つれづれ短歌

10月になったら少し気が抜けました。消費税10%が未来から現実になったせいかな?

<今日の表紙>ミッドランドスクエアオータムフラワーフェス
DSC06283

10月に入ったというのに、全然秋らしくありません。でも、秋です。

消費税10%で初めての朝のパノラマは残念ながら曇り空でした。DSC06278


金山駅コンコースでは、幼稚園の園児たちの元気な共同募金を呼び掛ける声がこだましていました。DSC06285
その声につられて100円を寄付しました。DSC06286
今の赤い羽根は針で止めるのではなくペタンシールです。DSC06287


一昨日までは、なんだか消費税が10%になるので8%のうちに買っておいた方がいいものを考えて買いました。特に30日は電車の切符やトイレットペーパーなど気が付くものは買いました。

僕もかなり増税前の買い物騒動に気分的に踊らされていたようです。

スマホのアプリでPayPayをダウンロードして一旦加入しましたが、スマホを紛失したときにまずいなどと考えて、すぐに解約したりして一人芝居をして時間が過ぎました。(汗)

そうして、9月30日が終わり、10月1日になるとなんだか気分が落ち着いていました。消費税10%が未来ではなく現実になったせいでしょうか。

  まだ先だそう思ってた消費税今日からアップ気持ちはダウン

今度は10%はいつまで続くのかなとの思いが頭をもたげて少し重たい気分になりました。

5年半前も同じ感覚だったかもしれません。

まあ、1ヶ月もすると消費税10%は当たり前の世界になることでしょう。

そうこうしているうちに年末を迎える気がします。今の僕は、健康に注意して元気で年末を迎えることが一番大事です。

第21回第一生命サラリーマン川柳コンクールベスト10でお別れします。DSC06221

1位  「空気読め‼」それより部下の気持ち読め‼ のりちゃん

今日の曲は、Beni 歌うたいのバラット

9月は映画をいっぱい観ました。そして、JRタワーズをいっぱい撮りました。

<今日の表紙>気になるガッツレンタカーのポスター
DSC06226

1ヶ月24800円~
レンタカーで1日2000円、1週間7800円・・・うそでしょ?

凄い価格破壊です。ただし、軽自動車です。それでも、安すぎます。映画の世界みたいです。

現実ではあり得ないことを映画では表現できます。今年は9月までに93回映画館に足を運びました。

そして、9月はこれまでで最多の16日映画を観ました。一番印象的な映画は、「僕のワンダフル・ジャーニー」でした。DSC05917


僕がよく行く映画館は、名駅前のミッドランドスクエアシネマ1、2。そして、伏見のミリオン座。上前津のセンチュリーシネマ。新栄の名演小劇場です。

名駅前のミッドランドスクエアシネマに行くときには、必ずJRタワーズをデジカメで撮ります。

その時、その時でJRタワーズの見え方が違っていて撮ることが楽しみです。

9月は8回以上JRタワーズを撮りました。では、「JRタワーズつれづれ」をどうぞ!
DSC05719
DSC05734
DSC05978
DSC06028
DSC06211
DSC06223
DSC06222


お天気がいい午前中はお日様に照らされて白さが際立ちます。絵になりますね。

  ワンダフル映画観る前いつも撮る朝日に映えたJRタワーズ

そして、映画を観終わった後は、名駅前通路の花屋さんでフラワーウォッチングを楽しんで帰ります。

一昨日見たコウシュウカズラとDSC06209
ケイトウでお別れします。DSC06210


今日の曲は、シャ乱Q シングルベッド

ダイナミックな朝焼けを期待した今朝の日の出ウォッチングでしたが・・・・・

<今日の表紙>今朝の朝焼けのパノラマ(5時40分)
DSC06183

今朝起きたら東の空が少し赤身を帯びていましたので少し早めに日の出ウォッチングを開始しました。

これから朝焼けが濃くなっていくような期待が膨らみました。DSC06184
DSC06185
少し離れた雲のところどころが赤くなってきました。DSC06186
段々濃くなってきました。(5時42分)DSC06187
そして、パノラマはさらに鮮やかに色づいてきました。(5時43分)DSC06188
いいぞ!頑張れ!燃えよ・・・(笑)DSC06189
DSC06190
あれ、気のせいか雲の赤みが薄くなってきたようです。DSC06191
パノラマもボーっとなって来たようです。(5時45分)DSC06192
DSC06193
雲の赤みが消えました。(5時46分)DSC06194

ついに平凡な曇り空になってしまいました。(涙)(5時49分)DSC06196


約9分間の出来事ですが、日の出はこのドラマが終わって約3分後から始まります。でも、今朝は普通の曇り空になりましたので日の出は見れませんでした。ということで、今朝は嬉しさも半分くらいでした。(笑)

  素晴らしい朝焼け見れる気がしたが尻切れトンボ秋の空舞う

今朝期待した朝焼け、今までで最高の朝焼けだった4年前の9月24日の朝焼けでお別れします。001
004
005


008
012


今日の曲は、福耳 10years after

じわっと来るミステリー小説です。秋の読書にはぴったりの本です。「白砂(はくしゃ)」鏑木蓮著

<今日の表紙>増税前の僕の駆け込み定期更新
DSC06143

ささやかですが、これで10月に入ってからよりも約630円お得です。生ビール1本分ほど得したような気分です。(笑)

9月になって読書は4冊。昨日読み終えた小説「白砂(はくしゃ)」鏑木蓮著は、読み甲斐がありました。DSC06144
やっぱりクライマックスは終わり掛けがいいですね。主人公は2人。殺人事件を追い続ける刑事。そして、犯人。DSC06146


そして、殺された20歳の女子の予備校生が故郷を詠った短歌大賞に輝いた3首の歌が導く謎。

ふるさとの南丹市美山をよめる歌

  ひと夏の美しき山にひらきたる一夜の花ははかなき恋か

  深き山翡翠いろなるキャンパスに白き鹿おり頬つたうしずく

  君語る星座の物語(はなし)あの夏にふたたび会いたきと想う夢みん

タイトルの「白砂(はくしゃ)」という言葉も絡んでクライマックスへと進みます。

こういうミステリー小説もありなんだなと感心させられた1冊でした。作者の鏑木蓮のセンスを感じます。DSC06147


  ふるさとと短歌の謎を紐解いてクライマックス「白砂(はくしゃ)」へ続く

僕の歌も謎めいています。(汗)

9月は「白砂」で4冊目ですが、全てよかったです。今日から5冊目を読み始めましたが、読書の秋ですので10月に向かって読み続けます。

今朝のパノラマと、DSC06167
オレンジ色の日の出の太陽でお別れします。DSC06166


今日の曲は、徳永英明 最後の言い訳

ANA.japanのFBページはいいね!

<今日の表紙>6月25日ANA.japanのFBページに載っていた航空写真家ルーク・オザワ氏が撮影した旭川空港での写真(6月の今月の1枚)
DSC06035

FBでの投稿でANA.japanが1ヶ月に数回アップしているページがあります。

パイロットや客室乗務員の事や、バックヤードでの苦労や旅客機の運行に関する珍しいネタをわかりやすくアップしてくれています。DSC06037


僕も時々読んではいいね!していますが、1記事で数万人のいいね!があることも珍しくありません。

9月19日は【青空に恋♡した人々】~縁の下の力持ち、運行ダイヤ担当~は特に面白かったです。
DSC06036
【青空に恋💙した人々】
~縁の下の力持ち、運航ダイヤ担当~
運航便を維持するための機材アレンジや調整を行なうのが、私たち「オペレーションマネジメント部門・ダイヤ担当」の業務です✈️
ダイヤ担当は、運航している便名やその便が持つ特性を記憶しています。記憶している便数は1,000以上!
またオペレーションの現場では、より早く連携を図るため、常に特殊用語が飛び交っています。例えば単純往復便を「ひとやま」、39便のことを「ざんく」、早い時間に運航を終える機材を「早ハネ」と呼んでいます。
機材の変更が発生し、地上けん引に時間を要し、運航に遅れが予想されるような日こそ、ダイヤ担当の腕の見せ所です!ダイヤ統制システムを使用し、200機以上の所有機材の中から、遅延を解消できる機材を探し出します🖥

今回の台風17号でもこの縁の下の力持ちは腕の見せ所でしょう。「ひとやま」「ざんく」「早ハネ」などの特殊用語が飛び交っているのでしょう。

膨大な数の便数を管理して、いろいろなトラブルに対処する「オペレーションマネジメント部門・ダイヤ担当」の仕事はすごいということが分かりました。

北海道や沖縄など名古屋からは遠いところにも早く、安く快適に行けるのもANA.japanに出てくる人達のお陰です。

僕は、飛行機に乗るとほとんど窓側の席を指定します。飛行機の窓からの景色は特別です。国内ではせいぜい1時間~3時間までのフライト時間です。外の景色はいろいろ変化しますので飽きません。DSC04607
これは8月初めセントレアから仙台へ向かうANAの飛行機から見た謎の光線です。ちなみに太陽は光線の反対側ですので直接の太陽光線ではありません。そして、昨年7月に名古屋空港から山形に行くときに見えた富士山と御嶽山です。DSC03035
この機体はFDAでした。(汗)

僕はANA.japanが大好きです。これからも楽しませてくださいね。

  旅客機の世界の事を面白く教えてくれるANA.japan

それでは、一応今日の表紙に出てきたANA.japanの今月の1枚の解説をします。~ルーク氏解説~
旭川空港の午後に捉えた1枚です。(カメラ📸:キヤノンEOS7D markⅡ 70-300mm使用)
◆選定ポイント
「千載一遇のチャンス!✨」
この日の旭川空港は、曇り空。やがて午後になると暗雲が立ち込め、雨が降り出してきました。飛行機写真の撮影はここで終了しません。なぜなら雨の日の絵も、時には作品になるからです🛫
降りしきる雨の中、西の空が割れ、いきなり西日が射し込んできました。条件が揃い、虹の出現!🌈タイミング良く中部国際空港セントレア行きのB737-500型機が出発時間を迎え、この虹のタイミングで滑走路に乗りました。雨はまだ止むことなく降っています。
滑走路に入り、離陸許可と共にエンジン全開。そのパワーで路面から水しぶきが上がりました。これは私も想定外でした。ファインダー越しに鳥肌が立ったことを今でも覚えています。
B737が離陸し、大空へと飛び去ったあとも、私はしばし余韻に慕っていました。気がつけば、ずぶ濡れになっていました🌧
梅雨の時期だからこそ、出会えるシーン。
こんな機会に巡り合えたら、憂鬱な雨の日も元気をもらえそうですね😉

2014年10月4日セントレアでの見た航空写真家ルーク・オザワさんの写真2作<夕日の中、着陸する旅客機の写真>013
<沖縄の海、サンゴ礁の上を飛ぶジャンボ>008
と、同じく航空写真家伊藤久巳さんの迫力ある作品でお別れします。002
新千歳空港の雪が積もっている中、着陸したジャンボです。けっこう飛行機に詳しい人でないとジャンボとは判りません。

今日の曲は、平原綾香 翼


息子の誕生日です、今日は。10時過ぎまで忘れていました。(汗)

<今日の表紙>今年5月の東京での岸家3代のショット
DSC00237

ついに、息子の誕生日まで忘れていました。娘の誕生日はよく忘れていましたが、息子の誕生日は忘れることはありませんでした。娘の誕生日から12日後ですので忘れにくかったのも一因です。

19日までは覚えていたことを覚えています。(笑)老化か最近飲みだした降圧剤の副作用かわかりませんが20日から今日の10時まではすっかり忘れていました。

名駅前に映画を観に行って、エレベーターに乗ってディスプレイを見たら9月22日。DSC06029
あーっ!慶三の誕生日だ!

慌てて、LINEで「ハッピーバースデ!」すると、「ブログを見たら書いてなかったので忘れてると思ってたよ」と返答。

今日のブログは書いていましたが、やっぱり息子の誕生日のお祝いブログは明日ではなくて今日だよね。(今年の娘の誕生日には1日前にお祝ブログでした。)

朝からドタバタしましたが、まあ夜に間に合えば良しとしましょう。

息子は今年年男です。もう亥年を4回も経験したことになります。

仕事をするようになって14年目、結婚して10年目、海ちゃんが生まれてもうすぐ7年です。

順調に人生を歩んで来ました。あくまでも、親から見ての感想ですが。

人生はそうスムーズには行きません。5回目の亥年を経験する頃には、かなり苦労の跡が残っていることでしょう。

仕事はこれからの12年が最も面白い時期になるでしょう。自分の周りからどれだけ信頼される人間になれるかが数多く試される時期だと思います。

  年男これから先の12年信頼築くスタートの年

僕の経験を話すと、身体がぶくぶく太って、肝臓の数値が上がってしまった苦い思い出と、仕事が楽しくて仕方なかったなといういい思い出が浮かんできます。

バドミントンは、年間2回の試合でしかしていませんでした。(飲み会には出席です。)

健康に注意しながら仕事を楽しむということは、僕は難しかったですが慶三にはチャレンジしてほしいです。

そういう意味で、最初の1年のスタートが今日です。とは言っても、昨日も今日も明日も特別環境が変わるわけではありません。しかし、意識することは大事です。

期待しています!

今朝のきれいなJRタワーズでお別れします。DSC06028


今日の曲は、浜田省吾 Happy Birthday Song


AIが人間の能力を超えるってどういうこと。

<今日の表紙>野ボタン
DSC06016

野ボタンというので、もっと雑草ぽいのかなと思いましたが、意外ときれいです。

昨日の朝日新聞朝刊のオピニオンで「AIが支配する世界」ヘブライ大学教授・歴史学者のユヴァル・ノア・ハラリ氏が民主主義の崩壊、人工知能(AI)やアルゴリズム支配に警鐘を鳴らすとともに、個人や集団として立ち向かうための知恵を熱く語った。とあります。DSC06018


僕たちのような一般人にとって理解するにはかなり難解な意見です。

2045年にはAIが人間の脳を超えるシンギュラリティ(技術特異点)がやって来るという予想もされています。

AIやロボットが今人間がやっている仕事を近い将来奪うことなどは理解できます。

でも、人類の歴史は、いろいろな場面で人間がやっていたことを変えてきました。

移動手段も、馬車から鉄道や車になって馬車関係で働く人たちは斜陽化していきました。

機織りも機織り機に置き換えられてきました。

昔からいろいろな仕事が発明や効率化に寄って変化してきました。ということは、AIが急速な進歩を遂げて、今人間がしている仕事をこなすことは人間の歴史では当然なことです。そして、新しい職業が生まれてきました。

個人それぞれで考えることは、どういう仕事がAIに置き換えられるかを予想して将来に備えるということです。

軍事面を除いて、人間とAIの関係は、人間の仕事や生活を便利にする役目がAIに与えられた使命です。人間の能力をAIが超えるということは、全ての能力を超えるというのではなくて様々な現代の仕事上でのことですので当たり前です。今までは、人間にしかできなかったことがAIに変わると効率よくスムーズにできるということです。

軍事面でのAI兵器やロボット兵器などは怖いですが、軍事産業がある限り兵器の効率化は止まりません。

AIの情報分析に寄って独裁政府が現れて人の心を操る危険性が出現するということをハラリ氏は危惧しているようです。

幾分の規制は必要かもしれませんが、AIの進歩は今も、将来もずっと続くでしょう。AIの進歩は今のところ、人間がになっているということを忘れてはいけません。これも、人間の大事な仕事です。

僕個人的には、僕のバドミントンのフォームを分析して的確にアドバイスを送ってくれるAIが安く手に入る世界が早く来て欲しいけどね。(笑)

僕はAIによっていろんなリスクを解決して今より便利に、快適に暮らせる未来が続くと信じています。信じるしかありません。未来は明るいと・・・

  僕たちの未来を信じAIがいろんなリスク解決すると

ミッドランドスクエア前の花壇のきれいなピンクのニチニチソウと黄色のジニアでお別れします。DSC06011
DSC06013
DSC06012


今日の曲は、宇多田ヒカル Can You Keep A Secret?

株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール