<今日の表紙> 今日の竣工式の斎主をしていただいた鈴木宮司さん
026


今日の表紙の鈴木宮司さんは、僕が宮司をしている滋賀県高島市の日吉神社の近くの
同じ名前の日吉神社の福原宮司の息子さんと大学の同級生だということです。

本当に世間は狭いです。僕のブログをチェックしていただいてわかったことです。

さて、今日は、去年の7月13日に起工式をしました、平安会館大治斎場の竣工式が
早朝より行われました。001
030


愛知県大治町役場のすぐ近くに竣工しました平安会館大治斎場 は、
木の温もりがテーマの斎場です。

木の温もりに囲まれたどなたにもやさしい斎場を作りました。004


僕の会社は、演出設備を納入させていただきました。

竣工式が始まりました。008


鈴木宮司の素晴らしい、大きな声の音楽を奏でるような祝詞奏上がありました。009


無事、竣工式が終わり、(株)平安閣の土田社長のご挨拶です。017


まず、鈴木宮司の祝詞奏上で、木の温もりのある、真心込めたセレモニーなど
オリジナリティあふれた祝詞に感激しました。
弊社は、昭和28年11月8日創業で、今年59年目を迎えます。
冠婚葬祭を通じて、より良い人間関係づくりのお手伝いをさせていただいてきました。
お葬儀では、故人との縁で集まってきていただいた方々により良い空間を提供させて
頂いています。
近隣の方がたのご協力に感謝して、また、ご指導をいただきながら頑張りますので
よろしくお願いします。

土田社長より、アトリエ本間の村上社長へ感謝状の贈呈です。018

(株)野村工建の野村会長へ感謝状の贈呈です。019


続いて、設計の立場で、村上社長のご挨拶です。020


木の温もりのある斎場がコンセプトでしたので、材料を確保するのに非常に苦労しました。
昨年の水害などで、工期が大幅に延びて、竣工が今日になりました。
特に、技術的に難しかったことは、丸い大木の大梁とそれを支える丸い木の支柱の
組み合わせです。014

これは、図面上などでは、表現で来ませんので、現場の野村工建さんの技術力の賜物です。
木の温もりのある空間を持った斎場として、利用される皆様に喜んでもらえるでしょう。

続いて、スタッフ紹介を兼ねた横山館長のお礼の言葉です。024


地元の方々とのこれまでのエピソードなどを交えた気持ちのこもった元気なスピーチでした。025


オープン見学会は、6月9日~11日の9時半~18時です。

    平安の木の温もりのセレモニー大治の地に育てと祈る

         今日の曲は、秋元順子☆愛のままで