2021年07月

20分間の超ロング日の出ウォッチングを楽しめました。

<今日の表紙>昨朝のメインショット
DSC02258_1

昨朝は雲の多いパノラマで始まりました。DSC02248_1
5時10分から日の出が始まりました。DSC02252_1
赤い太陽が登って来ました。DSC02254_1
すぐに今日の表紙の雲とのコラボが綺麗です。DSC02258_1
DSC02256_1
普通だったらこれで日の出ウォッチングを終わりますが、これからも雲とのコラボが見れそうです。まだ2分しか経っていません。オレンジ色に変わって来ました。DSC02266_1
DSC02272_1
DSC02274_1
DSC02273_1
まだ8分です。暑い雲の中へ入っていきます。DSC02287_1
DSC02295_1
そして、再び顔を出しました。DSC02305_1
19分後はもう白い色です。DSC02306_1
これ以上は眩しすぎて見れません。
20分間の楽しい日の出ウォッチングでした。

   始まりは赤オレンジ色に変化して最後は白にサンライズショウ

日の出から20分経った綺麗なパノラマでお別れします。DSC02307_1


今日の曲は、吉田拓郎 親切

昨年の今頃は第2波の前でしたが、今年は第5波に入ったようです。

<今日の表紙>波乱の桃田予選リーグ敗退
DSC08745

TOKYO 2020日本バドミントンの大ショックでした。昨日のすごい夕立ちのようです。DSC08739

悪いことが起こると良いことも起こるのが勝負の世界です。バドミントンの日本人選手は決勝トーナメントでまだ負けていないのが女子シングルスの山口選手とDSC08741
奥原選手だけです。DSC08740


バドミントンも番狂わせが起こりましたが、最近の新型コロナウィルスの猛威は番狂わせと言ってもいいでしょう。僕の昨年の今日のブログではこんな感じでした。

昨日、バドミントンの練習をしてランチを食べて家に帰って東海テレビのグッディを観ると気になる話題で盛り上がっていました。DSC00689
DSC00690
日本人の80%~90%の人が抗体を持っているはずー京大特定教授の上久保靖彦氏はさらに再自粛は不要である。ウィルスとの共存を考えるべきと言っています。DSC00691
その説明の図です。DSC00692
それによると、新型コロナウィルスにり患しても重症化しないと言う事です。

確かに、最近は感染者数は高い水準ですが、第1波の時に比べると、若い人への感染が多いと言う事が主な理由ですが重症化する人がかなり少ないし、死亡者のペースも感染者数に比べると非常に少ないです。

それにしても、昨日は東京250人、大阪220人ほど、愛知167人で、全国で初の1000人超でした。DSC00695
実際は1200人超でした。

1年前の今頃は全国で1000人を超えたらニュースになりましたし、上久保教授の説も僕をはじめ多くの人たちから支持されていましたが今は深海に沈みました。(汗)

1年後の昨日は東京で感染者数が過去最高の3865人となりました。DSC08744
もう第5波です。そして、昨日はついに全国で1万人を超えました。

悪くなるのは早いですね。1年前のブログではもう1つ京都大学のノーベル賞受賞者の本庶先生のコロナ禍の対処方法を書いています。DSC07341
今のように、毎日感染者数(PCR検査で陽性)を発表していることがそんなに意味があるのではなくて、推定される感染者数の死亡率がどれくらいかと言う事のほうがはるかに大事だと言う事です。そして、死亡者数を少なくする努力をしてこの病気が怖くない、インフルエンザのようだと言える世界にすることが大事です。

僕は本庶先生の考え方に賛成です。ワクチン、治療薬、治療体制の向上で死者数を抑えることでしか解決出来ないでしょう。

   全国で1000人超えた1年前今は1万悪夢の中か

感染者数が過去最高の全国で1万人を超えたことを知らせるBSTBSの報道1930でお別れします。DSC08747


今日の曲は、ミスチル 北京オリンピックのNHKテーマソング GIFT



卓球の水谷選手の金メダルはもう一つの戦いでも金メダルです。

<今日の表紙>26日の卓球混合ダブルス中国ペアを下して金メダルを獲得した水谷・伊藤ペア
DSC08735

中国ペアを下して卓球での初めての金メダルを獲得した水谷準選手は実は卓球でもう1つの戦いをしています。

僕の2012年11月30日のブログに書いています。
ーーーーーーーーーーーーー
先日の、ヤフーのトピックス欄に、卓球の水谷隼が、ラケットのことで厳しく訴えていました。012
(ロンドンオリンピック時点で、世界ランク5位)

それは、ラケットのラバーに補助剤というものを縫って、自分に有利な状況を故意に
作り出していることが国際試合などで日常化している。

補助剤を塗ると 「スピン」「スピード」「コントロール」が飛躍的に向上します。014


「すべてのプレーヤーと平等な条件でフェアに戦いたい」というのが、水谷選手の望みです。

当分の間、国際試合には出なくて、この不正行為の撲滅を訴えていくそうです。

補助剤のドーピングのシステムがでたらめということと、国際卓球連盟の関心が薄いことがハードルです。

日本選手は、水谷選手始め、みなさんフェアープレーで戦っています。
ーーーーーーーーーーーーーーー
金メダルの翌日の27日のヤフーのトピックスでも書かれていました。
ーーーーーーーーーーーーーーー
試合以外の部分でも、水谷選手にとって中国は卓球人生をかけて向き合ってきた巨大な壁。それは、「世界一になりたい」という選手としてのプライドだけでなく、「卓球界の未来」を考えてぶつかり続けた相手でした。

象徴的な出来事が2012年、ロンドン五輪後にありました。実はこの時期、水谷選手は国際大会への出場をボイコットしていたのです。その原因こそ、“卓球帝国”中国を中心としていた「ラケットの不正ラバー使用」でした。

―–

僕はこれから、選手生命をかけて卓球界に横行している不正行為と戦っていきたいと思っています。もちろん、アンフェアな状況への憤りがあるからですが、それだけが理由ではありません。このまま不正行為を放置すれば、卓球というスポーツの未来にも暗い影を落としていくという危惧が心の底にあるからです。

~『Number』2012年11月8日号『<日本卓球の至宝、覚悟の告発> 水谷隼 「世界の卓球界を覆う違法行為を僕は決して許さない」』より

―–

雑誌『Number』で卓球界に巣食う不正行為を告発し、問題提起したのが2012年11月のこと。国際大会では以前から、卓球ラケットのラバー部分に「グルー」や「ブースター」と呼ばれる接着剤を使用して打球の反発力を強める不正が公然化。この接着剤が人体に悪影響があるとして、2008年に国際卓球連盟が全面禁止を命じても、実質的に野放し状態であることを水谷選手は問題提起。事態改善がなされるまでの「国際大会ボイコット」を宣言したのです。

―–

ロンドン五輪のあと、問題を解決するためには自分の進退をかけるしかないと思いました。それで静岡に帰省したとき、新聞記者の人たちに補助剤の問題を訴え、解決するまでは国際大会を欠場する意向を伝えたのです。
いろんな反応がありました。「メダルを獲れなかった言い訳にするな」という声も聞こえてきました。僕の立場が危うくなることを心配してくれる人もいましたが、僕は自分の競技人生だけではなく、卓球という競技が歪んだ方向へ流れていくのをなんとかしてくい止めたいのです。

~『Number』2012年11月8日号『<日本卓球の至宝、覚悟の告発> 水谷隼 「世界の卓球界を覆う違法行為を僕は決して許さない」』より

―–

この「不正ラバー問題」が改善できない最大の要因は、卓球帝国・中国を中心に世界トップ選手たちが使用をやめないから、とされています。

―–

水谷によると、中国を中心とした外国人選手はグルーに代えてラケットの反発力を強くする「補助剤」を現在も公然と使用しているという。

「グルーは揮発性溶剤だったためシンナーのような強烈な臭いがしました。違反溶剤の検査機は臭いを感知する機械ですが、『補助剤』はほとんど無臭で感知できません。つまりいまの検査態勢だと違反を取り締まれないのです。だから、外国人選手たちは違反だと分かっていながら補助剤を使い続けているのです。僕は ’09年からずっと補助剤の使用禁止を訴え続けてきました。しかし、結局ロンドン五輪でも放置されたままでした」

~『フライデー』2013年3月1日号『卓球・水谷隼「不正ラバーには絶対負けない」~打倒中国へ国際大会復帰』より

―–

この水谷選手の“決死の告発”でも不正利用の実態は変わらず、水谷選手も痺れを切らして国際大会に復帰したのが2013年2月。その後も不正ラバー問題は、何も変わらないどころか、悪化している状況にあるといいます。

それでも信念を曲げず、自身は「ノーマル」ラケットで世界の強豪と戦い続けてきた水谷選手。その末に辿り着いた金メダル獲得に、もっと注目が集まって然るべきではないでしょうか。

そして、金メダリストとなったことで改めて水谷選手の発信力が強まり、注目を集めれば、不正問題のあり方が変わる可能性もあります。その意味で今回の金メダルは水谷選手にとって競技人生の到達点であるとともに、「卓球界の未来」のための大事な通過点である、と言えるのです。
ーーーーーーーーーーーーーーー
長い間、日本の卓球界を引っ張って来て中国ペアを下して見事金メダルを獲得した水谷準選手には心からの拍手を贈ります。

   卓球の未来のために戦った水谷準に金メダル授く

水谷選手の金メダル獲得を祝福するような昨朝の綺麗な日の出でお別れします。DSC02244
DSC02242


今日の曲は、GReeeeN アカリ

地中より這い出て残る空蝉に蝉時雨降り命をつなぐ(つれづれウォーキング地蔵川7月2021(3))

<今日の表紙>久しぶりに見れた昨朝の綺麗なお月様
DSC02184

ダークブルーにシルバームーンはよく似合います。

昨朝は蒸し暑い晴れた中、7月3回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC02190
亀さんも鳥さんもいません。桜並木の下の雑草が刈られてスッキリしていました。DSC02191
蝉時雨の中、気分良く歩きます。橋の下では鯉さんたちが相変わらず元気です。DSC02196
DSC02195


オシロイバナは今が旬です。DSC02197
オオキンケイギクはもう最後の花を咲かせています。DSC02199
アルストロメリアが綺麗です。DSC02213


桜並木から蝉時雨が降り注ぎます。DSC02202
DSC02207
ほとんどがクマゼミですがアブラゼミもちらほらです。DSC02210

蝉の抜け殻を発見しました。DSC02214
DSC02215
枝の先にもあります。DSC02221


   地中より這い出て残る空蝉に蝉時雨降り命をつなぐ

シオカラトンボのメスです。DSC02222
これからよく見れそうです。

帰り道の公園ではサルスベリの花が鮮やかです。DSC02233
ヒャクニチソウの花にチョウが休んでいます。DSC02230
キバナコスモスにはツマグロヒョウモンです。DSC02232


再び咲き出した僕の住むマンションの花壇のタイサンボクの花でお別れします。DSC02234


今日の曲は、浜田省吾 最後のキス


巣ごもりTOKYO 2020バカになりそうです。対策を見つけました。(老後つれづれ(112))

<今日の表紙>クリーニング店の玄関先で見かけたバショウの花
DSC08700_1

バショウの花を初めて見ました。

TOKYO 2020が本格的に始まって4日目ですが、一昨日まで3日連続して日本人選手が大活躍しています。そのせいか、毎日TVの前でハラハラしながら過ごしています。

ところが、どうも巣ごもりTOKYO 2020の影響か、頭がぼーっとし出しました。これは、普通はTVの前にこんなに長時間居ないのにどうしたことでしょう。(汗)

体も動かすことなく長時間同じ姿勢でいるし、頭を使うことも今までよりもかなり少ないことが脳に悪い影響を与えているようです。このまま、8月8日まで巣ごもりTOKYO 2020を続けると確実にバカになると思います。

明日からバドミントンの練習が続きますので巣ごもりTOKYO 2020からも少し脱出出来そうです。

8年前の2013年7月のブログの中から今の僕にためになることを2つ紹介します。

1つ目は僕の大好きなビールが身体にいいという事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ビールは、本当は体にいいんです! 戸部廣康著 003


1日500mlのビールが老化を防ぐ!赤ワインのポリフェノールよりビールのホップのほうが抗酸化作用が強い!

こんな風に書いていましたので、ビール党の僕としては、もう読まないわけにはいけません。005


かなり専門的な書き方が欠点ですが、この本を読むと、ビールに含まれる苦み成分のホップが、僕たちの身体にかなりいい効果があるということがわかります。004


特に、ビールのイソフムロンやキサントフモールが、赤ワインのポリフェノールに負けないほどの、抗酸化力がある化合物であることがわかります。

エジプト人は3000年以上前から、ビールを楽しんでいたことがわかります。

1516年、ドイツのバイエルン公ヴィルヘルム4世により、ビール純粋令「ビールは麦芽、ホップ、酵母、水のみを原料とすべし」が定められて以来、現在のビールが作られるようになりました。

ビールは、抗酸化作用のほかに血糖値を下げ、血圧を下げ、認知症を防ぐ効果が認められるそうです。

2011年1月には、イギリスの新聞「デイリーメイル」が、スペインのバルセロナ大学ほかの研究発表として、「1日500ミリリットルのビールは、高血圧や糖尿病を予防する」という記事を掲載しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やっぱり、ビールは身体に良いんです。

もう1つは、天声人語に載っていた老後には「キョウヨウ」と「キョウイク」が大事だという記事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
身体が引き締まり、日に焼け、すこぶる元気そうである。少し前に退職した会社の先輩と先日偶然会い、立ち話をした。日々の暮らしぶりを楽しげに語ったが、そこには秘訣があるらしい。

「キョウヨウ」と「キョウイク」なのだという。教養と教育だと思いきや、さにあらず。「今日、用がある」と「今日、行くところがある」の二つである。なるほど何も用事がなく、どこにも行かない毎日では張り合いがあるまい。かつての同僚から聞かされて実践しているという。

その同僚も誰かから聞いたというから、かなり流布している教えなのだろう。調べてみると、「頭の体操」で知られる心理学者の多湖輝(あきら)さんの著書に行き着いた。一昨年に出した「100歳になっても脳を元気に動かす習慣術」で紹介している。

多湖さんも100歳に近い大先輩に教わったのだそうだ。「ボケないための頭の使い方」を実に巧みに表現した言葉だと絶賛する。老後をどう生き生きとすごそうかと誰しも考える。この話はわかりやすく、納得感もあるから、伝言ゲームよろしく広がっていくのも道理だろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日までは巣ごもりTOKYO 2020で「キョウイク」と「キョウヨウ」がありませんでしたが、今日は昼食は外で食べることにします。

   キョウイクとビールとキョウヨウ習慣にボケない老後楽しく過ごす

昨朝の日の出ウォッチングでお別れします。DSC02168
DSC02173
DSC02171
DSC02174


今日の曲は、山下達郎 街物語



ビールを飲んで巣ごもりTOKYO 2020楽しんでいます。

<今日の表紙>バドミントン世界ランキング1位桃田賢斗スタート
DSC08721

フクヒロペアの廣田が右足十字靭帯損傷にめげず予選リーグ2連勝しました。DSC08730
DSC08731

昨日は午前中バドミントンの練習でした。普通は練習後昼食を食べて帰りますが、オリンピック中継を観ようと思いスーパーで昼食、夕食の食材を買って家でビールを飲みながらTV漬けしていました。

オリンピックが始まってから朝、昼、晩御飯を家で食べることが多くなりました。

連日、日本人選手たちの大活躍がTVから伝わってきます。

巣ごもりTOKYO 2020は今のところ楽しく過ごせています。

バドミントンはまだ序盤戦ですが、柔道は連日メダル獲得して、昨日は阿部兄妹が同日金メダルでした。DSC08728
DSC08725
柔道は昔みたいに判定勝ちはなくなっていて4分間で決着がつかない場合は延長無制限のゴールデンスコアで決着するし際どい判定はビデオで確かめるようになっています。
ソフトボールも4戦全勝です。DSC08708
ソフトボールを連日観ているとがよくわかりました。MLBオールスターの大谷くんのルールはソフトボールでは普通のルールで野球よりも進んでいる感じがしました。

途中で、息抜きに笑点を見ると林家菊扇がリモートで出演しているのが面白かったです。DSC08718
DSC08717


オリンピックのTV観戦は久しぶりですがコロナ禍ではいい過ごし方だと思います。

あっという間に時間が経ち12時近くまで観てしまいました。8月8日までは巣ごもりTOKYO 2020で楽しめそうです。

   ビール飲み巣ごもりしての観戦で楽しく過ごす東京五輪

綺麗だった昨朝の日の出ウォッチングでお別れします。DSC02154
DSC02159
DSC02157


今日の曲は、indigo la End 夏夜のマジック

復興の地より飛び立ちTOKYOへブルー6機五輪届ける

<今日の表紙>TOKYOの空で五輪を描くブルーインパルス
DSC08694
TVニュース
昨日午後2時過ぎに東京に住む息子からLINEでブルーインパルスが東京の空へ現れたと写真付で届きました。1627082505438
1627082505178


ブルーインパルスがTOKYO 2020のオープニングイベントを担っているということは僕は素晴らしいことだと思います。というのは、コロナ禍でかすみましたが元は東日本大震災からの復興五輪をテーマに掲げていました。

ブルーインパルスは当時も今も航空自衛隊松島基地に所属しています。震災時には松島基地は津波で壊滅的な被害に遭いましたが、ブルーインパルスは福岡県へ新幹線開通イベントに出かけていて6機とも無傷でした。そして、そのブルーインパルスの震災後を記録したドキュメンタリー映画を観ることができました。
2014年公開の2011年3月11日からのブルーインパルス復活の記録映画「絆 再びの空へ」を思い出しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月8日~春日井コロナで上映されている映画「絆 再びの空へ ブルーインパルス」を観てきました。001


3年前の東日本大震災で被災した航空自衛隊松島基地に所属している、アクロバット飛行を専門とする部隊「ブルーインパルス」は幸運にも、当日は九州に展示飛行で出かけていて被災しませんでした。

しかし、帰るべき基地が壊滅的な被害を受けていました。

隊員たちは、2ヶ月の間、空に行けなくて、復興支援の任務で松島基地に帰っていました。

そんな状況のブルーインパルスを2年以上にわたって撮り続けたドキュメンタリー映画です。004
003
002


この映画を観ていると、あの日から今日までの復興への道程が当事者はもちろん、いろいろな人の理解や協力のもとに成し得ているということを改めて確認できます。

ブルーインパルスが松島基地に帰ってきた昨年の秋、あの日からの続きがやっと始まります。

復興は、これから何年かかるかわかりませんが、これからも続いていかなければなりません。005


別の角度からですが、高レベルの技術を常に維持しなければいけない職業で2ヶ月の空白を取り戻す事はすごく大変なこともよくわかります。

   神様が残してくれたブルー6機日本の空に勇気ふりまく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回のTOKYO 2020は色々な意見がありますが、ブルーインパルスの物語も絡んでいて感慨が深いです。

   復興の地より飛び立ちTOKYOへブルー6機五輪届ける

バドミントンのスタートを飾る混合ダブルス日本代表の渡辺・東野ペアの大接戦で勝った試合でお別れします。DSC08698
DSC08699
ガンバレ!バードジャパン

今日の曲は、チューリップ ブルー・スカイ


   
株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール