ジョギング・ウォーキング

草木の緑眩しい地蔵川鶯が鳴き初夏へ誘う(つれづれウォーキング地蔵川4月2018(2))

<今日の表紙>今朝の煙食の日の出(5時25分)
DSC00245

今朝は、台湾から帰ってきて初めていいお天気の朝でした。DSC00244

日の出の位置も煙突群の中になっていました。DSC00255
これからしばらくは煙食が楽しめそうです。DSC00251
御嶽山がうすぼんやりと見えました。DSC00254


いいお天気の中、久しぶりのつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC00259
桜の花は無くなり新緑に変わっています。

亀さんが1匹気持ちよさそうに日向ぼっこをしています。DSC00261
鴨さんも気持ちよさそうです。DSC00263

桜の木の下は、雑草の緑がきれいです。DSC00265
ツルニチニチソウです。DSC00267
そして、ヤマブキがきれいです。DSC00278
ヤマブキにまつわる若き日の太田道灌にちなんだ有名な和歌が思い出されます。

  七重八重花は咲けども山吹の実の一つだになきぞ悲しき

そして、ヤマブキの咲いているそばの木には、残念ながら姿は見えませんでしたがウグイスのさえずりが聴こえてきました。DSC00277


錦鯉の親子は、子どもの鯉だけが確認できました。DSC00272


帰りすがりの民家の庭では、今が旬のツツジがきれいです。DSC00258
そして、街路樹のハナミズキも可憐です。DSC00283


地蔵川はいつの間にか草花のエネルギーがほとばしる季節を迎えていました。

  草木の緑眩しい地蔵川鶯が鳴き初夏へ誘う

地蔵川で一番立派な桜の木の満開の時と、DSC09496

今朝でお別れします。DSC00271


今日の曲は、安全地帯 悲しみにさよなら





花散りて若葉が目立つ地蔵川今年の春は短く初夏へ(つれづれウォーキング地蔵川4月2018)

<今日の表紙>今朝の日の出の太陽
DSC09743

今朝も春霞の中から、赤い太陽が昇ってきました。DSC09744
最近の朝はよく似ています。
いいお天気ということは結構なことですが、桜はどんどん散っています。

先回は、満開の桜を見ることができたつれづれウォーキング地蔵川ですが、今朝はちょっと焦った気分で4月最初のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC09745
もう濃いピンク色になっています。

おなじみの亀さんが、桜の木のおじさんと何か話しています。(笑)DSC09746
DSC09747


名物の桜の木もかなり花びらが散っています。DSC09757
3月28日の満開の頃です。DSC09496
花びらが散った後には若葉が顔を出してきています。DSC09763


花散りて若葉が目立つ地蔵川今年の春は短く初夏へ

でも、まだきれいな薄ピンク色の花が朝日を浴びてきれいです。DSC09764
DSC09766


川の中では、コサギさんが餌を探しています。DSC09753

そして、錦鯉さんは1人で寂しそうです。DSC09760
子どもたちは巣立ってしまったのでしょうか?

つれづれウォーキング地蔵川を終えて帰路に着く途中の街路樹のハナミズキが花を咲かせ始めています。DSC09773
DSC09774


話は変わりますが、4月2日から朝日新聞夕刊1面の素粒子の筆者が変わりました。DSC09655
これまで7年間担当していた真田正明論説委員の最後の素粒子が3月31日(土)に掲載されていました。DSC09654
その最後のことばがしゃれています。DSC09653


願わくは花の下にて・・・・・・。はあの有名な西行法師の辞世の句です。

  願わくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月の頃  花はもちろん桜です。

こよい満月、退くには好日。

欠けたることばかりの7年あまり。ご愛読に感謝します。

3月31日は土曜日でしたので、東京や大阪の朝日新聞には掲載されていましたが、残念ながら名古屋は夕刊がありませんので知らない人も多かったでしょう。

終わりよければすべてよし。

名文で締めくくった真田さん。さすがですね!

3月31日の満月でお別れします。DSC09657


今日の曲は、AAA さよならの前に



「桜と亀の物語イン地蔵川」が生まれて3年経ちました。今は・・・

<今日の表紙>地蔵川で一番立派な桜の木
DSC09496

昨朝も地蔵川へ桜見物に出かけました。というか、気になることがありました。

それは、この時期に登場して地蔵川をにぎわしている亀さん家族です。昨日は2匹でした。昨年までに子どもの亀さんを入れて4匹確認できています。

それはさておき、桜の咲く時期にはこの童話が似合います。「桜と亀の物語 IN 地蔵川2015」

3年前に作りました。では、どうぞ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
地蔵川の桜並木は、およそ50年前に地元の青年団の人達によって植樹されました。

今では、毎年見事な花を咲かせて桜の名所としてお花見の頃は多くの人でにぎわっています。033


そして、今では地蔵川に住んでいる生き物たちもこの時期が待ち遠しくてたまりません。

桜は桜で、多くの人たちに毎年、立派な花をみせようと頑張ってきました。

地蔵川の名前の由来は定かではありませんが、この川は大雨が降ると荒れ狂うので、お地蔵さんにお願いして鎮めてもらうようにしようとつけられたようです。

桜並木も多くの人に怖がられていた川を親しみが出来るようにとの願いを込めて植えられました。

そうすると、川には鳥たちも集まり、鯉も棲むようになりました。049


そして今年は、何と亀さんもやって来ました。041


亀さんが桜の木に尋ねました。「どうして君はそんなにきれいな花を咲かせているんだ?」056


桜の木は答えました。「それはね、お地蔵様からお願いされたんだよ。花を一斉に咲かせて自然の神様に見てもらいなさい。こんなにきれいな花の咲いている川には水害などを起こさないでねと。」

「アッ!やさしいお日様もお花見してる。」と亀さんが気付きました。093


もうすぐ、花びらが散って地蔵川の川面を埋め尽くします。そして花びらは川の中の生き物の食糧になり、葉っぱや、その葉っぱを食べる昆虫などが鳥たちの食糧になります。

亀さんは、桜の木が話すことを静かに聴きながら思いました。

僕は何と幸せな所へ来ているんだ。僕は一生君を離さないぞ。いいだろ?---どこかで聞いたことがあるフレーズですが。

桜の木がいい気持ちになっている亀さんにやさしくささやきました。「亀さん、お魚さんや鳥さんと仲良くしてね。そして自分より小さい生き物をいじめないでね。」

亀さんは桜の木に約束しました。「ありがとう!僕も君のように周りの仲間の役に立つことを探すよ。また来年きれいな花をみせてね。」

子どもたちもお父さんとお母さんに連れられてやって来ました。044
「ワアーきれい!」笑顔がはじけてお花見の季節の幕が開きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
  満開の 桜と亀の 物語 日本の春 地蔵川より

3年前は1匹だった亀さんも2016年には家族になっていました。では、「桜と亀の物語 IN 地蔵川2016」もどうぞ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
桜の木のおじさん、おはよう!今日もいいお天気だね!DSC02394


カメさん、おはよう!おじさんはそろそろ花をみんな散らして一休みするところじゃ。いままで1年で一番忙しかったのでね。DSC02413


おじさん、今朝は僕のファミリーを紹介しようと思うんだけど、いいかな?DSC02412


カメ太出ておいで。桜の木のおじさんにご挨拶しなさい。DSC02434
パパ、恥ずかしいよ!

おはようございます。カメ太です。

カメ子、鯉さんと遊んでいないでこっちへおいで!DSC02422


はーいパパ、今行くよDSC02425
。おじさん、おはようございます。カメ子でーす。DSC02430


カメさん、かわいい子供たちじゃないか、ママさんはどこにいるんじゃ?DSC02413


あそこです。DSC02437
ちょっと今、子供の教育のことで夫婦喧嘩中です。

カメさん、子供たちを立派に育てなさいよ。おじさんは、これから一休みして葉っぱをいっぱい育てて日陰を作るんじゃ。DSC02398


いつの間にか、カメさんは、ファミリーを作っていました。

桜の木のおじさんは、子供たちが立派なカメさんに育つことを夢見て、ひと眠りしました。DSC02360

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ということで、亀さん家族は2年前から4匹です。

  地蔵川桜と亀の物語花見の時期に読んであげてね

では、昨朝のウォーキングで確認できた立派に育った亀さん家族が仲良くお花見している風景でお別れします。DSC09512
DSC09513


今日の曲は、熊木杏里 桜


鶴舞も地蔵川もサクラ・サクラ、そして亀さんも桜見物に出てきました。(つれづれウォーキング地蔵川3月2018(3))

<今日の表紙>昨朝の真っ赤な日の出の太陽
DSC09392

神秘的な太陽ですね。ほんの一瞬の出来事です。

昨日は、午前中はミッドランドスクエアシネマ2で映画鑑賞。ランチを食べてJR鶴舞駅で下車。

鶴舞公園の桜見物に行きました。DSC09405
もう満開に近い状態鵜で大勢の花見客でにぎわっていました。DSC09409
いいお天気でしたので桜の薄桃色がきれいです。DSC09416
桜だけでなくユキヤナギも満開です。DSC09406
木陰には、「なごやかベンチ」です。DSC09423
このベンチに座って1時間ほど読書とお昼寝を楽しみました。DSC09426


  満開の桜見ながら読書するなごやかベンチしあわせベンチ

池の島には亀さんが日なたぼっこしていました。DSC09414


地蔵川の亀さんたちはもう出てきているかな?ということで、勝川へ帰り、つれづれウォーキング地蔵川へDSC09452
地蔵川も満開に近い状態です。DSC09450


いつもの場所に亀さんが2匹出てきていました。DSC09461
なにやら桜の木に話しかけています。DSC09460
「桜の木のおじさん、今年はちょっと早く咲き始めたようだね。あわてて起きたよ。」DSC09462
「ちょっとした勘違いじゃったが、子どもたちの終業式に間に合って喜ばれているんじゃ」DSC09463
「しばらく、咲いていてよ」「頑張ってみるよ」DSC09455


地蔵川の中では、コサギさんと鴨さんが仲良くお花見をしています。DSC09457
錦鯉さんもゆっくりお花見です。DSC09451
桜の木の下には青いムスカリも咲いていてにぎやかな春の午後でした。DSC09458


花見をしている子どもたちを優しく包んでいる地蔵川の桜でお別れします。DSC09464


今日の曲は、Ailee SAKURA


水ゆるみ春の訪れジョウビタキアオサギ鴨鵜地蔵川狭し(つれづれウォーキング地蔵川3月2018(2))

<今日の表紙>昨日の名古屋ウィメンズマラソン(伏見交差点付近)
DSC08776

さすがに女性中心のマラソンだけあってカラフルです。DSC08770
DSC08779

今朝は素晴らしいお天気の中の日の出でした。DSC08788
DSC08790

今月2回目のつれづれウォーキング地蔵川に行ってきました。DSC08793

鴨さんたちが優雅に泳いでいる中、変な鳥がせわしく頭を水面に出してはもぐりしています。DSC08796
鵜です。DSC08802
しばらく追跡していると鵜にしては珍しく全体姿を現してくれました。DSC08804
地蔵川沿いの梅は満開です。DSC08836
スイセンは朝日を浴びて相変わらずきれいです。DSC08812
橋のたもとにはアオサギさんがいつも通りに佇んでいます。DSC08825
そして、鴨軍団の登場です。DSC08815
錦鯉さんが朝日を浴びてきれいです。DSC08818

しばらく歩くと、珍しい鳥がお出迎えしてくれました。DSC08827
ジョウビタキのオスです。DSC08833
地蔵川で初めて見ました。DSC08834
一昨年の昨日、築水池にシデコブシを見に行った時に初めて見てから、昨年は名城公園でジョウビタキのメスを見ましたので3年連続で嬉しいですね。

  水ゆるみ春の訪れジョウビタキアオサギ鴨鵜地蔵川狭し

桜のつぼみも膨らんできて、いよいよ春ですね。DSC08840


桜の木の下に咲いていた可愛いムスカリの子どもでお別れします。DSC08835


今日の曲は、KAN&Bank Band and I love you


啓蟄を迎えてもなお肌寒い景色流る初春の川辺(つれづれウォーキング地蔵川3月2018)

<今日の表紙>久しぶりにくっきり見えた今朝の御嶽山
DSC08616

今朝は肌寒いお天気でしたが、空気が澄んでいて気持ちのいい朝でした。DSC08612
恵那山もばっちり!DSC08614

そんな中、3月最初のつれづれウォーキング地蔵川に行ってきました。DSC08625

早速、コサギさんがお出迎えです。DSC08627

スイセンの花が朝日を浴びてきれいです。DSC08629
名前がわからないこの黄色の花もきれいです。DSC08640


橋の下では、錦鯉さん親子が元気に泳いでいます。DSC08637
DSC08636


桜のつぼみも、膨らんできててっぺんの色が変わってきています。DSC08650


今日は啓蟄ということで、虫が外に出てくる時期になりました。地蔵川はまだまだ殺風景ですが、3月中旬になれば、亀さんもみれるかもね。

  啓蟄を迎えてもなお肌寒い景色流る初春の川辺

昨日の雨の中、覚王山の病院の花壇で鮮やかな花を咲かせていた、プリムラジュリアンとDSC08607
ノースポールのDSC08608
コラボでお別れします。DSC08609


今日の曲は、The Greatest Showman Never Enough




突然に飛び来る鴨のシルエット着水の後地蔵川和む(つれづれウォーキング地蔵川2月2018(3))

<今日の表紙>日の出前の今朝のパノラマ
DSC08218

昨日もきれいな日の出でしたが、今朝もそれなりにきれいな日の出でした。DSC08222
DSC08223
DSC08227
DSC08230
DSC08234


穏やかなお天気の中、つれづれウォーキング地蔵川に行ってきました。DSC08235
ウォーキングの最初の橋で地蔵川の全景を撮っていたら、突然鴨軍団が川面に飛来しました。DSC08236
着水後はいつもの穏やかな風景となりました。DSC08237


  突然に飛び来る鴨のシルエット着水の後地蔵川和む

鴨が着水した後、すぐに先日見たあの瑠璃色のカワセミが飛んで来て草むらにとまりました。DSC08255
残念ながらすぐにどこかへ行ってしまって撮れませんでしたが。

スイセンがきれいです。DSC08238

鯉さんたちは、暖かい水が流れているところにかたまっています。DSC08241
錦鯉の子どもたちです。DSC08243


橋の下の鯉さんたちと反対側には、ぽつんといつものアオサギさんが立っています。DSC08250
橋の上からのアップです。DSC08251
水面に映った桜の枝をバックにしたショットです。DSC08252
最後は川に映ったアオサギさんとの2ショットです。DSC08253
人にすっかり慣れて警戒しません。

桜のつぼみが少し膨らんできたようです。DSC08254


早いもので、もう1週間後は3月です。

先日、名城公園で見かけた春の花、早咲きのボケの花でお別れします。DSC08171


今日の曲は、JUJU 東京





株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール

株式会社中日映像出版
会長