ジョギング・ウォーキング

かわせみが瑠璃色残し飛び去れば亡妻の面影瞼を濡らす(つれづれウォーキング地蔵川10月2019)

<今日の表紙>小さな秋・ハナミズキの赤い実
DSC06678

昨朝は雲のないいいお天気でした。DSC06651
恵那山の朝焼けがきれいでした。DSC06644


そんないいお天気の中、10月最初のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC06654


9月末には鮮やかな朱色が目立ったヒガンバナもほとんど枯れてしまっています。DSC06656
でも、かわの近くの畑ではヒャクニチソウがまだ鮮やかな花を咲かせていました。DSC06659
タマスダレも白い可愛い花をいたるところで咲かせています。DSC06667
ランタナの花もきれいです。DSC06668


橋の下には、相変わらず鯉さんたちが元気ですが、今朝はなまずさんも見ることが出来ました。DSC06662
左上に細い魚が泳いでいます。これがなまずさんです。

なまずさんをみることもも珍しいですが、今朝はもう一つ、僕にとって衝撃的な出来事がありました。それは、昨年1月27日のつれづれウォーキング地蔵川で見かけたカワセミを一瞬ですが2回観ました。1回目はヒガンバナを撮り終えて何気なく川面を見ると瑠璃色の羽根を羽ばたかせて通り過ぎました。「アッ!カワセミだ」

そして、2回目は鯉さんたちのいる橋が近づいたころ今度は反対方向に飛び去る姿を見ることが出来ました。

もちろん、写真に撮ることなど僕には不可能です。でも、瑠璃色の羽根を広げてすごいスピードで飛び去る姿は美しいの一言です。
ヤフーで検索した、カワセミの写真です。DSC07196
ちょうど、このように羽根を広げていました。DSC07194
そして、一昨日名城公園で見かけたアオスギアゲハの羽根の色にも似ていました。DSC06605


ちなみに、昨年1月27日の僕の歌です。

  幻の鳥カワセミが一瞬の瑠璃色残し地蔵川渡る

そして、亡妻も十数年前の八田川の散歩の途中で出くわしたカワセミを歌集「湖北路」に2首詠んでいます。

亡妻の歌集「湖北路」より

  かわせみと確信せしより待ちどおし散歩時間の午後三時半

  まなうらに瑠璃色残し飛びゆきぬかわせみ見しは一瞬のこと

これだけで、昨日のつれづれウォーキング地蔵川は満足でした。

  かわせみが瑠璃色残し飛び去れば亡妻の面影瞼を濡らす

自生してるフヨウもまだピンク色の花を咲かせて頑張っていました。DSC06655


帰りに橋の反対側を見ると、セイタカアワダチソウの黄色が目立っていました。DSC06673
DSC06670


まだ暑さが続いていますが、地蔵川は秋色が濃くなってきています。

つれづれウォーキング地蔵川が終わり帰って来た時のパノラマでお別れします。DSC06681


今日の曲は、一青窈 もらい泣き

遅咲きの長月尽のヒガンバナ朱色鮮やか今日も真夏日(つれづれウォーキング地蔵川9月2019(4))

<今日の表紙>今朝の日の出前のパノラマ
DSC06227

9月最後の朝は、素晴らしいパノラマが見れました。DSC06228
DSC06234

日の出ウォッチングの後は、増税前の駆け込み処理ということで、勝川駅へ行き、10月の切符を4セットジパング倶楽部を利用して買いました。DSC06276
これで約680円ほどの節税です。そして、朝のスーパーでは、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、洗剤を買って約30円の節税です。(笑)DSC06275

今日で9月が終わるということで、お天気もいいので先回のつれづれウォーキング地蔵川で猛暑の残暑の影響で蕾状態のヒガンバナが気になりましたので9月4回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC06247

コサギさんが電信柱の上から「おはよう!」DSC06248
そして、川の中ではアオサギさんと鴨さんが仲良く遊んでいます。DSC06254
アオサギさんが首をのばして「おはよう!」DSC06256
久しぶりにアオサギさんを見ました。
肝心のヒガンバナは、桜並木の下で見事な朱色の花を咲かせてヒガンバナ街道を作っていました。DSC06250
満開のヒガンバナです。DSC06252
昨年よりも1週間以上遅れて咲きました。DSC06257
秋分の日から1週間遅れで、何とか9月中に咲いてくれました。DSC06258
カメラマンのモデルにもなっていました。DSC06259


  遅咲きの長月尽のヒガンバナ朱色鮮やか今日も真夏日 (長月尽=9月末)

橋の下では錦鯉さんが元気です。DSC06265
1匹足りません。
土手の草刈りをした後ですので、草の匂いがきついウォキングでした。DSC06268
ウォキングの終わり掛けに、草刈りのお陰で桜の木のそばに育ったフヨウの花が目立っていました。DSC06270
DSC06271


歩道のツツジの葉っぱの中から伸びてきた逞しいヒガンバナでお別れします。DSC06274


今日の曲は、鈴木雅之 もう涙はいらない

暑すぎる残暑のせいかヒガンバナお彼岸過ぎて蕾膨らむ(つれづれウォーキング地蔵川9月2019(3))

<今日の表紙>遅咲きの今年のヒガンバナ
DSC06123

今年の秋分の日は台風17号の影響で日の出は見れませんでした。でも、翌朝の24日はきれいな日の出が見れました。日の出の前のパノラマです。DSC06077
DSC06080
そして、日の出です。DSC06093
その後の鱗雲のパノラマです。DSC06098
そして、今朝は、雲のない日本晴れです。DSC06110
恵那山とDSC06107
御嶽山の朝焼けです。DSC06108


そんな中、9月3回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC06138

いつもの時期なら桜並木の下には朱色のヒガンバナが目立っていますが、今日はまだ蕾の状態のヒガンバナの並木です。DSC06118
DSC06119
昨年9月20日の見事なヒガンバナ並木です。DSC06112
<今日の表紙>のヒガンバナは蕾のヒガンバナの中、ぽつんと咲いていました。

今朝の天声人語にも、気象庁が観測している全国18か所のうち14か所で平年よりも開花が遅れていると出ていました。地蔵川も遅れていて23日に間に合いませんでした。9月の終わりごろに咲いて10月初めでもきれいなヒガンバナを見れるでしょう。

ひどい残暑が花や生き物たちのスケジュールを狂わせているのかもしれないと言っています。

  暑すぎる残暑のせいかヒガンバナお彼岸過ぎて蕾膨らむ

オシロイバナは相変わらず元気です。DSC06132
DSC06133
ヒャクニチソウも頑張っています。DSC06136
ススキが朝日を浴びてきれいです。DSC06134

橋の下では錦鯉さんたちが目立っています。DSC06131
川の中では、鴨さんが寂しく1羽で戯れています。DSC06141


少し涼しくなりましたが、まだまだ暑い9月下旬です。

涼しそうな今朝のお月様でお別れします。DSC06106


今日の曲は、JUJU 東京

ひらひらと花に着陸したあとは翼広げてシャキっとアゲハ(つれづれウォーキング地蔵川9月2019(2))

<今日の表紙>中秋の名月2019
DSC05812

昨夜は11時過ぎになって雲が薄くなってお月様が見えるようになってきました。DSC05817
雲が少しかかっている方が神秘的です。DSC05816


今朝は、雲の切れ間からの日の出でした。DSC05835
DSC05836

涼しさを感じながら、9月2回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC05838

スタート時点の橋の下に久しぶりのコサギさんの姿を発見しました。DSC05839


川岸のいたるところで朝顔の薄いブルーが目立っていました。DSC05848
そして、早くも桜の葉っぱが落ちて歩道を埋めてきています。DSC05849
川の中を覗くと、2羽の鵜が気持ちよさそうに泳いでいました。DSC05846
もちろん、錦鯉さんたちも元気です。DSC05852


ムクゲとオシロイバナの競演です。DSC05854
そして、鮮やかなヒャクニチソウです。DSC05858

今朝は、トンボの姿を見ませんでした。相変わらずチョウは優雅に飛んでいます。

小さいシジミチョウです。DSC05859
DSC05877
ツマグロヒョウモンのオスです。DSC05866
そして、アゲハチョウがランタナにとまる瞬間です。DSC05868
この翼を広げたポーズは絵になりますね。DSC05870


  ひらひらと花に着陸したあとは翼広げてシャキっとアゲハ

まだヒガンバナは咲いていませんでした。

白さが際立つタマスダレでお別れします。DSC05873


今日の曲は、竹内まりや September

羽広げ秋へ誘うヒョウモンチョウ華麗な舞いの長月はじめ(つれづれウォーキング地蔵川9月2019)

<今日の表紙>今朝の日の出前のパノラマ
DSC05678

日の出の位置の雲が黄金色に輝いていました。DSC05680
日の出の瞬間です。DSC05684


昨朝は、9月最初のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC05630

葉っぱが濡れた元気なツユクサです。DSC05632
ヒヨドリジョウゴもまだ咲いています。DSC05631


暫らく歩いて橋の下を見ると、錦鯉さんグループに新しい仲間が加わっていました。DSC05642
4匹仲良く泳いでいます。DSC05645


最近のお天気は、大気の状態が不安定が続き、突然の雷雨など不安定な8月の終わりから9月の初めでした。久しぶりのいいお天気ですので、歩道を歩くと雑草がとっても元気がいいので歩きにくい状態でした。DSC05654
桜の木の枝まで伸びています。DSC05647
歩いていると、バッタが飛び跳ねたり、蝶やトンボが舞ったりしてとても賑やかでした。シジミチョウが毛虫に乗っているようなショットです。DSC05653
イトトンボが葉っぱにとまってじっとしています。ちょっとわかりにくいです。DSC05656


アゲハチョウです。DSC05659


そして、今日の主役のツマグロヒョウモンのオスです。DSC05660
羽根を広げると雰囲気がまるで変わります。DSC05667
DSC05664
DSC05665
DSC05669
華やかなツマグロヒョウモンの世界でした。

  羽広げ秋へ誘うヒョウモンチョウ華麗な舞いの長月はじめ

秋になってもまだ名前の通りに頑張って咲いているヒャクニチソウでお別れします。DSC05638


今日の曲は、長渕剛 とんぼ



鶴舞公園の晩夏ウォッチングは暑かった。(汗)

<今日の表紙>我が家の血圧計での今朝の血圧
DSC05439

朝食前ですので脈拍もかなりゆっくり目です。

昨朝は曇り空で蒸し暑い朝でした。DSC05401


午前中は名駅前に映画を観に行きました。DSC05407
そして、ランチを食べて名大病院に用事がありましたのでその前に鶴舞公園を久しぶりにウォッチングしました。

JR鶴舞駅を降りると、公園の入り口近くには大きなヒマラヤスギの並木があります。DSC05409
今の時期には大きな松ぼっくりというか杉ぼっくり張り出した枝の上に多く見かけられます。DSC05410


しばらく歩くと、夏の象徴のひまわり畑が出現しました。DSC05411
まだきれいです。DSC05412
柳の木とひまわり畑の2ショットです。DSC05413
あまり、仲良しではありません。(笑)

ひまわり畑を通り過ぎると、踊り子というタイトルのバレリーナの彫像がありました。DSC05414
今まで気づきませんでした。

バレリーナ広い舞台で気持ちよく踊る晩夏の鶴舞(つるま)公園

さらに奥へ歩くと蓮池があります。DSC05415
お花見の季節とはガラッと変わっていました。お花見の季節にはアオサギさんが佇んでいましたが今は蓮だらけです。DSC02762


いろいろな状態の蓮の花が目を楽しませてくれます。DSC05416
DSC05418
DSC05423


汗びっしょりになって名大病院に向かいました。

名大病院から見る鶴舞公園のパノラマです。DSC05426
DSC05431
公園の緑がきれいです。遠くのビル群と比較すると際立ちます。

鶴舞公園は「踊り子」でしたが、名大病院の公衆電話の上の壁の「舞妓」でお別れします。DSC05432


今日の曲は、矢沢永吉 止まらないHa~Ha

夏の終わり蝉時雨止み虫の音が草の下から沁みだし唄ふ(つれづれウォーキング地蔵川8月2019(3))

<今日の表紙>バドミントン世界選手権桃田選手連覇達成
DSC05303

昨夜のメ~テレでLIVEで放映されました。初戦からすべて圧勝の完全優勝でした。

その他、日本人対決の決勝となった女子ダブルスでは、永原・松本ペアが大接戦の末の2連覇です。DSC05305


奥原選手、保木・小林ペアは銀メダルに終わりましたが、全種目でメダル獲得という快挙を成し遂げた日本バドミントンです。東京2020でも期待しています。

一昨日、昨日と久しぶりにテレビにくぎ付けでバドミントンを楽しみました。

今朝は久しぶりにすごくいいお天気になりました。DSC05318
DSC05315


そんな中、8月3回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC05319


蝉時雨が止んでいました。時折り単発で蝉の鳴き声が聞こえます。蝉時雨の代わりに虫の音がよく聞こえます。特に川沿いの畑の方から大きく聞こえました。DSC05321
畑の隅っこのテッポウユリしか目立つ花はありません。DSC05322
足元を見るとカボチャの黄色い花が咲いています。DSC05323


橋のたもとに来ると相変わらず鯉さんたちが元気です。DSC05326
錦鯉さんは目立ちますね。DSC05328


オシロイバナは今が一番元気がいい時期でしょうか?DSC05331
DSC05341
どこからか飛んできたムクゲもきれいです。DSC05332


川沿いを歩いていると、セミの代わりにバッタやトンボが目立ちます。

と言っても、トンボは分かります。DSC05337
でも、バッタは分かりますか?DSC05339
もう一つ。DSC05340
カメラを向けてもじっとしています。

  夏の終わり蝉時雨止み虫の音が草の下から沁みだし唄ふ

ウォーキングの終わり掛けに2羽の鴨さんが仲良く浮かんでいました。DSC05343
久しぶりに見ました。

今朝のつれづれウォーキング地蔵川は、涼しい空気が漂っていて快適でした。朝夕はもう秋の気配が漂ってきています。

ウォーキングを終えてマンションにたどり着くと、タイサンボクの花が一輪咲いていました。DSC05355
夏の間楽しませていただきました。

日の出ウォッチングの時に久しぶりに見たお月様でお別れします。DSC05310


今日の曲は、MISIA アイノカタチ


株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール