ジョギング・ウォーキング

中秋の主役を狙うヒガンバナ朝の川辺を朱色に染めて(つれづれウォーキング地蔵川9月2018(2))

<今日の表紙>昨日の久しぶりのいつもの日の出のパノラマ(5時50分)
DSC06096

日本での11日ぶりの日の出はまぶしい太陽が「おはよう!」DSC06097

今日はあいにくの空模様という予報が出ていましたので、昨朝に今月2回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC06102

出かける時のパノラマは迫力がありました。DSC06098


地蔵川に行くと、朱い花を咲かせているヒガンバナ並木が迎えてくれました。DSC06103
DSC06104
密度が濃いヒガンバナの群れです。DSC06110
DSC06112
とっても鮮やかですね。

中秋の主役を狙うヒガンバナ朝の川辺を朱色に染めて

少し離れてぽつんと可愛い白い花を咲かせているタマスダレです。DSC06113
オシロイバナも濃いピンク色の花を咲かせています。DSC06119


川の中を覗くとアオサギさんを発見しました。DSC06109
DSC06106
DSC06125
アオサギさんの近くには、久しぶりの鴨さんたちです。DSC06124


橋の下には、鮮やかな錦鯉さんが広島カープと同じく元気です。(笑)DSC06118


台風21号の爪痕の折れたサクラの枝です。DSC06123
まだ残しています。

つれづれウォーキングの帰り道のツツジの中から茎をのばして咲いているヒガンバナです。DSC06139
ヒガンバナの茎にとまっている蝶はクロシジミでしょうか?DSC06140
たくましい!

マンションにたどり着いて見たパノラマでお別れします。DSC06141


今日の曲は、ASKA FUKUOKA




台風の爪痕残す地蔵川アオサギコサギダイサギ遊ぶ(つれづれウォーキング地蔵川9月2018)

<今日の表紙>今朝の受け月のお月様
DSC05373

昨日、9日の関空からペナン行きの旅行会社JTBの担当者から関空のダウンで、セントレア、羽田、成田から出発も検討していますとの連絡がありました。

ということで、お月様にセントレアから出発しますようにとお願いしました。(笑)

今朝は穏やかなお天気でしたので、9月最初のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC05381

台風21号が去って2日目の朝ですが、遠目には被害は分かりません。

いきなり、地蔵川の主のアオサギさんに出くわしました。DSC05385
コサギさんも忙しく飛び回っています。DSC05394


歩いていると、桜の枝が折れているのが目につきました。DSC05391


桜の木の下にはツユクサが花を咲かせています。DSC05395
オシロイバナも無事のようです。DSC05400


橋のたもとには錦鯉さんが元気に泳いでいました。DSC05398
DSC05399


しばらく歩いていると、道路をふさぐ形で大きな桜の枝が折れていました。DSC05410
DSC05412
改めてすごい風が吹いたのだなと感じました。

アゲハチョウが留まっています。DSC05417


草むらにはピンク色の可愛い花を咲かせているナツズイセンです。DSC05419
DSC05420


つれづれウォーキング地蔵川の終点でも、地蔵川の主は悠然と佇んでいます。DSC05425


道路を挟んで橋の反対側を覗くと、久しぶりのダイサギさんが魚を探していました。DSC05434
DSC05438
少し離れてもう一羽のアオサギさんが首を伸ばしています。DSC05433


小魚はこの台風でかなり疲れているようで、腹をすかせたサギさんたちのごちそうになっているようです。

つれづれウォーキング地蔵川で、アオサギさん、コサギさん、ダイサギさんを一度に見ることは本当に久しぶりです。

  台風の爪痕残す地蔵川アオサギコサギダイサギ遊ぶ

ウォーキングを終えて帰ったマンションからのきれいなパノラマでお別れします。DSC05439


今日の曲は、福耳 星のかけらを探しに行こうAgain










鳥よりもトンボが目立つ地蔵川暑い中にも秋の訪れ(つれづれウォーキング地蔵川8月2018(3))

<今日の表紙>今朝の日の出前の芸術作品
DSC05113

今朝はよく晴れたいいお天気の中、煙突の煙が気持ちよく昇っていました。DSC05117
雲をかき分けて太陽が昇ってきました。(5時32分)DSC05118
DSC05120
煙も日に染まっています。DSC05121

日の出から約1時間後のパノラマです。DSC05130
太陽へ煙が吸い込まれているようです。DSC05132

そんな中、8月最後のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC05133

亀さんの家は相変わらず床上浸水中です。DSC05134

コサギさんを見かけました。DSC05139
遠くにアオサギさんも佇んでいました。DSC05143
錦鯉さんの子どもは元気に泳いでいますが親は見当たりません。DSC05147

堤防の草が刈られて風情がありませんが、若葉の緑がきれいです。DSC05148
よく見るとオシロイバナが花を咲かせています。DSC05153


歩いていると、トンボが飛び立ちます。少し秋を感じれます。でもまだかなり暑い!

  鳥よりもトンボが目立つ地蔵川暑い朝にも秋の訪れ

トンボが木に停まりました。DSC05152
こちらは落ち葉に停まっています。DSC05156


つれづれウォーキング地蔵川から帰ると強烈な光を放つ太陽と輝く煙が待ちかまえていました。DSC05160


マンションのプランターに咲いていた可愛いペンタスとDSC05158
ベゴニアでお別れします。DSC05159


今日の曲は、福耳 夏はこれからだ

蝉時雨止みて鈴虫リンリンと秋の気配が漂う川辺(つれづれウォーキング地蔵川8月2018(2))

<今日の表紙>雨に濡れた可愛いユリ?
DSC04685

昨日の雨上がりの交差点で信号待ちの時に目に留まりました。

すぐ後ろにはケイトウが鮮やかな色をしていました。DSC04686


今朝は久しぶりの青空の中、眩しい太陽が昇ってきました。DSC04700
DSC04698


かなり涼しい!

そんな中、8月2回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC04701


7月~8月始めにかけてうるさかった蝉の声が全く聞こえません。DSC04713
代わって鈴虫の音が聞こえました。

残暑が残る中、季節は秋に向かっているようです。

  蝉時雨止みて鈴虫リンリンと秋の気配が漂う川辺

夏枯れでしょうか、オシロイバナしか花が見つかりません。DSC04709
しばらく歩くと、ムクゲがぽつんと咲いていました。DSC04716


錦鯉さんはお母さんが見つかりません。DSC04703
でも、かなり大きくなりました。

亀さんも、鳥さんも見つけることが出来ませんでした。DSC04718


お天気がいいのに淋しい地蔵川の風景でした。(涙)

川面に反射する陽光が印象的でした。DSC04711


帰り道の民家の塀から顔を出しているノウゼンカズラが鮮やかでした。DSC04720


久しぶりに見えた御嶽山でお別れします。DSC04687


今日の曲は、superfly 愛をこめて花束を





猛暑でも秋の準備を怠らず始めています地蔵川葉月(つれづれウォーキング地蔵川8月2018)

<今日の表紙>何でしょうか?ヒントは怪獣「亀ゴン」
DSC04231

昨日ミッドランドスクエアB1の展示広場の名古屋港水族館の生後9ヶ月のアカウミガメです。DSC04226
気持ちよさそう!DSC04223


今朝は8月最初のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC04255


早朝からよく晴れて今日の名古屋の予想最高気温は39℃です。DSC04250
DSC04247


地蔵川の亀さんの家は床上浸水中ですので姿が見えません。DSC04256

歩いていると、いつもの場所よりもかなり手前でアオサギさんを発見しました。DSC04260
孤独を愛するアオサギさんです。DSC04261

セミの声を聴きながら桜並木を歩いて行きます。

錦鯉さんは目立ちますね。DSC04267
DSC04265
遠くにコサギさんの姿を発見!DSC04262
あとはダイサギさんと鴨さんです。いつ再会できるのでしょう?

オシロイバナのピンク色がきれいです。DSC04268
セイタカアワダチソウは秋に向かって背をグングン伸ばしています。DSC04269
ススキも秋の準備中です。DSC04270

クマゼミもあまり苦労しないで見かけられるようになりました。DSC04275
もうクマゼミの時期は終盤戦に来ているようです。ムギワラトンボ(シオカラトンボのメス)が留まっています。DSC04278
猛暑が続いていますが秋は近づいているようです。

  猛暑でも秋の準備を怠らず始めています地蔵川葉月

帰り道のフヨウの花には一心不乱に蜜を吸っているハチが花粉をつけていました。DSC04253


僕が住むマンションの店舗のプランターの可愛いペンタスでお別れします。DSC04280


今日の曲は、ミスチル himawari 

蝉時雨川の流れに降り注ぎアオサギじっと川面を見つめ(つれづれウォーキング地蔵川7月2018(2))

<今日の表紙>今朝の日の出ウォッチング中に突然現れたクマゼミ
DSC03925

今朝の日の出は、薄曇りの中、赤い太陽がボーっと現れました。DSC03932

7月2回目のつれづれウォーキング地蔵川に行って来ました。先回から20日以上経っていますのでかなり雰囲気が違うんじゃないかなと期待して行きました。DSC03940

今回は暑くなる前に(6時前)にマンションを出ました。DSC03936
太陽が輝いてきました。DSC03937


地蔵川へ行く途中にフヨウの花が咲きだしていました。DSC03938


炎天続きにも関わらず、水量は多い。DSC03942
亀さんの家も水没したままです。しかし、スッポンが亀さんの家の近くに顔を出していますので事件があったのかな?DSC03944

セミの鳴き声のシャワーを浴びながら歩きます。声はすれども姿は見えず。なかなか、セミを発見できません。
錦鯉の親子です。DSC03950
子どもも順調に育ってきています。DSC03947
きれいな紅白模様ですね。

オシロイバナがきれいです。DSC03951
キョウチクトウもいい香りを発散しています。DSC03964


ずいぶん見かけなかった地蔵川の主のアオサギさんを久しぶりに発見しました。DSC03962
すると、最近では珍しいアブラゼミを発見。DSC03956
続いてクマゼミです。DSC03957
クロアゲハもひらひらと飛んでいます。DSC03965


 蝉時雨川の流れに降り注ぎアオサギじっと川面を見つめ

つれづれウォーキング地蔵川を終えてマンションへの帰り道のノウゼンカズラはかなり太陽に当たって脱色気味です。DSC03969
7月もあと1週間です。

マンションの花壇の細い木の幹に留まって鳴いているクマゼミでお別れします。DSC03974
DSC03972


今日の曲は、竹内まりや 人生の扉

今朝の面白い日の出&クマゼミの声がうるさくなり出して汗が噴き出て地蔵川歩く(つれづれウォーキング地蔵川7月2018(2))

<今日の表紙>今朝の梅雨明けの夏空
DSC03176

今朝は久しぶりの晴天です。DSC03158
眩しい太陽が昇ってきました。DSC03163
DSC03164
御嶽山も見えました。DSC03166
月も久しぶりに出ていました。DSC03179
太陽が雲の中へ隠れて行きます。DSC03168
そして、出てきたらだいぶ大きくなっています。DSC03180
こんなことってあるんですね。DSC03183
大気の悪戯でしょうか?

8時過ぎに今月2回目のつれづれウォーキング地蔵川に行って来ました。DSC03184
緑色の川藻が眩しいDSC03185
亀さんが浸水したお家の状況をウォッチングしています。(笑)DSC03186
ヒョウモンチョウです。DSC03189
錦鯉のこどもがだいぶ大きくなってきました。DSC03195
鳥さんたちは今朝も見れませんでした。もう2が月半ほど見ていません。

鳥さんたちは見れませんが、クマゼミの鳴き声がうるさくなりました。鳴いている木を探しますが見つかりません。DSC03198


モントブレチアの朱色が鮮やかです。DSC03203


8時ごろでもかなり暑いつれづれウォーキング地蔵川です。汗が噴き出します。

  クマゼミの声がうるさくなり出して汗が噴き出て地蔵川歩く

川面の反射がきれいです。DSC03199


帰り道の民家の木にとまっているクマゼミでお別れします。DSC03209
DSC03210
やっと見つけた!

今日の曲は、ゆず 夏色




株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール