<今日の表紙>四国で唯一の原発 愛媛県伊方町の運転停止中の伊方原発1、2、3号機
DSC02449


昨日は、大分のホテルを出発して国宝の臼杵石仏を拝観しました。

ほぼ50年ぶりの臼杵石仏です。

入場料を払い石仏までの道を登ります。DSC02359


50年前は、石仏の首から上が地面に落ちていた光景を見たような気がしましたが、今では屋根付きのスペースで石仏は修復されてきれいになっていました。DSC02361
DSC02369
修復前の写真が展示されています。DSC02387
今はすごくきれいな環境になっています。DSC02385


石仏の前でのショットです。DSC02390
杖を借りて登りました。

近くには、どくだみの花が咲いていました。DSC02377
珍しいマムシグサです。DSC02379
岩の間にはトカゲの仲間のカナヘビがせわしく動いていました。DSC02399


石仏を拝観して佐伯の有名な錦寿司で昼食です。DSC02421
名物のトレンディー玉子Aです。卵を12個使用しています。DSC02424
3人では食べきれませんでした。佐伯出身の嘉風が来店したときの写真が目に留まりました。DSC02427


おなか一杯になって四国に渡るために佐賀関へ向かいました。

途中の鱗雲がきれいでした。DSC02432
佐賀関のフェリー乗り場に咲いていたアガパンサスです。DSC02434
佐賀関と言えば製錬所の高さ200mの大煙突です。DSC02433


四国側の三崎と佐賀関を70分で結んでいるフェリーに乗り込みます。DSC02435

昨日は波も静かで、関アジの釣り船を見ることが出来ました。DSC02440


三崎港に着いて和田君の車で松山に向かいました。途中の伊方原発が見える展望台に立ち寄りました。

伊方原発が出来てから道路がすごく良くなっています。

原発の危険は日本国民はよくわかっていますが、雰囲気はやさしいカラーでとても恐ろしい雰囲気ではありません。

  恐ろしいリスクを隠し佇むは明るいカラー伊方原発

伊方原発の1号機、2号機のアップでお別れします。DSC02448


今日の曲は、斉藤和義 ずっと嘘だった