこに君がいるのに喋れない心がうるさい破裂しそうだ 高2 菅原凪(なぎ)さん

若い時でないとできない歌が続々と続きます。

志望理由何度も唱えノックする心臓の音聞こえてますか 高3 藤谷まりもさん

溶接で火花を散らす鉄を見て幻想的だと感じる実習 高2 田畑裕斗(ゆうと)君

18歳での選挙権を詠った歌です。

十八歳二年もはやい選挙権ふと足止める駅前の声 高3 逸見侑可(へんみゆうか)さん

中学1年生も面白い歌を詠っています。

朝起きるただそれだけではしゃぐ犬私はいつから変わったんだろう 中1 塚田あこさん

今時の友だち付き合いを詠っています。

伝えたい言葉はいつもスタンプでどこかに消えた私の言葉 高1功刀菜柚(くぬぎなう)さん

最後は親から離れる時期の母への思い2首です。

「地元出る。」決意を伝えたその時の涙溢れた母の表情 高3 佐藤優花(ゆか)さん

ありがとうLINEではなく電話する母から届いた荷物眺めて 高1 大田洋輔君

どの歌も若さが溢れて眩しく輝いています。

そして、今年の歌会始での最年少16歳の山梨県 加賀爪あみさんの歌です。

ペンライトの光の海に飛び込んで私は波の一つのしぶき

こういう歌に接すると何となく気持ちがよくなります。明日から作るつれづれ短歌の栄養になってくれるようです。

それにしても、今の子どもの名前を読むのは難しくなってきているようです。

  名前にも若さ漂う入選歌まあさ・なぎ・あこ・ゆうか・ゆか・なう

今朝の面白い日の出ウォッチングでお別れします。DSC00029
太陽と木の枝のコラボです。DSC00030
太陽と木の枝と雲のコラボです。DSC00034
太陽と雲のコラボです。DSC00037
きれいなパノラマです。DSC00038
きれいな太陽です。DSC00041
最後は空の青がきれいなパノラマです。DSC00042


今日の曲は、ドリカム SNOW DANSE



面白い小説は歳を取らない。「大誘拐」天藤真著

<今日の表紙>昨日の夕暮れ時のパノラマ
DSC09952

4時半過ぎからきれいな日没ショウが始まりました。DSC09951
空気がきれいなのでしょうか太陽が眩しいです。DSC09954
やっと眩しくなくなりました。DSC09957
しばらくすると夕暮れ時のグラデーションがきれいです。DSC09963
深い闇が押し寄せてきました。DSC09968


今年になって2冊目の小説「大誘拐」天藤真著を読みました。DSC09964


とにかく面白い!DSC09965
DSC09966
身代金が100億円です。作者の天藤真は、1983年、今から36、7年前に亡くなっています。DSC09967


でも、この小説を読むと、全然古い感じがしません。その意外性を考えるとよくそんな発想を考え付いたなと感心します。

誘拐犯の考えている身代金は5000万円でした。それが誘拐された82歳のお婆さんが100億円にしてしまいました。

この発想自体が前代未聞。すごいな!なにせ100億円のお札の量も重さも5000万円とはけた違いです。

小説を読み進むとなるほどなとわかってきます。

82歳のお婆さんのち密な理論構成には脱帽です。

主人公のお婆さんの回想シーンで僕の老後も想像させる言葉がありました。

年寄りの暮らしいうもんは、今にお分かりになると思いますけど、ほんまに味気ないもんでしてなあ。昨日が終わって今日が来て、今日が終わって明日が来て・・・・・いつもいつも同じことのくり返しでしてなあ。生きているのとちがいますわなあ。死なんとおる、いうだけのことですわなあ。というて、八十年の余もそないして来たもんを、今さら変えようもあらへんし・・・・・。私もそうだした。それが人生いうもんや、思うとりました。それがあの日から・・・・・
それからの一日一日は、寝ぼけたような今までとは天と地で、ほんまに張りつめた毎日でございましたなあ。多くのお年寄りの中には、口には出さんと、また実際そないなことになっては大変や、とは思いながら、心のどこかに、一ぺんはそうした時間を生きてみたい、いうメルヘンみたいなもんがあるのとちがいますやろか。少なくとも私はそうでした。あの二週間あまりいうもんを、こないな気持で生きて参りましたんや。

100億円の作り方も82歳のお婆ちゃんが教えています。

とにかく、面白い小説です。

天藤真さん、ありがとうございました。

「誘拐」でなくて「大誘拐」のタイトルに恥じない筋書きです。

今年は、始まったばかりですが、かなりクオリティの高い本に出会いました。

面白い小説は歳を取りません。天藤真は亡くなって36年以上経っても輝いています。小説の中の人物たちが躍動しています。

  筋書きを考える間もなく飛び越える想定外の「大誘拐」だよ


久しぶりに見れた昨夜のお月様と、DSC09974_1
昨朝と対照的な今朝のパノラマでお別れします。DSC09975_1


今日の曲は、絢香 「365」




2018年最優秀つれづれ短歌賞の発表です。(審査員は僕だけですが)

<今日の表紙>今朝の日の出前の御嶽山
DSC09934

成人の日の今朝は素晴らしいお天気で新成人を祝福しているようです。DSC09940
朝日を浴びた煙突の煙がきれいです。DSC09942


今年の歌会始は16日ですが、その前に2018年に僕が詠ったつれづれ短歌約360首の中から最優秀短歌賞を決めようと思います。この賞は昨年から始まった賞です。そして、審査員は僕だけです。(汗)

審査員によってノミネートされた10首を発表する前に、昨年の最優秀つれづれ短歌賞に輝いた歌を詠います。
8月23日中央線快速で名古屋から勝川まで一緒だったハグロトンボのメスDSC00660


  つり革の上にとまりしハグロトンボ無賃乗車で涼し気にして

さあ、昨年の優秀つれづれ短歌10首の発表です。

まず1月2日の日吉大社への初詣です。日吉大社の山王鳥居前で親子3代のショットです。DSC06371


日吉大社親子3代初詣神様感じ孫は育つよ

3月1日の祈年祭です。暖かい、いいお天気の中、10時半から祈年祭を執り行いました。DSC08478
6時間遅く嵐が来ていたらと思うとぞっとします。

  嵐去りいつも通りの祈年祭春の陽気に祝詞も弾む

3月3日の実兄の3回忌です。 DSC08569


健康が一番大事老いるごと三回忌では元気が主役

3月8日亡妻の誕生日です。妻が亡くなる3週間前に、苗字を「宮津」から亡妻の旧姓の「岸」へ変えました。57歳でのことです。

突然に独りになりて10年目今は普通に岸さんと呼ばれ

5月24日の姫路城です。姫路城の素晴らしさは、お城とお城への空間の広さです。DSC01513
天守閣だけでは美しさは語れません。やっぱり眺める位置がポイントです。姫路城の素晴らしさは姫路城を眺める位置が姫路城の中の広場や姫路城の土地が多いという特殊性にあるようです。DSC01515


  姫路城世界遺産の美しさ眺める位置の豊かさがなす

7月14日の知床半島観光にて
DSC03453

 
一瞬の羅臼岳見て温泉へ気持ちも晴れて国後島返せ

9月のシンガポール観光での2首

1首目はマリーナベイ・サンズの威容を詠いました。DSC05579
DSC05511


異次元の美しさ見せ佇むはノアの箱舟マリーナベイ・サンズ

2首目はカペラホテルで米朝首脳会談の最初の握手の舞台で
DSC05858


トランプと金の握手を確かめるカペラホテルは歴史の舞台

11月21日の25年前の息子が作った絵本を発見して
DSC08173
DSC08182


掃除中息子が書いた童話読みビックリ仰天絵が飛び出した

最後は、12月5日のつれづれウォーキング地蔵川でのダイサギの舞です。
DSC08758

餌の小魚も多いようでダイサギさんが喜んでいるようです。(笑)

暖かい師走の入りの地蔵川豊漁祈願ダイサギの舞

ノミネートされた10首以外にもたくさん審査員の目に留まる歌がありました。

さて、2018年最優秀つれづれ短歌賞の発表です。

暖かい師走の入りの地蔵川豊漁祈願ダイサギの舞

DSC08761
DSC08764

<審査委員長の評>
今年の最優秀つれづれ短歌賞は、昨年同様、何気ない日常の中での偶然訪れたシーンに作者の想像力で生まれてなるほどと微笑みたくなる歌でした。

昨日のグラデーションがきれいな夕暮れ時のパノラマでお別れします。DSC09930


今日の曲は、米津玄師 メトロノーム



日の出ウォッチングというカテゴリーを日の出・日の入り ウォッチング に変更しました。(老後つれづれ (32))

<今日の表紙>昨日の夕暮れ時のパノラマ(4時53分)
DSC09908

長く続いている日の出ウォッチングというカテゴリーを日の出・日の入りウォッチングに変更しました。というのは、最近4時半ごろから始まる日の入りの風景を撮ることが多くなったので、日の出・日の入りというジャンルにまとめた方がわかりやすいからです。

昨日の日の入りもかなりダイナミックに変化しました。DSC09904
雲がきれいだなと思っていたら曇ってきました。そして、日の入りが始まりました。DSC09905
太陽が沈んだ後は夕焼けがきれいでした。DSC09909
25分ほどの間のドラマです。

日の入りを見れるのも、自由時間がたっぷりある今の老後の生活の賜物です。

  今年から日の出・日の入りチェックする感動の時さらに充実
  
日の入りをチェックして、お風呂に入り、6時過ぎから自宅での夕食というのが最近のライフスタイルです。

バドミントンが午後からですと夕陽のチェックはできませんが、午前中の時や一昨日、昨日のようにお休みの時は大体がこのパターンです。

老後と言えばこういうことが起こりました。

昨日は、お昼頃に名駅前の映画館で映画を観るためにJR名古屋駅に行きました。そして、ホームの階段を降りているときに最後から数えて4段目でつまずいたのでバタバタとよろけて一番下に着地しました。運がよく着地したところには誰もいませんでした。もっと上の段で踏み外していたらと思うとぞっとします。焦っていたわけではないのにこの有様ですので怖いですね。下を見てゆっくり下りなければと思いました。

2019年も早くも11日が過ぎました。僕の行動を分析すると、バドミントン7日、映画3本、読書2冊、豚肉を食べた回数6回ということです。(豚肉は猪の代わりということです。)いい感じのスタートを切れました。

今朝はあいにくの曇り空ですが、迫力のあるモノトーンのパノラマでお別れします。DSC09910_1



今日の曲は、松任谷由実 ANNIVERSARY




生きるということは他人に迷惑をかけることなんです。映画「こんな夜更けにバナナかよ」

<今日の表紙>昨日の夕暮れ時の風景
DSC09869

太陽の光が雲の切れ間から降り注いでいる風景を見て自然ときれいだな、神々しいなと思います。DSC09867
なぜ、そんな気持ちになるのかわかりませんがね。
朝日は大部分の人が出勤前に見ようと思えば見れますが、今の時期の夕暮れ時の風景はお仕事をしている途中ですので見れる人は限られています。ということで、朝日も夕陽も見ようと思えば見れる環境にいる僕は幸せです。しかもマンションの6階に住んでいて目の前に素晴らしいパノラマが広がった環境です。

昨日観た映画「こんな夜更けにバナナかよ」は、僕と対局の生活をしている子供の時に筋ジストロフィー症にかかり42歳で亡くなった鹿野靖明さんの35歳ごろの闘病記の映画です。DSC09864


生きるために自分の本音をボランティアにぶつけて、お互い葛藤があって生きるために乗り越えていく、そして、お互い成長していく姿を大泉洋が熱演しています。DSC09865


難病の進行で突然入院することになってもできることを必死にする、それもボランティアのスタッフの助けを24時間100%借りて生き抜く鹿野さんの姿が輝いていました。DSC09866


生きることは、他人に迷惑をかけることだということが支えになっています。DSC09896


  超素直こんな夜更けにバナナかよ生き抜く力与える映画

僕たち、普通の生活をしている人たちも見習うことが多い映画でした。

朝焼けと青い空と白い雲がとってもきれいな今朝のパノラマでお別れします。DSC09876
DSC09885


今日の曲は、「こんな夜更けにバナナかよ」の主題歌 ポルノグラフィティ フラワー



今朝はミニサンピラー現象(太陽柱)が見えたほかダイナミックな日の出ウォッチングでした。

<今日の表紙>今朝見えたサンピラー現象(太陽柱)
DSC09829

日の出前のパノラマでも柱が立っています。DSC09828
DSC09830


今朝はかなり冷え込んで風も弱いのでサンピラー現象が起こりました。DSC09832
太陽が昇って来ました。DSC09833
DSC09839
御嶽山がきれいです。DSC09836

太陽は昇って来てすぐに上の雲の中へ消えていきました。DSC09844
と同時に雲のかたちがよく見えだしました。DSC09843
波状雲です。きれいですね。DSC09847
御嶽山の表情も柔らかくなりました。DSC09848
煙突の煙も面白い形になりました。DSC09852
ダイナミックなパノラマです。DSC09855
20分ほど経つと曇り空が広がっていました。DSC09856
目まぐるしい45分間のドラマでした。

  サンピラー終わった次は波状雲今年最初のビッグイベント

今朝のきれいな御嶽山の見える風景でお別れします。DSC09849


今日の曲は、吉田拓郎 外は白い雪の夜

新春の地蔵川では水仙が朝露を浴び我をもてなす(つれづれウォーキング地蔵川1月2019)

<今日の表紙>寒風の中、朝日に照らされた今朝の煙突の煙
DSC09797

今朝は寒風が吹き荒れていましたが、いいお天気の中、眩しい太陽が昇ってきました。DSC09790
DSC09788
DSC09794


そんな中、今年初めてのつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC09799

地蔵川沿いの公園も長い工事を終えて復活しました。DSC09798
草が生えていませんので何となく変な感じです。

冬枯れの中、雑草の緑が新鮮です。DSC09812
冬の花、スイセンが朝露を浴びてきれいです。DSC09813
DSC09819


  新春の地蔵川では水仙が朝露を浴び我をもてなす

ススキが朝日を浴びて輝いています。DSC09818

鯉さんたちが暖かい水のところからのろのろと橋の下に出てきました。DSC09815

鴨さんたちは、元気に餌を食べています。DSC09803

突然、アオサギさんに出くわしました。DSC09809
鴨さんたちの中でじっとしています。DSC09810
桜の木の上ではヒヨドリが鳴いていました。DSC09821
その桜の枝には花芽がしっかりと付いています。DSC09824


寒いつれづれウォーキング地蔵川でしたが季節は確実に春に向かっていました。

朝日を浴びて鮮やかなオタフクナンテンでお別れします。DSC09825


今日の曲は、西野カナ このままで

株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール