神社

暑い暑い「火の用心」のお祭りでした。(令和2年愛宕神社例祭)

<今日の表紙>久しぶりの昨日の日の出の太陽
DSC00778

昨日は梅雨明けの青空の中、まぶしい太陽が昇ってきました。DSC00776
DSC00774
DSC00775

毎年、8月1日は、僕が宮司をしている滋賀県高島市安曇川町の日吉神社の末社の愛宕神社の例祭の日です。

朝早く勝川を発ってKBAに着きました。DSC00786


KBAのそばの田んぼはかなり稲が成長しています。DSC00787


10時半前に日吉神社に行きました。DSC00790


昨日は日吉神社の末社の火の用心の神様愛宕神社のお祭りの日です。DSC00791
梅雨が明けた暑い暑い日のお祭りです。DSC00792
西万木区の8か所の札所に今年のお札を納めます。DSC00797
DSC00796


今回は、コロナ禍の影響で楽しい直会はありません。

梅雨明けの愛宕神社のお祭りは暑い中にも火の用心を


昨日の朝の奥琵琶湖のパノラマでお別れします。DSC00783


今日の曲は、スガシカオ コーヒー

祈年祭の日(3月1日)に義母の短歌をプレゼントされました。

<今日の表紙>平成18年8月80歳で亡くなった義母の春子
DSC07431

義母は、岸家へ嫁いで来てから晩年まで僕が宮司の滋賀県高島市安曇川町西万木の日吉神社の宮守をしていました。DSC05212
そして、趣味で短歌を作っていました。地元の歌人クラブでも活躍していました。
今年の3月1日祈年祭が終わると、数年前まで総代をしていたSさんが家に来て、春子さんの短歌が載っている昭和57年6月からの「広報あどがわ」のスクラップ帳をプレゼントされました。DSC09617
いきなりでしたので驚きました。

我が家の保存帳と書いた2冊には表紙に、春子さんの短歌を張り付けています。DSC09618
DSC09619
まるで、岸家の保存帳です。DSC09620
中を開くと春子さんの名前にピンク色の印が付いているので一目でわかります。DSC09626


Sさんは言葉少なく帰って行きましたのでどういう理由で春子さんが亡くなって19年後に持ってきたのでしょうか?

日吉神社の神様からのプレゼントということにして、ありがたく頂くことにしました。

そして、昭和57年6月から平成16年2月までの22年間(56歳頃~78歳頃)、亡くなる約2年前までの「広報あどがわ」に載った春子さんの短歌を詠みました。掲載された61首の中から10首ご披露します。

古い順に詠みます。

まずは昭和57年6月月間賞受賞した一首

  夫婦岩目ざしてあるく足もとに春呼ぶ如く砂の鳴るなり

昭和58年10月滋賀県歌人協会短歌大会入選選者受賞作

  相続の書類に同意の印おして雨のひとひを兄と語らふ

昭和62年9月

  うす紅の雲かと見えて合歓の咲く道は生れし里へ行く道

昭和63年3月義父が亡くなる前

  新聞紙に包みしままの夫(つま)の草履をロッカーより出し又転院す

平成2年義父のシベリア抑留に対して銀杯が海部総理大臣から授けられたときの歌007

  シベリヤに捕虜の三年犒(ねぎら)いて銀杯贈らる今は亡き夫に

平成10年7月孫が描いた義母の似顔絵

  我が似顔絵若く描きて誕生日を祝ひてくるる孫の文届く

平成13年11月義父が靖国神社から出征する靖国神社の写真集を見て005
(右側の襷を掛けた坊主頭)

  靖国の写真集より見出しぬ出征する夫の白タスキの面を

平成14年11月日吉神社宮司だった義父と現宮司の僕を比較して

  亡き父の姿そこここに見えかくれと息子の祝詞に静まるひととき

平成15年11月スケールの大きい一首

  雲ひとつなき月と火星の光る空地球の争ひを恥づる思いす

最後は平成16年2月「広報あどがわ」最後の義母の歌 僕からの液晶テレビのプレゼントを詠った一首

  プレゼントと息子の持ちくれし液晶テレビ枕辺に据え長生きせよと言ふ

2016年8月に春子さんの十年祭をしたときの家族写真と僕の短歌です。DSC07418
僕の孫の海ちゃんとDSC07414
亡妻の妹の孫の直ちゃんが遊びまわりとても賑やかなひと時を過ごしました。DSC07411


義母(はは)逝きて十年祭を盛り上げる親族家族(うからやから)の孫たちの声

2011年8月義母春子の五年祭をしたときの写真でお別れします。010
KBAを作る前の家での家族写真でみんな今より9歳若いです。

今日の曲は、スピッツ 春子の歌ではなくて 春の歌

大曽根からJR新守山駅までのジョギングでGWを締めました。

<今日の表紙>JR大曽根駅改札口の壁からパチンコ店のポスターが消えていました。
DSC08311

GW最終日は、曇り空で始まりました。DSC08304

11時半過ぎからガラガラの勝川駅へ。DSC08310

メッツ大曽根内の50%入店制限をしているサイゼリヤにランチを食べに行きました。

メッツ大曽根の街路樹のナンジャモンジャの並木は花が満開です。DSC08312
DSC08313
DSC08314


そして、花屋さんは母の日用の花でにぎわっています。DSC08320


サイゼリヤは、予約でいっぱいでしたので20分ほどメッツ大曽根の近くをジョギング&ウォーキングです。近くの白山神社です。DSC08324
立派な灯篭が印象的です。DSC08325
中央線の高架下の駐車場にはタクシーがたくさん並んでいます。DSC08334
民家の玄関先には鮮やかなバラ「カクテル」が目を楽しませてくれました。DSC08336


サイゼリヤでランチと読書を楽しんで、午後1時半過ぎに昨日のメインテーマのJR新守山駅までの約3キロのジョギングに出発しました。最初に向かった先は、白山神社の近くの受験生の合格祈願で有名な山田天満宮です。DSC08346
山田天満宮の境内には金神社(こがねじんじゃ)という金運招福の神社があります。DSC08343
鳥居には打ち出の小づちが掲げられています。DSC08344


また、恋の三社めぐりの案内がありました。DSC08349
デートコースにお勧めです。

  いろいろな願いを掛ける人々の気持ち漂う神社境内

山田天満宮を後にして国道19号に出て快調に走ります。

矢田川にかかる天神橋からの景色です。DSC08352
DSC08353


天神橋を渡って5分ほど走ると新守山駅のそばの休業中のパチンコ店にたどり着きました。DSC08355
広い駐車場を横切って新守山駅に通じる道路に出て駅に無事ゴールインです。

今年のGWはバドミントンの代わりにジョギングを楽しみました。お陰様でジョギングもこれから癖になりそうです。

メッツ大曽根の花屋さんで見かけたきれいなアジサイ「万華鏡」でお別れします。DSC08317


今日の曲は、浜田省吾 光と影の季節

日吉神社の今年のお祭りは大自粛祭りになりました。(涙)

<今日の表紙>昨日の日吉神社のお祭り後のソーシャルディスタンシングショット
DSC08104

昨日はいいお天気で朝が明けました。DSC08079
DSC08075
DSC08092

朝6時頃勝川を出発して滋賀県高島市安曇川町西万木の僕が宮司の日吉神社のお祭りに出かけました。

途中の神秘的な奥琵琶湖のパノラマです。DSC08097


8時ごろにKBAに無事到着です。DSC08116
KBAの前の我が家の田んぼには水が張られていました。DSC08099


祭典前のひっそりした日吉神社の境内です。DSC08101


今回は、コロナショックのために日吉神社のお祭りはお神輿は出場しません。その代わりに拝殿には子供神輿が置かれていました。DSC08110
昨年のお祭りでのお神輿です。DSC09489
僕も馬に乗りました。DSC09495


祭典も、ソーシャルディスタンシングを用いて本殿には数人しか上がれません。

直会もなくてお昼過ぎには終了です。来年は普通通りのお祭りが出来ますように!

  気の抜けたビールのようなお祭りでみんな気づいたお祭りの価値

微風だったせいか、大きな鯉のぼりもなんだか元気がないようです。DSC08114


KBAに帰ると、田んぼには苗が植えられていました。DSC08115
KBAの裏の我が家の田んぼです。DSC08124


昨日の名神高速は行き帰りとも異常なほど車が少なくていつもよりも早く帰ることが出来ました。

娘夫婦の家にお米を持っていくと、きれいなテッセンが迎えてくれました。DSC08141
きれいに咲いたテッセンでお別れします。DSC08140


今日の曲は、桑田佳祐 祭りのあと

長浜市の矢合神社の枝垂桜がきれいでした。

<今日の表紙>一昨日の穏やかな奥琵琶湖のパノラマ
DSC07083

日本人の生活がこの穏やかな風景のようになるのはいつでしょうか?

一昨日、昨日にKBAに行きました。その途中で国道303号線岩熊トンネルの東出口近く、長浜市の矢合神社はとてもきれいな枝垂桜が咲き誇っています。DSC07099
一昨日、すっと矢合神社の前を車で通った時にそのきれいさが眼に焼き付いたので昨日、帰りに停まって味わいました。DSC07100
立派な枝垂桜が神社の境内のいたるところに見られました。DSC07101
DSC07103
DSC07104
DSC07105
DSC07102_1


この道はKBAへの行き帰りでよく通りますが矢合神社の見事な枝垂桜は初めて見ました。

  山間の神社を飾るピンク色枝垂桜の優雅な姿

一昨日の神田PAから見た伊吹山でお別れします。DSC07082


今日の曲は、中島美嘉 見えない星

昨日は、本屋さん、高牟神社、最後は2度目の木津根橋からのお花見でした。

<今日の表紙>JR千種駅近くの高牟神社境内のきれいなハナモモ
DSC06763

昨日は先日のバドミントンの練習中に久しぶりにガットが切れましたので千種のRS野中にガット張りしてもらいに行きました。DSC06754
近くの公園のユリノキ(左)とカエデ(右)も若葉が芽吹いてきています。DSC06756
その下にはツツジが咲き出しています。DSC06755


野中社長との世間話ではコロナショックで大会が軒並み中止となりビジネスに大きな影響が出てきて困っています。6月までは全然ダメです。

ラケットを出して、ランチを食べて千種駅そばの立派な神社の高牟神社に足を運びました。DSC06773
DSC06761
DSC06767
歴史を感じさせる境内です。

千種駅そばの道路の中央分離帯のアカメが鮮やかな赤に染まっています。DSC06774


映画を観ることが少なくなる予想をしていますので千種駅のそばの本屋さんで1冊、大曽根駅の本屋さんで3冊本を買いました。DSC06794
映画館は新作がほとんど入らない状態です。

大曾根駅のホーム近くに咲いている桜がまだきれいだったので、まっすぐ勝川に帰るのを止めて先日お花見に行って8分咲きだった黒川に掛かる気津根橋に向かいました。DSC06785
もう散り初めていて川面には花筏が見れます。DSC06788
そして、桜吹雪もきれいでした。DSC06782
きれいな黒川沿いの桜のお花見が出来て良かったです。DSC06787
DSC06778


  木津根橋桜吹雪と花筏いつも通りに観れて幸せ

風は少し強かったですがいいお天気の中、気持ちのいいお花見が出来ました。

昨朝のいいお天気の朝のパノラマとDSC06752
花が咲き出したハナミズキの街路樹でお別れします。DSC06750


今日の曲は、Rihwa 春風

祈年祭で春がスタート2020

<今日の表紙>昨日の日吉神社の祈年祭でのショット
DSC05202


昨日は、朝6時に勝川のマンションを出発してKBAに向かいました。DSC05186
いいお天気で途中の伊吹山もシルエットがきれいです。DSC05191
そして、きれいな奥琵琶湖のパノラマです。DSC05196


8時頃にKBAに着きました。KBAから見るパノラマでは、田んぼの緑が目立ってきました。DSC05197
DSC05198


11時から僕が宮司の日吉神社で祈年祭を執り行いました。DSC05212
晴れていましたが風が強く肌寒いお天気でした。

祈年祭は、今年の五穀豊穣を神様に祈願するお祭りです。五穀豊穣と一緒に、日吉神社が鎮座する西万木区の繁栄や区民の皆さまの健勝も祈りました。

日吉神社の祈年祭が終わると、今宮神社でも執り行います。DSC05206
今宮神社の末社の天満宮の横の梅の木はもう満開に近いです。DSC05207
DSC05205
今年は例年よりもかなり多く咲いています。DSC05210
DSC05211


12時半ごろに無事祈年祭が終了しました。コロナウィルスの話題が溢れている中、皆さんマスクはしていなくて元気に出来ました。

  祈年祭コロナに負けずマスクせずみんな元気に神殿の前

2時半ごろにKBAを出発して勝川へ向かいました。途中の伊吹山と竹生島の2ショットです。DSC05218
そして、奥琵琶湖のパノラマです。DSC05223
風が強いのでさざ波が発生しています。

伊吹PAから望む伊吹山です。DSC05224


順調なドライブで5時前に無事勝川に着きました。

8年間日吉神社の総代として活躍されて3月いっぱいで退任される地村弘さん(左)と地村満信さん(右)との3ショットでお別れします。DSC05214


今日の曲は、Mr.Children 進化論
株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール