<今日の表紙>平成26年生まれの僕の孫の健ちゃん
DSC04123

僕が昭和26年生まれなので、平成26年も親しみが持てます。

昨日は、オバマ大統領の広島訪問が実現した歴史的な1日でした。

広島での17分間の演説では、核のない世界を目指すことを話し、広島の子供たちが平和に暮らしていることを喜びました。DSC04141


昨日の天声人語は、オバマ大統領の広島訪問を意識した内容でしたが、一味違った願いが込められていました。DSC04135
DSC04136

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1951年、京都大学の学生たちが各地で「原爆展」を開いた。連合国軍総司令部が、原爆の情報を厳しく統制していた時代。警察の妨害を受けながらも被害の全体像を多くの人に初めて示したと、小畑哲雄著「占領下の「原爆展」」にある。

「原爆の図」やケロイドの写真や放射線被害の実態などが、展示された。最後のパネルには、こうあった。「新しいプロメテの火を、原爆から解放して平和と人類の幸福と平和のための炬火とせよ!」・・・・・

戦後の日本は「核の平和利用」の名のもと原発建設へと進んだ。被爆国としての経験は歯止めにならなかったばかりか、推進の一端も担った。そして3.11を迎えた。

オバマ大統領がきょう、広島を訪問する。核兵器がいかに非人道的か、どうすれば核の廃絶に向かえるか、考える日にできれば。しかし、福島の原発事故を経験した日本は、もう一つの核を避けて通れない。

どうなるか判らぬ原子の手当にも薬はあらじ心あせるも 石井政男

原爆にさらされた人を手当てできない悔しさがにじむ歌だろう。原発事故の処理が思うようにいかない日本の姿が、重ならないか。廃炉は難航し、我が家にまだ帰れない多くの人がいる。

広島訪問で原発が語られることはおそらくないだろう。だからこそ語りたい、考えたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1951年、僕が生まれた昭和26年の占領下の日本で「原爆展」が開催されたことは驚きです。

そして、もう一つの核は、日本が避けて通れない問題だと言っています。

石井政男さんの歌の気持ちは、原爆の悲惨さをうたっていますが、原発事故にも通じます。

オバマさんが広島で演説をしているとき、八田川の堤防にはヒメジョオンが咲き乱れ平和な景色が広がっていました。DSC04124
そしてきれいな夕焼け空が広がっていました。DSC04130


平成26年生まれの健ちゃんが僕の歳(65)を迎えるころには、核兵器も原発も無くなっていてほしいです。

  広島の 願い届ける 道つくる 核なき世界 オバマ演説

梅雨入りを前に咲き始めた健ちゃんの家の庭のアジサイでお別れします。DSC04120


今日の曲は、絢香 はじまりのとき English ver.