<今日の表紙>久しぶりの昨朝の日の出の赤い太陽
DSC00887

昨朝は、薄い朝焼けから始まりました。DSC00878

しばらくすると雲の中から赤い太陽が顔を出してきました。DSC00883
DSC00884
しばらくすると雲の中へ入って行きました。DSC00888
DSC00890
15分ほどすると雲の中からオレンジ色の太陽が見えてきました。DSC00892
DSC00893
久しぶりの日の出ウォッチングショウでした。DSC00897


7月30日に紹介したブログ「コロナ第2波は来ない」上久保靖彦京都大学大学院特定教授 本当ですか?がこの1週間でなんとアクセス数が過去最高で断トツの2100以上です。DSC00901
DSC00902


こんなことはブログを始めて10年目ですが初めてです。原因はコロナ関連記事で、しかも「コロナ第2波は来ない」という今の現状は第2波だということが主流でありますが真っ向から否定している内容だからです。DSC00903
コロナ第2波は来ない上久保教授という検索では9番目に僕のブログが出てきます。

昨日の東京の新規の感染者数は263人で9日連続で200人超ですが、昨日現在の重症者数は22人から21人に減っています。感染者がハイペースで増えているにも関わらず重傷者が減っている。死亡者数の増加も非常にスローです。非常事態宣言解除前と比べて明らかに違います。若者の感染者が多いというのはわかりますが、分母が多くなると、高齢者や何らかの疾患を持った人もそれなりに重症化する人が多くなるのが自然です。

やっぱり、上久保教授の理論のほうが正しいような気がします。もしくは新型コロナウィルスが弱毒化したのでしょう。

もう一度、上久保教授のグッディで話した画面を紹介します。DSC00689
DSC00690
日本人の80%~90%の人が抗体を持っているはずー京大特定教授の上久保靖彦氏はさらに再自粛は不要である。ウィルスとの共存を考えるべきと言っています。DSC00691
その説明の図です。DSC00692
それによると、新型コロナウィルスにり患しても重症化しないと言う事です。

上久保教授の説が正しければ、上久保教授は、1633年の異端審問で「それでも地球は動く」と呟いた令和のガリレオ・ガリレイかも?

あと、1ヵ月ほどすれば答えが出るでしょう。

今のペースで感染者が出ると新たに1ヵ月で全国で3万人以上増加します。それで、重傷者がどれだけ増えているかです。ひょっとしたら今より減っているかもしれません。

  ひょっとして上久保教授ガリレオかコロナウィルス重症化せず

僕のブログは、30日、31日は合わせて1200人以上の人がチェックしてくれましたが、一昨日、昨日は合わせて300人台です。やっと落ち着きました。

昨朝の煙突の上の太陽でお別れします。DSC00895


今日の曲は、H2O 思い出がいっぱい