つれづれ短歌

今日と来週の日曜日の試合は、第1シードです。何で?(第53回愛知県社会人バドミントン選手権大会)

<今日の表紙>鮮やかな春の花ラナンキュラス
DSC06978

名駅近くの通路の花屋さんで見かけました。DSC06979


昨日は、ミッドランドスクエアシネマ2で映画を2本、午前、午後と観ました。

映画を観る時は、レビューや予告編を観てから映画館に足を運びます。

でも、見る前は期待していますが、見終わると、半数以上は期待外れです。昨日も1本はまあまあ、1本は期待外れでした。

世の中は、大体そうなっているようです。

バドミントンの試合でも、僕の場合は試合前までは自分に期待するのですが、試合後は半分以上期待外れの結果になっています。

先週の試合でも、思わぬ強敵が現れて完敗でした。

夢と現実は、断然夢の方がワクワク。ここでいう夢とは、これから経験するであろうイベントです。

夢がかなうということは、年を取っても嬉しいものです。何回あってもです。

今日と来週の日曜日は、第53回愛知県社会人バドミントン選手権大会が開催されます。

今年から、試合形式が大幅に変更になりました。DSC06994
DSC06995

30歳以上から5歳刻みでクラス分けに変更(昨年までは10歳刻み)

混合ダブルスを新設して、シングルスと同じ日に行い両種目はかねることができないということです。

なおかつ、4月1日までの年齢で出場できることになりました。例えば4月1日が70歳の誕生日の人は、今日69歳でも70歳以上の種目に出場できることになりました。

今年の11月に全日本シニアが愛知県で行われますので、愛知県も遅ればせながら全日本シニアと同じ形式にしたようです。全日本シニアの年齢は今年の4月1日時点での年齢になります。

そして、組み合わせとタイムテーブルも全日本シニアと同じく事前にネットで公開しています。

それによると、なんと僕は65歳以上シングルス、小林さんと組んで出場する65歳以上男子ダブルスとも第1シードになっています。DSC06996
DSC06997
今までは、60歳~69歳までのクラスでしたが、5歳刻みになったので出場選手も、それぞれ4人、4組です。

出場すれば3位以内確定です。(汗&笑)1回勝てば決勝戦です。

全日本シニアで65歳以上男子シングルス、ダブルス優勝の青山さんはシングルスはエントリーしていませんし、ダブルスは60歳以上にエントリーしています。

ということで、いままでのこの大会よりも夢が膨らみます。

2週連続で夢を見れるだけでも幸せかな。

ゆるゆる大作戦で頑張ってきま~す。

  ゆるゆるのガットで臨む選手権夢が膨らむ第一シード 

昨日のきれいな夕焼けのパノラマでお別れします。DSC06991


今日の曲は、高橋優 福笑い



パディントンとお友達になりました。映画「パディントン2」

<今日の表紙>パディントンと2ショット
DSC06945

映画の中よりかなりデカイパディントンです。(笑)

昨日は一日中暖かい春の陽気が漂っていました。

そんな日は、ウキウキする映画を観るに限るということで、昨日公開された映画「パディントン2」を観に名駅前のミッドランドスクエアシネマ2に行ってきました。DSC06955


名駅前の超高層ビル群も春の陽気をバックにしてきれいでした。DSC06948
DSC06943


映画館のロビーに入ると、パディントンが僕を待ち構えていました。

とにかく最初から最後まで笑える楽しい映画です。DSC06952
DSC06953


  何事も素直な気持ちで立ち向かうパディントンから幸せもらう

幸せな気分で映画館を後にして、名駅へ向かっている途中の花屋さんで、「幸せを招く」が花言葉のこれからが見ごろの福寿草を見つけました。DSC06949
お隣には黄色がきれいなスイセンです。DSC06950


マンションに帰ったところで沈む夕日でお別れします。DSC06956


今日の曲は、いきものがかり Sweet! Sweet! Music

死ぬときは家で死にたい。いや、僕は病院か施設でいい!家族のだれかがいればね。(老後つれづれ(5))

<今日の表紙>年賀状の3等当選のはがき
DSC06813

今年の年賀状のお年玉抽選番号は、僕が出さなかった予備のはがきから3等の切手シートが2つ当たりました。(汗)DSC06856

こんなことは初めてです。

1月19日にもなると、お正月気分もなくなりますが、神様からの僕へのプレゼントだと思っていただきました。

今朝も暖かいよく晴れた朝です。DSC06932
お日様があごひげを生やして昇ってきました。(笑)DSC06935


一昨日、NHKのテレビのニュースを見ていたら、亡くなるときは自宅がいいとの話題が出ていました。DSC06857


今の日本は病院や老人ホームなどの施設で亡くなる場合が圧倒的に多い世界です。

ニュースを見ていて、なるほどだなと感じました。亡くなるまでに「亡くなり方」について、本人と家族と話し合いを記録していて、なるだけ本人の希望に沿うように行動しようという試みです。

僕のケースを考えました。

僕は、妻を亡くして今年で10年目です。

そして、今のマンションで独り暮らしをして4年目です。

これからの日本は、独り暮らしの老人が急激に多くなります。先日、相続財産をそういう環境に置かれた配偶者に配慮した案が国から提案されていました。

都会では独り暮らしのマンション生活の人は珍しくありません。

僕のような独り暮らしの老人が亡くなるときに、マンションに帰りたいなどとは思いません。

やっぱり、家族の負担が最小限の病院や施設で亡くなりたいと思う人が多いでしょう。

僕が思うには、数か月、数日で亡くなるということを告知されて納得している人たちにどういうケアをできるかということを、家族や関係者が考えるべきでしょう。

僕の会社が開発、販売している「お別れビデオ」などを、個人向けに編集して生前に観てもらうなどいろいろなイベントを企画する必要があると思います。

何回見てもいいなと思えるアルバムや、ビデオを作ると、どこで亡くなっても満足できると思います。

僕は、あくまでも空想の世界ですが、亡くなるときはKBAで。そして、亡くなる前日の夜には、映画「フォレストガンプ」「ビッグフィッシュ」を観ること。

でも、現実はどこかの病院か施設でしょう。

僕的に思うことは、亡くなるときの環境ではなくて、亡くなるときの満足度が大事ということです。

  今の世の亡くなりかたは難しい満足できる施設になろう  

必要条件は、家族の誰かが亡くなる本人を看取ることです。

これからの時期、娘夫婦の庭で咲く、花屋さんで見かけたクリスマスローズでお別れします。DSC06852


今日の曲は、KOKIA ありがとう





今の時期は、いろんな短歌が輝いている!

<今日の表紙>インフルエンザ予防のポスター
DSC06791

インフルエンザ予防に効果がある起床時(朝食前)の歯磨きのススメです。

僕は、偶然子どもの時から励行しています。インフルエンザに罹ったのは記憶にある中では1回だけです。

昨日の朝日新聞朝刊の天声人語に、毎冬この時期、東洋大学から「現代百人一首」が届くとあります。DSC06811
DSC06812
高校生や中学生を中心にいっぱいの応募があります。

そして、毎月曜日には朝日歌壇です。昨日の朝日歌壇には、第34回朝日歌壇賞が載っていました。DSC06809


先日の12日は歌会始でした。

この時期の短歌界は老若男女の短歌が紙面を飾って楽しいですね。

それでは、僕が気に入った短歌を、現代百人一首から一首、朝日短歌賞から1首、朝日歌壇の先週、今週それぞれ1首の4首をご紹介します。

現代百人一首から 水産高3年 向坂友里さん

  水高生鮪も鰹もさばけます自信あふれる就職試験

朝日短歌賞から 横浜市 毛涯明子さんDSC06808


  肌の敵「一に太陽、二に化粧」白粉(おしろい)はたいて一を制する

先週の朝日歌壇から 綾瀬市 小室安弘さん

  公園のベンチはみんな西向きで疲れた人に夕日を見せる

最後は、今週の朝日歌壇から 国立市 野田貴子さん

  市役所に離婚届を出し終えて我に買いたり一輪のバラ

それぞれの歌には、作者の「今」がにじみ出ています。

そして、その「今」をそれぞれに懐かしむ歌を数年後に拝見したいものですね。

  入選歌それぞれの「今」歌にした老若男女これからもうたへ

一瞬の昨朝の日の出とDSC06804
今朝の髪の毛を生やして昇って来たお日様でお別れします。DSC06828


今日の曲は、椎名林檎 歌舞伎町の女王






ゆるゆる大作戦のスタートはほろ苦かった。(第14回愛知県シニアバドミントン交流会)

<今日の表紙>昨朝のお月さま
DSC06763

昨日はいいお天気で始まりいいお天気で終わりました。DSC06772
DSC06773

お天気と対照的だったのが僕のバドミントンでした。

西尾市中央体育館で第14回愛知県シニアバドミントン交流大会が開催されました。DSC06781

僕は、名北クラブで一緒にプレーしている川原君と60歳以上男子ダブルスにエントリーしました。DSC06789

開会式には40歳~60歳以上の男女が参加していました。DSC06783

試合が始まりました。DSC06787


僕たちは、予選リーグで当たる1組のペアに不戦勝でしたので、最初の試合が予定では2時30分でした。

時間に余裕があるので、喫茶店を探してコーヒータイムにしました。

西尾市中央体育館の付近は、戦国時代に織田信長に敗れた今川義元の今川氏のルーツの近くでした。DSC06788


喫茶店を探しているときに、川原君のケータイに着信。試合時間をもうすぐに変更したいとのことでした。

慌てて体育館へ帰り、ちょっと経ってから最初の試合開始です。

ゆるガットでの公式戦デビューです。

対戦相手は、後で分かったことですが、若い時に愛知県チャンピオンになったこともある梶川さんと磯本さんのペアでした。

ゆるガットで臨みましたが、翻弄されて0-2での完敗!(涙)

  ゆるガットデビューしたけどそんなのは関係ないと完敗に涙

梶川さんは30年間ほどのブランクでしたが1年ほどまえからバドミントンを楽しんでいるとのことで、力強いショットで翻弄されました。

ということで、午前中で試合終了でした。午後の予定が空きましたので愛知県スポーツ会館へ行って練習に励みました。(汗)

ゆるゆる大作戦はほろ苦いデビューとなりましたが、これに懲りずに来週の愛知県社会人バドミントン選手権大会の65歳以上シングルスを頑張ります。

お昼過ぎまで体育館駐車場横の田んぼに張っていた氷でお別れします。DSC06782


今日の曲は、平原綾香 スマイルスマイル

今のドイツと中国が勉強できました。映画のお話しですが・・・

<今日の表紙>可愛いシクラメン
DSC06749

名駅前の通路の花屋さんで見かけました。ラナンキュラスです。DSC06750
そして、椿のようですが実はボケの花です。DSC06751
木編に冬の柊(ヒイラギ)です。DSC06752


昨日は、今日の試合のためにバドミントンの練習はお休みしました。最近は練習しすぎで体をいじめすぎていましたので、もう一人の僕がいい加減にしろよと言ってくれました。(笑)

ということで、映画を観に行くことにしました。

午前中に行ったのは、伏見ミリオン座で今日から公開されたドイツ映画「はじめてのおもてなし」です。DSC06755

ヨーロッパではアフリカからの難民が社会問題になっていますが、この映画も難民がテーマです。

ナイジェリアからドイツに渡って来た難民の青年をドイツの一家が面倒を見る過程で起こる様々な問題を面白く描いています。DSC06757

日本人の僕の環境では起こりえないことがドイツではそう珍しいことではないドラマとして描かれていて新鮮な感動を覚えます。ハッピーエンドで終わりましたので幸せな気分で映画館を後にしました。

そして、午後はミッドランドスクエアシネマ1で「5%の奇跡~嘘から始まる素敵な人生~」を観ようと行きましたが、もうすでに満員。(涙)DSC06754


突然暇になりましたので、ミッドランドスクエアシネマ2に行き中国映画「戦狼/ウルフ・オブ・ウォー」を観ることにしました。DSC06756
これはガラガラでした。

中国の戦争映画は初めて観ました。

舞台はアフリカの内戦をしている某国です。中国人の救出のために主人公が大活躍する映画です。

それにしても、まるで中国の人民解放軍が作ったPR映画かと思われる内容でした。いろんなことが強引に進められています。

エンドロールの初めに「中華人民共和国の皆さま、海外で困難な事態になっても決してあきらめないでください。あなたには強大な祖国がついていますので」という内容のスーパーが出てきました。

日本も戦前の時代であれば似たような映画を作っていただろうなと思いました。

いろんなことが寛容なドイツとこうあるべきだと国が導いている中国のシチュエーションの違いがよく分かる2つの映画でした。

  寛容と狭量の差はあるけれど映画を作る熱意は同じ

昨日のお昼過ぎのJRタワーズと、DSC06742
4時過ぎのJRタワーズでお別れします。DSC06748


今日の曲は、井上陽水、忌野清志郎ほか 夢の中へ





歌会始の皇后さまの歌はいいね!そして、長崎県は頑張ったね!

<今日の表紙>寒波襲来で元気な(?)雪だるま
DSC06677

今朝はよく晴れましたがうっすらと屋根に雪が積もっていました。DSC06720
DSC06722


昨日は、新年恒例の歌会始の儀が皇居・宮殿で催されました。DSC06717

天皇陛下や皇族方の歌が朝日新聞夕刊に載っていました。

今年のお題は「語」です。

僕が素晴らしいなと思った歌は、皇后さまの歌です。DSC06713


  語るなく重きを負ひし君が肩に早春の日差し静かにそそぐ

DSC06714


一般の入選者は20453首の応募者の中からわずか10名です。

そして、その中では長崎県から2人も入選者が出ました。偶然にも、僕のお気に入りの歌です。

増田あや子さん(65)の歌

  いつからか男は泣くなと言はれたり男よく泣く伊勢物語

そして、史上最年少の中1の中島由優樹君(12)の歌

  文法の尊敬丁寧謙譲語僕にはみんな同じに見える

僕もお題の「語」から、昨年の1月14日の雪の降った朝に「物語」を連想しました。DSC04980
その時の僕の歌です。

  来年のお題に託す物語今は白紙の雪の日の朝

来年のお題は「光」です。DSC06718


昨日の夕陽は寒波の影響でしょうか、幻想的でした。DSC06678
DSC06682
刻々と変化していきました。DSC06695
DSC06700


そして、できた歌です。(汗)

  北風と太陽と雲コラボして光り輝く夕陽となりぬ

今朝も4日連続できれいに輝くお月さまでお別れします。DSC06719


今日の曲は、EXILE もっと強く


株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール