本・新聞

「王とサーカス」米澤穂信著の意味は広くて深い。

<今日の表紙>地下鉄伏見駅近くの下園公園
DSC07693
日本庭園風の都心にしては珍しい佇まいの公園です。DSC07694
水路も風情があります。DSC07696
DSC07697


最近読み終えたミステリー小説には感心しました。

この小説のタイトルは「王とサーカス」変なタイトルです。DSC07636


海外旅行特集の仕事を受け、太刀洗万智はネパールの首都カトマンズに向かった。現地で知り合った少年サガルにガイドを頼み、仕事を始めようとした矢先、王宮で国王殺害事件が勃発する。そして、その取材をしようとしているときに、別の殺人事件に遭遇します。主人公太刀洗万智の推理と行動が中心の小説ですが、人間の世界の難しさをネパールを舞台にして描いています。DSC07637


作者は米澤穂信です。DSC07639


2001年に実際にに起きたネパールでの王宮事件を取り込んで描いた小説です。この「王とサーカス」というタイトルに関する箇所がぼくの心に響きました。少し長いですが、人間の性にも触れる場面をどうぞ!

声はがらんどうのクラブ・ジャスミンに響いていく。
「私は目を疑った。キプロスで平和維持軍の車列が崖から落ち、二人死に、一人が大怪我を負ったというのだ。国籍はバラバラだったが、あそこにいたのはみんな仲間だった。私は混乱した。キプロスの状況は落ち着いていたが、跳ねっかえりがテロを起こしたのか?それともただの事故か?死んだのは誰だ?しかしアナウンサーは十五秒で話を終わらせた。誰もそのニュースを気にしなかった」彼はゆっくりと言う。「次のニュースは、サーカスでの事故だった。インドのサーカスで虎が逃げたという。映像は現場にいた誰かのハンディカメラの動画に切り替わった。男女の悲鳴と、そして怒り狂う虎の唸り声が聞こえた、逃げ惑う人々の合間から、ほんの一瞬だけ虎が見えた。その美しかったこと!飼いならされているはずのトラの裏切りに、猛獣使いが泣き叫んでいた。私は気づいた。パブの多くの人間が、そのニュースに釘付けになっていることを。誰かが、こいつはひでえや、と言った。嬉しそうに」
そしてラジュスワルは、細い声で付け加える。「私も、そのニュースに興味を惹かれていた。・・・・なにしろ衝撃的な映像だからな」「もしキプロスの仲間たちが事故ではなく、ロケット弾で死んでいたら、その現場の映像があったら、パブの客たちはサーカスの虎と同じように楽しんだだろう。私は教訓を得たのだ」言葉に力強さが戻ってくる。「自分に降りかかることのない惨劇は、この上もなく刺激的な娯楽だ。意表を突くものであれば、なお申し分ない。恐ろしい映像を見たり、記事を読んだりした者は言うだろう。考えさせられた、と。そういう娯楽なのだ。それがわかっていたのに、私はすでに過ちを犯した。繰り返しはしない」
娯楽という言葉が胸を抉る。違うとは言えなかった。もちろん私は娯楽のつもりで記事を書いてきたわけではない。しかし、受け取る側は?情報は奔流だ。誰も、一つ一つを真面目には受け取れない。
「たとえば私が王族たちの死体の写真を提供すれば、お前の読者はショックを受ける。『恐ろしいことだ』と言い、次のページをめくる。もっと衝撃的な写真が載ってないか確かめるために」
そうだ。そうするだろう。
「あるいは、映画がつくられるかもしれない。上々の出来なら、二時間後に彼らは涙を流して我々の悲劇に同情を寄せるだろう。だがそれは本当に悲しんでいるのではなく、悲劇を消費しているのだと考えたことはないか?飽きられる前に次の悲劇を供給しなければならないと考えたことは?」
ラジュスワルは、わたしに指を突きつける。「タチアライ。お前はサーカスの座長だ。お前の書くものはサーカスの演し物だ。我々の王の死は、とっておきのメインイベントというわけだ」ほとんど悲鳴のように、夢中で言い返す。「准尉、わたしにそんなつもりはありません」「お前の心づもりの問題ではない。悲劇は楽しまれるという宿命について話しているのだ。人々はなぜ綱渡りを見て楽しむのか。演者がいつか落ちはしないかと期待しているからだと思ったことはないか?ネパールは不安定な国だ。そして、一昨日、演者は落ちた。興味深いことだ。これが他国で起きたことなら私も楽しんだかもしれない」
ラジェスワル准尉は言った。「だが私は、この国をサーカスにするつもりはないのだ。もう二度と」
対話の終わりを告げる言葉だった。言葉は尽きたのだ。

人間の本質を問う報道は悲劇を消費王とサーカス

ネパールの乳児死亡率が高いということで、WHOが援助を差し伸べて、乳児死亡率が下がり、子どもの数が増加しました。しかし、子どもの労働力の競争が激しくなり子どもたちの世界での問題が多くなりました。簡単には世の中はよくなりません。そのことを書いています。

「あんたには何度も言った」彼が私を恨む理由を?
声変わりも迎えていないはずのサガルの声が、ひどく低く聞こえる。「俺は言ったぞ。外国の連中が来て、この国の赤ん坊が死んでいく現実を書き立てた。そうしたら金が落ちてきて、赤ん坊が死ななくなったてな」そうだ。この街に子供が多い理由を、私は聞いた。静かな声でサガルは言う。「仕事もないのに、人間の数だけ増えたんだ」・・・・・ああ!
「増えた子供たちが絨毯工場で働いていたら、またカメラを持ったやつが来て、こんな場所で働くのは悲惨だとわめきたてた。確かに悲惨だったさ。だから工場が止まった。それで兄貴は仕事をなくして、慣れない仕事をして死んだ」私は聞いた。何度も聞いていた。「こっちが訊きたい。どうして憎まれないと思ったんだ?あんたがカメラを持ってこの国に来たその時から、あんたは俺の、俺たちの敵だった。俺は何度も言ったぞ。あんたのようなよそ者が訳知り顔で俺たちは悲惨だと書いたから、俺たちはこの街で這いずりまわっていると。上を向いて王さまの話ばかり聞いていたせいで気づかなかったのかよ!」喉の奥から絞り出すような声が、突き刺さってくる。

今年読んだ本の中でも、「未必のマクベス」早瀬耕著とならんですごく面白かったです。

昨日の美しい夕暮れ時のパノラマでお別れします。DSC07713


今日の曲は、米津玄師 サンタマリア


分かりやすく心に響く歌を詠んでいます。歌集「滑走路」萩原慎一郎著(NHKクローズアップ現代)

<今日の表紙>昨年6月に亡くなった夭折の歌人萩原慎一郎(享年32)
DSC06938

今週火曜日のNHKクローズアップ現代で異例のヒットを続けるある歌集という特集がありました。DSC06935

僕も毎日のつれづれブログで短歌を一首詠んでいますので同じ歌人として珍しくこの番組を見ました。(汗)

著者の萩原慎一郎の母親の手記を参考にして歌が出来た環境などを織り込み多くの歌を紹介していました。DSC06939
DSC06944


生活弱者としての自分の環境を詠った歌も多くの共感を呼んだようです。DSC06943
DSC06936

自分と同じ環境の人を励ます歌も多く紹介されています。DSC06937
DSC06941
DSC06948

この歌集のタイトル「滑走路」も多くの若者を励ます歌です。DSC06951


萩原慎一郎の歌は自分の生活やその中で感じたことを分かりやすい言葉で素直に表現していて僕の心の中にもスーッと入り込んできました。BlogPaint
そういう特長がいろいろな短歌の賞を受賞する原動力になったようです。

萩原慎一郎の歌に接すると、「豆腐屋の四季」を書いた作家松下竜一を思い出します。豆腐屋の四季 です。027


松下竜一は戦後の1960年代に生活弱者の貧乏な豆腐屋の仕事をしているときに感じたことを歌にして世に認められた作家です。松下竜一は、全くの素人短歌から入ったのですが、日々の生活から生み出されるみずみずしいタッチの新鮮な歌が多くの人の心を捉えました。

作者の初めての歌

   泥のごとできそこないし豆腐投げ怒れる夜のまだ明けざらん

松下竜一のことをブログに書いたのが2014年5月1日です。この日に詠んだ僕の短歌もなかなかですよ。(汗)当時、ヘルニアで入院している病院に僕の娘の初めての子どもの健ちゃんの写メを見て詠みました。033
おっぱいをいっぱい飲んで満足そうにおねんね中です。

   乳を飲み満足だよとほほ緩む健剛見ればなぜか幸せ

懐かしい!健ちゃんはもう4歳です。歌はヘボでもやっぱりいいですね。

本題に戻ります。

番組の後半には作家の又吉直樹のお気に入りの歌も紹介されていました。DSC06959

その中で僕のお気に入りの歌を紹介してお別れします。DSC06956


今日の曲は、川嶋あい 絶望と希望



昨日の夕暮れ時&今朝のパノラマは結構楽しめましたよ。

<今日の表紙>昨日の夕暮れ時の鶏のような王子製紙の煙突の煙
DSC06889

時々、面白い形を見せてくれる煙です。DSC06888

先日は龍が玉を追いかけているような光景で楽しませてくれました。DSC06756


 煙突の煙に意志があるように見えるパノラマプレミアムタイム

外出を終えてマンションに帰ると、ベランダ越しにきれいなそして、大きな夕陽が目に留まりました。DSC06887


しばらくすると、だんだん小さくなり眩しくなくなりました。DSC06891
DSC06892
太陽が沈むとお月様が輝きだしました。DSC06896
名古屋空港へ向かって旅客機が降りてきました。DSC06898
暗くなりお月様の輝きが増してきました。DSC06899


今朝の日の出前のパノラマです。DSC06901
鱗雲というか魚の骨のような雲がきれいです。DSC06902
日の出の位置が輝きだしました。DSC06913
日の出のパノラマです。DSC06914
楕円形の太陽が見えてきました。DSC06915
DSC06918

10月中旬になってやっと秋らしくなってきたようです。

松任谷由実のことを書いていた今朝の天声人語でお別れします。DSC06920
DSC06921
ユーミンはやっぱりすごい!

今日の曲は、松任谷由実 埠頭を渡る風



汚せないトイレとはどんなトイレ?

<今日の表紙>体育の日にテレビで見た信じられない今の子どものケガの原因
DSC06694

遊ぶ環境が少なくなって危ない体験をする機会が少なくなったことが一因だそうです。

子どもの体力低下の傾向の逆で70代の体力は向上しているそうです。

今朝の朝日新聞の1面で「汚せないトイレ」海外進出7面という目次を見ました。

「汚せないトイレ」とは、どういうトイレか興味が湧きましたので7面を見ることにしました。DSC06798

アートに変身 世界へ一歩 仙台発 震災契機「汚せないトイレを」という副題が目につきました。

仙台市の泰光住建の赤間晃治社長(39)が、震災復興時に水道復旧工事をして水洗トイレが使えると喜ばれましたが、3日もするとトイレが汚されて「トイレに入りたくない」という理由で避難所を去る人を見て考えました。
スティーブ・ジョブズが「パソコンがキャンパスに見えた」と書いている本を読み、そうだ、白い便器だってキャンパスじゃないか。「デザインの力で『汚せないトイレ空間』をつくる」と決めました。DSC06801


陶製の便器に図柄をあしらうには透明なシールを貼るしかない。1日に何度も清掃で磨いても、はがれない耐久性が必要なので、条件を満たすシートの開発に3年かかりました。DSC06799


駅のトイレなどに採用されると「以前よりきれいに使ってもらえる」と好評でした。

スイスのトイレメーカーの目に留まり、震災を乗り越えて世界へ羽ばたこうとしています。

 アートですトイレ空間汚せない世界へ挑む日本の便器

ウォシュレットは、ヨーロッパの水道の水質が硬水が多いので適さないようです。

トイレ文化は、国によってずいぶん違いますので、どの国に受け入れられるか楽しみです。

話は全然ちがいますが、この7面の右下の欄に、シンガポール航空がシンガポールとニューヨークを結ぶ世界最長19時間の直行便を再開に踏み切ったという記事が出ていました。DSC06802
この記事の中で僕の目を引いたのは最後の「『クレイジー・リッチ』と呼ばれるアジアの富裕層が分厚くなり、割高な席の需要が増加した」です。DSC06803


先日観た映画シンガポールが舞台のラブコメディー「クレイジー・リッチ」を思い出しました。DSC06340


来週から新聞週間が始まります。新聞に気づかされることもまだまだ多いですね。

10月11日の朝日新聞折々のことばでお別れします。DSC06810
偶然と必然 人生の奥深さを語っています。

今日の曲は、松任谷由実 DESTINY





自撮り事故は万国共通の悩みらしいね。「100万回の『いいね』より大切なあなたの命」天声人語

<今日の表紙>モノトーンの世界が広がった今朝のパノラマ
DSC06771

今朝は少し肌寒いお天気です。

今朝の天声人語は、スマホでの自撮り事故が万国共通の事を書いています。DSC06776

日本の名所「清水の舞台」での危険な自撮りから始まり、イギリスでの2013年の「今年の言葉」に選ばれたのが自撮りを意味する新語「セルフィー」でした。米国では2年前「自撮り中の死者がサメに襲われて亡くなる人を上回った」と騒ぎになった。DSC06776

ロシアでは、政府が「100万回の『いいね』より大切なあなたの命」というスローガンを掲げ、インドは危険度の高い観光地16か所を「自撮り禁止地区」に指定し、警察の巡回を増やした。DSC06778

結びは、自撮りはテクノロジーをいかした人類共通の楽しみであり、事故はその加熱がもたらした悲劇であろう。断崖絶壁に立ったり、列車に近づきすぎたりしたら、スマホが感知してシャッターを封じる。そんなテクノロジーが世にでるのはいつだろうか。

最後の危険を感じるスマホが出ることが解決策としては有効ですね。

僕は、危険な観光地では、他の人に撮ってもらうことにしていますので自撮りはほとんどしません。DSC08080
2年前の南米旅行でのイグアスの滝をバックにして

ただし、撮ってあげましょうかと近寄る人には要注意です。この写真は、実はスリのグループの少年がにこにこしながら撮ってくれました。157
6年前のルーブル美術館での「ミロのビーナス」をバックにして

危険なところ以外での自撮りはいいね!ですね。

SNSでの自撮りの投稿は「平和」を感じます。そして、自撮りは世界中の共通の趣味になったようです。

  セルフィーは英語の自撮り楽語です平和感じる自撮り投稿

昨日、県スポへバドミントンの練習に行く途中で見た雨に濡れて薄ピンク色がきれいなフヨウの花でお別れします。DSC06765


今日の曲は、aiko アンドロメダ



人間の脳のクセが少し分かりました。「脳にには妙なクセがある」池谷裕二著

<今日の表紙>人間の脳によく似たケイトウの花
DSC06418

昨日スマホのメールがダウンしたのでエディオン大曽根に行って直してもらいました。

スーパーでは早くも冬物が並んでいました。DSC06416


面白い本「脳には妙なクセがある」池谷裕二著を読みました。DSC06424

なるほどねと感心する箇所が多くありました。DSC06425


歳をとると長時間の読書が出来なくなることは「脳の老化」ではなく、同じ姿勢を保てなくなる体力の衰退が原因。

表面的にはうまくつくろって同情するそぶりを見せたところで、他人の不幸を気持ちよく感じてしまう本心は、根源的な感情として脳に備わっている。これは男性に強い。(汗)

「笑顔を見るのは心地よい」のは共通の心理でしょう。楽しそうに笑っている人を見るのは、よほど偏屈な気分でないかぎり、嫌な気にならないものです。DSC06426


コーヒー豆の香りを嗅ぐと、なんと、他人に親切になるのです。

赤色のユニフォームやプロテクターを身に着けると、それだけで勝機が高まる。赤色は「パワーがみなぎるラッキー色」ではなく、相手を精神的にひるませて相対的に優位に立つ「セコい色」だったのです。勉強部屋に赤色のカーテンは厳禁である。

消化器官の状態が心に影響を与えることは間違いないことがわかります。「健全な精神は健康な胃腸に宿る」という側面があることは確かです。だからこそ普段の生活で、胃腸に気を配る習慣を身につけておくことは、脳にとっても歓迎することなのです。

私は、頭のよさを「反射が的確であること」と解釈しています。その場その場に応じて適切な行動ができることです。苦境に立たされても、適切な決断で、上手に切り抜けることができる。コミュニケーションの場では、瞬時の判断で適切な発言や気遣いが出来る。そんな人に頭のよさを感じます。

ときに会議中に眠くなるのも、静かに座っている姿勢が休息の姿勢でもあるからだといえます。あくまでも身体がトリガーです。「やる気」も同様です。やる気が出たからやるというよりも、やり始めるとやる気が出るというケースが多くあります。年末の大掃除などはよい例で、乗り気がしないまま始めたかもしれませんが、、いざ作業を開始すると、次第にきぶんが乗ってきて、部屋をすっかりきれいにしてしまったという経験は誰にでもあるはずです。やる気は行動の原因ではなく、しばしば行動の結果です。「何事も始めた時点で、もう半分終わったようなもの」とはよく言ったものです。

入力よりも出力を重視することが大事だとこの本は教えてくれています。行動することが大事です。

  嫌なことやり始めると初めより楽になること脳の仕業か

よく晴れた今朝の太陽と雲の芸術作品でお別れします。DSC06438
DSC06437


今日の曲は、平原綾香 これから





天声人語が面白くなくなってきています。どうして?

<今日の表紙>台風24号接近前の一瞬の今朝の輝き
DSC06356

昨日の強い雨がいったん止んで嵐の前の静けさという言葉が似あう今朝の日の出前のパノラマです。DSC06348
静かな朝です。DSC06349
ブログを書き始めたら窓の外が急に明るくなったので再び外へ。DSC06353
大きな太陽の光を浴びて煙突の煙が輝いていました。一瞬の事でしたが、今朝の太陽は9月最後の神様からのプレゼントでしょうか?

以前の僕は、月末の天声人語を読むのが楽しみでした。それは、今月の言葉からという天声人語を読むことでした。DSC06352
今朝の天声人語です。

そういう楽しみが2年前の4月から天声人語の筆者が2人とも交代したことからなくなりました。

現在の筆者もよく記事の現場に出かけて、出かけたならではの記事を書いています。でも、2年前の3月までのパフォーマンスがなくなって、月末だろうが月初めだろうが区別することなく書いています。年間12回の1ヶ月のまとめのようないい企画をやめたことが僕のような天声人語ファンには面白くありません。

今の新聞を取り巻く環境は、読者数の減少で以前に比べて厳しくなってきているようです。

僕がまだ朝日新聞を読んでいる理由の一つは、天声人語や折々のことばや惜別などのコラムが好きだということがかなりのウエイトを占めています。

新聞のこれからは、コラムニストの充実が存続の条件になるような気がします。毎月4000円近く払って読む読者がどれだけ納得するのか・・・・・

1ヶ月に2回ほどは僕が感動するような記事を書いてほしいのですが、最近は天声人語を読んで感動した記事をブログにアップしていません。

今年これまでに2回面白かった、感動した記事を題材にしてブログを書いています。

最初は3月16日のホーキング博士への追悼のことばです。DSC08951
取り上げ方が独特です。出だしは、こうです。DSC08952

ーーーーーーーーーーーーーー
平らな道で転ぶ。靴ひもを結べない。英宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士の闘病はそんな異変から始まった。難病の筋萎縮性側索硬化症で、当初は余命2年と診断される。21歳の青年はうちのめされた。30代で車いすに乗り、40代で声を失うと人工音声で会話した。「旧式の装置で交換部品もないけれど、もう自分の声になった」と語っている。
ーーーーーーーーーーーーーー
筆者の覚えている比喩があると書いています。
ーーーーーーーーーーーーーー
宇宙はどんな過程をへて現在の姿になったか。そんな難題に生涯をかけた。ホーキング理論を説明するのは筆者の及ぶところではないが、覚えている博士の比喩がある。
「ブラックホールに人が落ちたら、すさまじい重力で身体はスパゲティ化される」。そういった平易な言葉で宇宙の神秘を語り続けたことも大きな功績だろう。
ーーーーーーーーーーーーーー
そして、文章の後半になってやっと亡くなったことを記しています。DSC08953

ーーーーーーーーーーーーーー
車いすの天才が76歳で亡くなった。その年譜をたどると、生まれたのは地動説で有名なガリレオの没後300年の日。少年期のあだ名はアインシュタイン。英大学で就いた教授職の先輩にはニュートンがいる。天才を結ぶ奇縁を思う。
ーーーーーーーーーーーーーー
そして、結びを悲しみの中ではなく、想像の旅への思いで綴っています。
ーーーーーーーーーーーーーー
好奇心は晩年まで衰えなかった。熱気球で空を飛び、潜水艦で海にもぐる。無重力実験に挑んだかと思うと、宇宙旅行に参加することも決めていた。星たちのまたたく空間でどんな着想を得たか、あの声で聞いてみたかった。
ーーーーーーーーーーーーーー
2回目は6月23日の悪にもいろいろな悪があるという内容です。
昨日の天声人語で「悪」の事を書いていました。DSC02638

出だしでは、
「悪」が東京のあちこちに出没している。渋谷や原宿、銀座の博物館や画廊6館で、悪をテーマにした展示会が一斉に開かれているのだ。DSC02639

とあります。

どこも盛況で、「悪」を見つつデートを楽しむ若者の姿もあった。

人殺しや盗賊を指す「実悪」。皇位簒奪を企て、政敵を追い落とす「公家悪」。眉目秀麗な容姿でまどわす「色悪」が人気を集めた。DSC02640
会場をめぐれば、多彩な悪と対面する。佞臣、逆賊、悪僧、盗人、強盗、毒婦、侠客、妖術使いーー。なるほど浜の真砂は尽きるとも、世に悪党の種は尽きないようである。
悪の増殖は、むろん現代もやまない。時の権力に媚びる者が善とされ、権力にまつろわぬ者は悪とされる。そんな例は古今、枚挙にいとまがない。

と結んでいます。

僕がブログに書きたいなと思ったのは今年の今までではこの2回だけです。

少し少ないですね。

今年はまだ4ヶ月も残っていますので、僕が感動する天声人語をいっぱい読みたいです。

  毎日の朝を彩る食卓のおかずのような天声人語

今朝の一瞬の太陽、そして9月最後の日の出の大きな眩しい太陽でお別れします。DSC06354
台風24号が去った後10月最初のさわやかな朝を迎えられますように!

今日の曲は、太田裕美 九月の雨






株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール