<今日の表紙>おばちゃん相手のギャグが面白い綾小路きみまろ
DSC00006

先日、綾小路きみまろのインタビュー番組がBSで流れていました。そこで、笑えるギャグが印象的でした。DSC00007


あと数か月で亡くなっても不思議ではないお年寄りが、東京オリンピックを見るまでは死ねないと言って少し長生きして東京オリンピックが終わると目的を達したということでばたばたと死んでいくと予想されます。

これが本当の五輪終です。

上手いですね!

プロは違いますね。

いろんな出来事をひねりを入れて面白くすることは老後を生きることでは大切なことです。

さて、最近の僕はテレビの「水戸黄門」をよく観ています。

午後4時からはなんとCBCではなくてテレビ愛知で月曜~金曜まで放映されています。DSC09965


そして、午後6時半からはBSTBSで月曜~金曜まで放映されています。DSC09996


4時からと6時半からでは、製作された時期が違いますので黄門さまと助さん格さんは俳優が違います。でも、毎回見ているとストーリーの骨格はほとんど同じということがわかります。DSC00003
毎回のクライマックスです。DSC00005


悪役の俳優も同じ人が何回も出ていることがわかります。悪家老、悪代官、悪徳商人、やくざの親分です。DSC09967
DSC09829
DSC00002
DSC00001
こういう一目で悪人だとわかる俳優は「水戸黄門」には欠かせません。

日本のテレビ界を支えた長寿番組でした。

僕のような老後の人生を楽しんでいる人たちには今でも貴重な番組です。なにせ、超安心して観れる時代劇ですので。

番組中に出てくるCMはすべてお年寄りの健康に関する、そしてお年寄りが生活する上で必要になりそうな商品です。

1話で約1時間、2話で2時間楽しめます。コスパは限りなく高く、ほとんどタダです。(笑)

テレビは、僕の老後には欠かせません。水戸黄門を観るまではそうは思いませんでした。(汗)

  静まれー❗この印籠が目に入らぬか病みつきになる4時6時半

水戸黄門はこれぐらいにして、先日僕が体験した「きんきの煮つけ」を基にしたギャグでお別れします。DSC00009
この写真はイメージです。

先日、お寿司屋さん風の居酒屋さんに行き「きんきの煮つけ」をたのみました。出てきた「きんきの煮つけ」は身の骨離れが悪く煮込みが足りませんでした。こういう「きんきのにつけ」のことを「きんきのつけ」と言います。(汗)ちなみに僕がなつけ親です。

今日の曲は、MISIA 逢いたくていま