<今日の表紙>展示されていた仕事での故人愛用のドライバー
DSC03686

一昨日の通夜に続いて昨日は平安会館東名斎場で僕の長年の友人で、弊社での僕が社長時代、専務として一緒に会社の経営をしていた故平松秀男氏の葬儀に臨みました。DSC03678
斎場の外の花壇にはアベリアが咲きほこっていました。DSC03679


祭壇の中央で彼の遺影写真が笑っていました。DSC03685


早めに着いたので控室を覗くと一昨日持っていった僕のブログから取り出した写真が早速飾られていました。DSC03681
DSC03682


そのそばには、故人への会社からの感謝の言葉がありました。DSC03683
そして、後輩からの似顔絵のプレゼントです。DSC03684


控室で開式の時間を待っている間に、故人のかっての釣り仲間が故人たちが釣り上げた魚を前にして特異なポーズをした故人の写真を持ってきてくれました。DSC03687
早速「お別れビデオ」の素材として追加しました。

葬儀が始まりました。

故人は三重県津市の出身ですので、真宗高田派での進行です。

お経が結構長いので、その間、故人の遺影写真を見ながら故人との思い出の世界に落ちて行きました。

故人との出会いは、昨日も書きましたが僕が23歳の時に大学を出て就職した会社でした。

彼は会社の寮の先輩でしたが、同じ歳で高校でのバドミントンの経験者ということで、すぐにお付き合いを始めました。そして、春日井市の第1回、2回のバドミントン選手権大会では2年連続彼と僕とのペアで男子ダブルスで優勝しました。

バドミントンの仲間たちは彼を「平まっちゃん」と呼んでいました。

そして、27歳の時に別々の理由で会社を辞めて、しばらくして僕が住んでいるところに遊びに来た時に中日新聞の求人広告で弊社が載っていることを偶然発見したことから再び故人との縁が復活しました。

30代で僕が社長、彼が専務となり会社を経営していくことになりました。

まだ、僕はバドミントンをしていますが、彼は写真でもあったように趣味は釣りとなりました。

でも、バドミントンの話をすると、津での高校時代のバドミントンの同級生2人も通夜、葬儀に来てくれました。彼の同級生は5人いて最近まで交流が続いていたとのことです。

余生を楽しんでいる最中に、筋萎縮症という難病に襲われて68歳で永眠しました。

長い間、仕事のパートナーとして苦楽を共にして会社を盛り立ててくれました。

バドミントンが取り持つ縁で人生がお互い輝きました。

  バドの縁大きく育ち人生を輝かせたぞ「平まっちゃん」と

「平まっちゃん」ありがとう!

葬儀後に昼食を食べて勝川のマンションに帰ると久しぶりにお天気が良くなっていました。DSC03688


彼は生年月日が10年前に亡くなった僕の妻と全く一緒でしたので、3月8日は2人の顔が思い出されます。

笑っている姿がとっても素敵な「お別れビデオ」の最後の「平まっちゃん」でお別れします。DSC03672


今日の曲は、浜田省吾 悲しみは雪のように