僕は、3年前に、僕が若いときからずっと欲しかったロータリーエンジンの車、「RX-8」を妻のを取り付けて購入しました。

もっとも休日専用ですので3年間で14500キロしか走りませんでした。

今、この世界で販売されているロータリーエンジンの車は「RX-8」だけだということが僕の心を強く動かしました。

先日車検を受けたのですが、新しい車を買いたいなと思い始めました。
RX-8が悪い訳ではないのですが、ずっと乗りたい車ではなかったんでしょう。

こういうことって、長く生きているとたまにあるような気がします。

ということで、次はどういう車がいいかなと考えました。

僕のコンセプトは、遊びの車ですので、普通の車ではダメなのです。

RX-8はエンジンにこだわったので、次もエンジンにこだわろうと考えました。

ということで、スポーツカーで世界で唯一のハイブリッド車、ホンダの「CR-Z(シーアールズィー)」にしました。

RX-8の査定をしてもらいました。
結果的に言いますと高いところと安いところの価格差が40万円ほどありました。いちばん高いところは、最近、中古車の買い取りで発展しています「ガリバー」でした。
ただし、今だったら、その価格で買いますという、まさにタイムイズマネーです。

僕は、その意気込みに引き込まれ契約しました。

やはり、後発で中古車業界に進出して成功しているノウハウを持っているなと感じました。

商談のスピードと担当者の情熱の素晴らしさを強く感じました。

僕の車に対する考えの根本は、3Dテレビに対する考えと同じです。

僕の年代は、遠い未来をあまり真剣に考えずに、今現在とほんの近い明日を、楽しく過ごすことを、真剣に考えて生きるといいと思います。

僕を楽しませてくれた「RX-8」 ありがとう そして サヨウナラ…