ジョギング・ウォーキング

冬ですが令和の春を待ち望む桜のつぼみ年越し嬉し(つれづれウォーキング地蔵川12月2019)

<今日の表紙>昨日の迫力ある王子製紙の煙突の煙
DSC08641

年末に入りフル操業しているようです。今年は春先に火災で長いこと煙が出ていませんでしたので余計に頑張っているようです。

そんな中、12月最初のつれづれウォーキング地蔵川へ行ってきました。DSC08621
橋の上から地蔵川を撮るとすぐそばの川の中央にわかりにくいですがアオサギさんが佇んでいました。BlogPaint
曇り空では保護色になっています。DSC08622
少し離れてもう1羽アオサギさんです。DSC08623
2羽アオサギさんを見かけることは珍しいです。

桜の木はすっかり葉っぱを落としています。DSC08625
しかし、枝には蕾が育っています。DSC08627


冬ですが令和の春を待ち望む桜のつぼみ年越し嬉し

その桜の木の下には、お彼岸近くに朱色の花を咲かせたヒガンバナの緑色の葉っぱが元気です。DSC08628
冬の間に光合成をして球根に栄養を蓄えています。

橋の下では、久しぶりに錦鯉さんの親子が泳いでいました。DSC08633
DSC08634


しばらく歩くと冬の花のスイセンが咲きだしています。DSC08637
ランタナは相変わらずきれいです。DSC08638
フヨウの花はもうとっくに散りましたが、種が育っています。DSC08639


赤い実をつけたナンテンが朝日を浴びてきれいです。DSC08636
そして、歩道に植えられたオタフクナンテンの赤も目立ちだしています。DSC08640


地蔵川の水面に反射した木漏れ日がつくる美しい模様でお別れします。DSC08635


今日の曲は、ワム ラストクリスマス

地蔵川ダイサギコサギアオサギの乱舞楽しき霜月の朝(つれづれウォーキング地蔵川11月2019(3))

<今日の表紙>屋根の上でにらみを利かしているダイサギさん
DSC08325

昨日は、雲一つない寒い朝で幕を開けました。DSC08285

そんな中、11月最後のつれづれウォーキング地蔵川へ出かけました。DSC08286
桜の葉っぱもほぼ落ちて青空に細い枝を伸ばしています。DSC08333

カメさん親子はもう冬眠に入ったのでしょうか?しばらく歩くと川の中がずいぶん騒々しい。なんと鷺さんたちの大群が川面に見えます。DSC08293
どういうことでしょうか、地蔵川でこんな風景を見たことがありません。しかも、ダイサギさん、コサギさん、そしてアオサギさんも1羽いました。DSC08295
鴨さんたちも遊んでいます。DSC08302
こちらは、親子のようなダイサギさんとコサギさんです。DSC08305
サギさんたちの乱舞です。DSC08308
DSC08310
アオサギさんも飛び立ちます。

  地蔵川ダイサギコサギアオサギの乱舞楽しき霜月の朝

DSC08307

橋の下では鯉さんたちがゆっくり泳いでいます。DSC08314
その上をサギさんが滑空しました。DSC08316
こちらは集団での迫力ある滑空です。DSC08318
そして、民家の屋根の上を見るとこれもダイサギさんが仁王立ちです。DSC08328
コサギさんたちは集団で電線にとまっています。DSC08330


11月最後のつれづれウォーキング地蔵川は迫力あるサギさんたちに驚かされて終わりに近づきました。

足元を見ると、かわいいランタナの花が咲いていました。DSC08332


そして、これからが旬のナンテンの赤い実が目に留まりました。DSC08331


ウォーキングの終わりに見た青空をバックにしたピラカンサの真っ赤な実でお別れします。DSC08337


今日の曲は、グレイテストショウマンより A Million Dreams



晩秋の名城公園は美しかった。でも、G 20の影響も見れました。

<今日の表紙>昨日昼過ぎの紅葉と名古屋城
DSC07967

昨朝のパノラマもダイナミックでした。DSC07950_1

昼過ぎから愛知県スポーツ会館でバドミントンをしました。DSC07987
早く着きすぎたので久しぶりに名城公園のジョギングコースをゆっくりジョギングしました。ジョギングコースのケヤキ並木です。DSC07957
街路樹のナンキンハゼ並木は見事な紅葉です。DSC07952
DSC07953
青空をバックに桜の花が咲いています。DSC07955
ジョギングコースのそばにはサザンカが咲き出しています。DSC07958
池は穏やかです。DSC07961
中心にはアオサギさんが立っていました。DSC07959
しばらくジョギングをしてフラワーガーデンに出ました。サルビアがきれいです。DSC07971
ダリアの白い花も青空をバックに映えています。DSC07979
ススキも気持ちよさそうです。DSC07974

ジョギングコースに戻るとイチョウの黄葉が目立っていました。DSC07973
ハナミズキの赤とイチョウの黄色がきれいです。DSC07972

スポーツ会館に帰るとクスノキの緑色が新鮮でした。DSC07986


名古屋城が見える名城公園内の道路にはG 20の警備のための車両が数珠つなぎでした。DSC07968
そして夕方にはスポーツ会館の広場にも警備の警察官が集合していました。DSC07988
今日から24日まで交通規制が行われます。

ジョギング中に見惚れたナンキンハゼの紅葉でお別れします。DSC07969
あと何回見れるのかな?新愛知県体育館建設予定地になっているようです。

見惚れますナンキンハゼの紅葉は青空の下名城公園

今日の曲は、槇原敬之 北風〜君にとどきますように〜

蝶が舞いトンボが遊ぶ地蔵川秋の川面に錦鯉浮かぶ(つれづれウォーキング地蔵川11月2019(2))

<今日の表紙>今日はいい膝の日(11月13日)です。
DSC07748
僕の右膝はバクダン付きですので注意しながら使っています。(汗)

昨朝はいいお天気の中、ダイナミックな雲が印象的でした。DSC07707
DSC07708


朝は寒かったですがお昼過ぎには暖かいいいお天気でしたので11月2回目のつれづれウォーキング地蔵川に行ってきました。DSC07714
DSC07734


亀さんのお家では先回は4匹でしたが今回は今までで最多の5匹が出迎えてくれました。DSC07718
上に4匹、右下の方に子ガメが1匹います。
DSC07716


橋の反対側では、ダイサギさんが佇んでいました。DSC07725
ダイサギさんの近くでは鴨さんたちが遊んでいました。DSC07726


空にはコサギさんたちが飛び回っていました。DSC07723
DSC07722


しばらく歩いて橋の下では錦鯉さんたちが輝いていました。DSC07733
そして、ランタナの花にはヒョウモンチョウです。DSC07739
シジミチョウも飛び回っています。DSC07743


シオカラトンボも飛んでいてまだまだ秋の気配に包まれた地蔵川です。

蝶が舞いトンボが遊ぶ地蔵川秋の川面に錦鯉浮かぶ

桜の葉っぱはほとんど散っていますが、DSC07729
木の下にはオキザリスがきれいな花を咲かせています。DSC07730


そして、帰りの歩道ではまだまだ鮮やかなヒャクニチソウが目に留まりました。DSC07745


赤くなってきた歩道のオタフクナンテンでお別れします。DSC07746


今日の曲は、福耳 SUMMER of LOVE


ナンテンとピラカンサの実だんだんと赤くなりだす霜月はじめ(つれづれウォーキング地蔵川11月2019)

<今日の表紙>昨日の日の出は、サンピラー現象(太陽柱)が見れました。
DSC07430

昨日の朝も穏やかないいお天気で少し寒い朝でした。DSC07433

日の出の位置には雲がかかっていましたが、縦に光の帯が昇っていました。DSC07436
やがて雲の中から太陽が顔を出しましたが、上の方に引っ張られるような感じでした。DSC07437
サンピラー現象です。DSC07438
1月など寒い時期には時々見られますがこの時期では珍しいですね。

日の出ウォッチングを楽しんだ後は、11月最初のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC07441
早速亀さん親子が、先回より1匹増えて4匹でお出迎えしてくれました。DSC07442


桜並木の横を歩いていると、今回もカワセミが川面すれすれを飛んでいくのが見れました。

桜の木の下にはピンク色のオキザリスが咲いています。DSC07445
川面では、コサギさんが餌を探しています。DSC07449

そして、橋の下では錦鯉さん親子(?)が元気です。DSC07452

橋を渡ってしばらく歩くとフヨウの花が一輪咲いていました。DSC07464
ランタナの花にはヒョウモンチョウが似合います。DSC07456
モンキチョウです。DSC07458


もうナンテンの実がなっていました。DSC07461
まだ真っ赤ではありません。こちらはピラカンサです。DSC07471
こちらもまだ真っ赤ではありません。

  ナンテンとピラカンサの実だんだんと赤くなりだす霜月はじめ

ハナミズキの紅葉は今が旬です。DSC07472


今朝のハナミズキの紅葉とDSC07483
多分明日からはマンションに隠れそうな日の出の太陽でお別れします。DSC07488
DSC07487


今日の曲は、鈴木雅之 別れの街


亀さんの家も床上浸水で離ればなれの甲羅干し中(つれづれウォーキング地蔵川10月2019(3))

<今日の表紙>10月の下旬でも楽しませてくれるタイサンボクの花
DSC07210

僕の住んでいるマンションの花壇のタイサンボクはまだ白い大きな花を咲かせています。
近くの街路樹のハナミズキは白さと対照的な紅葉がきれいです。DSC07208

いいお天気の昨朝、タイガー・ウッズの82勝目をTVで見てからDSC07252
10月3回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC07211

いきなりの、そして久しぶりの多分約5ヶ月ぶりの亀さんです。DSC07212
近くでは、鴨さんたちが優雅に浮かんでいます。DSC07219
最初は亀さんは1匹でしたが帰るころには親子連れになりました。DSC07243
DSC07244
床上浸水でかなり亀さんの家が住みにくくなっています。(笑)

  亀さんの家も床上浸水で離ればなれの甲羅干し中

タンポポは10月下旬でも花を咲かせるようです。DSC07222
でも桜の木はもう葉っぱが少なくなって冬支度をし始めました。DSC07218

先回のつれづれウォーキング地蔵川でおばあさんが座り込んで立ち上がれなかった畑です。DSC07221


橋のたもとでは相変わらず鯉さんたちが元気です。DSC07225
錦鯉さんは目立ちます。DSC07224
DSC07223


まだまだ蝶々が元気に飛び回っています。モンシロチョウです。DSC07234
タンポポの花のそばにはシジミチョウです。DSC07240


刈り取られてぽつんと咲いているセイタカアワダチソウを見て、DSC07248
帰り道で驚いた空き地で黄色一色に染めたセイタカアワダチソウでお別れします。DSC07249
やっぱりすごい繁殖力です。

今日の曲は、サザンオールスターズ 希望の轍


畑では転び立てないおばあさん育てた花が僕を導く(つれづれウォーキング地蔵川10月2019(2))

<今日の表紙>獲物を探す昨日のダイサギ
DSC06992

そして、ゲットです。DSC07000


昨日は朝から午後3時まで用事で名駅前、栄に行っていましたので午後3時過ぎから何となくつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC06984

桜の葉っぱがかなり落ちてきていました。DSC06985
そして、桜並木の下はきれいに刈り取られていてヒガンバナの残骸も見れません。DSC06986
川面の近くには背高アワダチソウがぽつんと立っていました。DSC06987


桜並木を歩いているときに、僕はいつも夏にはいっぱいの花が咲いている川沿いの畑を眺めます。DSC01485
今年7月初めの様子です。

昨日もその畑を眺めると、花は夏ほど咲いていませんでしたが、畑への進入路の奥でおばあさんが座って僕を手招きしていました。僕は何か頂けるのかなと思ってニコニコしながらおばあさんに近づいて行きました。すると、おばあさんは「つまずいてころんで起き上がれなくなったんよ」とのことです。僕が後ろから支えて起こしてあげると「ありがとう」「ありがとう」と何度もお礼を言われました。いままでは転んでも立ち上がれたけれど今日は駄目だった。1時間ほど座ったままだったとのことです。仏壇にお供えする花を刈りとって帰ろうとしたときに転びました。

僕は、ウォーキングの時には必ずこの畑を眺めるので見つけることが出来ました。そして、たまたまこの時間に歩いていたのがおばあさんにはラッキーでした。いろいろ話して見ると、この畑の川向うに住んでいて90歳になると言います。3時頃では散歩している人も少なく車が過ぎていくのを眺めていたということです。花を植えて育てるのが好きなおばあさんの行動が僕をいつも楽しませてくれました。畑の花がおばあさんを助けたようです。

  畑では転び立てないおばあさん育てた花が僕を導く

おばあさんと別れて橋の下にいる錦鯉さんを見つけました。DSC07006
午後3時頃にはあまり動きません。少し遠くを眺めるとコサギさんが獲物を探していました。DSC07004


橋を渡って歩くとタマスダレの白さが目に届きました。DSC07013
セイタカアワダチソウの黄色が際立っています。DSC07014
そして、季節外れのキノコ「オオシロカラカサダケ」です。DSC07017
DSC07019


昨日のつれづれウォーキング地蔵川は、初めて人助けが出来て嬉しかったです。

まだ地蔵川の土手で頑張って咲いているフヨウの花でお別れします。DSC07018


今日の曲は、ケツメイシ バラード


株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール