<今日の表紙>道後温泉の宴会でのカリスマブロガーの(株)サンレーの佐久間社長と2ショット
DSC04087

昨夜は、僕が尊敬するカリスマブロガーで全互連会長の佐久間社長(ペンネーム一条真也氏)とお会いしました。

なんと、大変お忙しい中、僕が娘と息子からプレゼントされた「岸ブログTシャツ」とDSC03189
「岸ブログパーカー」の記事を読んでいただいてDSC03190
社内で検討すると聞かされました。

うれしいですね。人生は企画力です。

今日は、松山市の道後ゴルフ倶楽部で今年4回目のゴルフをします。

今治市に住む僕のゴルフのライバルのAさんとの勝負が楽しみです。

ということで、その勝負の前に、地球ゴルフ倶楽部 夏坂健著 の第2打より「自惚れは、スプーン1杯ほどに」をゴルフのプロローグとします。012

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
冗舌で芝居っ気たっぷりなマックス・フォークナーは、1951年にアイルランドのポートラッシュで行われた全英オープンの優勝者である。
しかし、ほとんどのアメリカ人は、このイギリスのプロがどんな顔の男なのか、知るよしもなかった。さらに、マックスは、1947年から通算5回もライダーカップの代表に選ばれているが、新聞に載るのはスター選手ばかり、どちらかというと地味な彼の顔が紙面を飾ったことはない。つまりほとんどのアメリカ人は彼を知らなかったのだ。

フロリダでのゲームを終わらせた彼は、もう1日ニューヨーク見物をするつもりで、ひとりでホテルのバーにもたれ込んでいた。すると、二人連れの紳士に話しかけられ、意気投合、やがて一人のアメリカ人が、
「あんたもイギリス人なら、ゴルフぐらいできるだろう」
「まあ、少々」
「そいつはけっこう。明日一緒にどうかね?朝8時に迎えにこよう」
迷っている彼の耳にこう囁いた。
「前もって言っておくが、おれのハンディキャップは5、あいつは7だ。ゴルフだけは人に負けたことがないのが自慢でな。きみにも十分なハンディキャップをあげる代わりに、1ホール5ドルでどうかね?」
これでマックスの気持ちが決まった。

翌朝コースに到着すると、本来右利きのマックスが左打ち用の貸クラブでゲームを始めた。それでも前半の9ホールで2アップしたというから、思うだに恐ろしい腕前である。

後半に移る前、しきりに首をひねる二人に対して、彼は鷹揚に話しかけた。
「次の9ホールでは、私のほうからハンディキャップを差し上げましょう。どうです、右で打つというのは」
「そ、そんな芸当できるのかね!?」
「やってみましょう」

本来の右打ちに戻った彼は、なんと5つのバーディを奪って「31」のあがり。よせばいいのに途中で掛け金をつり上げた二人組から、故郷に戻る足代に加えてお土産代まで頂戴したのだった。ここでおかしいのが男の態度。完膚なきまでに叩きのめされたはずが、まったく懲りていないのだ。

「きょうのお前さんは絶好調。おそらく一生に二度とはないゲームをやったと思うね。それに比べて、おれはイマイチ。ま、ゴルフとはこんなもんさ。次は覚悟しろよ、連絡を待っているからな。しかし、お前さんには才能ってものがある。ゴルフと本気で取り組む気になったら手紙を寄越しな。いいプロを紹介してやるから」

そういって、ピストルを撃つ真似をしたというのである。負けた男の全身から立ちのぼる無念、負け惜しみ、自惚れ、思い上がりには恐れ入るばかりだが、ちょっと待て。

彼はあなたによく似た他人、ゴルファーには共通して懲りないところがありはしないか。

率直な話、ゴルフ名言集をめくると、
「この偉大なるゲームから、私は謙虚さを学んだ」
そんな意味の言葉が、どっさり収録されている。しかし、謙虚すぎると闘う心が挫けてしまうのも事実である。心のどこかに、「スプーン1杯ほどの自惚れ」 を持たないことには、このゲームのつらさに押しつぶされてしまう恐れもある。
自惚れは、たとえばドライバーの飛距離であってもいい、パットの腕前をひそかに誇るのも悪くはない。自分の得意を「他人に語ることなく」、ひめやかに自惚れること。ここから進歩の輪がゆっくり広がるのだと思う。
マックス・フォークナーに叩きのめされた男が、もしあそこでポッキリ折れてしまったならば、彼は二度と立ち直れなかったはずだ。ピストルで相手を撃つジェスチャーこそ、ゴルファーに要求される資質の一つなのである。・・・

・・・、多少の自惚れがなければ、むずかし過ぎるゴルフなんぞやってられるかって。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうですか、ゴルフの世界では、面白い、そしてためになるエピソードがいっぱいありますね。

  うぬぼれが 勝負の行方 左右する  ゴルフできれば 楽しいけれど

それでは、行ってきまーす!

今治市の今治造船(株)が作っている世界最大級のコンテナ船のスクリュープロペラでお別れします。
020

僕との2ショットで大きさがわかりますよね。(直径9メートル)024



今日の曲は、レーモンド松屋 安芸灘の風