<今日の表紙>暖かい空が広がった昨日のJRタワーズ上空
DSC00706

久しぶりのJRタワーズでしたが、名駅前の通路の花屋さんも久しぶりでした。店頭を飾っている花もずいぶん変わっていました。可愛いボケの花です。DSC00711
そして、今の時期から春まで楽しめるクリスマス・ローズです。DSC00713
DSC00714


昨日は、バドミントンの練習の後、2月最初の映画鑑賞にミッドランドスクエアシネマに行きました。

観た映画は、池井戸潤の小説「七つの会議」を映画にした「七つの会議」です。DSC00733


僕は小説は読んでいませんでした。

主演は野村萬斎です。DSC00734
そして、対抗馬として香川照之です。DSC00736
映画ではこんなシーンも迫力満点でした。DSC00732
そして、もう一人が及川光博です。DSC00737
三者三様のキャラクターで映画を盛り上げています。

七つの会議というタイトルは、会議が七つあると言いうのではなく、会議中心にストーリーが展開していくということです。

七が印象的な数字ですので、3人のほかに僕がこの映画でびっくりしたあと4人を紹介します。

まず、若い頃人気歌手だった世良公則です。DSC00739
そして、鹿賀丈史です。DSC00740
ちょっとしか出ませんでしたが、本人とわからなかった役所広司です。DSC00738
最後は歌舞伎役者の片岡愛之助です。DSC00742


主人公たちの会社が販売する商品に使用しているネジの強度が規格の半分ほどということを企業ぐるみで隠ぺいしていることを主人公が暴くストーリーですが、今の厚生労働省の統計不正問題と本質的には変わらない、日本の企業に共通する問題でした。

  日本の企業社会の問題を映画で見せる七つの会議

そして、エンドロールが終わってもストーリーが続いていて、館内が明るくなるまで席を立てませんでした。

野村萬斎の表現力のうまさが光る映画で、結構楽しめました。

映画を観終わって勝川のマンションに帰るときれいな夕陽が見れました。DSC00721
DSC00722
DSC00730


自衛隊のC-130と夕陽のコラボでお別れします。DSC00727


今日の曲は、世良公則&ツイスト 燃えろいい女