<今日の表紙>今ごろ咲いている娘夫婦の家の庭のシュウメイギク
005
7年前撮影
そして、最近名駅前通路の花屋さんでのシュウメイギク・ハドスペンです。DSC06781
シュウメイギクでもかなりイメージが違います。

11月になり、年の瀬も近くなりました。

今年1月に考えた今年の目標は何だったかな?

今年は、ゆるゆるなイメージの目標でしたのですぐに思い出しました。

1月6日のブログで発表しています。

  自分の気持ちと相談しながら楽に生きることにします

10ヶ月の様子からすれば、まあまあ実現しているような感じです。

一番実行出来ているのが睡眠時間の多さです。

お酒を飲んだ、いや、飲み過ぎた翌朝は、日の出ウォッチングを終えると、寝なおしをよくしました。それにより、頭がすっきりしてその日1日を快適に過ごせました。風邪などで体調が悪い時でも寝なおしをよくしました。

バドミントンは、ちょっとやり過ぎの感じでしたので、気持ちと相談じゃなくて身体と相談しながら楽しむことが大事です。

あと、1ヶ月後には、忘年会が始まりだします。ということで、バドミントン仲間の間で隠れたヒットソング「バドミントンのシルバー時代」(青春時代の替え歌 作詞 岸 邦晴)をどうぞ!

1.還暦過ぎて足腰が ガタガタギクシャクどうしたの

  スマッシュ打てばネット前 ポトンと落とされ拾えない

  青春時代のスマッシュはどこへ行ってしまったか

  シルバー時代の入り口は 先の見えないことばかり

2.体はもう早高齢者 昔のプレーはかくれんぼ

  甘いドロップ落とされて 拾いに行けない僕がいる

  青春時代は軽々と シャトルを追いかけ続けたね

  シルバー時代の真ん中は 体が重たくなるばかり

  シルバー時代をよくしたい 誰もがみんな思うこと

  シルバー時代のバドミントン 笑顔忘れず無理せずに


  戌年も残りわずかになりました笑顔忘れず無理せず行こう

名駅前通路の花屋さんで見た黄金色のポインセチアでお別れします。DSC07398


今日の曲は、青春時代の替え歌 年金時代カラオケ