<今日の表紙>名城公園のフラワーガーデンのきれいなネモフィラ
DSC07380


昨日はダイナミックなパノラマで始まりました。DSC07346
きれいな恵那山のシルエットです。DSC07345
そして、日の出です。DSC07355

今の時期としては少し肌寒い晴れの日でした。

昨日も、名城公園へジョギングに出かけました。DSC07368
DSC07369


名城公園へ通じるハナミズキの街路樹がきれいです。DSC07367


名古屋城と藤棚のコラボです。DSC07371
藤棚の薄紫と白がきれいです。DSC07373


一昨日のBSフジのプライムニュースで2018年のノーベル賞受賞者の本庶先生が出演していました。DSC07341


その中で、今回のコロナショックの独特の解決方法を述べています。解決方法と言っても先生はコロナウィルスを撲滅することは不可能ですので、どれくらいの状況で今の緊急事態宣言を解除するかが重要だと言っています。そのためには、今の日本にコロナウィルスに感染している人がどれくらいの%でいるか把握することが重要です。そうすると、今日の状態での新型コロナでの死亡率が2.4%だとすると、今日発表の10倍の人が感染していれば0.2%に下がる可能性がある。そんなに恐ろしい感染症ではなくなります。そういう状況を具現化するためにPCR検査や抗体検査をもっと多くして今の日本の状況を正確につかむことが一番大事です。それとともに、死亡者を少なくするために、既存のいろいろな薬を患者さんに使ってみることが大事です。コロナウィルスのワクチンは今までの経験から言うとそんなに効かない。

今のように、毎日感染者数(PCR検査で陽性)を発表していることがそんなに意味があるのではなくて、推定される感染者数の死亡率がどれくらいかと言う事のほうがはるかに大事だと言う事です。そして、死亡者数を少なくする努力をしてこの病気が怖くない、インフルエンザのようだと言える世界にすることが大事です。

昨日のTVで慶応病院でのコロナ以外で入院する人67名にPCR検査をしたら4名が陽性だったということが報告されました。DSC07394
約6%ですのでこれを東京都の人口にすると80万人になるそうです。87人が死亡していますので0.011%です。新型コロナでの死亡者が87人というのも正確ではなくてもっと多いでしょう。

本庶先生は、日本の現状把握を早急にして出口の状態をはっきり決めることが大事だと言っています。そして、絶対に0にはできませんと言っています。悪い例としては、だらだらと緊急事態を何回も延ばして経済が疲弊し尽くすことです。

分かりやすく自説を説明をしている本庶先生からオーラを感じました。

  わかりやすく自説を披露コロナでの本庶佑の希望のオーラ

名城公園のフラワーガーデンのきれいなボタンの花でお別れします。DSC07375
DSC07376


今日の曲は、長渕剛 ひとつ