つれづれ短歌

iichikoも春になりました。

<今日の表紙>錦通り伏見の下園公園の桜
DSC01942

昨日、映画を観た帰りに下園公園の桜がきれいでした。DSC01941

そして、地下鉄伏見駅へ向かいました。

そこで、僕を待ちかまえていたのは、下園公園と同じピンク色でした。DSC01943
おなじみのiichikoのポスターです。iichikoはどこだ?DSC01944
発見しました。そして、キャッチコピーは?DSC01945
帰って来たと、花。相変わらず意味不明です。(笑)

春らしいなと感じる今回のiichikoのポスターでした。

一面の桜色ですiichikoは花に囲まれ帰って来たと。

3月初めの桜(ソメイヨシノ)の名古屋での開花予想は今日でしたが、少し遅れそうです。でも、来週の今ごろにはかなり咲いていると天気予報で言っていました。

iichikoのポスターとは対照的に、非常に分かりやすく面白いACジャパンの心臓弁膜症の注意を呼び掛ける地下鉄の車内ポスターでお別れします。DSC01648


今日の曲は、Ailee SAKURA


海ちゃん、卒園おめでとう!この季節にはぴったりの短歌が頭に浮かびます。

<今日の表紙>今年のお正月の孫の海ちゃん
DSC09594

一昨日の日曜日に東京に住む息子からLINEで孫の海ちゃんの卒園式の動画が送られてきました。

孫が通う幼稚園は園児数も多くて運動会やクリスマス発表会はとってもにぎやかです。そして、卒園式では、卒園証書を受け取る前に、両親への感謝の言葉を大きな声で発表します。海ちゃんは、「おとうさん、おかあさん、将棋を一緒にしてくれてありがとうございました」。と元気に発表しました。

4月からは小学校へ入学します。どんな6年間が待っているのでしょう?

この時期になると僕は朝日歌壇に載って、4人の選者全員から選ばれたこの歌が頭の中に浮かびます。
2年前6歳で自分の卒園の日を詠った奈良市に住む山ぞえ葵ちゃんの歌です。

  いつもよりながくてすこしきつかったそつえんのひのせんせいのだっこ

その時に載ったどの歌よりも輝いていました。

卒園する子供や、両親の喜びもひとしおですが、「せんせい」の複雑な喜びはどうでしょう?

3歳で入園して6歳で卒園。この3年間に海ちゃんはずいぶん成長しました。孫の成長を助けてくれた「せんせい」に感謝します。
海ちゃん(4歳)の初スキーです。1483343469749


  卒園の孫を育てた「せんせい」の三年間に遠くから感謝

孫の著しい成長には、時々しか会えませんがいつもビックリさせられます。

孫の成長を見るということは、ジージーとしては元気に年を取らなくてはいけないということです。

GWにピカピカの1年生の海ちゃんに会うことが楽しみです。

眩しい昨朝の太陽でお別れします。DSC01917


今日の曲は、アンジェラ・アキ 手紙~拝啓 十五の君へ~



手話は大きく分けて2種類あるということが初めて分かりました。「デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士」丸山正樹著

<今日の表紙>昨朝の赤い太陽の日の出
DSC01899

昨朝は、雲が多かったですがあたりを赤く染めて太陽が昇ってきました。DSC01900

3月もあと2週間となりました。

3月に入り3冊目の読んだ本は、ちょっと特殊なジャンルを題材にした「デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士」丸山正樹著でした。DSC01835


これからしばらくして保釈されたカルロス・ゴーン氏の裁判が始まりますが、以前天声人語で、法廷の外国語の通訳士のことを書いていました。法廷の通訳が不足していることと、法廷用語など難解なことが多く裁判の行方にも影響する責任の重さがテーマでした。

そのことが頭にありましたので、この本を本屋さんで見つけて読むことにしました。DSC01841

著者の丸山正樹氏の言葉です。DSC01837


デフ・ヴォイスには3つの意味があります。「ろう者の声」「手話」最後の一つには、ろう者に限らず、言いたいことがあっても圧倒的な多数の前にあってその声が社会に届きにくい社会的少数者の声。

小説のストーリーの主人公は、耳が聴こえない両親を持つ、耳が聴こえます。DSC01838
DSC01836


この本を読んで、今までの僕のろう者に対する思い込みの浅さがわかりました。

手話の種類は大きく分けて2種類あります。

一般的に知られている手話ー日本語に手の動きを一つ一つ当てはめていく手法は、正確には「日本語対応手話」と呼ばれるものだ。聴者が手話サークルや手話講習会で学ぶのはほとんどがこれで、自然、手話通訳士が使用する手話も同様になる。
これに対し、ろう者が昔から使っているものは、「日本手話」と呼ばれ、日本語の文法とは全く違った独自の言語体系を持っている。従って、生まれた時から使っているろう者でなければその習得はかなりの困難を極め、聴者はもちろん、難聴者や中途失聴者などでも使いこなせる者はまれだった。

ということで、ろう者が「日本語対応手話」を理解することはいちいち「日本手話」に置き換えなければならずかなり疲れるというのが本音のようです。

  日本の二つの手話の間には長い歴史の違いが宿る

これをもってしても、裁判での手話通訳の難しさが分かりますね。

主人公は、耳が聴こえるので手話通訳士としても有能でした。ろう者の両親から生まれた聴者を「コーダ」と言います。

主人公は自分が「コーダ」ゆえの悩みを小さい時から抱えて大きくなりました。この小説のストーリーは、ろう者の殺人事件をテーマにした主人公ならではの推理が光ります。面白かったですよ。

この本を読んでよかった。

昨夕のお月様と、DSC01905
今朝のよく晴れたパノラマと、DSC01918
久しぶりの御嶽山でお別れします。DSC01909


今日の曲は、川嶋あい 旅立ちの日に・・・


肌寒い弥生の朝の水仙は白く輝き我をもてなす(つれづれウォーキング地蔵川3月2019(2))

<今日の表紙>杉ちゃんが持ってきたホワイトデーのクッキー
DSC01777

今朝は、少し肌寒い中、3月2回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC01820


スタート地点の橋のたもとに来た時にコサギさんが不意に飛んできました。慌ててその方向を見ると2羽のコサギさんが鴨さんたちと仲良く朝食を食べていました。DSC01829
白さがきれいですね。DSC01793


いつもの川沿いを歩いていると、きれいなスイセンが目に留まりました。DSC01799
スイセンはいろんなアングルで僕を楽しませてくれます。DSC01818
DSC01819


  肌寒い弥生の朝の水仙は白く輝き我をもてなす

ツルニチニチソウも咲き始めていました。DSC01817

いつもの橋の下では、錦鯉さんの子どもが元気です。DSC01800
お兄さんは暖かいところでくつろいでいます。DSC01803


今朝は寒かったですが桜のつぼみはあと1週間もすれば開花しそうです。DSC01797


昨夜の三日月と、DSC01779
美味しくいただいたシャトーブリアン(一切れ1000円)でお別れします。DSC01778


今日の曲は、ジャッキー吉川とブルー・コメッツ ブルー・シャトー




今年の初ゴルフは春雨に散った散々花、いやサザンカのようでした。(涙)

<今日の表紙>一昨日朝のきれいなパノラマ
DSC01711

神秘的な日の出です。DSC01712

そして、煙突の煙も真上に昇っていました。DSC01713

そんな、グッドコンディションの中、僕の今年の初ゴルフが始まりました。

ゴルフ場は、池が多い、春日井市のオールドレイクゴルフ倶楽部です。DSC01716
DSC01723


昨年の7月に釧路でゴルフをして以来ですので、8ヶ月ぶりのラウンドになります。

釧路では4回プレイして4回とも100を切れなかったことを思い出しました。

そして、前半は58。100を切ることは絶望的な結果が待っていました。後半は、スタート直後から雨が降って来ました。DSC01719
春雨の中のプレイになりました。

前半に比べると、持ち直して、最終ホール前は9オーバーでした。でも、最後のミドルホールで10を叩き撃沈されました。スコアは51。58・51の109で危うく110を叩くところでした。(汗)

トラブルショットを打った時のリカバリーが全然ダメでした。釧路でのゴルフから数えると5ゲーム連続100以上です。(涙)

  去年から5ゲーム続く100叩きたかがゴルフと我を慰む

春雨に煙る山並みです。DSC01725

池には、小さい鴨さんがゆっくり泳いでいました。DSC01724


次は仙台で4月にプレイする予定です。桜が咲いているかもね。100を切るかもね。(笑))

春雨に散ったサザンカのようなプレイ後の僕でお別れします。DSC01727


今日の曲は、SEKAI NO OWARI サザンカ



福島第一原発の廃炉がいかに難しいかがはっきりした8年目を迎えました。

<今日の表紙>陸前高田市を襲った津波の高さ(15.1m)がわかるガソリンスタンドの看板
DSC07702

津波の高さはこの看板の最上部まで達していました。2年前大船渡へ行くときに撮りました。
そして、2011年11月21日の仙台空港そばの料理屋さんの震災で津波に襲われた痕
016
018
014
仙台に行った時に撮りました。

ガソリンスタンドの看板も撤去され、仙台空港近くも復興が進んでいます。しかし、福島第一原発はまだ推定で40年も廃炉にかかるようです。そして、その費用も70兆円を超える試算も浮かび上がっています。誰にも未来がわからないのが現実だなと感じます。

今日であの日から2922日経ちました。まだ8年しかたっていないというのが実感です。あれだけの大事故を起こしながら、原発を稼働するというのは全く理解できません。

  原発の燃料デプリに触れ初めたり冥(くら)くて遠き廃炉への道 名古屋市 諏訪兼位

  規制値を緩めただけで安全な汚染土になる数字の魔力 福島県伊達市 佐藤茂

最近の朝日歌壇でも依然として原発事故の歌が多いです。

それでは、僕の体験を8年前のブログで振り返ります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月11日午後3時ごろ、僕は会社からお客様に電話をしていました。
そのとき、最初はゆっくりした小さな揺れがきました。だんだん揺れが
大きくなり4,5分続きました。

僕は、直感的に名古屋からかなり離れている地域で大きな地震が起きたな
と思いました。
すぐ社員から、ネットに東北地方で地震が発生したとのっていますよとありました。

16年前の阪神淡路大震災の時も、名古屋ではゆっくりした揺れが長く続きました。

TVをつけると、どのチャンネルでも地震の映像が流れていました。

しばらくすると、津波が港の市場に入り始めからみるみるうちに市場が
津波にのみこまれるライブ映像が流れてきました。

僕はどうすることもできないもどかしさを感じました。

それからしばらくは、東京や仙台やいろいろな港のライブ映像が流れました。

僕は、今のぼくがいる普通の環境と地震の被害にあった地域とのギャップを味わうことになります。

16年前、阪神淡路大震災が発生した4日後に僕は救援物資をお客様に届けに
トラックに乗って神戸に行きました。

その時にトラックの窓越しにみた神戸の風景は、日本ではないように感じました。

神戸付近以外の日本では、普通の生活がいとなわれ、モノがあふれていました。

その時に感じたなんともいえないギャプをTVをみていて思いだしました。

今度の地震は、16年前とちがって東京から東北までの広い範囲に被害がでていることと
2004年のスマトラ島沖地震のときのような津波の被害が大きいです。

いずれにしろ結構長い間、僕はなんともいえないギャップを感じて生きると思います。

夜が明けると、被害がだんだんはっきりとしてきます。
これまでに流れた映像を見ているとかなりの被害を覚悟しなければならないと
思います。

仙台には、お客様の会社があり、スキーでサホロに一緒にいった村上さんが住んでいます。

たいへん心配ですが、全く連絡がとれません。
ただ無事を祈るだけです。

夜になって東京に住む僕の息子から電話がありました。
交通機関が止まっているので歩いて自宅に帰っている途中だといっていました。

無事で何よりです。10回ぐらい電話してやっとつながったといっていました。
そのせいかいつもより長く話をしました。

僕は、この日を境に、日本のなにかが変わるような気がします。

人は、こういう自然の圧倒的なパワーの前では無力と思われますが、
このパワーの影響を受けて僕たちは自然から何かを変えられるような気がします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8年前、震源から遠い名古屋で体験したことですが、この記事を読み返すと、当時の記憶がよみがえります。この記事に登場する、仙台の村上さんは、まさに震災を仙台で体験し、僕の息子も東京で体験しました。

仙台の村上さんも、僕の息子も今は元気で毎日を過ごしています。

ふつうの日常のありがたさを感じていると思います。

それに引き換え、福島第一原発の気の遠くなるような廃炉の時間です。

  福島の廃炉の時間超スロー時の流れに抗う如く

あの日から8年目の朝を迎えたスッキリしない今朝のパノラマでお別れします。DSC01729


今日の曲は、猪苗代湖ズ I love you&I need you ふくしま


昨日は、亡くなって11回目の妻の誕生日。お墓参りに行って来ました。

<今日の表紙>亡妻のお墓と2ショット
DSC01655

昨日は、生きていたら68歳の亡妻の誕生日でした。

亡くなって11回目の誕生日です。ということで、いいお天気に恵まれた昨朝、DSC01642
覚王山の亡妻のお墓参りに行って来ました。DSC01651


昨年12月1日に10年祭をして約3ヶ月ぶりのお墓参りです。DSC01652
やっぱりいまの僕との歳の差が気になります。僕も3月23日で68歳になりますので、妻が亡くなった時から11歳歳を取ります。

20年祭には、この歳の差を埋めるお墓にする予定です。

亡妻のお墓参りは、お墓のマンションですので手ぶらで行ってお参りをして帰るだけでは味気がないので、必ずその時にお墓の前で僕の短歌を亡妻に聞かせています。(汗)

では、今回の歌です。

  妻が逝き子供が去ってわがままな時を楽しむソリチュードの朝

ソリチュードとは、孤独を楽しむことです。一方、ロンリネスとは、一人ぼっちで寂しいことです。

妻が亡くなり10年も経てば独り暮らしにも慣れて、静かな独りの朝が僕にとっては居心地が良くなっています。

お墓参りを終えて、病院で右ひざのメンテをしていただいて午後からは映画を観るために名駅前へ行きました。DSC01664



毎月8日と27日(?)はまるは食堂チカマチラウンジ店では、チカマチランチが普段5食限定が無制限になっています。DSC01663
1500円ほどの内容のランチが980円(ご飯の小盛は930円)映画の半券を提示すれば600円までのドリンク1杯サービスです。DSC01662
迷わず美味しくいただきました。これも亡妻のお墓参りのお陰だと思いました。

今年も亡妻の誕生日のお墓参りに行けたことを感謝します。そして、亡妻が詠った亡妻の生まれた3月の歌を3月生まれの人たちへプレゼントします。

  菜の花にすみれたんぽぽチューリップ花咲く弥生わが生れし月

お墓参りが終わって地下鉄池下駅に歩いて行く途中で見かけたきれいな沈丁花の花でお別れします。DSC01661


今日の曲は、熊木杏里 誕生日




株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール