<今日の表紙>今朝のきれいな朝焼けのパノラマ
DSC09976


昨日は、一昨日の高石市でのバドミントンの試合の疲れが残っているようで、映画を観に伏見に行きましたが、ランチ後ということもあってか、半分ぐらいは寝てしまいました。(汗)

日曜日の楽しみの一つは、朝日歌壇を見ることです。DSC09961
一昨日の朝日歌壇です。

その中に、小学校2年生の山添葵ちゃんの歌が載っていました。

  弟の「ん」はいったんもめんだよ夜になったらとんでいきそう

4人の選者の3人から選ばれていました。すごい!

ちなみに、葵ちゃんのお母さんの聖子さんの歌も2首載っていました。

  イブの夜のたぬき寝入りの子らの手は枕もとへと時折伸びる

  冷や水にひたした軍手で餅ちぎる役は祖母より受け継いでおり

そして、1月12日の朝日歌壇では、葵ちゃんの歌がなんと2首載っていました。

  手のひらをつぼみの形にやわらかくとじたら雪虫つかまえられた この歌は2人の選者が選んでいました。

  すずちゃんと6時間目の帰り道雪虫に「ひめ」と名前をつけた

今年早くも3首が朝日歌壇に登場した葵ちゃん。これからどれだけの歌が載るでしょう。楽しみです。

何で、僕が葵ちゃんの歌に興味を抱いている理由は、葵ちゃんの幼稚園の年長さんの卒園のこの歌にあります。

  いつもよりながくてすこしきつかったそつえんのひのせんせいのだっこ

この歌は、当時の4人の選者が選んだ、いわゆる僕のグランドスラム短歌でした。

そして、少学1年生になった一昨年の歌も載っています。彼女は、一昨年4月から小学校1年生で環境がこれまでと変わりました。

今度の歌二首も一首目(3人の選者)は小学校1年生の初々しい一コマを歌っています。DSC00440


  はじめてのきゅうしょくとうばんばりばりのエプロンをきてぎゅうにゅうはこぶ

そして、二首目は自分は女の子ということを意識しだしている本能に基づいたかわいい歌です。

  おうしざはおとこのこのうしなんだってわたしはおとめざがよかったな

4人の選者の人たちも山ぞえ葵ちゃんが6才だということが本能的に響いたのだと思います。そして、葵ちゃんの歌を口ずさむとほのぼのとした気持ちにさせれます。

そして、2年生になりました。8歳の山添葵ちゃん(奈良市)の歌が久しぶりに選ばれていました。

  すずちゃんとブランコで二人のりをしたせなかもおなかも風が吹いたよ

選者の先生の心の奥深く届く何かがあるのでしょう。

ちなみに、山添葵ちゃんの弟のそうすけ君(6歳)が11月の朝日歌壇にデビューしていました。

えんそくでわかくさやまにのぼったよおうちとママはみえなかったよ

山添さん一家から生まれる歌を待ち望んでいるのは僕だけでないと思います。

今年の朝日歌壇が楽しみです。

  葵ちゃん幼稚園から小学校短歌とともに大きく育て

昨日の名古屋伏見のむらさきやさんの玄関横の生け花でお別れします。DSC09960
カサブランカの白に隠れてロウバイが目立ちませんね。

今日の曲は、AI Story