映画

「YESTERDAY」も良かった。「最高の人生の見つけ方」も良かった。映画のお話しです。

<今日の表紙>リンドウの生け花
DSC06777

昨日映画を観に行くときに通った伏見のお店の店頭の生け花です。先日はフォックスフェイスが飾っていました。DSC06099
いつも映画の前に一足先に僕の目を楽しませてくれます。

昨日はお天気が悪い中、午前1本、午後1本と映画を1日中楽しみました。

午前中に観た映画は、伏見ミリオン座でヒットしている「YESTERDAY」です。DSC06780
キャッチコピーは「昨日まで、世界中の誰もが知っていたビートルズ。今日、僕以外誰も知らない。」

主人公のジャック役のヒメーシュ・パテルとDSC06782
恋人のエリー役のリリー・ジェームスを中心にしたラブコメディーです。改めてジャックが唄うビートルズの歌の数々を聴くとビートルズのすばらしさがよくわかります。良かったですよ。ビートルズファンは必見の価値ありです。

  久しぶりビートルズ聴き胸躍るイエスタデイは僕の青春

そして、午後は名駅前のミッドランドシネマで「最高の人生の見つけ方」を観ました。DSC06786

この映画は、2008年5月に日本で上映されヒットした、モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンが主演の同名の映画の日本版です。ただし、今回は女性バージョンで、吉永小百合と天海祐希が主演している女性の最高の人生の見つけ方です。男性と女性ではだいぶ雰囲気が違います。

モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンの映画も良かったですが、今回も良かったですよ。

もう一度、モーガンとジャックの映画を観たくなりました。

どちらの映画もガンの末期で余命があとわずかという設定です。そういう時に僕だったら何をしたいか?替え歌でも作りますかね。(笑)日ごろからやりたいことをやっておけばいいのでしょう。

3年前の誕生日から、明日亡くなるとしたら今晩(誕生日の晩)何を食べたいかという料理を食べることにしています。こういうことをしていると、余命いくばくかという事態になっても慌てないかも?

映画を観て帰って来た時に見た絵煙突の煙が頑張っているパノラマでお別れします。DSC06779


今日の曲は、やっぱりビートルズ YESTERDAY

予定が大幅に変わった1日でした。でも、いい映画に巡り合えました。「蜜蜂と遠雷」

<今日の表紙>名城公園レストラン「ガーブ・カステッロ」ピザ職人カリドーとの1年ぶりのショット
DSC06630

カリドーはマレーシア人で来日して8年目です。1年前にマレーシアのペナンで行われたアジアマスターズゲームのTシャツを着てランチを食べていたら、懐かしそうに僕に話しかけてきた気さくな若者です。DSC06256
1年前のショット

昨日は朝から愛知県スポーツ会館(県スポ)でバドミントンの練習をする予定でした。

10時半ごろ県スポに着いて、受付を終えて更衣室で着替えてバドミントン競技場に行くと誰もいません。DSC06583
ネットの横に得点盤が全部のコートに設置されています。僕が入室して2、3分して慌てて県スポの人がやって来ました。そうして、実は今日は午前午後とも愛知学院大学の貸し切りで授業に使用するとのことです。

急いで、仲間の人たちに連絡して僕も着替えました。

急に予定がかなり開いちゃった。(汗)

お天気も良く、とりあえずまだ11時なので、名城公園のお花を見学することにしました。

その前に、10月でも涼し気な遊歩道のケヤキ並木です。DSC06592


10月になっても、まだ十分きれいなヒガンバナ畑です。DSC06588
真っ赤なバックにアゲハチョウが絵になりますね。DSC06591

フラワーガーデンでは、ツマグロヒョウモンやDSC06612
きれいなアオスジアゲハです。DSC06603
DSC06605
ピンクのベゴニアです。DSC06623
色とりどりのジニアがきれいです。DSC06628


11時半になったので、カリドーが仕事をしているイタリアンレストラン「ガーブ・カステッロ」へランチを食べに行きました。

美味しいランチを食べ終えるとまだ12時過ぎです。一旦帰って荷物を置いて名駅前で映画を観ることにしました。DSC06631
ミッドランドスクエア1Fの大きなフラワーアートも先日から変わっていました。DSC06636
フォックスフェイスが使われていました。DSC06633


そして、観た映画は、平成28年の直木賞受賞作品「蜜蜂と遠雷」恩田陸著を映画化した同じタイトルの「蜜蜂と遠雷」です。DSC06639

僕は小説は読んでいませんが、この作品に興味を持っていましたので観ることにしました。

特に、ピアノコンクールに挑んだ4人の事を書いていますが、小説では音楽(ピアノをリアルに表現できません。映画では作者の思い(特にピアノ演奏)を実現しているようです。とにかくピアノの演奏シーンの出来栄えが素晴らしいです。4人ですので上映時間のピアノ演奏に占める割合は多く、十分に楽しめる内容でした。

栄伝亜夜役の松岡茉優です。DSC06642
風間塵役の鈴鹿央士です。DSC06641
フレッシュな2人の演技には感動します。特にピアノ演奏シーンはいいですね。

久しぶりに素晴らしいピアノ演奏を味わうことが出来ました。

  フレッシュなピアノ演奏観る人の心に響く蜜蜂と遠雷

映画のピアノの音色のような昨朝の素晴らしいパノラマとDSC06574
日の出前の光る雲でお別れします。DSC06572


今日の曲は、高田みづえ 私はピアノ


段々盛り上がって来て説得力のあるいい映画でした。「JOKER」

<今日の表紙>よく見ると大の字に見える「大文字草」
DSC06565

昨日は朝から名駅前のミッドランドスクエアシネマ2へ2本映画を観に行きました。DSC06550

ミッドランドスクエア前の歩道の花壇は花が変わっていました。DSC06551
ケイトウです。DSC06552


9時半から見た映画は、最近話題の「JOKER」です。DSC06567
主演のホアキン・フェニックスの熱演で段々ストーリーの中に入って行きました。バッドマンの悪役として知られるジョーカーの誕生のストーリーです。主人公のピエロのアーサーの変身ぶりが、人間の特徴を表していて手に汗握りました。キャッチコピーで「本当の悪は笑顔の中にある」「笑いの仮面をかぶれ」とあります。天使が悪魔になれるということです。人の見方によって現実の捉え方が千差万別あるということがよくわかります。アーサーの変身ぶりは、明らかに悪人ですが、この映画にのめり込むと正義と悪の境界線が分からなくなってきます。ラストに向かって段々映画に引き込まれました。DSC06556

パンフレットは完売でした。DSC06555


  人間はきっかけ次第正義から悪に変身ジョーカーに思ふ

ランチを食べて午後から観た映画は、キアヌ・リーブス主演の「ジョン・ウィック パラベラム」です。DSC06557
ジョン・ウィックは主人公の名前で、パラベラムは拳銃の銃弾のようです。

とにかくアクションシーンが満載で、ポスターにノンストップ・キリングアクションとあります。DSC06559
ジョン・ウィックは何人殺したのでしょうか?100人ぐらいでしょうか?殺される人は3回ぐらい死んだ人も多くいると思います。ちょっとやり過ぎの感ありです。でも、8割ほど席が埋まっていました。

予告編で、11月8日に公開される「ターミネーター・ニューフェイト」が流れ始めていました。ワクワクしますね。

名駅前通路の花屋さんで見かけた「おひさまダリア」でお別れします。DSC06560


今日の曲は、中西保志 最後の雨

偶然、「わたしの惚れ花コンテスト」(名古屋園芸)に出くわしました。

<今日の表紙>昨朝の日の出前のきれいなパノラマ
DSC06298

日の出の位置近くは赤く染まってきれいでした。DSC06303
そして、鳥のような形の日の出でした。DSC06306


昨日は、久しぶりに11時過ぎまで家にいて、それから新栄の名演小劇場へ映画を観に行きました。

観た映画は「みとりし」です。DSC06354
実際に看取り士として活躍している柴田久美子さんが制作にかかわって、主演の榎本孝明が分かりやすく看取り士を演じています。看取り士とは「誰にでも訪れる旅立ちの時を安心して幸せに迎えれれるようにする専門職です。」映画を観て看取り士の必要な人はこれからの日本には多くなると思いました。特に、自宅での死を希望している人にはかなりプラスになりそうです。僕には、かなりいい映画でした。特に孤独死は嫌ですからね。(汗)

  旅立ちの時を手助け看取り士が本人家族心を繋ぐ

名演小劇場に行く道すがら、錦通りの新栄交差点の角にある名古屋園芸という大きな花屋さんの入り口前の花をよくウォッチングします。DSC06351
そして、昨日は何と、花屋さんの中の花を撮ってもいい「わたしの惚れ花コンテスト」に出くわしました。DSC06314
いつもは、外の花だけを撮りますが、昨日は初めて中に入りじっくりウォッチングしました。DSC06347
広い店内は、ハロウィンムードのディスプレイが目立っていました。DSC06327
ハロウィン用のカボチャです。DSC06330
こちらはフォックスフェイスです。DSC06328
そして、色鮮やかなスズバラです。DSC06334
白っぽいフランネルフラワーです。DSC06335

蘭のコーナーにはきれいなヨウランがいっぱい並んでいました。代表的な胡蝶蘭です。DSC06320
DSC06321
名前のわからないきれいなランです。DSC06319
黄色のアロハイワナガです。DSC06323
そして、黄色とピンクの利休です。DSC06325

出入口近くには、脳をイメージできるような真っ赤なケイトウです。DSC06339


これだけの花を見れたのは久しぶりで思わぬ幸運でした。

僕の惚れ花の上から見たグスマニアでお別れします。DSC06317


今日の曲は、スキマスイッチ 青春

2年ぶりにベイリーが帰ってきました。今度は、CJを幸せにするために!映画「僕のワンダフル・ジャーニー」

<今日の表紙>昨日のMGCでの多くの男子トップランナーたちは、ピンク色のシューズをはいていました。
DSC05907

ヒット商品でしょうか?単なる偶然でしょうか?気になりました。

2017年の映画の中で、かなり印象に残っていた映画「僕のワンダフル・ライフ」がありました。DSC02287

犬のベイリーと飼い主のイーサンの心温まる物語です。DSC02286


ベイリーは死にますが、魂は生きていて、他の犬に生まれ変わって最後はイーサンの元へ帰っていくハッピーストーリーです。

原題は「A DOG'S PURPOSE」DSC02283


「犬の目的」

そして、一昨日、観た映画は、その続編です。タイトルは「僕のワンダフル・ジャーニーDSC05917


原題は「A DOG'S JOURNEY」DSC05915

「犬の旅」DSC05916


2年前と同じ1匹の犬が何回もいろんな種類の犬になって生まれ変わりますが、先回はイーサンを、今回はイーサンの孫娘CJを守り、幸せにする手助けをするストーリーです。DSC05921
DSC05919
DSC05922


最後は、イーサンが天国へ行った後、ベイリーも天国へ・・・・・DSC05918


2年前も感動しましたが、今回も感動の連続でした。

犬の物語ですので、難しくありません。ひたすらCJのために迷わず行動します。
前作の「僕のワンダフル・ライフ」で教えられたことを思い出しました。(ブログ参照

DSC02295
犬のベイリーのように、過去をいつまでも悲しまず、未来を憂いもしない、ただ今を生きる 楽しく生きるということの大事さが改めてわかりました。

2年ぶりベイリー見たら幸せな気持ち再びワンダフル・ジャーニー

犬好きではない僕が観ても感動した、ベリーベリーベイリーワンダフルな映画です。

そして、この映画の趣旨とよく似ている2017年7月17日の「折々のことば」でお別れします。

われわれはいかに子供たちによって、いかに動物たちによって教育されることであろう!マルティン・ブーバー
DSC06316

人生に意味や理由を求めすぎると幸福より不幸に近づく・・・・・

今日の曲は、Mr.Children 口笛


「人生はシネマチック!」を思い出しました。思いがけずにいい映画に出会いました。「ガーンジー島の読書会の秘密」

<今日の表紙>久しぶりに見た珍しい植物「ウツボカズラ」
DSC05739

先日、名駅前通路の花屋さんで見かけました。DSC05736
DSC05738

大学時代の友人の和田君と今年6月に東山植物園に行った時以来です。DSC00834
DSC00833
ウツボの住処のような袋に水分をためて昆虫などをおびき寄せていただきます。

そして、昨日観た映画「ガーンジー島の読書会の秘密」は、DSC05805
DSC05802
一昨年の11月に観た映画「人生はシネマチック!」を思い出させてくれました。DSC04212

DSC04206

「人生はシネマチック!」は、1940年のイギリスが舞台です。戦争が始まってロンドンに空襲が始まっている時期です。ドイツとの戦争用のプロパガンダ映画を作るための脚本に取り組む女性の主人公カトリン・コールの奮闘ぶりを表した映画です。

そして、「ガーンジー島の読書会の秘密」は、1941年にドイツ軍によって、イギリスの島ガーンジー島が占領されてから1946年の戦争終結後のガーンジー島の読書会の秘密を主人公の作家ジュリエット・アシュトン(リリー・ジェームズ)が解いていくストーリーです。

どちらも、イギリス映画だなという雰囲気を漂わせていて、映画が始まった時から不思議な感覚に捕らわれました。

ページをめくると、人生を輝かせる 出会いが待っている。DSC05803


ガーンジー島の読書会のメンバーとのふれあいがジュリエットの人生を大きく変えてゆきます。DSC05804


どちらの映画も主人公は魅力的なキャリアウーマンです。

そして、感動的なラストが待っています。

思いがけず、いい映画に出会いました。

  イギリスの魅力漂うガーンジー島思いがけずに感動が来た

今朝は曇り空でしたが、運よく一瞬の日の出が見れました。DSC05793
DSC05794


思いがけずに見れた今朝の一瞬の日の出でお別れします。DSC05799


今日の曲は、ケツメイシ 出会いのかけら

生誕25000日のお祝いに、桃田選手の、いや桃田賢斗仕様のユニフォームをプレゼントされました。

<今日の表紙>僕にプレゼントされた桃田賢斗仕様ユニフォーム
DSC05550

昨日は、僕の生誕25000日でした。ということで、いつも一緒にバドミントンを楽しんでいる家庭婦人のママさんたちからバドミントン男子シングルス世界選手権2連覇の桃田選手バージョンのユニフォームをいただきました。DSC05556


このユニフォームに恥じないプレーをしなくてはいけないといういい意味でのプレッシャーが芽生えてきました。

昨日は、午前中伏見のミリオン座で映画を観ました。

デカプリオとブラピの競演の話題作「ワンスアポンアタイムインハリウッド」です。DSC05555


約160分ほどの長編ですが、2大スターの競演の難しさでしょうか、全体に中途半端な雰囲気が漂い、あっけない終わり方でした。

デカプリオとブラピも全盛期を過ぎたなという印象が残りました。

よく2人ともこんな映画に出演したなという感じです。でも、出ていますのでよっぽど何かあるのでしょう。

夕方から、僕の生誕25000日のささやかな祝賀会に臨みました。

今日、25001日からの新しいスタートです。14年後の30000日まで、どんなドラマが待ち受けているのでしょうか?というよりも、面白いドラマにしなくてはいけません。少なくとも、昨日の映画よりもね。(笑)

これからも引き続きガットも切れにくく、身体にやさしいバドミントンのゆるゆる大作戦で頑張ります。

  3万日目指し続けるゆるゆるの大作戦で楽しく過ごせ

9月に入ったというのに、まだまだ蒸し暑い今朝のパパノラマでお別れします。DSC05561


今日の曲は、佐野元春 SOMEDAY



株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール