<今日の表紙>名駅通路の花屋さんで見たアジサイ
DSC08684

花屋さんでは早くもきれいなアジサイを見ることができますが、今ごろの普通のアジサイはこんな感じです。DSC08656
名城公園の若葉が育っているアジサイです。

昨日からお天気が悪くなって週末まで悪いままの予報です。

洗濯をしても、部屋の中で干しています。

ふと、7年前に、洗濯機に感謝しているブログが思い出されました。

12、3年使っていた洗濯機が故障して、今の洗濯機に買い替えた時に書いたブログです。

こんなことを書いていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕が、中学校のとき(47年ほど前)、我が家に洗濯機が登場しました。
僕は、母が洗濯をした後、洗濯機についていたロールをまわして衣類を絞るお手伝いを
するのが楽しかったことを思い出します。ちなみに、洗濯機のメーカーは、三洋電機でした。

洗濯機がこの世の中に登場する前は、大きなたらいに洗濯板で、お母さんたちは洗濯をしてました。
もっとも、今みたいに毎日下着を洗濯することは、日本ではありえなかった時代です。
いまより、不潔だったかもしれませんが、そういうことは、みんな、気にしなかった時代でした。

洗濯機が登場したおかげで、今みたいな女性の社会の表舞台での活躍が可能になったと思います。

良し悪しは、単純には結論づけられませんが、日本人の異常なまでの清潔好きにつながったのは、
間違いないでしょう。
そういうことの積み重ねで、洗剤や水の大量消費につながり水質汚染などの社会問題が
起こった原因になりました。

僕は、今の生活を、楽しく営むことができるのも、洗濯機1台が故障せず動くことに
支えられていることに気づきました。

やはり、僕たちは、過去の人たちが体験したことがない、不思議な世界に生きていると思います。

世の中が、生活することに、便利さをどんどん追求していく方向に動いていると思います。
であれば、それがなかった時代のことを、伝えることが、ますます大事になっています。

それにしても、洗濯物を、ベランダで干すときに感じる季節感などの自然とのふれあい、
僕の大切な宝物です。
冬の手の切れるような寒さ、夏の朝から照りつける太陽のエネルギーの強烈さ、
春秋に感じる空気のやさしさなど、家事をやりだして改めて感じています。

もっとも、ヤマダ電機に行けば、乾燥機付きの洗濯機が大量に並んでいます。
複雑な気持ちになりましたが、僕は、普通の洗濯機を購入しました、。

今では、普通の洗濯機は、いわゆる全自動洗濯機です。

乾燥機付き洗濯機が普通の時代にならないことを祈っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今使用している洗濯機は、7年経っても順調に働いてくれています。

もし、故障すると、洗濯をコインランドリーでしなくてはいけなくなり、ぞっとします。

ひとり暮らしですので、冷蔵庫や掃除機、テレビ、クーラーなどは故障してもそう生活に影響ありません。歩いて2、3分の所に、スーパーやコンビニがあり普通に近い生活を維持できます。

洗濯機が故障すると、ひとり暮らしでも、僕はバドミントンのユニフォームなども含めるとかなりの洗濯ものが出てきますので生活への影響が大きいですね。

  快適な暮らし支える優れモノあなたに感謝洗濯機様

今日のブログの主役の我が家の洗濯機様でお別れします。DSC08711


今日の曲は、The Greatest Showman Rewrite The Stars