日の出ウォッチング

今朝の面白い日の出&クマゼミの声がうるさくなり出して汗が噴き出て地蔵川歩く(つれづれウォーキング地蔵川7月2018(2))

<今日の表紙>今朝の梅雨明けの夏空
DSC03176

今朝は久しぶりの晴天です。DSC03158
眩しい太陽が昇ってきました。DSC03163
DSC03164
御嶽山も見えました。DSC03166
月も久しぶりに出ていました。DSC03179
太陽が雲の中へ隠れて行きます。DSC03168
そして、出てきたらだいぶ大きくなっています。DSC03180
こんなことってあるんですね。DSC03183
大気の悪戯でしょうか?

8時過ぎに今月2回目のつれづれウォーキング地蔵川に行って来ました。DSC03184
緑色の川藻が眩しいDSC03185
亀さんが浸水したお家の状況をウォッチングしています。(笑)DSC03186
ヒョウモンチョウです。DSC03189
錦鯉のこどもがだいぶ大きくなってきました。DSC03195
鳥さんたちは今朝も見れませんでした。もう2が月半ほど見ていません。

鳥さんたちは見れませんが、クマゼミの鳴き声がうるさくなりました。鳴いている木を探しますが見つかりません。DSC03198


モントブレチアの朱色が鮮やかです。DSC03203


8時ごろでもかなり暑いつれづれウォーキング地蔵川です。汗が噴き出します。

  クマゼミの声がうるさくなり出して汗が噴き出て地蔵川歩く

川面の反射がきれいです。DSC03199


帰り道の民家の木にとまっているクマゼミでお別れします。DSC03209
DSC03210
やっと見つけた!

今日の曲は、ゆず 夏色




地蔵川文月はじめ目に見えぬ蝉が鳴きだし梅雨明けまじか(つれづれウォーキング地蔵川7月2018)

<今日の表紙>オタフクナンテン歩道
DSC02971

僕の住むマンション前の歩道は、長い間オタフクナンテンの紅葉を楽しめます。

今朝は、蒸し暑い中、日の出前に日の出の位置を中心としたオーラが見れました。DSC02934
DSC02939
残念ながら日の出は見れませんでした。

そんな中、7月最初のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC02945

いつもの習慣で、亀さんの家を見ましたが、最近は床上浸水状態で亀さんはいません。(笑)DSC02949

亀さんの子どもが流葉と遊んでいます。DSC02946
DSC02947
お父さんとお母さんは土管の上で佇んでいます。DSC02950
仮のお家でしょうか?

最近は鳥たちが見つからず寂しいつれづれウォーキングになっています。それにしても8時前だというのに暑い!

錦鯉さん親子は元気に泳いでいます。DSC02956


ツユクサが可愛いですね。DSC02953
オシロイバナのピンクも鮮やかです。DSC02958
オオキンケイギクがまだ頑張っています。DSC02963
ランタナはこれから当分の間咲き乱れます。DSC02961
アゲハチョウがランタナの花の蜜を狙っています。DSC02967
アガパンサスの薄いブルーが涼しいですね。DSC02966
今朝出会った花の中で最も印象に残った、そしてきれいだったモントブレチアです。DSC02965
DSC02964


桜の木の枝からは、早くもクマゼミの鳴き声が聞こえてきました。DSC02968
まだ本格的ではありませんし、姿も見えません。

蝉が鳴きだしたので、梅雨明けも近いでしょう。

  地蔵川文月はじめ目に見えぬ蝉が鳴きだし梅雨明けまじか

僕の住むマンション前の歩道を飾るアベリアでお別れします。DSC02972


今日の曲は、EXILE 真夏の果実




今年前半(6月まで)の日の出ウォッチング大賞を発表します。

<今日の表紙>6月最後の朝のパノラマ
DSC02843

今朝も残念ながら日の出は見れませんでした。

関東はなんと昨日が梅雨明けとのことです。史上最速6月の梅雨明けは観測史上初めてですが、東海地方はいつ梅雨明けとなるのでしょうか?

今日で今年も半年が終わります。もう僕は、1月の事はほとんど忘れています。(笑)

ということで、今年1月から6月までの日の出ウォッチングの中で、印象的な日の出をまとめてみることにしました。今年1年の日の出ウォッチング大賞を選考する時の資料としても活用できます。

まず、1月と思いましたが、1月は不作でした。

逆に2月は豊作です。

2月7日のサンピラー(太陽柱)現象です。DSC07596

光っているのは太陽本体ではありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
太陽柱は、空気中に浮かぶ六角形の板状の氷の結晶に、太陽の光が反射することで太陽の虚像として見られます。この現象が見えやすい条件は以下の通りです。

・氷の結晶の向きがそろっていること

・上空の風が弱いこと

・気温が低いこと

・大気が適切な水分量であること
ーーーーーーーーーーーーーーHatena Blog 天気のあれこれより

そして、2月10日の人の顔のような太陽です。DSC07786


2月22日の赤い太陽です。DSC08198


3月は唯一、26日の篠島から見た日の出です。DSC09322

DSC09321


4月は豊作です。

4月23日の雲の帯を締めた太陽です。DSC00446


4月26日の煙食の後の煙に乗った太陽です。DSC00528


4月27日の大蛇が空から舞い降りたような鱗雲です。
DSC00533

あいにくの曇り空でしたので、日の出は見れませんでした。鱗雲が目に留まったのでシャッターを切りました。DSC00536
後で見ると、大蛇が現れていました。

4月30日薄い煙が太陽を横切ります。DSC00683


5月16日のオレンジ色の太陽です。黄色がかったオレンジ色の太陽は、やっぱり神秘的です。DSC01262


5月22日の聖火台です。DSC01427
DSC01433


5月27日の煙食です。DSC01596


最後は6月3日の雲のベルトを締めた太陽です。DSC01879
煙食も少し出来ています。

今年の1月から6月までで、日の出ウォッチング大賞を選ぶとすればどれがいいでしょうか?悩みますね。

特別賞は悩みません。やっぱり4月27日の大蛇が舞い降りたような鱗雲です。DSC00533


あえて、日の出ウォッチング大賞を決めるとすれば今まで見たことがなかった2月7日のサンピラー現象ですね。DSC07596
この日の詳細は2月7日のブログを見てください。

  半年が早くも終わり振り返る日の出大賞サンピラー輝く

では、サンピラー現象の終わりでお別れします。
太陽と光の塊が近づいてきました。DSC07606
太陽は光の塊にさらに接近していきます。DSC07617
日の出ウォッチングも宇宙観察です。今年の後半が楽しみです。

今日の曲は、吉川晃司 せつなさを殺せない2014




地蔵川水量多く水無月は鳥無し月と亀さんが言ふ(笑)(つれづれウォーキング地蔵川6月2018(3))

<今日の表紙>僕のマンションの花壇のタイサンボクの今シーズン最後の花(?)
DSC02602

このきれいな白が夕方にはもう茶色っぽくなります。タイサンボクの純白の花を見ると儚さを感じます。

今朝は、梅雨の貴重な快晴の朝を迎えました。DSC02599
太陽と煙突の煙のコラボがきれいです。DSC02600
DSC02601


気持ちのいい早朝のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC02603
亀さんのお家は床上浸水しています。DSC02604
オオキンケイギクの黄色が少しお疲れモードになっている右端を見ると亀さんがチョコンと座っています。DSC02608
小島に避難しているようです。DSC02607
水量が増しているせいでしょうか鳥さんたちは見当たりません。

  地蔵川水量多く水無月は鳥無し月と亀さんが言ふ(笑)

歩いていると、足元に小さなネジバナを見つけました。DSC02609


鯉さんたちは相変わらず元気です。錦鯉さんは鮮やかですね。DSC02617
対照的に鯉さんが元気に泳いでいるそばには寿命を終えた鯉が横たわっています。DSC02615
自然の当たり前の風景です。

橋を渡るとオシロイバナが咲き始めています。DSC02620
夏が終わるころまではこの鮮やかな濃いピンク色が僕の目を楽しませてくれます。DSC02621
ヒメジョオンも元気です。DSC02622
タンポポはもう終わりごろでしょう。DSC02623
ランタナの花にはモンシロチョウが似合います。DSC02625
DSC02627


初夏のつれづれウォーキング地蔵川は、目に見えにくいクモの糸が歩いているとよく体に絡みつきます。気にするほどではありませんが、日常の生活の中でもクモの糸のように見えにくい障害物が結構あるなと感じます。特に僕のような年寄りは足元に注意して慌てないようにしなくてはいけません。

つれづれウォーキング地蔵川から帰ってきたら梅雨らしくない今朝のパノラマが僕を迎えてくれました。DSC02632


我が家に戻って来て泡のマフラーをまとった亀さんでお別れします。(笑)DSC02629


今日の曲は、JUJU 真夏の果実


一瞬の夏至の遅い日の出を見れました。(日の出ウォッチング年間グランドスラムの1日)

<今日の表紙>昨日寒ざらしそばを食べた荘川村の「蕎麦正」の三島正店主を囲んだ杉谷さんと僕
DSC02540

一昨日から名古屋でバドミントンを楽しんだ、バドミントンの140歳以上男子ダブルスの僕のペアの杉谷さんです。DSC02533
五木ひろしの歌がバドミントンよりも上手です。(笑)

今日は待ちに待った夏至です。

僕の毎日の日の出ウォッチングでは特別な日です。1年の中で、春分の日、夏至、秋分の日、冬至の4日の日の出ウォッチングがばっちりできると年間グランドスラムということになるのです。

そして、このマンションでの日の出ウォッチングを始めて4年目になりますが、昨年までの3回は夏至が雨か曇りで日の出が見れませんでした。

今年は、春分の日は丸亀で迎えましたが、当日は雨でした。ということで今年も年間グランドスラムは達成できません。(涙)

そして、夏至の朝を迎えました。(4時43分)DSC02554
少し晴れていますが日の出の位置には雲があり、雲の切れ間が光っています。DSC02561
今回も日の出はみれないと一度諦めて部屋の中へ帰りました。でも、なんだか胸騒ぎがしたのでもう一度外へ出て日の出の位置を見ると出ているではありませんか。(5時01分)お日様です。DSC02568
光り輝いています。DSC02569
わずかの隙間から一瞬の日の出です。DSC02570
少しボーっとして見える太陽ですが日の出には違いありません。(汗)

初めて夏至の日の出ウォッチングを楽しめました。

  初めての夏至の日の出を楽しみて心は秋の秋分の日へと

夏至は、1年中で一番昼が長い日ですが、日の出の時刻は、夏至の日より1週間ほど前が一番早いそうです。

それと反対に、日の出の時刻が一番遅い日は、冬至の日より2週間ほど経った日だそうです。

天文学はややこしいですね。

いずれにしても、日の出の位置は、これから段々パノラマの右側の方へ移動していきます。

煙突の位置に近づくと煙食が見れるので楽しみです。一昨年の煙食を3つどうぞ!
DSC03944
一昨年の日の出ウォッチング大賞受賞のショットです。(審査員は僕一人)


DSC03052
011


今年は春分の日で年間グランドスラムを阻まれましたが、毎日の日の出ウォッチングはスリルと興奮を味わえてうれしいですね。

昨日の雨の中、雨宿りをしているようなアジサイでお別れします。(笑)DSC02547


今日の曲は、いきものがかり YELL





家族とは人の温もりの源?考えさせられますね。映画「万引き家族」

<今日の表紙>梅雨の晴れ間の巨大な太陽の今朝の日の出
DSC02090

今朝は雨上がりのパノラマの中から巨大な太陽の日の出でした。DSC02087
そして、青い空をバックにしたきれいな三日月です。DSC02077

デジカメのズームを最大にした状態でのいつもの日の出の太陽です。DSC01981
かなり大きさが違うのが分かります。

今朝の日の出の太陽は、眩しさよりも温かさを感じますね。

昨日、今話題の映画「万引き家族」をミッドランドスクエアシネマで観てきました。DSC02099
是枝監督が今年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した作品です。

金曜日の昼過ぎからの上映にもかかわらず、ほぼ満員の中、上映が始まりました。

樹木希林扮する初枝ばあさんの元に集まって家族のように生活する6人。DSC02091


大人は仕事もするが、万引きもして、子どもにも手伝わせる生活を自然にしています。

だらだらというか、淡々というか、日常の生活が楽しく続きます。海水浴場での家族(?)団らんもあり平和ですが、それを境にいろいろなことが起こり、バラバラになります。しかし・・・・・

最近世間をにぎわしている子どもへの親の虐待などのニュースを見ると、家族の本質、家族とは何か?を観客に問いかけている映画です。

僕は、この映画を観て感じたことは、「家族とは人の温もりの源」

是枝監督は、主人公の治には、「そして父になる」のリリー・フランキーを起用しています。DSC02098
相手役の信代には安藤サクラです。DSC02097
2人とも自然にふるまっているような名演技でこの特殊な家族が普通の家族に見えてきます。

是枝監督が目指す(?)家族映画での温かさがにじみ出て来ています。DSC02095


  家族とは人の温もり生きるため必要な源万引き家族

映画を観終わって席を立とうとすると、僕を含めてお年寄りが多くてすぐに立てない人が多くて退場時は長く混雑しました。(笑)

映画を観終わってJR名古屋駅に向かう途中の通路での花屋さんで見かけた可愛いペンタスでお別れします。DSC02073


今日の曲は、福山雅治 家族になろうよ



今朝の日の出ウォッチングは、煙の雲「煙雲」と煙食の競演でした。

<今日の表紙>今朝発生した巨大な煙の雲「煙雲」
DSC02015

昨日は、梅雨の晴れ間がのぞいて蒸し暑い一日でした。

3日連続午前・午後のバドミントンの練習を終えてヘロヘロになり、帰ってお風呂に入りくつろいでいると、7時10分過ぎだというのに、夕焼けの終わりが見れました。DSC02010
ずいぶん日が長くなったものです。

今朝も、朝4時42分の空は、昨日の夕方の延長線の風景です。DSC02011
でも、少し臭い!

王子製紙の煙の臭いでしょうか、臭います。僕のマンションの位置では、年間に2、3回ですので、今朝はかなり珍しい状態です。

マンションの近くの空を見ると、巨大な煙の塊が出来ています。DSC02020
煙の塊というよりは、煙の雲「煙雲」です。

煙が拡散することなく、煙雲に吸引されています。DSC02015
風が弱くて湿度が高いだけでは雲にならないような気がしますが、いろいろな条件が整って雲になるのでしょう。

そんな中、太陽が昇ってきました。(4時46分)DSC02021
煙がたなびく中ですので煙食が発生しています。DSC02023
DSC02027
煙雲と煙食の競演です。DSC02029
かなりの迫力です。

  煙食と臭いたなびく煙雲の梅雨の狭間の朝ドラを観る

もう僕の鼻は煙の臭いにマヒ状態です。(笑)

さらに煙食が続きます。DSC02031
DSC02034
DSC02035
そして、雲の中へと昇って行きます。DSC02040
このころになると、煙雲が壊れてきています。DSC02041
再び太陽が雲と雲の間に顔を出して来ました。DSC02052
目に似ていますね。DSC02054


煙がたなびいて、日が昇り普通の1日が始まりました。DSC02056


少しかすんで見えた今朝のお月さまでお別れします。DSC02016


今日の曲は、レイ・チャールズ いとしのエリー



株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール