映画

プロレスが好きになりそうな素敵な映画です。「ファイティング・ファミリー」

<今日の表紙>もうすぐ日の出が見れそうな昨朝の太陽
DSC08789

11月初旬からマンションに隠れて見えなくなった日の出の太陽ももう少しで見えるようになります。DSC08788
見えない期間は1か月と1週間ほどです。

昨日は、昼から伏見のミリオン座に映画を観に行きました。

観た映画は、プロレスのスターへの夢を実現させた女性とそのファミリーの破天荒な実話に基づくサクセスストーリー「ファイティング・ファミリー」です。DSC08792
有名なスーパースターのドゥエイン・ジョンソンも実名で出演しています。DSC08798


主人公のペイジ役のフローレンス・ピューです。DSC08795
本物のペイジです。DSC08797
よく似ていますね。
ペイジの両親や兄も本物のイメージとよく似ています。DSC08796


少年たちにプロレスを教える風景や、過酷なトレーニングシーンやスターになることをあきらめさせられた兄との葛藤などが入り乱れてプロレスの世界をよく表しています。

笑いあり、涙ありで忘年会前や後に観ると結構盛り上がるような映画です。

  ファミリーの夢をかなえるプロレスの人間ドラマスクリーン・リング

伏見のミリオン座に行くときにいつも僕の目を楽しませてくれる「むらさきや」さんの玄関横の生け花でお別れします。DSC08654
フォックスフェイスが印象的です。

今日の曲は、この映画にピッタリの SEAMO Continue

劇団☆新感線 「髑髏城の七人」の最後を飾る 極(ごく)・修羅天魔はよかったです。

<今日の表紙>花屋さんの入り口付近の雨に濡れた菊
DSC08544

昨日、名演小劇場に映画を観に行く途中の新栄の花屋さんで見かけました。DSC08547
雨に濡れて傘に似た菊になっています。DSC08545
DSC08546
雨に濡れた菊もきれいですね。

僕が待ちに待った劇団☆新幹線のゲキ×シネ髑髏城の七人シリーズの最後を飾る極・修羅天魔が名演小劇場で11月30日から始まりました。DSC08557
このシリーズは、以前の人気劇「髑髏城の七人」を昨年花・鳥・風・月・(上弦・下弦)と5本今年春から9月までで主役、わき役を変えて上映されました。DSC08556
DSC08555
僕は全部見ましたが、ストーリーは一緒ですが、配役が変わればそれぞれに味わい深い作品になっていました。DSC09604
DSC09603


そして、今回の極で最後ですが、この作品は以前の5作品と比べてストーリーも大幅に変えています。何より、主役が今まで男性でしたが、天海祐希ということです。DSC08553
相手役が古田新太です。DSC08552

やはり、天海祐希は華があり楽しく最後まで観ることができました。

  髑髏城花鳥風月修羅天魔最後を飾る天海祐希極

12月最初の映画としてこの作品を観れたことは幸せでした。

雨に濡れた紅葉して落葉中の木に育っているハクモクレンの蕾でお別れします。DSC08550
DSC08551


今日の曲は、FUNKY MONKEY BABYS この世界に生まれたわけ

使い慣れたパソコンでブログを再開です。

<今日の表紙>ティファニー買収を発表したルイヴィトンのショーウィンド
DSC08151

名駅前のミッドランドスクエア1Fのルイヴィトンです。隣のDiorは対照的にシックです。DSC08152
今の世界は派手好みなんでしょうか?

昨日の朝のパノラマは地味でしたが、しゃきっとしていました。DSC08142_1
曇り空でしたが煙突の煙は白く、DSC08143_2
御嶽山もばっちりです。DSC08146_1


朝10時半ごろから12時過ぎまでエディオン大曽根店から出張で故障から直って初期化されて帰ってきたパソコンの設定をマイホームでやってもらいました。DSC08157
新品購入の時から3年半ぶりでしたので、13項目ほどの設定でパスワードを覚えていない項目が数項目あり案外と手間取りました。僕のようなお客を慣れているのか、そういう場合の対応も完璧で安心しました。

しかし、パソコンという商品は本体の価格だけでなく、設定などで費用が掛かるものだなと改めて思いました。今回は24750円です。

故障して3週間ほどはiPadでブログをアップしていましたがこのブログからは愛用のパソコンでのブログになります。

キーボードと画面が別ですのでiPadでブログを書くよりも目が疲れにくく姿勢がよくなります。

改めて愛用のPCの良さを感じます。

  帰ったよパソコンの声聞いたよう3週間のご無沙汰でした

昨日はPCの設定が終わると、名駅前に映画を観に行きました。DSC08150
見た映画は、ボルダリングの能力を生かした男女が主役の「イグジット」です。DSC08158
単純な筋ですが、これでもかというほどスリリングなシーンが続き結構面白かったですよ。そして、あーっ落ちた!と思うシーンの次のシーンが飛んでもう別のシーンになっていました。ところがラストのスーパーの時に肝心のシーンが一瞬ですが出てきました。これも面白い発想です。

映画を観に出かけるときに見たパノラマはなかかな迫力がありました。DSC08149
その時に見れた優しそうな雰囲気の御嶽山でお別れします。DSC08148
DSC08147


今日の曲は、松田聖子 密林少女

昨日の天声人語はこれから訪れる冬を花と鳥で美しく表現してくれました。

<今日の表紙>早くもミッドランドスクエアに現れたクリスマスツリー
DSC07921

まだ11月ですが冬の色が漂い出しています。

そして、昨日の天声人語はサザンカやツバキなどの冬に咲く花と鳥の関係で日本の冬を美しくテンポよく表現していました。DSC07915
DSC07916

 借景とは、遠くの山や隣家の木々などを自分の庭の一部に見立て、楽しむことをいう。ぶらぶら歩きで目を喜ばせるのも、同じようなものかもしれない。きのう、サザンカの赤い花がほころんでいるのを見た▼冬の始まりを告げるようにサザンカが咲き、寒さが厳しくなってくれば、お仲間のツバキの出番となる。わざわざ寒い季節を選んで咲くのには理由があると、植物学者、多田多恵子さんの著書『したたかな植物たち』に教わった。鳥たちをうまく誘うためだという▼サザンカと同じくツバキも、虫ではなく、鳥に花粉を運んでもらう鳥媒花(ちょうばいか)である。鳥のエサとなる虫がいなくなる冬はむしろ狙い目で、たくさんの蜜を用意し、ヒヨドリやツグミなどを待つ。何より赤は、鳥たちを引き付ける色なのだという▼冬を彩る赤といえば、マンリョウの小さな実もある。色で鳥を誘うのは同じだが、味はいま一つらしい。実の赤さにつられて食べるものの、まずくて飛び去る。だからこそ種子を遠くまで運んでもらえると、多田さんは書いている▼この季節に、あの色に、ひとつひとつ意味を込めているのかと思うと、植物たちがいじらしくも思えてくる。〈万両の万の瞳の息づきて〉永方裕子▼冬は、自然の風景だけでなく、人の服装もモノトーンになりがちで、まちなかには黒っぽいコートが目立つようになる。だからセーターだけ、ネクタイだけでも鮮やかな色を身につけるのも悪くない。何よりも、自分の目を楽しませるために。

冬に入る前にこういう内容の天声人語が見れてなんだか楽しくなりました。

冬前に赤を楽しむ冬もいいと教えてくれる天声人語

昨日の午前中は名駅前に映画を観に行きました。DSC07922
観た映画は、ジェラルド・バトラー主演の「エンド・オブ・ステイツ」です。DSC07920
アメリカ大統領のシークレットサービスの映画で大統領の危機を救うアクションムービーです。シリーズ化している映画で今回も面白かったです。
映画の予告編も来年1月公開作品が多くなってきています。

映画を観て勝川駅に帰って来たら広場では巨大なクリスマスツリーが飾られて出番を待っていました。DSC07924


昨朝の穏やかなお天気の中、まっすぐ上がる煙突の煙でお別れします。DSC07910


今日の曲は、GReeeeN 雪の音

「ターミネーターニュー・フェイト」は2度目の方が満足度 がかなり上でした。

<今日の表紙>変わっていく名駅前
DSC07755

名駅前のスパイラルタワーの前にビルが建設中です。

ミッドランドスクエアの南入り口前のモニュメントも芝の張り替え中です。DSC07757


昨日は、バドミントンの練習のメンバーが集まらず急きょ名駅前に映画を観に行きました。DSC07758


とは言っても、見たい映画がありませんでしたので、そういう時は一度観た映画を観ることにしています。(汗)

ということで、11月8日に観た「ターミネーターニュー・フェイト」を観ることにしました。DSC07585


11月9日のブログでそれなりに満足したことを書きましたが、ターミネーター2を観た時の感動には及ばないと思いました。

そして、ネットでのレビューも僕の感想と同じような書き込みも見られました。

でも、さすがにジェームズ・キャメロン作品ですね。ストーリーは1週間前に観ましたのでよく覚えていました。でも、1回目に観た印象よりも今回の方がかなり良かったです。そして、僕としてはターミネーター2に引けを取らない作品だなと強く思いました。僕の歳(68)ではいい映画は1回観ただけではよく良さが理解できないのかも知れません。

この映画のテーマはAI(人口知能)「リージョン」と人間の戦いです。

最近再読した「オリジン」ダン・ブラウン著も量子コンピューターのAI「ウィンストン」が深く関与しています。

現実だけでなく、これからのSFにはAIは欠かせない存在になっています。

これからどんなAIが生まれてくるのでしょうか?

現在も未来が何処かで生まれてる映画で観てる?何処かの今を

今回のターミネーターは2042年から現在に送り込まれてきましたがあとわずか23年後です。

現実には、一部の人間によるAIを使った暴走が怖くなります。

昨日はバドミントンが出来ないおかげでいい映画を観れてよかったです。

映画を観て帰る途中の名駅前通路の花屋さんで見かけたクリスマス・ローズでお別れします。DSC07759
今の時期ではかなり珍しい❣️

今日の曲は、ナオト・インティライミ Overflows~言葉にできなくて~

28年ぶりのターミネーターです。お帰りなさい!映画「 ターミネーター ニュー•フェイト」

<今日の表紙>ミッドランドスクエア入り口上のきれいな飾り
DSC07583

ミッドランドスクエアの入り口の雰囲気が変わっていました。DSC07581
12月になるとまた変わるでしょう。

昨日は待ちに待った映画を観に名駅前に行きました。DSC07582
青空をバックにJRタワーズがきれいです。

ターミネーター2から28年ぶりに、ジェームズ•キャメロンの「ターミネーター ニュー•フェイト」が公開されました。DSC07585
もちろん、主役はシュワちゃんとDSC07586
サラ•コナー役のリンダ•ハミルトンです。DSC07587
当然、28歳年とっての登場です。

何せ、28年ぶりですので、シナリオもちょっと変わっていました。それでも、マシンと人間のバトルは本質的には同じでかなり見応えがありました。

まあ、28年前のターミネーター2の衝撃には敵わないのは仕方ありません。ひょっとしたら、ジェームズ•キャメロンは次のターミネーターをもう考えているのかもしれません。シュワちゃんが元気なうちにね。

僕と同じ年配のターミネーターファンが多く来ていました。28年ぶりにT−800とサラ•コナーに会えて満足でした。

28年あっという間の時間(とき)ですがシュワちゃんリンダ僕も年寄り

作朝のきれいなパノラマとDSC07578_1
恵那山でお別れします。DSC07574_1


今日の曲は、Superfly フレア

昨日は名古屋テレビ塔が主役でした。

<今日の表紙>名古屋広小路通り栄交差点に咲くハイビスカス
DSC07489

11月の名古屋栄にハイビスカス。びっくりしました。

昨日は、パルコ8階のセンチュリーシネマでティモシー・シャラメ主演の映画「キング」を観ました。DSC07501
15世紀のイングランドの王「ヘンリー5世」の物語で、王としての孤独や勇気がスクリーンによく表現されていました。シェークスピアの戯曲が原作。イギリスらしい少し暗い雰囲気の映画ですが、かなり見がいがありました。

いいお天気の中、地下鉄栄駅からパルコまでゆっくり歩いて行きました。

栄と言えばテレビ塔です。DSC07506


栄のバス停と2ショットです。DSC07491
金鯱2匹を従えた殿様のようです。(笑)

段々遠ざかって行きます。DSC07492


途中で噴水群があります。DSC07497
そして、映画を観終えて撮った噴水ショウとテレビ塔の2ショットです。DSC07505


パルコ前のイベント広場からのテレビ塔です。DSC07499


  天高く雄姿が映えるテレビ塔名古屋栄の秋の休日

久屋大通りはテレビ塔前や三越前など工事が進んでいました。

2020年や2021年にはかなり様変わりしてくるようです。

よく晴れた今朝のパノラマと、DSC07515
紅葉がきれいなハナミズキとDSC07518
日の出の太陽とマンションのコラボの宇宙人の顔でお別れします。(笑)DSC07520


今日の曲は、高橋真梨子 はがゆい唇
株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール