<今日の表紙>今年最後のJRタワーズのパノラマ(昨日)
DSC09444

昨日、名駅前の映画館へ行った時にJRタワーズの写真も今年最後だなと思いました。そう思うときれいなショットが撮れてよかった。

ミッドランドスクエアの入り口にはきれいな門松が飾られてもういつでもお正月が迎えられそうです。DSC09445


さて、今年もあと2日ということです。今朝は昨日と違っていいお天気です。DSC09456
煙突の煙もさすがに少なくなっています。DSC09448


今年も、樹木希林、西城秀樹、浅利慶太など多くの有名人が亡くなりました。

その中の記事で、世界的に有名な英国の宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士(76)が3月14日に亡くなっています。DSC08954
3月15日朝日新聞夕刊


3月16日の天声人語で著者は愛情この場合は親しみ溢れる言葉で追悼の言葉をしたためています。取り上げ方が独特です。出だしは、こうです。DSC08952

ーーーーーーーーーーーーーー
平らな道で転ぶ。靴ひもを結べない。英宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士の闘病はそんな異変から始まった。難病の筋萎縮性側索硬化症で、当初は余命2年と診断される。21歳の青年はうちのめされた。30代で車いすに乗り、40代で声を失うと人工音声で会話した。「旧式の装置で交換部品もないけれど、もう自分の声になった」と語っている。
ーーーーーーーーーーーーーー
筆者の覚えている比喩があると書いています。
ーーーーーーーーーーーーーー
宇宙はどんな過程をへて現在の姿になったか。そんな難題に生涯をかけた。ホーキング理論を説明するのは筆者の及ぶところではないが、覚えている博士の比喩がある。
「ブラックホールに人が落ちたら、すさまじい重力で身体はスパゲティ化される」。そういった平易な言葉で宇宙の神秘を語り続けたことも大きな功績だろう。
ーーーーーーーーーーーーーー
そして、文章の後半になってやっと亡くなったことを記しています。DSC08953

ーーーーーーーーーーーーーー
車いすの天才が76歳で亡くなった。その年譜をたどると、生まれたのは地動説で有名なガリレオの没後300年の日。少年期のあだ名はアインシュタイン。英大学で就いた教授職の先輩にはニュートンがいる。天才を結ぶ奇縁を思う。
ーーーーーーーーーーーーーー
そして、結びを悲しみの中ではなく、想像の旅への思いで綴っています。
ーーーーーーーーーーーーーー
好奇心は晩年まで衰えなかった。熱気球で空を飛び、潜水艦で海にもぐる。無重力実験に挑んだかと思うと、宇宙旅行に参加することも決めていた。星たちのまたたく空間でどんな着想を得たか、あの声で聞いてみたかった。
ーーーーーーーーーーーーーー
この天声人語の言葉もいいのですが、その時のヤフーのトピックスでホーキング博士がAI(人工知能)の開発で強い警鐘を鳴らしている記事が出てきました。博士独特の視点から人類に語っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
近年では彼は宇宙の深奥から人類の未来にまで目を向け、知性をもつコンピューターの危険性をイーロン・マスクとともに警告していた。「起こりうる危険に対して準備し、それを避ける方法を学ばない限り、人工知能(AI)はわたしたちの文明の歴史における最悪の事象になりえます」と、ホーキングは昨年の講演で述べている。

『WIRED』UK版のインタヴューでは、「強力な自律兵器や少数者が多数を抑圧する新たな手法のような危険を、AIはもたらします。AIはわれわれの経済に大きな混乱をもたらすかもしれません」と語っている。「いつの日か、誰かが自己複製するAIをつくりだすでしょう。それは人間の知性を上回り、新たな形態の生命になるはずです」

彼は2016年、AI、気候変動、その他の(回避可能な)災害によって、人類にはおよそ1,000年しか残されていないと考えていると述べた。そして昨年になって、その予測をわずか100年にまで短縮した。「われわれがが自らの道を変化させない限り」──。そう彼は警告したのだ。

そんな宇宙論から踏み出した異例の懸念を、一笑に付すことは簡単だろう。特異点とは何であるのかを定義づけてきた人物が、なぜ人々にシリコンヴァレー発の“まがいもの”のシンギュラリティーへの注意を呼びかけるのだろうか?

もしかするとホーキングは、ブラックホールに関して間違っていたのと同じように、今回も見誤っているのかもしれない。だが、彼は常に誰も見ることができなかった世界を見てきた。彼が人々に説明するまでは、誰も見ることのできなかった世界を。
ADAM ROGERS
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホーキング博士によると、われわれが自らの道を変化させない限り、わずか100年しか我々には時間が残っていない。いやもう98年しか残っていません。

アンビリーバブル!

われわれが自らの道を変化させない限り、ターミネーターの世界が現実になるかもしれないということです。

  人類の未来を予言警鐘を鳴らして逝ったホーキング博士

早咲きのボケの花でお別れします。DSC09387


今日の曲は、コブクロ 未来