つれづれ短歌

嫌うより嫌われよう!(老後天国化大作戦)(老後つれづれ(65))

<今日の表紙>煙突の煙の芸術「THE DOG」
DSC09981

2つの煙突の煙のコラボも出現しました。DSC09986
タイトルは「?」いや「気まぐれ」です。
以上は、昨日の朝の一瞬です。

何気ない1日の一瞬でも、考えさせられることが湧いてきます。

人は、僕の経験上、一瞬で今まで好きだった人が嫌いになることもよくあります。ということは、その逆で、一瞬で嫌われることも同じ数だけあります。

今年の僕の目標は、「老後天国化大作戦」ということで、老後を天国だと思えるように努力しようです。

僕個人的に考えると、今まで僕に関わった人で僕を嫌いになった人を時々見かけます。バドミントンの友人でもそういう人が残念ながらいます。

原因は僕にあるのかもしれませんが、本人には僕はなれませんので詳しい理由はよく分かりません。

ビジネスと違うので、あからさまに態度が以前と違うことで分かりやすいです。

僕はこういう場合は、相手は僕を嫌っていますが、僕はその人を嫌うことをしません。そうすることで、いつかは元通りのいい関係になる可能性がお互い嫌うよりもはるかに大きいと思うからです。

先日、バドミントンの試合で、5年間ばかり嫌われているなと思っている人から笑顔であいさつされました。この時、僕はその人を心の底から嫌っていなかったのが良かったなと思いました。

ということで、嫌われても嫌いにならないということが僕の老後を天国化するには大事なことということがわかりました。

嫌うという負のエネルギーで心を満たすととてもいい老後を送れません。嫌われるということもあまりよくありませんが、人は生きていくうえで運悪くそういう行動をとることもあります。そういう時に相手を嫌わなければそのうちに元通りの関係になる可能性もあります。

例えていうなれば、僕は、嫌いな食べ物はありますが、その嫌いな食べ物は僕を嫌っていません。僕が好きになればいつでもOKです。僕と食べ物の関係と同じです。

  嫌うより嫌われること選べれば天国への道見えてくるかも

昨日は、朝から夕方までバドミントンを楽しんで、友人たちと楽しく夕食を食べることが出来ました。ということで、僕の昨日は天国でした。今日はどうかな?

昨日の地下鉄大曽根駅への降り口で見かけたシロタエギクの花でお別れします。DSC09987


今日の曲は、スガシカオ コノユビトマレ

今年の朝日歌壇は、山添葵ちゃん(8歳)の歌がどれくらい登場するか楽しみです。

<今日の表紙>今朝のきれいな朝焼けのパノラマ
DSC09976


昨日は、一昨日の高石市でのバドミントンの試合の疲れが残っているようで、映画を観に伏見に行きましたが、ランチ後ということもあってか、半分ぐらいは寝てしまいました。(汗)

日曜日の楽しみの一つは、朝日歌壇を見ることです。DSC09961
一昨日の朝日歌壇です。

その中に、小学校2年生の山添葵ちゃんの歌が載っていました。

  弟の「ん」はいったんもめんだよ夜になったらとんでいきそう

4人の選者の3人から選ばれていました。すごい!

ちなみに、葵ちゃんのお母さんの聖子さんの歌も2首載っていました。

  イブの夜のたぬき寝入りの子らの手は枕もとへと時折伸びる

  冷や水にひたした軍手で餅ちぎる役は祖母より受け継いでおり

そして、1月12日の朝日歌壇では、葵ちゃんの歌がなんと2首載っていました。

  手のひらをつぼみの形にやわらかくとじたら雪虫つかまえられた この歌は2人の選者が選んでいました。

  すずちゃんと6時間目の帰り道雪虫に「ひめ」と名前をつけた

今年早くも3首が朝日歌壇に登場した葵ちゃん。これからどれだけの歌が載るでしょう。楽しみです。

何で、僕が葵ちゃんの歌に興味を抱いている理由は、葵ちゃんの幼稚園の年長さんの卒園のこの歌にあります。

  いつもよりながくてすこしきつかったそつえんのひのせんせいのだっこ

この歌は、当時の4人の選者が選んだ、いわゆる僕のグランドスラム短歌でした。

そして、少学1年生になった一昨年の歌も載っています。彼女は、一昨年4月から小学校1年生で環境がこれまでと変わりました。

今度の歌二首も一首目(3人の選者)は小学校1年生の初々しい一コマを歌っています。DSC00440


  はじめてのきゅうしょくとうばんばりばりのエプロンをきてぎゅうにゅうはこぶ

そして、二首目は自分は女の子ということを意識しだしている本能に基づいたかわいい歌です。

  おうしざはおとこのこのうしなんだってわたしはおとめざがよかったな

4人の選者の人たちも山ぞえ葵ちゃんが6才だということが本能的に響いたのだと思います。そして、葵ちゃんの歌を口ずさむとほのぼのとした気持ちにさせれます。

そして、2年生になりました。8歳の山添葵ちゃん(奈良市)の歌が久しぶりに選ばれていました。

  すずちゃんとブランコで二人のりをしたせなかもおなかも風が吹いたよ

選者の先生の心の奥深く届く何かがあるのでしょう。

ちなみに、山添葵ちゃんの弟のそうすけ君(6歳)が11月の朝日歌壇にデビューしていました。

えんそくでわかくさやまにのぼったよおうちとママはみえなかったよ

山添さん一家から生まれる歌を待ち望んでいるのは僕だけでないと思います。

今年の朝日歌壇が楽しみです。

  葵ちゃん幼稚園から小学校短歌とともに大きく育て

昨日の名古屋伏見のむらさきやさんの玄関横の生け花でお別れします。DSC09960
カサブランカの白に隠れてロウバイが目立ちませんね。

今日の曲は、AI Story

今日のバドミントンの試合のために堺まで来ました。

<今日の表紙>この小学校の名前は?
DSC09907

答は、ゆや小学校です。今日のメンバーの古田さんから教えていただきました。

日本語の奥深いこと教えてるくまのでなくてゆや小学校

昨日は午後から今日の高石市グランドシニアバドミントン大会に参加するために堺に向かいました。

新幹線の車窓からの伊吹山です。DSC09887_1
この時期にしては雪がほとんど見えません。

新大阪駅から大阪駅、そして新今宮駅へ向かいます。途中の京セラドーム大阪です。DSC09901
面白い散髪屋さんもありました。DSC09898


南海電車に乗り換えて堺東駅に着きました。DSC09904


きれいなホテル前の夕暮れの空空です。DSC09905


今日の試合は6人合わせて360歳以上クラスですので僕は窓際族です。

窓際族を楽しんで帰れればOKです。

ということで、昨日の古ちゃんとの前夜祭の乾杯でお別れします。DSC09909_1


今日の曲は、福耳 惑星タイマー

若い人の恋の歌は遠い青春の香りがします。(現代学生百人一首)

<今日の表紙>昨年県スポで見たインフルエンザ予防のポスター
DSC06791

インフルエンザ予防に効果がある起床時(朝食前)の歯磨きのススメです。

僕は、偶然子どもの時から励行しています。インフルエンザに罹ったのは記憶にある中では1回だけです。

この頃は、僕の周りの人たちにインフルエンザに罹る人がちらほらいます。罹った人たちに歯磨きのタイミングを聞いてみたいですね。

一昨日の天声人語に今年の現代百人一首の入選作が載っていました。DSC09772
DSC09773


この中で、僕が面白かったのは中2の関谷咲さんの歌です。

  「おつ」「おけ」「り」スマホの会話単語だけそんなにみんな忙しいのか

「おつ」はお疲れさま、「おけ」はOK、「り」は了解とのことです。

2018年の生き生きとした歌です。

水産高3年 向坂友里さん

  水高生鮪も鰹もさばけます自信あふれる就職試験

向坂さんはもう就職して腕を振るっているでしょう。

この時期には毎年「現代学生百人一首」が天声人語に登場します。

僕は、若い人の恋の歌が好きです。

昨年の歌です。

  月曜は19時半の越後線1号車には君が居るから 高2 菅沼麻沙(まあさ)さん

  すぐそこに君がいるのに喋れない心がうるさい破裂しそうだ 高2 菅原凪(なぎ)さん

2016年の歌です。

  黒板にうっすら残る日直欄あなたが書いた私の名前 高2 宮崎偲永(しえ)さん

高1小宮山芙(ふみ)さんは、冬が恋人かも?

  冬が好き雪の匂いもオリオン座も「寒い」と言って繋がれる手も

2015年は、歌ではなく先生からの卒業生へのプレゼントです。チョーク絵
001
002

佐世保西高校の美術教諭小野大輔(当時29)さんのチョーク絵です。

2010年当時、勤めていた中学校の卒業する13人の似顔絵を黒板にチョークで描いています。13人の卒業式の日にプレゼント。生徒たちのおどろきと歓声に包まれたことがきっかけで今では、チョーク絵の第一人者として活躍しています。

2014年は僕のお気に入りの歌です。

  隣より斜め後ろの席がいい黒板よりも目に入るキミ 高1 川端佳織さん

なぜか、全て女性の歌です。

若いうちは女性の方が男性よりも短歌に親しむ人が多いようです。

68歳の僕から見てまぶしい青春の一コマを短歌で表現できたことはうらやましい限りです。

  好きだけでできてしまうよ君の歌恋が漂う青春時代

一昨日の夕方のドラゴンが出現したようなパノラマとDSC09819
昨朝のきれいなパノラマとDSC09845
きれいな御嶽山の朝焼けでお別れします。DSC09846


今日の曲は、狩人 あずさ2号

          

昨日は予期せぬ出来事が2つあり、結局名城公園を楽しみました。

<今日の表紙>今朝のJRタワーズ
DSC09663

昨日は、朝早く名駅前に映画を観に行きました。

8時半から始まる映画を観るつもりでしたが、映写システムの故障という理由で観れません。仕方ないので8時25分始まりの映画を観ました。こんなこと初めてです。

帰りには、花屋さんの梅が印象的でした。しだれ梅です。DSC09664
紅梅です。DSC09665
そして、白梅です。DSC09666


午後からは、愛知県スポーツ会館(県スポ)へバドミントンの練習のつもりでした。DSC09699
そして、張り切っていくとバドミントン会場は満員の盛況です。当然練習仲間がいると思い探しましたがいません。背筋・腹筋・腕立て伏せをして待っていましたが誰も現れません。メールをチェックすると金曜日の夜に日曜日の練習はメンバーが集まらないので中止との連絡(汗)。

仕方ないので、急きょ名城公園のジョギングをすることに変更しました。DSC09695
名城公園を走るということは名古屋城ウォッチングは外せません。DSC09671
金のしゃちほこには黒いカラスが留まっています。DSC09673


  金シャチの上で佇むカラス様人間界をあざ笑うカー!

池には鵜が泳いでいます。DSC09675


花壇のミニストックがきれいです。DSC09680
フラワーガーデンのミニストックです。DSC09688
ビオラです。DSC09690
アリッサムです。DSC09693
そして、サルビアがとってもきれいです。DSC09681
スイセンの白さも際立っています。DSC09682
対照的な真っ赤なバラです。DSC09683


ジョギングの最後に見たのは、緑色がきれいなヒガンバナの花壇です。DSC09697
3か月前の10月10日の同じ花壇で見かけた真っ赤なヒガンバナにとまるアゲハチョウです。DSC06591


結局、バドミントンはやらなくて、ジョギングと筋力トレーニングで県スポを後にしました。

まあ、こんな日もあっていいなと自分を納得させて帰路につきました。

県スポの帰り道で早くも咲き始めていたボケの花でお別れします。DSC09670


今日の曲は、MISIA 白い季節



「夢」という字が大好きな人でした。山本家通夜・葬儀・告別式にて

<今日の表紙>故人の愛した自筆の「夢」
DSC09630


一昨日、昨日と僕の会社の山本社長のお母さま(あい子様)のお葬式に名古屋の平安会館今池斎場に行きました。DSC09639


一昨日は通夜、昨日は葬儀・告別式でした。DSC09642


1階ホールには、故人の思い出コーナーが出来ていました。DSC09640


僕も故人の生前のお元気な時に何度かお会いしています。その都度、素敵な笑顔での挨拶風景が思い出されます。

通夜の終わりでの天台宗一乗院の山本圓浄導師のお言葉に感動しました。DSC09621


導師は故人の義弟で、若いころにあい子様にいろいろとお世話になったエピソードを僕たちに語り掛けてくれました。DSC09622


  遺影背に読経のあと故人とのエピソード語る導師に涙

最後にビデオで故人を偲びました。DSC09625
DSC09632


昨日は、いいお天気の朝を迎えました。DSC09636
御嶽山も雪を戴いてきれいです。DSC09646


通夜、葬儀に大勢の人が参列されてお昼過ぎに無事終わりました。DSC09645
喪主のご挨拶で、故人の最近の様子や皆様への感謝を語る山本社長です。

僕は仕事をしていませんので、久しぶりにお会いする人たちばかりでした。

ちっとも変わらないねというご挨拶を数人の方々からいただきうれしかったです。

祭壇に飾っていた山本家の家紋ディスプレイでお別れします。DSC09644
 合掌

今日の曲は、KOKIA ありがとう


新春の心を映す水仙は真白き花を凛と咲かせて(つれづれウォーキング地蔵川1月2020)

<今日の表紙>あでやかな松とカサブランカとロウバイの名古屋伏見「むらさきや」さんの生け花
DSC09611

昨日、伏見ミリオン座へ映画を観に行く途中でウォッチングしました。垣根の柊(ひいらぎ)も赤い実をつけてきれいです。DSC09610


昨朝は、いいお天気の中、今年初めてのつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC09576


いつものコースをスタートするとすぐにピンクの小さい花を見かけました。DSC09577
オキザリスかも?

そして、今が旬のスイセンです。DSC09582
DSC09583


  新春の心を映す水仙は真白き花を凛と咲かせて

スイセンのそばでは、小さいタンポポが花を咲かせていました。DSC09585


橋のたもとまで行くと、鯉さんたちがゆっくり泳いでいました。DSC09587


さすがに、今の時期ではあまり花が咲いていません。ということで、民家の垣根を飾っている花たちに眼が行きました。パンジーです。DSC09593
ガーベラです。DSC09592


しばらく歩くと、ビワの花が咲いていました。DSC09596


ナンテンの赤い実がきれいです。DSC09597


ランタナの花が小さいながら頑張って咲いています。DSC09601
そして、フヨウの花の後には、ちゃんと種が出来ています。DSC09600


昨日は残念ながら鳥の姿が見れませんでした。

帰り道では、ヒャクニチソウが無事年を越して咲いていました。DSC09602
そして、ツツジののかからヒガンバナの葉っぱが顔をのぞかせていました。DSC09603
昨年9月下旬の様子です。DSC06274


四季咲きのバラは花と実が同時に見れます。DSC09607


暖冬の日差しの中、すくすく育っている地蔵川の桜の蕾でお別れします。DSC09589


今日の曲は、西野カナ このままで


株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール