<今日の表紙>昨日82歳で亡くなった羽田孜元首相の新聞記事(朝日新聞)
DSC01068
羽田孜元首相は、1935年8月24日生まれです。82歳になったばかりでの死去でした。DSC01057
生まれてから29955日目でした。10月12日に30000日を迎えるはずだったのに残念。(涙) 合掌

羽田元首相の訃報記事は、昨日の夕刊です。その夕刊にも、朝刊の続きで、奥原希望選手のバドミントン世界選手権での金メダルの記事が踊っていました。DSC01059
決勝戦での1時間50分にも及ぶインドのプサルラ選手との激闘の状況とその時の心境が主な内容です。

この試合の模様をユーチューブで観ました。 動画で見るとその試合の両選手のプレーのすごさがよくわかります。

そして、一夜明けて、今朝の朝日新聞スポーツ欄にも金メダルの影響の記事が載っていました。DSC01067
今までで最多の4個のメダルを獲得した選手の強化方法などが紹介されています。

やっぱり、奥原選手が金メダルを取ったには、地道な本人の努力はもちろんのこと、ジュニアからの強化や、日本代表選手の強化など支援体制が実を結んだようです。

僕たちが愛知県の大会に参加するときには、必ず一人づつ100円の国際交流資金積立金を納めます。

こういうお金も結果が伴うと嬉しいですね。

昨日の朝日新聞1面、スポーツ欄、そして夕刊、今朝の朝刊と連続で奥原選手の金メダル関連の記事が載っていました。金メダルの力の大きさはすごい!

日本のバドミントンは、益々盛んになっていくでしょう。

試合が終わって、いつもコートに「ありがとうございました」とお礼をする奥原選手がすがすがしいですね。

  新聞に連日載った金メダルコートに感謝奥原希望

話は変わりますが、この世界選手権の男子シングルスでも、奥原選手と同じくリオでは銅メダルだったデンマークのビクトル・アクセルセン選手(23)が優勝しました。
リオでの3位決定戦でのアクセルセン選手です。DSC07980
ビクトルのシューズは僕のシューズと同じです。DSC07978
若い選手は、敗戦をバネにして強くなっていくんですね。僕も、はるか昔、そういう時期がありました。(汗)

奥原選手の金メダルのお陰で、この2日間、なんだかいい気持ちになれました。

羽田元首相のご冥福を祈って、先日まで花屋さんの入り口付近で咲いていたハスの花でお別れします。DSC00633


今日は、奥原希望選手の金メダルへのファイナルゲーム17-18からの素晴らしい、そして緊張の10分間の模様をどうぞ!