本・新聞

昨日の天声人語はこれから訪れる冬を花と鳥で美しく表現してくれました。

<今日の表紙>早くもミッドランドスクエアに現れたクリスマスツリー
DSC07921

まだ11月ですが冬の色が漂い出しています。

そして、昨日の天声人語はサザンカやツバキなどの冬に咲く花と鳥の関係で日本の冬を美しくテンポよく表現していました。DSC07915
DSC07916

 借景とは、遠くの山や隣家の木々などを自分の庭の一部に見立て、楽しむことをいう。ぶらぶら歩きで目を喜ばせるのも、同じようなものかもしれない。きのう、サザンカの赤い花がほころんでいるのを見た▼冬の始まりを告げるようにサザンカが咲き、寒さが厳しくなってくれば、お仲間のツバキの出番となる。わざわざ寒い季節を選んで咲くのには理由があると、植物学者、多田多恵子さんの著書『したたかな植物たち』に教わった。鳥たちをうまく誘うためだという▼サザンカと同じくツバキも、虫ではなく、鳥に花粉を運んでもらう鳥媒花(ちょうばいか)である。鳥のエサとなる虫がいなくなる冬はむしろ狙い目で、たくさんの蜜を用意し、ヒヨドリやツグミなどを待つ。何より赤は、鳥たちを引き付ける色なのだという▼冬を彩る赤といえば、マンリョウの小さな実もある。色で鳥を誘うのは同じだが、味はいま一つらしい。実の赤さにつられて食べるものの、まずくて飛び去る。だからこそ種子を遠くまで運んでもらえると、多田さんは書いている▼この季節に、あの色に、ひとつひとつ意味を込めているのかと思うと、植物たちがいじらしくも思えてくる。〈万両の万の瞳の息づきて〉永方裕子▼冬は、自然の風景だけでなく、人の服装もモノトーンになりがちで、まちなかには黒っぽいコートが目立つようになる。だからセーターだけ、ネクタイだけでも鮮やかな色を身につけるのも悪くない。何よりも、自分の目を楽しませるために。

冬に入る前にこういう内容の天声人語が見れてなんだか楽しくなりました。

冬前に赤を楽しむ冬もいいと教えてくれる天声人語

昨日の午前中は名駅前に映画を観に行きました。DSC07922
観た映画は、ジェラルド・バトラー主演の「エンド・オブ・ステイツ」です。DSC07920
アメリカ大統領のシークレットサービスの映画で大統領の危機を救うアクションムービーです。シリーズ化している映画で今回も面白かったです。
映画の予告編も来年1月公開作品が多くなってきています。

映画を観て勝川駅に帰って来たら広場では巨大なクリスマスツリーが飾られて出番を待っていました。DSC07924


昨朝の穏やかなお天気の中、まっすぐ上がる煙突の煙でお別れします。DSC07910


今日の曲は、GReeeeN 雪の音

今週は読書週間です。僕の老後では読書は必須アイテムです。(老後つれづれ(61))

<今日の表紙>ザ・シーン城北の横に沈む昨日の夕陽
DSC07525

もう僕のマンションのベランダから見える夕陽は2日にザ・シーン城北に衝突しましたが段々ザ・シーン城北から遠ざかって行っています。

11月になって段々秋らしくなってきました。

そして、昨日の朝日新聞天声人語では、9日まで読書週間ということが出ていました。DSC07527
DSC07528


僕は、1月から10月までで47冊を読んでいます。11月に入り2冊目を読んでいます。

自己評価では、今年はまあまあの読書量かなと思っています。そして、ちょっと変わったところでは10月に「ホラー文庫」を読みました。1冊目の「天使の囀り(さえずり)」貴志祐介著を読んですごく面白かったのでDSC06359
2冊目「黒い家」貴志祐介著を読みましたが、これは本格的なホラー物でちょっと疲れました。DSC07282


そして、今年は海外小説もかなり読んでいます。3月の「天才感染症上・下」デイヴィッド・ウォルトン著から始まり、DSC01602

「ファクトフルネス」(事実に基づく世界の見方)ハンス・ロスリング他著は目から鱗が落ちました。DSC02035
6月には「カササギ殺人事件」でアンソニー・フォロヴィッツ著の面白さで唸り、8DSC01432
月には「償いの雪が降る」アレン・エスケンス著で心が洗われました。DSC05356


そして、今は「オリジン上・中・下」ダン・ブラウン著を再読しています。DSC07529


このように、今年も多くの本を読んで毎日を楽しんでいます。

映画は1本1100円~1200円で、しかも2時間~3時間で終わります。その点、読書は1冊文庫本で800円~1000円で1冊12時間は読み終わるにはかかります。そして、電車の中でもどこでも読めますし、いまの僕のように再読もできますので人生、特に老後の友としては安くて、どこでも、長時間楽しめる最強アイテムです。

色々な本との出会い味わえる今の環境幸せ老後

僕の希望がかなうなら、僕が亡くなって火葬にするときに僕の蔵書を燃料にしてほしいですね。(笑)

それはかなわないと思いますので、花の代わりに僕の蔵書(適当に100冊ほど)を棺の中に入れてほしいです。(汗&笑)

読書週間から少し話題がそれました。

とにかく、僕が亡くなるまで読み続けたいです。

きれいな11月2日朝のJRタワーズでお別れします。DSC07353


今日の曲は、ケツメイシ 涙



言葉を奏でる吉田純子さんの箏奏者の野坂操寿さんへの「惜別」(朝日新聞夕刊)

<今日の表紙>昨日の嵐の前のきれいな夕焼け
DSC06711

昨日の夕方のスーパーの水のペットボトル棚はすでに空っぽでした。DSC06709


9日の朝日新聞夕刊に「惜別」が載っていました。

8月に亡くなった3人への惜別のことばが綴られていました。

その中で、箏(そう)奏者の野坂操寿(そうじゅ)さんへの吉田純子さんの惜別のことばがとっても印象的でした。DSC06697


音楽に関わる人への吉田純子さんの惜別のことばは、まるで音楽を奏でるような文章です。

今回の箏奏者の野坂操寿さんへの惜別のことばも愛情あふれる素晴らしい表現力に僕の心が踊らされました。DSC06698
左側が野坂さんです。

野坂さんへの惜別のタイトルは「未知の音へ変わり続ける喜び」です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 新たな響きを見つけると、はやる心を隠せず少女のようにはしゃいだ。その屈託のない表情から、伝統と革新の折り合いをつける壮絶な精神の葛藤をうかがい知ることは難しかった。
 母は宮城道雄に師事した初代野坂操寿。東京芸大に進み、希代の名手に。旧来の十三絃(げん)に充足せず、より豊かな響きをと二十絃箏(そう)を考案し、欧米で20回を超えるソロ公演を成功させた。
 しかし、世界から脚光を浴びるほどに、徐々に自らを見失い始める。「華やかな技巧を披露して、喝采を浴びて。こんなことに何の意味があるのか」
 約3年の自問ののち、吹っ切れる。使命感にとらわれず、まずはやりたいことをやってみよう。1986年、小劇場「渋谷ジァン・ジァン」で復帰。民族音楽、ジャズ、ポップス。未知の響きへと自らを開き始めた。
 5年後、新たな表現領域を模索し、二十五絃箏を開発する。助力を惜しまなかったのが「ゴジラ」の作曲家、伊福部(いふくべ)昭だった。アイヌ文化とアマチュアの人々への敬意を礎にした独歩の巨人は、作曲中の楽譜を床に広げ、野坂さんに向かって静かに言った。「ここから音を削(そ)いで、削ぎ抜いた世界から響いてくる音に耳を傾けるんです」
 音を削ぐ。この矜持(きょうじ)に打ちのめされた。その生き方を体現する真実の同志にその後、出会うことになる。沢井一恵さん(78)。夫の故沢井忠夫とともに邦楽の領域を押し広げ、坂本龍一さんら異分野の才人と無邪気に心を交わすこの人もまた、軽やかなパイオニアだった。
 天性の華で酔わせる野坂さんと、一音ごとに思索しては垣根を越える沢井さん。対照的な個性が2010年、山荘での企画公演で思いがけなく響き合う。翌年、「変絃自在」なるユニットを結成。新作委嘱と初演に精力を傾けた。「箏なんて見たこともないという人にこそ曲を書いてもらいたい。私自身が気づいていない、この楽器のポテンシャルに驚かされたいから」
 今年に入って病が発覚。しかし、病床でも変わらぬ好奇心の純粋さと精神の明朗さが「きっと死の影を払う」と沢井さんは信じていた。「無音の世界にまで一緒に旅のできる、人生で初めての本物の友達でした」
 他者の世界を受け入れ、自ら変わり続けることが喜びとなった。海外で活躍する後進も育てた。その晩年はかつてなく解き放たれた、人生で最も豊かで幸福な日々だったに違いない。(編集委員・吉田純子)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
久しぶりに、吉田純子さんの「惜別」を読むと「音楽はなんと素晴らしい芸術なんだ」と改めて実感できます。そして、僕を不思議な未知の世界へ導いてくれます。まさに、言葉を奏でる吉田純子さんの文章の力です。

  音楽を育てて逝った人たちに感謝の言葉純子は奏で

10月7日の朝日新聞折々のことばでお別れします。DSC06512
「年中、快晴の日ばかりだと花は咲かない」。そして、台風19号の雨が降り続いている今朝です。

今日の曲は、RUI 月のしずく

ホラー小説ではないという勘違いが素晴らしいホラー小説(?)を読ませてくれました。「天使の囀り(さえずり)」貴志祐介著

<今日の表紙>好きな人に贈れば喜ぶと思う ベゴニア「ラブミー」
DSC06315

10月1冊目の本を先日読み終えました。

読んだ本のタイトルは「天使の囀り」貴志祐介著です。DSC06372

実は、本屋さんに並んでいるときの装丁はこんなでした。DSC06359
これは帯が本全体を覆い隠している様です。

そして、下の部分「この作品を読んでいない人は、人生を損している。この本に出会ったチャンスを見逃さないでほしい。」が目に留まりました。DSC06360


そして、帯全体を読むと面白そうだなと感じました。DSC06361


この時点では、まだホラー小説だとは思っていませんでした。僕は映画もそうですが、ホラーは苦手です。

あまり深く考えないでこの本を購入しました。ただ、ページをめくると文字がいつも読む小説より少し小さいのが気になりました。DSC06374


まあ、このくらいだったら読めなくはないので読み始めました。

読み始めたら、なるほどなるほどの連続でほんの内容に引き込まれていきました。

日本からアマゾンへ調査に行っていた隊員が不足の事態に陥り猿の肉を食べることから始まります。DSC06367


北島早苗というホスピスで終末期医療に携わる精神科医師が主人公です。DSC06363

とにかく、医学、生物学、分子生物学、ゲーム理論、寄生虫の世界、神話などいろいろなジャンルが描かれて、それらが絡み合い推理され実証されるという展開に息を飲みます。とにかく、主人公の北島早苗の洞察力、推理力、忍耐力、行動力を通してストーリーが進んで行きます。そして、ストーリーに似合わず穏やかなエンドへ・・・・・

ホラー小説というジャンルには収まり切れないストーリーの面白さです。アマゾン原産の線虫が引き起こす災難は、以前読んだ「天才感染症」ディヴィッド・ウォルトン著とよく似た面白さです。天才感染症では、アマゾン原産の菌類が巻き起こす災難でした。怖さより面白さがかなり勝っていました。

僕がこの小説がホラー小説だとわかったのは、発行元が角川ホラー文庫だと分かった時でした。(笑)DSC06373
もう49版というヒット小説です。DSC06370


  読んで見て恐怖に勝る面白さ天使の囀りホラー小説?

作者は貴志祐介ということで、字は違いますが僕と同じKISHIです。(笑)DSC06371


こんなホラー小説でしたらホラー小説もいいですね。

面白い名前の紫色の実がきれいな中吉小吉(なかよしこよし)でお別れします。DSC06310


今日の曲は、絢香 空と君のあいだに

認知症予防のために再開する準備で(?)4年前の宇宙人料理のキッチン如意申をリアップしました。

<今日の表紙>つれづれウォーキング地蔵川9月2019(3)で見かけたサフランモドキ
DSC06137

よく見るきれいな花で名前が分からないというのは気になります。昨日僕のブログで4年前に出ていたのを偶然発見して気分が良くなりました。4年前のブログというのは、もう2年ほど休業している「宇宙人料理のキッチン如意申」からでした。この時もつれづれウォーキング地蔵川で見かけました。その時に僕の松山に住む友人のW君が教えてくれました。

歳を取ると、何回教えてもらってもすぐに忘れることが多いですね。(汗)

昨日の朝日新聞に、認知症介護研究の権威である精神科医の長谷川和夫さん(90)が認知症だと公表して間もなく2年という記事が出ていました。DSC06168
長谷川さんの場合は朝起きたころからお昼までは普通に近いけれど、お昼を過ぎると物忘れがひどくなって晩御飯のころがかなりひどい。でも、翌朝には普通の自分になっているという認知症です。

そんな長谷川さんのことばですが、「生きているうちが花で、過去ではなく今を生きることが大切。明日やることはちょっとでも今日手をつける。そんなこころがけで生きようと思っています。」

話が戻りますが、「宇宙人料理のキッチン如意申」は2年間休業中です。如意申から松新町に引っ越してきてもうすぐ5年。お惣菜などをスーパーで買ってきて電子レンジで温めて食べる生活をし出して2年ほど。こういう生活の変化がキッチン如意申を休業に追い込んだようです。

ということで、4年前の11月16日の「皿うどん星人料理をヨーロッパの子どもたちへ(宇宙人料理のキッチン如意申)をリアップします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<今日の表紙>軽度認知障害(MCI)の人に見られる変化の例(NHK)
001

7項目の内、最近3項目に該当することが出てきたら要注意です。

運動と栄養と頭の体操が効果的だそうです。脳の血管を健康に保つことが味噌です。

僕もチェックしました。

5番目の「手の込んだ料理を作らなくなった」が気になりましたので、久しぶりに世界で唯一の宇宙人料理のレストラン「キッチン如意申」を久しぶりに開店しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
少しおさらいをしますが、キッチン如意申(にょいさる)は、僕の家が如意申町にあったことからつけた名前です。(もちろん実在はしません。)
子どもたちが風邪を引いたり、お腹が痛くなったり、夏バテをするのは、宇宙人がばらまくばい菌やウィルスのせいだとの設定がなされています。
誕生秘話は、キッチン如意申エピソード1をご覧ください。141

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近は、子どもたちが宇宙人にいじめられておらず、ずーっと閉店していました。(涙)

ところが、ポルトガルのリスボンに住む、ヨーロッパ支局長のイタリアンレストラン「ロマンス」のミゲルが、リスボンの子どもたちを連れてやって来ました。135


キッチン如意申で、昨年退治した皿うどん星人の出す、「でたらメッ!ウィルス」で、リスボンの子どもたちが勉強しなくなっているので皿うどん星人料理を教えて欲しいとのことです。

子どもたちは、「でたらメッ!ウィルス」に感染すると、朝なのに「おやすみ」と言ったり、学校と反対の方向に行ったりして、遅刻しても平気で、でたらめなことをして親を困らせます。

ミゲルはイタリアンレストランですので、パスタ星人料理を作るのは得意です。133


皿うどん星人料理は初めてです。

これが皿うどん星人です。020
台風の目が出来ています。この目から「でたらメッ!ウィルスが放出されます。

皿うどん星人の好物を作ります。好物は大変多いのが特長です。

まず、豚肉、かまぼこ、人参、シイタケグループです。021


そして、もやし、きゃべつ、タマネギグループです。022


特別ゲストのかきです。023


これらを混ぜて炒めて、特製スープを入れてかき混ぜます。032


もう、皿うどん星人はよだれが出てきています。

そこに、皿うどん星人を料理する特効薬、ウズラの卵を盛り付けます。033


もう皿うどん星人は我慢が出来ずに目に取り込みます。034
これでウィルスの発生が止まります。

ここで一気に覆いかぶせます。035


ここで、宇宙人料理栄誉賞でいただいた宇宙人のパワーを弱める魔法の皿の出番です。036


キッチン如意申特製サラダと一緒に食べるんだ。リスボンの子どもたち!040


あっという間に、皿うどん星人が退治されました。

  子どもたち 君たちはすでに ヒーローだ!

ポルトガルに帰国したミゲルから連絡があり、リスボンの子どもたちは元気に学校に行くようになりました。

  皿うどんうどんではないパスタでもない皿うどん不思議なうどん

3年前のヨーロッパ旅行でのポルトガル観光中、一緒に「上を向いて歩こう」を日本語で歌ったブラジルのサンパウロから来たマルコンデスとの2ショットでお別れします。038
もちろん2人ともお酒が入っています。(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
写真は7年前にヨーロッパに旅行したときに知り合ったミゲルとマルコンデスです。

また、気が向いたら宇宙人料理のキッチン如意申を再開します。

MCIのチェック項目で4年経ったら2、3、5の項目の3つが引っ掛かります。(汗)

宇宙人料理は認知症対策としてもいいようです。

  認知症予防のために良いという子どもたちへの宇宙人料理

今朝の日の出のパノラマと、DSC06176
日の出の赤い太陽でお別れします。DSC06179


今日の曲は、チェッカーズ 涙のリクエスト&青い目のハイスクール・クイーン

じわっと来るミステリー小説です。秋の読書にはぴったりの本です。「白砂(はくしゃ)」鏑木蓮著

<今日の表紙>増税前の僕の駆け込み定期更新
DSC06143

ささやかですが、これで10月に入ってからよりも約630円お得です。生ビール1本分ほど得したような気分です。(笑)

9月になって読書は4冊。昨日読み終えた小説「白砂(はくしゃ)」鏑木蓮著は、読み甲斐がありました。DSC06144
やっぱりクライマックスは終わり掛けがいいですね。主人公は2人。殺人事件を追い続ける刑事。そして、犯人。DSC06146


そして、殺された20歳の女子の予備校生が故郷を詠った短歌大賞に輝いた3首の歌が導く謎。

ふるさとの南丹市美山をよめる歌

  ひと夏の美しき山にひらきたる一夜の花ははかなき恋か

  深き山翡翠いろなるキャンパスに白き鹿おり頬つたうしずく

  君語る星座の物語(はなし)あの夏にふたたび会いたきと想う夢みん

タイトルの「白砂(はくしゃ)」という言葉も絡んでクライマックスへと進みます。

こういうミステリー小説もありなんだなと感心させられた1冊でした。作者の鏑木蓮のセンスを感じます。DSC06147


  ふるさとと短歌の謎を紐解いてクライマックス「白砂(はくしゃ)」へ続く

僕の歌も謎めいています。(汗)

9月は「白砂」で4冊目ですが、全てよかったです。今日から5冊目を読み始めましたが、読書の秋ですので10月に向かって読み続けます。

今朝のパノラマと、DSC06167
オレンジ色の日の出の太陽でお別れします。DSC06166


今日の曲は、徳永英明 最後の言い訳

ビックリした内容の山手線駅の短歌が印象的でした。(日曜日の朝日歌壇)

<今日の表紙>昨日のJR中央線の外人旅行者のマナー違反
DSC05962

通路に立っている人が多い快速列車の優先席を占領した手前の外人2人の荷物です。日本語が通用しないので、車掌を呼んで注意してもらいましたが、荷物が大きく網棚に乗らないのでシートに置いている。通路に置くと通行の邪魔になるから仕方がないとのことを言って自分たちの行為を正当化しています。英語を喋れませんのでこちらの考えが通じません。自分たちの席で荷物も膝などに置けばOKですが、タイムアップで僕は大曽根で降りました。

そして、久しぶりに地下鉄大曽根駅でiichikoのポスターを観ました。DSC05950
相変わらず、iichikoは小さく目立たないところに置かれています。DSC05951
「きのうのことは空の果て。」DSC05952

毎回、ちょっと変わったポスターです。でも、iichikoのポスターは楽しい!

そして、今日のブログの主役は、15日の朝日歌壇です。DSC05963


いろいろな歌が詠われていますが、僕が選んだメインの歌の前に2首紹介します。

  ひらひらとオハグロトンボ迷い込み郵便局に一抹の涼 桜井市 樫田佐季子

この歌に詠まれているオハグロトンボ(ハグロトンボ)は、一昨年の8月僕が利用する中央線の列車にも迷い込んだことがあり親しみを感じます。DSC00660


もう1首は、8歳の山添葵ちゃん(奈良市)の歌が久しぶりに選ばれていました。

  すずちゃんとブランコで二人のりをしたせなかもおなかも風が吹いたよ

山添葵ちゃんは、6歳の時に、4人の選者全員から選ばれた歌で特に印象的な歌人です。

その時の幼稚園の卒園式を詠んだ歌です。

  いつもよりながくてすこしきつかったそつえんのひのせんせいのだっこ

そして、今日のメインの歌です。クイズの答えのような歌です。皆さん、目黒駅は何区?品川駅は何区? 僕の答は、目黒駅は目黒区、品川駅は品川区。 これでは、歌にすることはありませんね。(笑)

そして、答です。

  東京で生まれた僕も知らなんだ目黒駅は品川区品川駅は港区なんだ 津市 塩地慎介

愉快な、遊び心のセンスがある歌ですね。

僕は好き遊び心のある歌が宇佐は日本のユーエスエーだよ

お粗末でした!(汗)

昨夜は久しぶりにクーラー無しで寝ました。

そして、ダイナミックな雲が主役の今朝のパノラマでお別れします。DSC05964
DSC05971


今日の曲は、タッチの挿入歌 岩崎良美 青春

株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール