日の出・日の入りウォッチング

幼児虐待を扱った小説「血腫」田村和大著は、とても奥が深い。

<今日の表紙>今朝の日の出の太陽
DSC01361

今朝は暖かい穏やかなお天気でした。(6時41分)DSC01360
日の出の太陽が雲のベールをまとって昇ってきました。DSC01355
DSC01356

最近のお天気は晴れでも日の出の時間は雲が多く気温は高めで春の気配が漂っています。

2月も早いものであと3日となりました。昨日に2月で4冊目の本を読み終えました。

本屋さんで面白い本がないかなと探していたら、今年になって世間を騒がしている幼児虐待をテーマにした「血腫」田村和大著が目に留まりましたので早速買って読みました。DSC01362
幼児虐待の徴候が見られるも、その怪我は虐待か?事故か?DSC01363

警視庁から故郷の警察署に戻って来た栗秋刑事が真相を追っていきます。DSC01364


生後2か月の乳児が父親がウトウトしている間に意識を失った。病院で緊急手術をして命は救えましたが幼児虐待の徴候(揺さぶられっ子症候群)が見られたので、父親が逮捕されました。

それからのストーリーの展開が面白くて数日間で読み終えました。

生後2か月の乳児の頭に血腫ができる原因は虐待のほかに、出産時、母親の産道を通っているときに頭に圧迫を受けて血腫ができることは珍しくないそうです。しかし、大部分の血腫は2ヶ月も経つ自然治癒してしまうということです。では、虐待ではなく、この乳児は自然治癒しなかったのかを主人公の栗秋刑事が地道に調べて行きます。

そして、事件の結末は驚く方向に向かいます。事件の解決のヒントが栗秋刑事の昔の上司の言葉「結果だけではなく過程も見ろ」でした。「新幹線の駅で、授乳室のピクトグラムに哺乳瓶の絵が使われていました。その絵を見たとき、昔の上司に言われた『結果だけではなく過程も見ろ』という言葉を思い出したのです」

  物事の背景探る過程では見えないものにいっぱい出会う

著者の田村和大のセンスの良さを感じました。DSC01365


これからしばらくの間、僕のマンションの部屋のベランダから見えなくなる昨日の夕陽でお別れします。DSC01349


今日の曲は、シャネル 奇跡

今度のインド映画も最高です!「バジュランギおじさんと、小さな迷子」

<今日の表紙>久しぶりのJRタワーズの夜景
DSC01166

昨日は遅いランチを名駅地下の銀座ライオンで食べました。DSC01161
もちろんサッポロ生ビール付きです。ここの生ビールは最高ですよ。なにせ、サッポロビール直営です。

いい気分でミッドランドスクエアシネマ2へ行く途中のクリスマス・ローズです。DSC01163
鼻の下ではなく花の下からのショットの方が迫力がありますね。DSC01164


昨日観た映画は、インド映画「バジュランギおじさんと、小さな迷子」です。DSC01170


過去のインド映画「バーフバリ」や「マガディーラ」も良かったですが、今度もそれに劣らず良かったです。
底抜け正直者のインド青年バジュランギと、声をなくしたパキスタンの6歳の迷子シャヒーダーのインドからパキスタンのシャヒーダーの母が待つ村へのとっても危険な、そして、楽しい旅の物語です。
バジュランギを演じるサルマン・カーンです。DSC01171
歌や踊りも上手ですよ。
そして、とってもかわいいシャヒーダーを演じるハルシャーリー・マルホートラです。DSC01172
おじさんたちは彼女の笑顔で癒されますよ。

インドとパキスタンは宗教も違いますし、パキスタンの誕生には悲惨な歴史もありますので、近くて遠い国のようです。そういう歴史背景も色濃く出ていてハラハラし通しですが、シャヒーダーの笑顔で吹っ飛びます。

そして、クライマックスは感動の連続で涙が溢れ出しました。インドとパキスタンを近くて近い国に近づける映画になったと確信します。159分が短く感じれます。

インドからパキスタンへの二人旅ハラハラドキドキ笑顔が癒す

きれいな今朝のパノラマとDSC01177
人の顔のような日の出の太陽でお別れします。DSC01182


今日の曲は、あいみょん マリーゴールド


杉ちゃんがまた来た!フジカキペア(再春館製薬所)のサイン入り色紙が来た!

<今日の表紙>昨日届いたバドミントンのフジカキペア(再春館製薬所)のサイン入り色紙
DSC01115

ロンドンオリンピックのバドミントンで日本のバドミントン界初めてのメダル(銀メダル)に輝いた藤井・垣岩ペア(先日選手引退)のサイン入り色紙が垣岩さんのお父さんから岸バドミントンアリーナ(KBA)へと昨日届きました。

  ロンドンの余韻楽しむフジカキのサイン色紙をKBAへ

その他に、再春館製薬所バドミントンチームくまモンTシャツも来ました。DSC01111
そして、なんと先日のSJリーグでの再春館製薬所の優勝に貢献した、シングルスの山口茜ちゃんのサインと、DSC01114
松山・志田ペアのサインもいただきました。DSC01116

垣岩さんは滋賀県大津市の出身で、お父さんがKBAでバドミントンを楽しんだことがあり僕と近しい間柄になっていました。KBAには、ロンドンオリンピックでのオフィシャルキャップにフジカキペアのサインをいただいて玄関に飾っています。055


話は変わりますが、一昨日の夜のきれいな満月です。DSC01080
スーパームーンは昨日ですが雨で見れなかったので一昨日の夜に見れて良かったです。
DSC01081

その前には、きれいな夕焼けが見れました。DSC01078

そんな中、今週も杉ちゃんがやって来ました。

僕の部屋に入るなり、「ビール!」

ビールを飲んで始めたことが自分の寝床周りの掃除です。DSC01082
DSC01083


彼は見かけによらず掃除好きなんです。自ら持ち込んだカーペットを敷いてその上に自ら持ち込んだマットを敷いて寝ます。(笑)

昨日の杉ちゃんは、バドミントンの練習に行ったあとにスーパー銭湯に行ってからスーパーで買い物をして夕食を作り出しました。DSC01104
DSC01100
豚肉と白菜の重ねキムチ鍋です。DSC01106
美味しくいただきました。
美味しい料理を作ってご機嫌の杉ちゃんです。DSC01105


昨日は午後からずっと激しい雨が降っていましたが、今朝の雨上がりのパノラマとDSC01128
迫力のある煙突の煙とDSC01129
日の出のお日様でお別れします。DSC01122
DSC01127


今日の曲は、矢沢永吉 時間よ止まれ


名古屋駅前は、かなり春めいてきています。

<今日の表紙>ミッドランドスクエアB1通路わきの花壇で咲き始めたクリスマス・ローズ
DSC01000

クリスマス・ローズの花はお辞儀をしていますのでカメラを花の下に構えてフラッシュ撮影をしました。DSC00998
白い花です。DSC01001
DSC00999
名前はクリスマス・ローズですが、日本では2月ごろから咲き始めてゴールデンウイークぐらいまでは咲いています。

昨日は、映画を観に名駅前に行きました。DSC01010
あいにく、映画はすでに満席で観れませんでしたので、久しぶりにレクサスショウルームに寄ってきました。

赤いレクサスRC350が展示されていました。DSC01006
価格は753万円。充分高い値段ですがレクサスですからあまり高い感じがしません。

ルイヴィトンのショウウインドも春らしくなっています。DSC00759
ディオールのショウウインドはかなり春めいています。DSC00760


ミッドランドスクエアシネマ2のあるビルの花壇のオタフクナンテンです。DSC01005
日当たりが悪いせいでしょうか、僕の住むマンション近くの歩道のオタフクナンテンよりも赤みが足りません。DSC00902


名駅前の通路の花屋さんも春の花で賑わっていました。

花桃です。DSC01013
そして、可愛いハイネコヤナギです。DSC01014


  レクサスやブランドショップ花屋さん名古屋駅前春めいてきた

マンションに帰ると、昨日の朝は曇り空でしたが、DSC00997
夕方はきれいな景色が見れました。DSC01017
きれいな夕陽です。DSC01018
一夜明けてきれいな今朝のパノラマでお別れします。(6時43分)DSC01022


今日の曲は、松任谷由実 春よ、来い



10日に満員で観れなかった映画を観てきました。「洗骨(せんこつ)」

<今日の表紙>昨日の夕方のお月様
DSC00967

早朝や夕方のお月様はブルーをバックにしてしかも、鮮明に見えて僕は大好きです。

そして、昨日は夕方の御嶽山も宙に浮かんでいるようでとっても神秘的でした。DSC00968
昨朝の御嶽山とは少し見え方が違います。DSC00966_1
御嶽山は朝見えても、夕方には見えなくなることが普通です。

ということで、昨日は空気がきれいだったのでしょう。

午後からバドミントンの練習でしたので、朝、10日に矢場町のパルコ8Fのセンチュリーシネマが満員で観れなかった映画を観てきました。

昨日は、ウィークデーということもあり、開店前から行列は出来ていませんでしたが、万が一のために開店5分前には到着しました。

開店して、エレベーターに乗ると、やっぱり多くの人は8Fへ直行です。

僕の後にはもう映画館のチケット売り場への行列が出来ていました。映画館の方も、小さいホール(45名定員)から大きいホールへの上映場所変更をしていました。

かなりに人気のある映画です。その映画とは、「洗骨」です。DSC00976
沖縄の離島「粟国島(あぐにじま)」での物語です。

人が亡くなると、風葬をして、4年後に遺体が白骨化したのち縁深き者たちの手により故人の骨を洗う沖縄ではかってよく行われた儀式をしてようやく「この世」と別れを告げるという風習を通して家族の絆が確かめられるという映画でした。DSC00980
DSC00977
DSC00978


妻に先立たれておろおろして生きている夫と、都会で働く長男、長女が背負ってきた人生が妻が亡くなって4年後に洗骨のために再会してぶつかりあいます。

きれいなロケーションをバックに洗骨の日までのドラマが死者をあの世へ送ることと新しい命の誕生が出会ってクライマックスを迎えます。

  洗骨を通して繋ぐ親と子の家族のバトン未来へと走る

家族の絆という目に見えないことがテーマの映画でした。多くの人が朝早くから観に行くことがわかる気持ちになる映画でした。

きれいだった燃えるような夕陽が見れた昨日の夕暮れ時の風景でお別れします。DSC00971
DSC00973
DSC00974
DSC00975


今日の曲は、吉田拓郎 歌ってよ夕陽の歌を



杉ちゃんが来た!ボラの大群が来た!バレンタインチョコが来た!

<今日の表紙>今朝の寒いけれどきれいなパノラマ(6時49分)
DSC00965_1

日の出の位置が黄金色に輝いています。DSC00957_2
御嶽山もきれいです。DSC00966_1


一昨日、僕の部屋に泊ってバドミントンをしに来た杉谷さん(杉ちゃん)です。
DSC00919

昨日は、愛知県スポーツ会館(県スポ)で、大阪からやって来た75歳の元気なお年寄りの杉ちゃんといつも一緒に練習をしているレディースの人たちとバドミントンを楽しみました。DSC00921
DSC00923

寝具のマットを僕の部屋に送り付け、これから月に1、2回ほど名古屋でバドミントンを楽しむということです。(汗)

バドミントンを楽しんだ後、杉ちゃんと2人で昼食を食べに県スポの近くのとんかつやに行く途中、とんでもない光景に出くわしました。

一見すると普通の光景です。DSC00944
黒川にかかる城北橋から下を覗いている人がいます。DSC00943
何か川面でうごめいています。DSC00939
少し拡大してみます。DSC00941
もう少し拡大してみます。DSC00937
数十万匹の魚の大群です。鯉ではなさそうです。大きさは15㎝~20㎝ほどでしょうか。DSC00936
何だろうかと近くの人に聞いても分かりません。その時自転車に乗った人が「ボラ」だと教えてくれました。2、3年に一回のペースでボラの子どもの大群が押し寄せる現象が起こるし、今回は3日ほど前から起こって来たということです。DSC00935
酸素が足りないのか死んでいるボラもいます。DSC00934
遠くには鵜が佇んでいました。DSC00932
おそらく満腹状態でしょう。とにかく、この光景にはびっくりです。DSC00933


  黒川にボラの大群押し寄せて川面がすべて魚となりぬ

珍しい現象を見て喜んで大阪に杉ちゃんは帰っていきました。DSC00950


バレンタインチョコをもらって喜んでいる杉ちゃんと僕でお別れします。DSC00924


今日の曲は、AKB48 恋するフォーチュンクッキー


枯れすすき若さはじける水仙に負けず輝く朝日を浴びて(つれづれウォーキング地蔵川2月2019(2))

<今日の表紙>角を生やして昇って来た今朝の太陽(笑)
DSC00875

今朝は寒いけれど素晴らしいお天気でした。DSC00868

遠くに御嶽山が見える中、DSC00882
2月2回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC00884


川面では、鴨さんたちが遊んでいました。DSC00885
その隣ではコサギさんが佇んでいました。DSC00886
一瞬目を離したすきにコサギさんはどこかへ飛んで行ってしまいました。(涙)

しばらく川辺を散歩していたら、この時期はやっぱりスイセンが目立ちます。DSC00888
朝日を浴びてきれいです。DSC00897
枯れススキも負けじと頑張っています。(笑)DSC00893


  枯れすすき若さはじける水仙に負けず輝く朝日を浴びて

気温もかなり低いですが、水温も低いのでしょう、錦鯉さんの子どもは橋の下に出てきません。DSC00889


桜の木の枝にはムクドリがつぼみをつついているようです。DSC00896
川の中では、鴨さんが一休みしています。DSC00899


今回のつれづれウォーキング地蔵川は、主役のサギさんたちや錦鯉さんが一瞬でしたので寒さを忘れるような時間が少なかったです。

まだ当分寒さが続きますが昼の長さは確実に長くなっています。

今朝の日の出のまぶしい太陽と、DSC00880
つれづれウォーキングから帰って来た時のきれいな青空でお別れします。DSC00903


今日の曲は、佐野元春 アンジェリーナ


株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール