つれづれ短歌

ちょっとしたミスで知床半島観光船には乗れませんでしたが、温泉&国後島を見れて満足でした。(釧路つれづれ(5))

<今日の表紙>知床半島の羅臼町の昨日14時頃の気温
DSC03474

ネットで見る、昨日の名古屋のお天気です。DSC03439
最高気温が38℃。

釧路へ来てよかった!

昨日は、今回の釧路滞在のメインの一つ、「知床半島へ行こう」を実行しました。

朝9時に釧路のホテルを出発して、12時半出発の知床半島遊覧船に乗船することを目指しました。

何故か、ナビの目的地に、知床斜里観光案内所を入力。到着予想時間は11時40分。

順調に11時まで来て、あと30分で目的地でした。

道の駅清里によって、トイレ休憩です。時間に余裕があるので、ついつい昼食を食べることにしました。

この清里の道の駅には、地元のスピードスケートのヒロイン岡崎朋美選手のコーナーがありました。DSC03444
DSC03445


美味しいランチを食べて11時30分に出発です。

出発して10分ほどして、正確な目的地「知床観光船チケット売り場」を電話番号をネットで調べて入力すると、なんと40キロほどかかり、12時40分ごろ到着と出てきました。(汗&汗)

次の観光船の時間は2時半です。

とりあえず、乗り場まで行くことにしました。

途中で見たオシンコシンの滝です。DSC03448


乗り場まで到着すると、晴れていましたが、知床半島に低い雲が発生してよく見えなくなってきました。

ということで、遊覧船は諦めて知床峠を目指すことにしました。

知床峠に行く途中でも、山に雲がかかってきました。DSC03451


知床峠直前に、羅臼岳のビューポイントがありましたので立ち寄りました。

運よく、羅臼岳がばっちり!ノースポールとの2ショットをどうぞ!DSC03453


知床峠に着くと、僕たちに意地悪をするかのように雲に覆われて羅臼岳も国後島もまったく見えません。DSC03459



諦めて、羅臼町を目指して車を運転しました。すると、しばらくして国後島がばっちり!DSC03465
羅臼町の海岸からもかろうじて国後島が見えました。DSC03466
DSC03472


釧路に帰ろうとすると、近くで硫黄の臭いがしてきました。温泉です。DSC03484
古い温泉宿「志賀旅館」の温泉が午後2時にオープンすると同時に入りました。

お客様は僕と杉谷さんの2人だけです。DSC03480


30分ほど温泉を楽しんで釧路へ帰りました。

温泉を出ると、4キロ先の国後島がよく見えるようになっていました。DSC03485
DSC03487


結果オーライの今回の知床半島観光でした。(汗&笑)

  一瞬の羅臼岳見て温泉へ気持ちも晴れて国後島返せ

志賀旅館のロビーに展示してあった、国後島から昇る朝日でお別れします。DSC03475
DSC03476


今日の曲は、浜田省吾 旅するソングライター


釧路は、「涼しい!」ではなくて「寒~い!」でした。(釧路つれづれ(1))

<今日の表紙>釧路空港そばでレンタカーを借りる杉谷さんとの2ショット
DSC03255

昨日は、セントレア~新千歳空港~釧路空港と飛行機の旅を楽しみました。DSC03243


名鉄でセントレアへ渡る鉄橋からの伊勢湾は、豪雨のあとで濁っていました。DSC03236


セントレアの若鯱家で名物のカレーうどんを食べて出発です。DSC03237


新千歳空港の着陸時(15時30分ごろ)の気温は20℃です。DSC03248


乗ってから分かったことですが、セントレアから新千歳空港まで乗った飛行機が釧路まで行く飛行機でした。これだったら到着がいくら遅れても心配しなくて済みます。(笑)

杉谷さんと合流して、4時半に無事たんちょう釧路空港に無事到着しました。DSC03253
DSC03254
到着時の釧路空港の気温は15℃です。

レンタカーを借りて釧路市内のホテルへ6時前に無事到着です。15℃ですので、車の中ではエアコンは切っていました。DSC03260
あいにくの雨模様のお天気でした。

6時から東京から来たUさんたちと炉端焼き「釧路しつげん」で1年ぶりの再会です。

明後日に釧路での第1回目のゴルフをすることにしました。

ホテルの部屋に帰って部屋の中の温度計を見ると20℃を下回っています。DSC03263
冷房ではなく暖房にして設定温度23℃にしてエアコンを入れました。DSC03264


今朝も雨模様のお天気です。DSC03265
5時で12.1℃です。

釧路での第1回目のブログは、寒い!がテーマでした。(笑)

  真夏でも釧路の気温別世界暖房にして夜を味わう

昨夜の釧路の夜景でお別れします。DSC03262


今日の曲は、徳永秀明 僕のそばに





素麺の季節がやって来た。これから9月いっぱいは素麺三昧です。

<今日の表紙>今朝の朝日新聞朝日広告賞(一般の部)
DSC03151

えひめ飲料の課題による森久瑠美さん(20)の作品です。DSC03150

面白い発想ですね。

昨日、昨年も注文した「島原手延素麺」が届きました。DSC03140

早速開封すると、真っ白い素麺の束が目に入りました。DSC03142

夕食はもちろん素麺がメインです。DSC03143


これから9月いっぱいは素麺三昧の日々が待っています。

昨年も素麺を注文して食べました。

僕の食生活における「素麺」は、たかが素麺、されど素麺です。

昨年は素麺を食べ出してから夕食は外食をしなくなりました。それが癖になって現在まで、基本的には家で夕食を食べる習慣が身に着きました。

夏ですので、外出から帰ると、お風呂に入ります。そして、素麺を茹でて盛り付けます。その前に、勝川駅前のスーパーで買い出しをします。

発泡酒2缶と素麺とおかずで夏を乗り切ると、その習慣が定着して、素麺無しでも外食をしなくなりました。

これも、もとはと言えば昨年の素麺のお陰です。

  この僕の食生活を変えるほどたかが素麺されど素麺

美味しい素麺を食べてこれからの長~い暑~い夏を乗り切ります。

暑い夏の代表の百日紅(さるすべり)の花でお別れします。DSC03137
DSC03138


今日の曲は、サザンオールスターズ 闘う戦士たちへ愛をこめて




サヨナラ!丸栄 経営者の能力は歴史になる

<今日の表紙>75年の歴史を昨日閉じた名古屋栄のデパート丸栄の屋上のシンボルマーク
DSC02876

昨日は、午後からのバドミントンの練習がメンバー不足でキャンセルになったのでどうしようかと考えていたら、確か丸栄が今日で閉店ということが思い出されて、急に丸栄に行ってみようということになりました。DSC02848
僕は恥ずかしながら丸栄には行った記憶がないのでおそらく最初で最後でしょう。(汗)

入ると、ディスプレーに「75年の間ありがとうございました。」DSC02894


1時前でしたが、店内は大勢の人でにぎわっていました。DSC02864


催事場では、丸栄のあゆみ パネル展が行われていました。DSC02851
丸栄の全身の呉服店「十一屋」の操業から数えると403年の歴史に幕を下ろしたことになります。DSC02853
DSC02855
創業400年を祝った作品です。DSC02856


多くの丸栄ファンからのメッセージも展示していました。DSC02862
DSC02863


僕は買い物に来たわけではないので、行った先は屋上ビアガーデンです。DSC02875
暑い中、大勢のお客様でにぎわっていました。
ビアガーデンのトイレは洋式ではありませんという案内にも歴史を感じさせますね。DSC02891


昼食を兼ねて2時間美味しいビールとバーベキューを楽しみました。BlogPaint

丸栄の屋上にはお稲荷様が鎮座していました。DSC02870
DSC02871


30分ほど、女性歌手のパフォーマンスで盛り上がりました。BlogPaint
最後ということでとってもいいパフォーマンスでした。

何か、記念にと思っていたら似顔絵コーナーがありましたので、僕の酔っぱらっている顔をデジカメで撮ってくれて似顔絵を作ってくれました。DSC02904


今朝の朝日新聞でも閉店のシーンが載っていました。DSC02925


名古屋では、4Mと言われた百貨店の愛称があります。丸栄、三越、松坂屋、名鉄百貨店です。

その一つが今日から無くなります。

今は、名駅前のJR高島屋が台頭してきて百貨店の勢力図を塗り替えました。人の動きも名駅前に多く集まり、栄地区を凌駕して来ています。

そのあおりを受けたことや消費不況などが、丸栄の経営に重くのしかかってきた結果のようです。

JR高島屋でなくて、JR丸栄だったらなと一瞬思いました。

403年の長い歴史のなかで、その時々に経営者の能力が試されて今日に至りました。丸栄に幕を引いたことも経営者のなせるわざです。

丸栄の終わり見届け我思ふ歴史作るは経営者かな

今後の丸栄は会社は存続し、外商も営業をつづけるが、1953年築の建物は老朽化しており、9月から取り壊される予定です。

古い建物に入り、今日で最後かと思いながら過ごすと、屋上の入り口のドアの閉まるひときわ大きい「バターン!」という音が普通よりもさらに大きく耳に届きました。

丸栄の最後の夜の後には、穏やかな7月最初の日の出でお別れします。DSC02923


今日の曲は、ビアガーデンでの歌手の歌った最後の曲 Let It Go





今年前半(6月まで)の日の出ウォッチング大賞を発表します。

<今日の表紙>6月最後の朝のパノラマ
DSC02843

今朝も残念ながら日の出は見れませんでした。

関東はなんと昨日が梅雨明けとのことです。史上最速6月の梅雨明けは観測史上初めてですが、東海地方はいつ梅雨明けとなるのでしょうか?

今日で今年も半年が終わります。もう僕は、1月の事はほとんど忘れています。(笑)

ということで、今年1月から6月までの日の出ウォッチングの中で、印象的な日の出をまとめてみることにしました。今年1年の日の出ウォッチング大賞を選考する時の資料としても活用できます。

まず、1月と思いましたが、1月は不作でした。

逆に2月は豊作です。

2月7日のサンピラー(太陽柱)現象です。DSC07596

光っているのは太陽本体ではありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
太陽柱は、空気中に浮かぶ六角形の板状の氷の結晶に、太陽の光が反射することで太陽の虚像として見られます。この現象が見えやすい条件は以下の通りです。

・氷の結晶の向きがそろっていること

・上空の風が弱いこと

・気温が低いこと

・大気が適切な水分量であること
ーーーーーーーーーーーーーーHatena Blog 天気のあれこれより

そして、2月10日の人の顔のような太陽です。DSC07786


2月22日の赤い太陽です。DSC08198


3月は唯一、26日の篠島から見た日の出です。DSC09322

DSC09321


4月は豊作です。

4月23日の雲の帯を締めた太陽です。DSC00446


4月26日の煙食の後の煙に乗った太陽です。DSC00528


4月27日の大蛇が空から舞い降りたような鱗雲です。
DSC00533

あいにくの曇り空でしたので、日の出は見れませんでした。鱗雲が目に留まったのでシャッターを切りました。DSC00536
後で見ると、大蛇が現れていました。

4月30日薄い煙が太陽を横切ります。DSC00683


5月16日のオレンジ色の太陽です。黄色がかったオレンジ色の太陽は、やっぱり神秘的です。DSC01262


5月22日の聖火台です。DSC01427
DSC01433


5月27日の煙食です。DSC01596


最後は6月3日の雲のベルトを締めた太陽です。DSC01879
煙食も少し出来ています。

今年の1月から6月までで、日の出ウォッチング大賞を選ぶとすればどれがいいでしょうか?悩みますね。

特別賞は悩みません。やっぱり4月27日の大蛇が舞い降りたような鱗雲です。DSC00533


あえて、日の出ウォッチング大賞を決めるとすれば今まで見たことがなかった2月7日のサンピラー現象ですね。DSC07596
この日の詳細は2月7日のブログを見てください。

  半年が早くも終わり振り返る日の出大賞サンピラー輝く

では、サンピラー現象の終わりでお別れします。
太陽と光の塊が近づいてきました。DSC07606
太陽は光の塊にさらに接近していきます。DSC07617
日の出ウォッチングも宇宙観察です。今年の後半が楽しみです。

今日の曲は、吉川晃司 せつなさを殺せない2014




西野J㊗決勝トーナメント進出&金城橋北交差点の花がきれいです。

<今日の表紙>日本代表のワールドカップ決勝T進出を伝える今朝の朝日新聞
DSC02835

きわどく決勝トーナメント進出を決めた西野ジャパンです。

日本の16強進出は嬉しいですが、自然とコロンビアのMFサンチェス選手が救われたなと思いました。コロンビアはセネガルに勝って見事自力で16強進出しましたが、日本戦での開始早々レッドカードでMFサンチェスが退場しました。このまま敗退して予選リーグ敗退だとサンチェスの命が危険にさらされるのではないかと心配していました。

大舞台では、ヒーローも出ますが、敗戦の原因を作ったミスプレーも出ます。

アルゼンチンのGKカバジェロも16強進出で救われた一人ですね。

西野Jのベルギー戦での健闘を祈ります。

昨日は、愛知県スポーツ会館にバドミントンの練習で行きました。DSC02808


行く途中での道路には今が旬のムクゲが白い花を咲かせていました。DSC02802
クチナシの花は少しお疲れモードです。DSC02799
背がスラっと伸びたカンナです。DSC02798
触ったら痛そうなアザミです。DSC02796
白い小さな花をいっぱい咲かせているアベリアです。DSC02803
ツツジと入れ替わりに咲きだしています。

練習が終わって夕食を食べに行く途中金城橋北の交差点で信号待ちをしていたらきれいな花が目に留まりました。この交差点の一角にいろんな種類の花が植えられています。アガパンサスとカンナです。DSC02817
その足元には可愛いペンタスです。DSC02815
さすがにアジサイはお疲れモードです。DSC02819
きれいな葉っぱのコリウスです。DSC02820


食事をして帰る途中の金城橋北交差点の別のゾーンではもうナデシコが咲いていました。DSC02826
DSC02825
赤いゼラニウムです。DSC02822
最後はマリーゴールドです。DSC02828


交差点に花壇があると、歩いて渡るのが楽しみになります。

  交差点信号待ちの目に入る花が楽しい金城橋北

梅雨らしいどんより曇った今朝のパノラマでお別れします。DSC02830
DSC02834


今日の曲は、さだまさし 追伸


高校野球夏の甲子園大会100回に思うことつれづれ

<今日の表紙>今朝の朝日新聞「ひと」夏の甲子園3代目優勝旗
DSC02795

平岡旗製造が制作した夏の甲子園100回大会から使用される3代目の深紅の大優勝旗です。

昨日のテレビで、高校球児の数がどんどん減ってきていることが話題になっていました。DSC02790
そして、中学校での軟式野球の部活よりも硬式野球のクラブチームに所属していた球児の方が高校野球をするには有利ということで現在は圧倒的に硬式野球のクラブ出身の子が多いようです。

ある商業高校では、とうとう部員が1人になっていることを紹介していました。

  一人でも野球続ける高校生夢の中では甲子園へと

日大のアメフト問題を取り上げたテレビ番組で、橋下元大阪市長がスポーツ全般の中でも、高校野球の夏の甲子園大会を批判していました。

酷暑の中、甲子園球場だけで長期間大会をすることが、高校スポーツ全般にとって極めて異例です。これがほかのスポーツとの乖離、特別扱いなどの差別につながる。

僕の夏の甲子園大会に対する思いをつれづれに言いますね。

今年は、100回大会ということで全国から今までで最多の56校が出場します。8月5日から17日間の大会です。

昔は、西宮球場なども使っていました。そして、全都道府県の代表校が参加するのではなく、選抜大会のエリアでの決定大会が地方であり、例えば中九州代表など32校ぐらいだったかな?5年ごとの記念大会は全都道府県の代表校の参加でした。

甲子園だけで試合をするのなら、32校ぐらいに絞ればいいと思います。サッカーワールドカップも32か国です。

これはあくまで、全国の高校野球で一番を決める大会です。期間が長すぎます。隠れた膨大な費用が発生しているでしょう。

細かいことですが、地方大会では、コールド試合を認めていますが、甲子園では認めていません。せめて7回ぐらいで、10点差ぐらいでコールド試合を認めてはいかがかなと思います。プロ野球ではないのですから。

NHKの事ですが、昔はベスト8ぐらいまでは解説者なしでした。そして、試合の延長放送は試合をしている高校の地方だけでした。

いまは、民放も放送していますので、公共放送のあまりに強い肩入れには、高校野球以外を楽しみにしている国民にとってどうかなと思います。

新聞ですが、膨大な紙面を割いて、この期間中のことを報じています。全国的なヒーローが誕生しすぎです。スポーツ新聞も顔負けになります。特に朝日新聞はひどい。

公共的な役割をしているマスコミは、どう見ても、異常なほど高校野球は特別な存在になっています。

他の高校スポ―ツも今は昔に比べてすごく盛んになっています。不思議なことに野球の競技人口が多かったときより、少なくなった今の方が高校野球に対してマスコミは熱心です。

甲子園期間中、テレビやラジオをつけない人も多いのではないかな?

出場選手の人生にも、こういう加熱報道が多少なりとも影響するでしょう。良いことしか報道しにくいようです。

野球も、高校生のスポーツの特別なひとつだということではなく、普通のひとつだということを大人の世界は関係者に教えてあげてほしい。報道の世界がこれだけ異常に加熱すると、高校野球は理想から段々遠くなっていく気がします。もちろん、高校教育としても。

昨日のニュースで、大相撲の新弟子検査に誰も来なかったそうです。今は外国人力士の優勝が続いています。マスコミがどれだけ熱心に報道しても、現実の当事者、高校生の世界での高校野球はやりたいスポーツのNO.1ではもうなくなっているようです。

高校野球は、変わらなければ生き残れない運命にあるようです。

こんなに夏の甲子園大会を批判した僕ですが、昔からのファンです。ヒーローの登場にはワクワクします。これも、マスコミの影響ですね。(汗&笑)

梅雨らしい今朝のショットでお別れします。DSC02794


今日の曲は、長渕剛 Myself




株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール