<今日の表紙>やっと見えだした今朝の日の出(6時38分)
DSC08117

マンションのせいで見えなくなっていた日の出が僕の部屋のベランダから見えだしました。DSC08114


昨日は、朝から映画を観て、12月から開幕する第86回愛知県社会人クラブチーム対抗バドミントン選手権大会の代表者会議兼臨時総会に行きました。

行先は、地下鉄日比野駅から歩いて5分の名古屋学院大学名古屋キャンパスです。DSC08103
最近の名古屋の私立大学は都心にキャンパスを作り出しています。名古屋学院大学名古屋キャンパスもできたばかりの新しさです。

12時半からの会議には140人近くのメンバーが集まっていました。DSC08100


大会会長の清水善勝さんのご挨拶です。DSC08102


来年度から300円個人負担が増える趣旨説明があり、予想外に臨時総会が長引きました。

体育館使用料やシャトル代、来年10月から実施予定の消費税10%など運営費が増える要素が目白押しです。

続いて、リーグ戦の運営についての説明がありました。

質問や要望がかなりありました。その中で、全部の順位が確定していなくても、1、2、3位が確定していてば、表彰式をやってほしい(現在はリーグの全部の試合が終わってから表彰式)。1位以外、2位3位の賞状はいらないので考えてほしいという意見が印象的でした。
結論は出ませんでしたが、検討するとのことです。

これは、参加メンバー全員の本音を言っているのではないかと思いますので、すぐに実現してほしいです。

そもそも、リーグ戦は1位と6位(2部、3部は5位も)が最も影響を受ける試合です。1位は上位の部に上がり、6位は下位の部へ落ちます。2位、3位は賞状をもらってもそんなにありがたいと思っていません。団体戦なので、要望を言った人の思いと同じで、賞状の置き場にも困ります。運営側も作業量が減り、表彰は1位のみとなればそれ以外のチームは表彰式を待たずに帰れます。

ということで、かなりのグッドアイデアですので是非実現してほしいものです。

いつもそうグッドアイデア現場から表彰状は優勝のみへ

そんなことで、僕の予定からは大幅に長引いて結局新規登録やメンバー変更などの手続きもあり大学キャンパスを発ったのは4時過ぎになり、県スポでの練習は断念しました。(涙)

帰り際に、役員の人たちへ1月20、27日に行われる愛知県社会人選手権大会での線審を勝者の人も必ず手伝わせてほしいと要望しました。昨年の大会で、社会人クラブチームの人は勝っても線審を手伝っていましたが、男子実業団の有力選手たちの多くは勝ったら線審を手伝うことなく、敗者のみでの審判(シングルスでは主審ひとり、ダブルスでは2人)で次の試合が行われることが多かったのを目のあたりにして驚きました。有力実業団選手のマナーの悪さにあきれるばかりでした。勝者も次の試合の線審を手伝うという当然のことをなぜできないのか?
全日本シニアのような参加料5000円の大会では専門の主審、線審が用意しています。勝者は審判をしなくていいのですが、参加料1800円の試合ですので、勝者も審判を手伝うのが当たり前のマナーです。

名北クラブも、新規登録者が2人いて、若返りが進んでいます。といっても年寄りも頑張っていますがね。(笑)

昨夜のきれいなお月様でお別れします。DSC08107


今日の曲は、スキマスイッチ Revival