<今日の表紙>波乱の桃田予選リーグ敗退
DSC08745

TOKYO 2020日本バドミントンの大ショックでした。昨日のすごい夕立ちのようです。DSC08739

悪いことが起こると良いことも起こるのが勝負の世界です。バドミントンの日本人選手は決勝トーナメントでまだ負けていないのが女子シングルスの山口選手とDSC08741
奥原選手だけです。DSC08740


バドミントンも番狂わせが起こりましたが、最近の新型コロナウィルスの猛威は番狂わせと言ってもいいでしょう。僕の昨年の今日のブログではこんな感じでした。

昨日、バドミントンの練習をしてランチを食べて家に帰って東海テレビのグッディを観ると気になる話題で盛り上がっていました。DSC00689
DSC00690
日本人の80%~90%の人が抗体を持っているはずー京大特定教授の上久保靖彦氏はさらに再自粛は不要である。ウィルスとの共存を考えるべきと言っています。DSC00691
その説明の図です。DSC00692
それによると、新型コロナウィルスにり患しても重症化しないと言う事です。

確かに、最近は感染者数は高い水準ですが、第1波の時に比べると、若い人への感染が多いと言う事が主な理由ですが重症化する人がかなり少ないし、死亡者のペースも感染者数に比べると非常に少ないです。

それにしても、昨日は東京250人、大阪220人ほど、愛知167人で、全国で初の1000人超でした。DSC00695
実際は1200人超でした。

1年前の今頃は全国で1000人を超えたらニュースになりましたし、上久保教授の説も僕をはじめ多くの人たちから支持されていましたが今は深海に沈みました。(汗)

1年後の昨日は東京で感染者数が過去最高の3865人となりました。DSC08744
もう第5波です。そして、昨日はついに全国で1万人を超えました。

悪くなるのは早いですね。1年前のブログではもう1つ京都大学のノーベル賞受賞者の本庶先生のコロナ禍の対処方法を書いています。DSC07341
今のように、毎日感染者数(PCR検査で陽性)を発表していることがそんなに意味があるのではなくて、推定される感染者数の死亡率がどれくらいかと言う事のほうがはるかに大事だと言う事です。そして、死亡者数を少なくする努力をしてこの病気が怖くない、インフルエンザのようだと言える世界にすることが大事です。

僕は本庶先生の考え方に賛成です。ワクチン、治療薬、治療体制の向上で死者数を抑えることでしか解決出来ないでしょう。

   全国で1000人超えた1年前今は1万悪夢の中か

感染者数が過去最高の全国で1万人を超えたことを知らせるBSTBSの報道1930でお別れします。DSC08747


今日の曲は、ミスチル 北京オリンピックのNHKテーマソング GIFT