本・新聞

手話は大きく分けて2種類あるということが初めて分かりました。「デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士」丸山正樹著

<今日の表紙>昨朝の赤い太陽の日の出
DSC01899

昨朝は、雲が多かったですがあたりを赤く染めて太陽が昇ってきました。DSC01900

3月もあと2週間となりました。

3月に入り3冊目の読んだ本は、ちょっと特殊なジャンルを題材にした「デフ・ヴォイス 法廷の手話通訳士」丸山正樹著でした。DSC01835


これからしばらくして保釈されたカルロス・ゴーン氏の裁判が始まりますが、以前天声人語で、法廷の外国語の通訳士のことを書いていました。法廷の通訳が不足していることと、法廷用語など難解なことが多く裁判の行方にも影響する責任の重さがテーマでした。

そのことが頭にありましたので、この本を本屋さんで見つけて読むことにしました。DSC01841

著者の丸山正樹氏の言葉です。DSC01837


デフ・ヴォイスには3つの意味があります。「ろう者の声」「手話」最後の一つには、ろう者に限らず、言いたいことがあっても圧倒的な多数の前にあってその声が社会に届きにくい社会的少数者の声。

小説のストーリーの主人公は、耳が聴こえない両親を持つ、耳が聴こえます。DSC01838
DSC01836


この本を読んで、今までの僕のろう者に対する思い込みの浅さがわかりました。

手話の種類は大きく分けて2種類あります。

一般的に知られている手話ー日本語に手の動きを一つ一つ当てはめていく手法は、正確には「日本語対応手話」と呼ばれるものだ。聴者が手話サークルや手話講習会で学ぶのはほとんどがこれで、自然、手話通訳士が使用する手話も同様になる。
これに対し、ろう者が昔から使っているものは、「日本手話」と呼ばれ、日本語の文法とは全く違った独自の言語体系を持っている。従って、生まれた時から使っているろう者でなければその習得はかなりの困難を極め、聴者はもちろん、難聴者や中途失聴者などでも使いこなせる者はまれだった。

ということで、ろう者が「日本語対応手話」を理解することはいちいち「日本手話」に置き換えなければならずかなり疲れるというのが本音のようです。

  日本の二つの手話の間には長い歴史の違いが宿る

これをもってしても、裁判での手話通訳の難しさが分かりますね。

主人公は、耳が聴こえるので手話通訳士としても有能でした。ろう者の両親から生まれた聴者を「コーダ」と言います。

主人公は自分が「コーダ」ゆえの悩みを小さい時から抱えて大きくなりました。この小説のストーリーは、ろう者の殺人事件をテーマにした主人公ならではの推理が光ります。面白かったですよ。

この本を読んでよかった。

昨夕のお月様と、DSC01905
今朝のよく晴れたパノラマと、DSC01918
久しぶりの御嶽山でお別れします。DSC01909


今日の曲は、川嶋あい 旅立ちの日に・・・


舩越園子さんお疲れさまでした。(素顔のプロたち 米国ゴルフツアー)

<今日の表紙>花の下からのクリスマスローズのショット
DSC01624

昨日はミッドランドスクエアシネマで映画を観ました。その時に通るB1の通路沿いにクリスマスローズが今咲き誇っています。DSC01626
花がお辞儀をしていますので花の下から撮りたくなります。DSC01625
きれいでしょ!

このクリスマスローズの撮り方のようにとっても表現力豊かな文章でアメリカの男子プロゴルフツアーを僕を楽しませてくれていた朝日新聞夕刊のコラム「舩越園子 素顔のプロたち 米国ゴルフツアー」が昨日で最終回となりました。DSC01636
2002年4月から毎月1、2回のペースで何と417回です。DSC01637



最終回にも書いている通りタイガー・ウッズの事が一番多かったようですが、名も知れないプロの話とか、直接の試合の事ではない話とか、このコラムでないと知りえなかったことが多く書かれていました。

僕は、僕のゴルフのプレー日のプロローグとして舩越さんの記事をブログにアップすることも多かったです。

10日に今年の初ゴルフをします。そのプロローグとしても、そして、舩越園子さんへの感謝のしるしとして、僕がブログにアップした記事の中から印象的な2つの素顔のプロたちをご紹介します。

まず、2015年5月22日のブログから、ニック・プライスのキャディーを長年務めて1997年に白血病でこの世を去ったジェフ・メドレン(米)のことを書いた「心優しき 名キャディー」です。068
069
しばらく読んでいくと自然に涙が出て来ました。

サブタイトルは「心優しき 名キャディー」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
春から夏へ移ろうこの時期、必ず思い出される人がいる。前回のこの欄で書いたニック・プライス(ジンバブエ)のキャディーを長年務め、1997年に白血病でこの世を去った、ジェフ・メドレン(米)だ。甲高いキーキー声ゆえ、愛称は「スクイーキー」。93年に渡米した私が現地で初めて一対一でインタビューした相手は、実を言えば選手ではなく、彼だった。

94年全米プロの練習日。つたない英語、必死の形相だった私を哀れに思ってくれたのだろう。メジャー大会の前日だったにもかかわらず、彼は「1時間後に」と言ってくれた。そのころ彼は「メジャー優勝をもたらすキャデー」と呼ばれていた。91年全米プロでプライスが愛妻の初産立ち合いのために急きょ欠場した際、補欠から繰り上がり出場した無名のジョン・デーリーのキャディー役を買って出て、勝利に導いたのがスクイーキーだった。

その翌年、今度はプライスが全米プロでメジャー初優勝、94年全英オープンでも優勝。選手を勝たせる秘訣は「選手の心の火が燃えすぎないよう、消えないよう、中庸に保つこと」と語った彼は、その4日後、プライスを3度目のメジャー優勝に導いた。

表彰式でプライスが祝福の輪に包まれていた時、スクイーキーは輪の外に一人立ち、ひっそりと拍手を送っていた。「おめでとう」「ありがとう」。勝利の陰の立役者と握手を交わしたあの瞬間、私はモノゴトの真正面より側面や裏側を眺めるのが好きになった。

スクイキーが白血病と診断されたのは、それから2年後の96年夏だった。97年マスターズの直前、彼を見舞ったプライスは「思った以上に元気だった」と言った。が、春から夏へ、マスターズから全米オープンへと季節が移ろう5月に様態が悪化。6月に43歳の若さで逝ってしまった。

「スクイーキーと分かち合った勝利と笑顔を僕は永遠に忘れない」とプライスは泣いた。スクイーキーがいなかったら、プライスのメジャー3勝もデーリーの物語も生まれていなかったのかもしれない。スクイーキーがいなかったら、私は今、こうして文字をつづってはいなかっただろう。

彼の命は尽きてしまったけれど、彼の優しさ、彼の魂は今でも中庸の火となって燃え続けている。

季節のはざまのちょうど今ごろになると、私は毎年、そんなことを思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
名選手の陰に名キャディーあり。

そして人生は切ないことも、輝くこともいろいろ起こる。

舩越園子さんの人生の1ページに深く刻まれた名キャディー「スクイーキー」とその言葉「選手の心の火が燃えすぎないよう、消えないよう、中庸に保つこと」

モノゴトの真正面より側面を眺めるのが好きになった著者の文章は美しく、切なく、そして輝いて多くのコラムを僕にプレゼントしてくれています。

  モノゴトの 側面眺め 文字綴る 素顔のプロたち 春から夏へ


次は、2014年1月10日のブログからです。
僕が大好きな朝日新聞夕刊のコラム 素顔のプロたち 米国ゴルフツアー 舩越園子著 の2014年最初のコラムが9日の夕刊に載っていました。012


すごく感動的な文章でしたので、みなさんとシェアしたくなりました。

タイトルは、「聖夜に元日に 届いた幸せ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「お正月」は新たな年を迎える日本ならではの習わしだ。初日の出、初詣、おせち料理。そうやって迎春の喜びをかみ締め、一年の計を立てて気を引き締める。
だが、米国には日本のような概念はなく、一年の区切りとなるのは、1月1日より、むしろクリスマスだ。米国の子供たちにとってサンタクロースが来てくれるかどうかは、プレゼントをもらえるかどうかのみならず、希望を抱いて新しい年を迎えられるかどうかをも意味することになる。

昨年12月の半ばだったろうか。「アーノルド・パーマーがクリスマスを救う」と題された動画がネットでは配信された。パーマーが自身の名を冠し、サポートを続けているフロリダの小児病院のプロモーションビデオ。何気なく開始ボタンをクリックしたら、そのまま釘づけになった。011


ビデオの冒頭はクリスマスにも病院から自宅へ戻ることのできない重病、難病の子供たち数人が代わる代わる登場。6歳ぐらいの女の子がちょっぴりおませな口調で、しかし寂しそうに、こう言った。「サンタクロースは、たぶんここに来られない。だって・・・・・問題は、この病院に大きな煙突がないってことなのよ」

そこでさっそうと登場するのがパーマーだ。子供たちからの手紙を読んだパーマーは、すぐさまサンタクロースに電話をかけ、「私だ、アーニーだ。キミを待っている子供たちがたくさんいるんだ。必ず、ここにきてくれよ」と頼む。

そして、クリスマスの朝。病室のベッド際にサンタクロースからの贈り物を見つけた子供たちの輝く笑顔。宣伝を兼ねたビデオであることは百も承知だったが、涙があふれた。

私事で恐縮だが、クリスマスの夜、母が急病になり、緊急手術で救われた。
「年越しは病院だね」と2人で苦笑したが、優秀な医師たちと先進医療に感謝した。そして元日の夜、病院食に添えられたおせち料理の小さなパックを見たとき、パーマーのビデオが思い出された。 

病院でもメリークリスマス。病院でも謹賀新年。気分だけ、香りだけだっていい。たとえ一片でも夢や希望を運んであげられれば、本当は苦しくつらい状況下でも一瞬の幸せを味わえる。ゴルフとプロゴルファーが、そんな存在であり続けてくれたら、うれしい。
ゴルフを伝える私自身も、そうできることを目指したい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうでしたか?ちょっとほっとできる文章でしょう。

舩越園子さんのすばらしい感性が出ていますよね。

   パーマーの 心遣いが 伝わりて 僕の心も 幸せになる

プロスポーツの価値は、苦しんでいる人たちにどれだけ夢や希望を与えることが出来るかが大きいですね。

舩越園子さん、17年間お疲れさまでした。そして、4月からの新連載を楽しみにしています。

  独特の視点で描き楽します素顔のプロたち舩越園子

今日は亡妻の68回目の誕生日です。これからお墓参りに行って来ます。ということで、亡妻のお墓の写真でお別れします。DSC06704
035


今日の曲は、桑田佳祐 悲しい気持ち



読み始めたら止まりませんでした。「天才感染症上・下」デイヴィッド・ウォルトン著・

<今日の表紙>一昨日の朝日新聞折々のことば
DSC01557

小説家の大沢在昌のことばを紹介していました。

生き方を学んだとか、そんなことをちっともいってほしくないの。とにかく読み始めたら止まりませんでしたといわれたい。

僕は大沢在昌の本を今年の1月に読んでいました。DSC01607


この本を読んでいましたので、大沢在昌の言わんとすることは分かります。彼は読者が読み始めたら止まらない小説を書くことを目指しています。そういう意味では、魔女の封印はその通りの本でした。

そして、3月になって5日で読み終えたデイヴィッド・ウォルトン著の「天才感染症上・下」は、大沢在昌の理想とする読みだしたら止まりませんでした。さらに、すごく面白かったです。DSC01602


久しぶりのアメリカの小説でしたが、ディヴィッド・ウォルトンの発想力のすばらしさには驚きの連続でした。DSC01604
DSC01605
アマゾン産の新種の生命体が人間に感染すると人間の知能が飛躍的に向上する。しかし、そこには恐ろしい未来が待ってるという設定の元に主人公ニールが大活躍する手に汗握るSF小説です。DSC01606

上巻は、読み終わるのに4日費やしましたが、下巻は1日で読んでしまいました。

アメリカの小説は、ダン・ブラウンの「天使と悪魔」などの宗教象徴学者ラングドンシリーズはよく読みましたが、久しぶりに素晴らしい小説家に出会いました。

これから、しばらくは面白く時間をつぶせそうです。

多くの小説家は、大沢在昌の言葉どおりの気持ちで小説を書いていると思います。読みだすと止まらない小説に出会うと、物語の終わりに近づくとまだ終わってほしくないというわがままな感情が出てきてなんだか悲しくなる気がします。終わるのは仕方ないことですがね。(汗&笑)

  読みだすと止まらないほど面白い本に出会うと終わりが悲し

雨上がりの今朝のパノラマと、DSC01612
深い青の空でお別れします。DSC01613


今日の曲は、サザンオールスターズ 真夏の果実

命の尊さをよく表しています。(今朝の天声人語)

<今日の表紙>プロテアスペシャルピンクアイス
DSC01345

花が開く前でもきれいです。

2月が今日で終わります。なんで2月が28日で終わるのかは、紀元前45年から使い始めた古代ローマのユリウス暦では年の始めはIanuariusと定められ、Februariusは「2番目の月」になりました。
また、ヌマ暦で日数が29日だった月は、ユリウス暦では日数が30日か31日に変更になりました。しかし、Februariusは日数を増やされず、ヌマ暦と同じ28日のままになりました。これは、Februariusには宗教的な意味合いの強い祭礼が多くあったため、混乱を避けるために日数の変更を避けたためと考えられています。こうして、それぞれの月の日数が現在と同じになりました。とあります。

  2月だけ28日何でなの?古代ローマの暦を今も

その2月最後の日の天声人語は、心が温まりました。 DSC01426
わずか268グラムで生まれた男の赤ちゃんが東京の病院で育ち、元気に退院した。DSC01427

人間は誰でも、未熟な段階で生まれてくる。それがほかの動物との大きな違いである。・・・
生を受けた後、時間をかけて多くのことを学び成長する。未熟だから弱いのではなく、未熟だから可能性がある。人間はそんな存在だったと改めて知らせてくれるニュースだった。

米国の大学のまとめでは、300グラム未満で生まれて退院した赤ちゃんは世界でこれまで23人しかいないという。多くの人の支えと、奇跡に導かれた命である。しかし、こうも思う。奇跡ではない命など、この世にあるだろうか。

  自らの心臓を抱く思ひせりまだ名をつけぬ赤児抱きて 宮里信輝

男の子もいまごろ、両手で包み込まれていることだろう。鼓動をしっかりと刻みながら。

2月最後の朝は残念ながら久しぶりの雨でした。DSC01422
でも、この天声人語を読むと心が温かくなっていい2月の終わりの1日となりました。

温かい色をした大輪桜草プリムラオブコニカでお別れします。DSC01342


今日の曲は、JUJU やさしさで溢れるように



幼児虐待を扱った小説「血腫」田村和大著は、とても奥が深い。

<今日の表紙>今朝の日の出の太陽
DSC01361

今朝は暖かい穏やかなお天気でした。(6時41分)DSC01360
日の出の太陽が雲のベールをまとって昇ってきました。DSC01355
DSC01356

最近のお天気は晴れでも日の出の時間は雲が多く気温は高めで春の気配が漂っています。

2月も早いものであと3日となりました。昨日に2月で4冊目の本を読み終えました。

本屋さんで面白い本がないかなと探していたら、今年になって世間を騒がしている幼児虐待をテーマにした「血腫」田村和大著が目に留まりましたので早速買って読みました。DSC01362
幼児虐待の徴候が見られるも、その怪我は虐待か?事故か?DSC01363

警視庁から故郷の警察署に戻って来た栗秋刑事が真相を追っていきます。DSC01364


生後2か月の乳児が父親がウトウトしている間に意識を失った。病院で緊急手術をして命は救えましたが幼児虐待の徴候(揺さぶられっ子症候群)が見られたので、父親が逮捕されました。

それからのストーリーの展開が面白くて数日間で読み終えました。

生後2か月の乳児の頭に血腫ができる原因は虐待のほかに、出産時、母親の産道を通っているときに頭に圧迫を受けて血腫ができることは珍しくないそうです。しかし、大部分の血腫は2ヶ月も経つ自然治癒してしまうということです。では、虐待ではなく、この乳児は自然治癒しなかったのかを主人公の栗秋刑事が地道に調べて行きます。

そして、事件の結末は驚く方向に向かいます。事件の解決のヒントが栗秋刑事の昔の上司の言葉「結果だけではなく過程も見ろ」でした。「新幹線の駅で、授乳室のピクトグラムに哺乳瓶の絵が使われていました。その絵を見たとき、昔の上司に言われた『結果だけではなく過程も見ろ』という言葉を思い出したのです」

  物事の背景探る過程では見えないものにいっぱい出会う

著者の田村和大のセンスの良さを感じました。DSC01365


これからしばらくの間、僕のマンションの部屋のベランダから見えなくなる昨日の夕陽でお別れします。DSC01349


今日の曲は、シャネル 奇跡

会社の人間が業務中に誘拐されたら?「弊社より誘拐のお知らせ」木宮条太郎著

<今日の表紙>ミッドランドスクエア南出口のモニュメント
DSC01066

昨日は、暖かいいいお天気の中、モニュメント上部の緑もきれいでした。

昨日は朝から春めいたお天気でした。DSC01064
飛行機雲がきれいです。DSC01060
御嶽山もピンク色のバックが広がっています。DSC01061


JRタワーズも青空をバックにしてきれいでした。DSC01065


普通、車に乗らなくなって3年3ヶ月ほど経ちますが、行動範囲が交通機関のそばに限られるようになりました。ということで、名駅前に行くことが多くなりました。

昨日も名駅前に映画を観に行ったのですが、僕の好きなハッピーエンドの終わり方ではありませんでした。最近、ハッピーエンドではない終わり方が多いような気がします。

それに引き換え、2月になって3冊目の本「弊社より誘拐のお知らせ」木宮条太郎著はハッピーエンドでしたし、会社の役員、社員の業務中の誘拐での身代金はどういう経理項目になるのか、限度額の基準などはどうか?が何となくそうなんだとわかってきます。DSC01075


ズバリ、社費で身代金は払えるか!?DSC01072


普通の誘拐事件の身代金とは一味違い、興味深々のストーリーでした。

主人公の社員の岡野健太郎のあっと驚く推理が後半に爆発します。

  誘拐がハッピーエンドに変わります弊社より誘拐のお知らせ

木宮条太郎の本を読むのは今回が初めてです。DSC01073
本のタイトルが面白かったので買うことにしました。

数日間、自宅で、電車の中で楽しむことが出来ました。

今年の目標が「読書を強く心掛ける」ですので、今のところその成果が出ていて映画よりも確率的に面白い本に遭遇することが多いようです。

初めて読む小説家の本が面白かったら、次もその人の本を読もうと探します。映画監督と同じですね。

名駅前の通路の花屋さんで見かけた忘れな草の花と、DSC01067
水仙テータ・テートでお別れします。DSC01069


今日の曲は、平原綾香 スマイル スマイル

2月10日の朝日歌壇は、心に残る歌が載っていました。

<今日の表紙>僕に届いたバレンタインチョコ
DSC00988

13日から昨日にかけてバドミントンの練習で、日ごろから一緒に楽しくシャトルを打ち合っているレディースの人たちからバレンタインチョコをいっぱい頂きました。食べるのが勿体ない気がします。DSC00991
DSC00952
DSC00992

1ヶ月後のホワイトデーが今から大変です。(汗)

  義理チョコを喜んでいる僕ですが一ヶ月後のホワイトデー怖い

明日、日曜日の楽しみは、朝起きて朝日新聞の朝日歌壇を見ることです。DSC00905
10日の朝日歌壇です。

4人の選者が10首づつ選んで載せています。

10日の朝日歌壇には、僕の心に残る歌が5首載っていました。今日のブログで書かないと明日の朝日歌壇で上書きされてしまうような気がしましたので残すことにします。

最初の歌です。

  普通って一人ひとりで違うものあなたの普通を押しつけないで 愛知県 清水将一

次は車とオリンピックを題材にした歌です。

  四輪と五輪の不正取り調べ日本とフランス捜査当局 新発田市 北条祐史

刑務所の生活を詠んだ歌です。

  真冬日のカレーうどんは獄食のベストスリーに入れるほかなし ひたちなか市 十亀弘史

女教師のけじめの歌です。

  五時になり教師の我は終(しま)いにし母の顔して家に帰ろう 多摩市 栗田恵利子

最後は、今の季節感がよく出ていて、一日の始まりの歌です。

  白き息蒐(あつ)めてそっとドア閉まり始発列車が今日を乗せゆく 吹田市 辻井康祐

10日の朝日歌壇のこの5首が僕の心の中に残りました。

明日の朝日歌壇が楽しみです。

昨日の朝のパノラマとDSC00986
のどかな王子製紙の煙突の煙でお別れします。DSC00987


今日の曲は、松田聖子 天使のウィンク



株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール