<今日の表紙>ゴジラ出現?
DSC06361

昨日の午前中は穏やかな曇り空でした。地蔵川沿いのほぼ満開になった桜がマンションの部屋から見れました。DSC06362
DSC06363

一昨日、バドミントンの仲間から、豊田市西部体育館で明日するけれど来れますかという連絡があり午後から車に乗せてもらい行きました。DSC06366
1時から5時まで楽しむことが出来ました。DSC06364
窓は全開して換気を良くしています。DSC06365

名古屋市の体育施設は全部休業中ですのでありがたいです。

4月1日、僕はバドミントンを楽しみましたが、新社会人のスタートの日でした。

その新社会人に対して、今回のコロナショックの中の門出をお祝いする内容の天声人語が印象的でした。DSC06367
DSC06368

 社会人1年生の時、仕事を教えてくれていた先輩から、いきなりこう言われた。「こいつ何言ってるんだって顔してるな、おまえ」。本人は神妙に聞いているつもりなのだが「分からない」という気持ちが目つきにでも出ていたか▼その職場では不器用でのみ込みの悪い新人と見られていたように思う。慰め半分、こう言われたこともある。「まあでも、早のみ込みしないのは悪いことじゃない」。救われたような気がしたのを今も覚えている▼社会に出るのは、分からないことだらけの世界に直面することだ。学校時代に考えていたことがガラガラと崩れるような気がするかもしれない。大丈夫。崩れたようでいて、培ってきたものはそれほどヤワではない。今は学べるだけ、学ぶときだ▼人生を決定づける出来事の8割は、35歳までに起きている――。米国の心理学者メグ・ジェイさんが唱える説で、仕事や恋愛、人との出会いなどをあげる。なるほど言われてみれば忘れられない助言も、印象に残る失敗も、そのあたりに集中している▼成長の出ばなをくじくような春になった。きょうの入社式が中止になり、入ってすぐ在宅勤務という方もいるだろう。教える側も教わる側も隔靴掻痒(かっかそうよう)。そんなときほど、分からないことを分からないと口にしたい。叱ってもらえる特権を享受したい▼ある大学教授が卒業生にあてたメッセージを目にしたことがある。「堂々と初心者を楽しんでください」。迎えるほうも、初心に帰る好機である。

学校で学んだり経験したことはよく考えると社会人になっても役に立っています。そして、人生を決定づける出来事の8割は、35歳までに起きていると米国の心理学者メグ・ジェイさんが唱える説に僕も賛成です。新社会人になった今年からの35歳までが大事だと言う事です。

  人生を決定づける出来事の8割起きる35まで

天声人語を読んでいる新社会人がどれくらいいるのかは少し心配になりますが親が読んでいれば新社会人の子供に言うことを期待しています。

久しぶりに見れた今朝の日の出のパノラマとDSC06378
眩しい太陽でお別れします。DSC06379


今日の曲は、サザンオールスターズ 夏をあきらめて