旅行つれづれ

ウォシュレットが海外でブレイク出来ない訳が分かりました。

<今日の表紙>なんじゃもんじゃ(ヒトツバタゴ)の木
DSC00349

昨日、大曽根のエディオンに行く途中に見かけました。DSC00350
もう咲いています。DSC00351
今年はかなり咲く時期が早いです。いつもはGWごろが見ごろですが。DSC00353
DSC00352
綿や雪が積もっているようなきれいさです。

  暖かい日差しの中で積もる雪なんじゃもんじゃのショウタイムかな

先日、僕のFB友人の梅木さんの投稿を見ていたら、ウォシュレットが何で海外で普及していないのかが載っていました。

僕は記事を読んで、なるほどなるほどと感心しました。

日本では多くのの家庭、ホテル、公共施設などはウォシュレットです。僕のマンションも標準装備です。DSC00370


一昨年は、南米を、昨年はニュージーランドを旅行しましたが、確かにウォシュレットには遭遇しませんでした。

でも、先日の台北のホテルの部屋にはウォシュレットが付いていました。5年前宿泊したときにはありませんでした。

余談ですが、5年前のバドミントンのモーニングカップに参加したときの休日にゴルフを一緒にした李さんは、台湾のウォシュレットメーカーの社長さんです。011

自分の会社の製品がホールインワンの賞品になっていました。

そして、5年前にグァムに行った時のホテルの部屋にはウォシュレットがありました。018


こんなことを経験しているので、もう世界中に普及するのはすぐだなと思っていました。

ところが、梅木さんの投稿を読むとそうすぐには普及しないということが分かりました。

では、その記事をどうぞ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【世界にウォシュレットが普及しない理由】

それはインフラ整備に問題がありました
世界で水道水が飲める水準の国は何国あると思いますか?
なんとたった15国程度です
ウォシュレットは肛門を洗浄するから粘膜に水を当てます
ですから雑菌、大腸菌などが検出される水で肛門を触れさせることはできません
だから
ウォシュレットは世界に普及しないのです
そもそもの水道水の基準が違います
水道事業者(行政の水道局)から出る水の基準が高いからこそ安全な水が飲めるのです
水道管から直接入る住宅ならばそのまま飲めますが、マンションなど一時的にタンクに溜めるタイプの貯水槽式給水方式ですと、水槽内で汚染される可能性が出てきます
ですから
一年に一度
清掃、消毒、点検義務があるのです
これはマンションのオーナー様に管理義務があります
全く掃除してないマンションがありますので、水道水が臭いかなとか
うちは大丈夫か?と、思う方は管理会社に問い合わせてみると良いかもです
快適に暮らしたいですからね
マンションなら毎日の事ですから問い合わせしますが、旅館やホテルでは、水が臭うとなれば、リピート客に影響あります
宿泊レビューで臭いと書かれている宿は、大体、掃除をしてません
もちろん、そこにいるスタッフやオーナーさんは毎日そこに居ますから、臭う事に慣れてしまって解らないのが現状です
お客様のレビューには素直に対応するば、改善の余地はあります
常に疑う
そして改善する
そんなことを考えて会社運営をしてます
今朝もトイレでウォシュレットを使い
有難いなと感謝してました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さらに、ネットで調べたら、日本との水質の違い(ヨーロッパでは石灰分を含んだ硬水)や、治安の問題(盗まれる)などが普及の妨げになっていました。

観光で日本に来る外国人の評判により、ウォシュレットが徐々に普及していくとは思いますがね。

日本は清潔すぎることも、花粉症などが大流行する原因になっているようですが、バドミントンでいろいろな体育館へ行くとトイレにウォシュレットがあると安心するのは僕だけではありません。そして、この体育館はいいねと評価します。(笑)

今が見ごろの大曽根のなんじゃもんじゃの並木でお別れします。BlogPaint


今日の曲は、吉田拓郎 あの娘といい気分




台北からキティちゃんと一緒に帰りました。

<今日の表紙>昨日、日本に帰る前の台北のホテルの前での杉谷さんとの2ショット
DSC00200

6日台北に滞在しましたが、お天気が悪い日が多く、雨が降る日も寒い日も珍しくありませんでした。

日本よりも一足先に、アジサイがきれいでした。DSC00198


昨日、10時半ごろホテルを発って、桃園空港へ向かいました。

空港の中の待合のレストランです。BlogPaint
DSC00203
平安幸福、平安圓満 何となく意味が分かりますね。

トイレを使用した後、アンケートを取っています。DSC00202
きれいな空港です。

僕たちの乗る飛行機が見えてきました。DSC00206
なにか機体に絵が描かれています。キティちゃんです。DSC00207


機内に入ると、クッションもキティちゃんです。DSC00209


食事の時のフォークやナイフもキティちゃんです。DSC00211


  関空へ台北からのフライトは機体機内もキティちゃんだらけ

少し驚きながら快適な空の旅を楽しみました。DSC00212


関空へは2時間半ほどのフライトで無事到着です。DSC00215


終わってみれば6日間はあっという間に過ぎ去ったという感じです。

杉谷さんと一緒に過ごした台北でしたが、とっても楽しく過ごすことが出来ました。

「はるか」で新大阪まで一緒だった杉谷さんとの2ショットでお別れします。DSC00219
杉谷さんの2本の指は金メダル2つ、僕の1本は金メダル1つの意味です。(汗)

今日の曲は、スピッツ 空も飛べるはず



昨日は、温泉に入りすぎて疲れました。今日の試合に影響しそうです。(汗)

<今日の表紙>台北の北投温泉の加賀屋での杉谷さんとの2ショット
DSC00104


昨日は、バドミントンのモーニングカップのスケジュールが空きましたのでお昼前から北投温泉の加賀屋に温泉と料理を楽しみに行きました。DSC00102


北投温泉の加賀屋も5年ぶりです。DSC00101
DSC00103


台湾の温泉は、日本と違い水着をつけて入るのが普通です。でも、加賀屋は日本式のかけ流しの温泉です。

1時間ほど温泉に入ると、さすがに汗がしたたり落ちてかなり疲れました。

  台北で加賀屋を訪ねかけ流し疲れて今日は大丈夫かな?

1時ごろから加賀屋のレストランで美味しい松花堂弁当をいただきました。DSC00109


食べる前におなじみの2ショットです。DSC00107


料理と言えば、一昨日の夜はお寿司屋さんです。DSC00097
美味しいお寿司でしたがビールは缶ビールです。DSC00098


そして、明日のシングルスの健闘を祈念して、昨夜はトンカツ、いやトン勝つです。(笑)DSC00112
あまり美味くなかったので今日の試合が不安です。(汗)

加賀屋の吹き抜けを泳いでいた鯉のぼりでお別れします。DSC00111


今日の曲は、SEAMO Continue



久しぶりの台湾です。今日からバドミントンの試合です。

<今日の表紙>しばらく見れない昨朝の朝のパノラマ
DSC00031

昨日は曇り空が広がる朝、関空に向かいました。

木曽川です。DSC00035
そして、伊吹山です。DSC00037


関空から台湾のEVA AIRで台北へ向かいました。DSC00046

機内では、グレイテスト・ショーマンを観て時間をつぶしました。DSC00049
3時間半ほどのフライトで無事台北へ到着です。DSC00051
杉谷さんと2ショットです。

台湾は日本との時差は-1時間です。日本が12時ですと台湾は11時です。

40分ほど車で移動してホテルへチェックイン。

ホテルの部屋の窓から外を見ると、窓ガラスが汚れていて曇っています。DSC00053
驚きました!

第47回モーニングカップバドミントン大会に今年で5年ぶり3回目の出場です。

今日の夕方から、杉谷さんと140歳男子ダブルスに出場します。

大会事務局の歓迎会では、日本からの参加者がこの大会でいつもお世話になっている頼さんのこの大会での勇退の報告がありました。DSC00060
まだまだお元気な頼さんです。

  台湾と日本のバドの架橋で大活躍の頼さんに感謝

頼さんは、僕と僕のミックスのペアだった田村さんと誕生日が一緒です。

今年89歳の頼さんと67歳の僕、二人合わせて156歳の2ショットでお別れします。DSC00064


今日の曲は、浜田省吾 東京

突然暇になったので、・・・&今日のゴルフのプロローグとして・・・

<今日の表紙>山形県産業科学館マスコットキャラクター「ピコリン」
DSC09936

昨日は、朝から雨が降ってのスタートです。DSC09935

昨日は、前田君のアクシデントで、バドミントンの試合は棄権。

ということで、朝から仙台へバスで移動しました。

山形から仙台へは、普通の時間は10分おきにバスが出ています。

山形駅前から仙台駅前までは約1時間10分ほどです。
バスに乗って、高速道路を走ると、まだ雪景色が広がっています。DSC09938
途中では雪が舞っていました。DSC09939
びっくりする景色です。DSC09940

ウトウトしていると仙台の市街へ来ていました。仙台は晴れていてケヤキ並木の若葉がきれいです。DSC09944

ホテルへチェックインするには早いので、仙台駅前の映画館で映画を観ることにしました。

観た映画は、ドウェイン・ジョンソン主演の「ジュマンジ」です。DSC09948
これが結構面白かったですよ。

ホテルへチェックインして、仙台の友人のMさんと夕食です。

今日は、今年2回目のゴルフです。

ということで、今日まで開催されているマスターズの創設者「球聖」と呼ばれているボビー・ジョーンズの涙なしでは語れない物語をどうぞ!
夏坂健著「地球ゴルフ倶楽部より 僕たちがよく知っているボビー・ジョーンズに関する、「神よ、私の幸運を彼に!」です。

006
(オーガスタゴルフ倶楽部のレストランロビーのボビー・ジョーンズの肖像画)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一芸に秀でる者、万事に卓越した才を見せるが、ボビー・ジョーンズもまた常人の範疇を超える能力の持ち主だった。
わずか数か月のうちに全英、全米の両オープンに優勝、同じく両国のアマ選手権を制してグランドスラムを達成すると、高みを極めたこの偉大なるアマチュアは28歳にして引退を決意する。身心ともに疲弊して6キロもやせ細り、その上、目的のすべてを手に入れた虚脱も引退の理由だった。煌めきの1930年は、彼が消えて不意に寂しい年に変わった。「ニューヨーク・タイムス」は社説にこう書いた。
「ボブのいないゴルフ界は、パリなきフランスと同じである」
一人の人間に贈られた賛辞と惜別に、これ以上の言葉を私は知らない。・・・・・・

ようやく「マスターズ」が軌道に乗ったころは肩の骨髄液膿炎が悪化、脊髄空洞症という奇病に見舞われて、亡くなる1971年まで車椅子の生活を余儀なくされた。・・・・・・・・

とにかくアメリカに対して意地を見せるイギリス人も、相手がボビー・ジョーンズとなると話は別。とくにスコットランド地方の彼に対する熱狂ぶりは、試合の度にセントアンドリュース市内が空っぽになった事実が証明する。これほどまでに愛されたアメリカ人は前代未聞、それだけに彼の病気を心配する手紙はひきも切らなかった。・・・・

彼は山ほどの郵便物に目を通していたが、その中の1通を読み進むうち肩をふるわせ、手紙が小刻みに揺れて、明らかに異常な動揺を見せ始めた。
「なんということだ!」
手紙を置いて悲痛な呻き声をあげると、不意に首を深く落して激しく泣いた。誰もが初めて聞くボビー・ジョーンズの嗚咽だった。笑うことはあっても、おそらくこれは人前で初めて泣いた光景だったに違いない。
粗末な紙にたどたどしく書かれた手紙は、ヨークシャーのジョン・ヘンドリックからのものだった。彼は、自分がガンに侵されていると告げた上で、次のように書いていた。
「おそらく次の春を迎えることはできないと思います。肺も胃も、いまではすっかりガンに占領されてしまいました。しかし幸いなことに足は大丈夫です。そこで私は終日神に祈り始めました。神よ、私の愛するボブに、どうぞ私の足をお与えください。もし再び彼が立ち上がってくれるなら、私はいますぐ天国によろこんで召されます。神よ、どうか私の足を彼に。お願いですから、ボブに私の足を!」
わが身のすべてをゴルフに捧げ、愛し続けた天才は、ついに二度と芝の感触を味わうことなくこの世を去った。心中、どれほどゲームに恋い焦がれ、悲痛の思いの中で生きたのか。その無念は常人の想像をはるかに超えて生き地獄に身を投げる日々だったに違いない。

ひとり彼のみならず、この世にはさまざまな事情によって好きなゴルフを断念した人が少なくない。その寂しさと悲しさを思うにつけ、緑したたるフェアウェイで遊べるわが身の幸せを、私たちは断じて忘れてはいけない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
栄光を手に入れた人は、それなりにその重みを背負って生きなければなりません。球聖ボビー・ジョーンズはマスターズを残しましたが、自身の人生はつらいことの方が多かったのでは?

なんだかんだ言っても、僕はこの歳までゴルフができるということは、間違いなく幸せだということです。

どんな結果が待ち構えていようとも、ゴルフが出来たということは幸せなのです。

  やる前にゴルフができる幸せを感じてプレーヘボゴルフでも

昨夜食べた、仙台の美味しい牛タンでお別れします。DSC09945


今日の曲は、グレイテスト・ショーマンより This is Me



今日の試合の前に、山形でお花見が出来ました。

<今日の表紙>おいしい山形空港駐車場の山形弁での歓迎のことば
DSC09871

昨日は、お昼前に名古屋空港からFDAの飛行機に乗り山形へ向かいました。DSC09837
名古屋空港では、自衛隊の輸送機などが見れます。DSC09839
DSC09846
離陸すると、JRタワーズなどの高層ビル群がかすんで見えました。DSC09851

曇り空の空の上です。DSC09854
しばらく飛んでいると晴れてきました。DSC09855
山にはまだ雪がいっぱい残っています。DSC09859
1時間もしないうちに山形地方に飛んできました。DSC09863
春らしいパノラマです。
12時過ぎにおいしい山形空港へ着陸すると除雪車群ととなりの雪の塊が印象的でした。DSC09867
DSC09869
DSC09868

空港では、将棋の駒の産地の天童の広告がでています。DSC09870
藤井6段のお陰で元気な天童です。

なんで、山形に来たかというと、今日から始まる第26回山形市長杯シニアオープンバドミントン選手権大会に出場するためです。

60歳以上男子ダブルスで2年連続2位ですので、今年は・・・・・。

今年はゆるガット(13ポンド)で勝負しますので楽しみです。

山形へ着いてタクシーに乗ると運転手さんが最近桜が開花したと言っていました。

山形駅近くに桜が結構きれいに咲いていました。DSC09880
枝垂桜とDSC09878
ソメイヨシノが同じくらいに咲いています。DSC09879
ハクモクレンも隣で咲いています。DSC09874
寒いところですので段々咲くのではなくて一気に咲くようです。

  長い冬終わりを告げる桜咲きよく来たなっす山形の春

山形駅の線路沿いに咲いているうすピンク色がきれいな桜並木でお別れします。DSC09881


今日の曲は、グレイテスト・ショーマンより Rewrite The Star




KBAの後は、桜の名所を2か所楽しみました。

<今日の表紙>KBAでの杉谷さんとの2ショット
DSC09690

一昨日は5人でバドミントンを楽しみましたが、さすがに昨日は月曜日ということで杉谷さんと2人になりました。

午前中2人でみっちり基礎練習のあと半面のフリー。今年の1月5日の再現です。DSC06444


2人で11日から台湾でのバドミントンの試合に出かけます。二人合わせて140歳以上ダブルスと65歳以上シングルスにエントリーしています。

シャワーを浴びて、ランチを食べて杉谷さんの車で向かった先は、安曇川から30分ほど車で走ったところです。

これからが見ごろの桜の街道、海津大崎の奥琵琶湖沿いの4000本の桜並木です。DSC09693
桜のトンネルです。DSC09694
15分ほど車でドライブを楽しめます。DSC09697


  奥琵琶湖海津大崎お花見は4000本の桜街道

海津の桜を楽しんだ後は、もう帰るのかなと思いましたが、杉谷さんは彦根城へナビをセットしました。彦根城までは40分ほどとでました。せっかくのいいお天気ですので彦根城へゴー!

40分ほど走ると彦根城が見えてきました。DSC09717
DSC09715
お城が見えたころから大渋滞です。喫茶店に入りコーヒーを飲んでしばらく駐車場を借りることにしました。

ここの桜は満開です。DSC09711
お堀沿いの桜が柳の緑とコラボしてきれいです。DSC09714
桜の洪水です。DSC09705
屋形船でのお花見です。DSC09709
白鳥もお花見しています。DSC09708
堀へ落ちそうな桜です。DSC09700


ということで、昨日はKBAでのバドミントンの後、2か所の桜を満喫できました。

桜と僕の2ショットでお別れします。DSC09698


今日の曲は、山下達郎 希望という名の光




株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール

株式会社中日映像出版
会長