2021年04月

今年の目標「老後サンシャイン大作戦」の3分の1が早くも終わりました。(老後つれづれ(107))

<今日の表紙>神秘的な4月1日の太陽
DSC00562

コロナ禍で揺れている今年も3分の1が早くも終わります。そこで、僕の今年の4ヶ月を分析してみます。

1月初めに今年の目標を「老後サンシャイン大作戦」としました。

その時の短歌です。

  自分なり輝く老後目指します老後サンシャイン大作戦

コロナ禍ですのでなかなか自分の輝きを実感する機会(例えばバドミントンの試合などですが、)がありません。

そんな中、僕は3月23日に元気に古希(70歳)を迎えました。

元気に古希を迎えられたことのプレゼントとして息子夫婦やバドミントンの仲間たちから素敵なプレゼントがありました。DSC07042
DSC07361
DSC07527


早速プレゼントを利用してバドミントンの練習を頑張っています。

僕の3つの時間潰しの4ヶ月の結果です。

まず、コロナ禍で1番影響を受けたのが映画です。なんと4ヶ月で16本しか観ていません。昨年は4月は0でしたが、3ヶ月間で46本観ています。

影響を受けなかったのが読書です。今年も快調に15冊読みました。そして、試合が1試合しか出来なかったバドミントンは練習環境は今のところ大丈夫で4ヶ月で61回出来ました。2日に1回のペースです。しかし、色々なところに行って試合をして仲間とコミュニケーションをしてきた一昨年までのことを思うとモチベーションの維持に苦労します。

ゆるガットを13ポンド8本から13ポンド2本、14ポンド4本、15ポンド2本にして2月の下旬から試しています。DSC06547
DSC06548
今のところ14ポンド中心ですが以前の13ポンドオンリーとそう変わりません。特にゆるゆるの僕のスマッシュは残念ながらゆるゆるのままです。(涙)

試合が出来る環境になった時に結論が出ます。

「老後サンシャイン大作戦」は、これから残りの8ヶ月に入ります。特にバドミントンは体力をつける練習を多くする様にして70歳のシングルスを輝かせたいです。DSC05315
6月には全国社会人大会が豊田市で、11月には全日本シニアが北九州市で開催される予定です。コロナ禍で開催されるかどうか不安ですが備え有れば憂いなしですので地道に頑張ります。

   シングルス輝くために体力をつける努力がもうサンシャイン

「老後サンシャイン大作戦」のイメージフォトでお別れします。DSC05423_1


今日の曲は、KAN &秦基博 カサナルキセキ

アカデミー賞受賞作品の映画「ノマドランド」「ミナリ」を観ましたが・・・・・

<今日の表紙>久しぶりのむらさきやさんの玄関横の生花
DSC07709

カサブランカの白が眩しいですね。

もうすぐ4月が終わりますが、4月は3本しか映画を観ていませんが4月の初旬に「ノマドランド」を観ました。DSC07712
DSC07710
先日、アカデミー賞の発表があり、ノマドランドが作品賞、監督賞、主演女優賞を受賞したことを知りました。DSC07718


ノマドの意味は遊牧民ということで、主演のファーン役のフランシス・マクドーマンドが定住しないで色々なところで色々な仕事をして色々な人と出会い別れて行く生活を映画にしたもので実際にファーンのような生活をしている人が存在します。DSC07711


見終わった後の感想はドラマチックな結論に至らず欲求不満に陥ってしまいました。

そして、昨日はアカデミー賞の助演女優賞に輝いたユン・ヨジョンが熱演した「ミナリ」を観てきました。DSC07715
DSC07713
DSC07714


韓国からアメリカに移住して逞しく生活する家族の絆を描いた作品ですが、これも尻切れトンボの結末で欲求不満に陥りました。

ミナリとは韓国語での植物のセリの事です。

昨年のアカデミー賞に輝いた「パラサイト 半地下の家族」のような強烈な印象はありません。

今回のアカデミー賞はコロナ禍の影響も出ているのでしょう。昨年は映画を作る環境は非常に厳しかったのでしょう。早くコロナ禍前の映画界に戻って欲しいです。

今年になってまだ16本しか映画を観ていません。早くいっぱい映画を観ていっぱい感動したいです。  

   感動の時間提供映画館今は我慢の時が流れて

一昨日の「ミナリ」のことに触れた天声人語でお別れします。DSC07719
DSC07721

 舞台は1980年代、米南部アーカンソー州。農業での成功を夢見て移住した韓国人一家が水不足に耐え、たくましく生き抜く。映画「ミナリ」が米アカデミー賞の部門賞に輝いた▼ミナリとは聞き慣れぬ韓国語だが、調べてみれば日本語で言う植物のセリだった。作中、韓国から遅れて合流した祖母が、川べりにセリの種を植える場面が印象深い▼セリ鍋が日本でブームとなって久しい。名産地の一つ、秋田県湯沢市の奥山和宣(かずのり)さん(35)によると、いまは「三関(みつせき)せり」の苗を育てる作業のさなか。江戸時代から続くブランド野菜だ。東鳥海山の伏流水を吸い、長く伸びた根が特長という。「この10年ほど供給が追いつかない人気で、首都圏からも注文が舞い込みます」▼人口減の先頭を行く秋田県だが、奥山さんは次の世代へ地域をつなごうと農業専門の株式会社CRAS(クラス)を創業。地元産のチェリー、ライス、アップル、セリの頭文字を集めた。ラテン語では「明日」。子どもたちに誇れる故郷を、と意気込む▼映画に戻れば、祖母が植えたセリは清流のそばに根を張っていく。韓国では、子ども世代の幸せのために懸命に働く親世代という含意がセリにはあると聞いた。映像は隅々まで美しく、流れる旋律はやさしい▼セリと言えば、春の七草の筆頭に名が挙がり、寒い季節に食べるものと思い込んできた。韓国では和(あ)え物や鍋物など食卓に欠かせない存在。映画を見終えて、シャキシャキした根っこの食感がにわかに恋しくなった。

今日の曲は、槇原敬之 僕が一番欲しかったもの

カラオケ店臨時休業中ですので、「老と涙のスマッシュ」を忘れそうです。(汗)

<今日の表紙>一昨日の朝のつれづれブログ4000回のメール画面
DSC07616

やっぱり4000回目を達成した後はちょっとホッとしています。松山くんがマスターズ制覇を達成した後のようかな?松山くんと一緒にしたらバチが当たりますね。

4002回目の今回はちょっと楽な記事で我慢して下さいね。

一昨日の木曽路までのジョギング&ウォーキングでカラオケ店のビッグエコー前を通りました。DSC07689
まん延防止措置のために5月11日までは臨時休業中でした。DSC07690
よく行く黒川のカラオケ店も休業中です。臨時休業したカラオケ店のお知らせです。DSC07569


個人的には昨年の3月からもう1年以上カラオケ店には行っていません。いつ歌えるようになるのかわかりません。

せめて、今日は今年の2月に作ったバドミントンの替え歌「老と涙のスマッシュ」を再紹介して溜飲を下げようと思います。

「老いと涙のスマッシュ」というタイトルの通り、老いてゆるゆるのスマッシュしか打てなくなった老男子ダブルスペアの心境を書きました。

元歌は橋幸夫の「恋と涙の太陽」です。

橋幸夫の「恋と涙の太陽」はアップテンポでの明るい歌ですので自然と口ずさむようになりました。そして、替え歌にできるんじゃないかとイメージが湧きました。

まず、元歌の「恋と涙の太陽」の歌詞です。

どうして僕たち いけないの
愛し合ってるのに いけないの
燃える想いを かくしてすまして
若すぎるのか 僕たち二人
ああ 太陽と恋とで いっぱいの
湖なんだぜ ビーチだぜ

エンジンふかして 思い切り
君のスキーを 思い切り
僕のボートで 引っぱりたいんだ
若すぎるのか 僕たち二人
ああ 太陽と恋とで いっぱいの
湖なんだぜ 水の上

教えてくれよな どうすれば
君の気に入るのか どうすれば
良けりゃ ヨットに 赤い帆はろか
若すぎるのか 僕たち二人
ああ 太陽と恋とで いっぱいの
湖なんだぜ 君と僕

そして、老いてゆるゆるスマッシュしか打てなくなった男子ダブルスの2人(一人は僕)を歌った「老いと涙のスマッシュ」です。

どうして僕たち いけないの
スマッシュ打っては いけないの
打ちたい思いを 隠してすまして
弱すぎるのか 僕たち二人
ああ 決まらないスマッシュ いっぱいの
年寄りなんだぜ 泣きたいぜ

今度の試合で 思い切り
スマッシュ打ちたい 思い切り
打つと見せかけ ドロップ決まらず
弱すぎるのか 僕たち二人
ああ ドロップとミスとが いっぱいの
年寄りなんだぜ また負けた

教えてくれよな どうすれば
試合に勝つには どうすれば
速いスマッシュ びしびし決められ
弱すぎるのか 僕たち二人
ああ 反省とグチとが いっぱいの
年寄りなんだぜ 君と僕

「恋と涙の太陽」は54年前のヒット曲ですので、今70歳~80歳ぐらいのお年寄りは聞いたことがあるなと懐かしさがあると思います。

今の時期は、カラオケにも行きませんので歌う機会がほとんどありませんが、頭の体操もかねて覚えて一人で口ずさむことをお勧めします。

  橋幸夫生まれ変わって替え歌に老いと涙のスマッシュになる

昨夜のピンクムーンでお別れします。DSC07706
DSC07708
アメリカでピンク色の花が咲く時期の満月と言うことだそうです。

水道みちはもう初夏の雰囲気が漂っています。

<今日の表紙>昨朝のきれいな恵那山の朝焼け
DSC00970

昨日も素晴らしいお天気で始まりました。DSC00976


いいお天気でしたので、地蔵川、水道みち経由木曽路までジョギング&ウォーキングを楽しみました。DSC07620
地蔵川沿いにはチョウが舞い飛び華やいでいます。DSC07627
川の中では亀さんたちが日向ぼっこをしています。DSC07633
コサギさんです。DSC07635

もうオオキンケイギクが咲いています。DSC07643
カタバミです。DSC07636

民家の庭には鮮やかな薔薇のカクテルが咲いています。DSC07640
モッコウバラも咲き始めています。DSC07646


水道みちの入り口では鮮やかなエニシダが迎えてくれました。DSC07649
もう桜並木は初夏の雰囲気が漂っています。DSC07670
リンドウです。DSC07663
ラナンキュラスです。DSC07665
水道みちのそばの公園のメタセコイアは緑が濃くなっています。DSC07684
可愛いチロリアンランプです。DSC07694
民家の垣根にはテッセンが咲いています。DSC07700
木曽路前の花壇にはガザニアがきれいです。DSC07688


   初夏の色歩く先々楽しめる水道みちは花祭り中

まだ咲いている八重桜でお別れします。DSC07698


今日の曲は、サザンオールスターズ 真夏の果実

㊗️岸邦晴のつれづれブログ4000回アップ達成です。(3806日目)これからも宜しく❗️

<今日の表紙>最初の岸邦晴のつれづれブログでの最初の写真2010年11月24日画家の横江逸美さんとの2ショット
08485d45.jpg


僕も逸美さんも若いですね。約10年半前つれづれブログは始まりました。それから今日まで続けてなんと4000回目のアップです。

今日は、1000回、2000回、3000回の節目をその時の今日の表紙とつれづれ短歌で振り返ってみます。

1000回目は2013年5月3日に迎えました。ちょうど僕が宮司をしている日吉神社のお祭りの日でした。その時に今日の表紙に選んだのは、今でもKBA(岸バドミントンアリーナ)の管理をしていただいている中村さんとの2ショットです。068
まだKBAが出来る前です。この年の12月にKBAが出来ました。
  
    つれづれにブログを書きて千回目楽しく生きて感じるままに

2000回目は2015年12月11日でした。その時に今日の表紙に選んだのはJR名古屋駅前の大きな楠です。031


   つれづれにブログをアップ二千回五年の月日大木となる

3000回目は2018年8月10日でした。その時に今日の表紙に選んだのは前日の朝の日の出ウォッチングでした。つれづれブログ3000回を祝福するかのような日の出です。DSC04469

  
   つれづれにブログをアップ三千回是非これからも読んでください

以上1000回目、2000回目、3000回目の今日の表紙とつれづれ短歌です。

そして、今日めでたく4000回目を迎えられました。これまでの約10年半ほどの間、延べ427000名以上の読者の方々に支えられて続けて来れました。この10年半の間には僕の周りは大きな変化がありましたがほぼ毎日ブログのアップを続けて来れました。そして、僕自身は元気に過ごせました。

載せる内容は僕の生活する環境とともに変わってきましたが毎日の気付きということはほぼ変わりません。今はコロナ禍の中での生活ですがコロナ関連川柳など毎日の気づきをコツコツとアップしていきますのでこれまで同様によろしくお願いします。

    つれづれにブログをアップ四千回コロナ川柳新たに生まれ

僕の好きな画家に小倉遊亀がいます。そして代表作の磨針峠が大津市にある滋賀県立近代美術館に展示されています。小倉遊亀は1895年~2000年まで生きました。その間に多くの画を残しています。特にこの磨針峠は、日本が戦争に負けて荒廃した雰囲気を励まそうと1947年に完成した必死で描いた大作です。035


若き日の弘法大師が、修行の厳しさに負けて故郷に逃げて帰っているときに差し掛かっかた峠で、斧を研いで針を作っている老婆に出会い、その気の遠くなるほどの作業を見て、自分の心がなんと甘いものだったかを悟り修行に戻る民話のクライマックスを屏風絵として見事に描いています。

僕のつれづれブログなどは斧を研いで針を作っている老婆には遠く及びませんが続けていたら4000回という10年半前には想像もできなかった結果に繋がりました。

3000回目での最後にアップした2018年ののお正月の孫に囲まれた幸せなジージーでお別れします。DSC06361
当分の間我慢します。

今日の曲は、ケツメイシ バラード

   


   

地蔵川夏の雰囲気醸し出し緩やかなとき楽しむ川辺(つれづれウォーキング地蔵川4月2021(3))

<今日の表紙>昨朝のパノラマ
DSC00922

昨朝も煙食で始まりました。DSC00921
かなり濃い煙食です。DSC00926
DSC00928

早朝はいいお天気でしたが10時頃には曇り空になりました。そういう中、4月3回目のつれづれウォーキング地蔵川に行きました。DSC00930
亀さん2匹がお出迎えです。DSC00931
カタバミです。DSC00933
ヒルザキツキミソウが咲き始めています。DSC00941
アイリスです。DSC00954

橋の下では鯉さんたちが元気です。DSC00943
川の中ではダイサギさんが優雅に佇んでいます。DSC00948
DSC00952


   地蔵川夏の雰囲気醸し出し緩やかなとき楽しむ川辺 

つれづれウォーキング地蔵川の最後はかっての両手蕾です。DSC00960

つれづれウォーキング地蔵川を終えて勝川駅前に買い物に行く時に見た見事なツツジです。DSC00961

もう旬を過ぎたハナミズキの花でお別れします。DSC00962


今日の曲は、浜田省吾 片想い

読書はコロナ禍での安全な時間潰しです。70歳は再読も新鮮です。(老後つれづれ(106))

<今日の表紙>珍しい苗字です。初めて見ました。
DSC07559

TBSロンドン支局長の秌場(あきば)聖治さんです。

秋の火が普通と逆でもあきです。僕が宮司の日吉神社の総代さんで枩田(まつだ)さんがいますが松の木が公の上に来たようです。嶋も嶌があります。漢字は複雑ですね。

先日の天声人語で本屋さんで販売している講談社の文庫本を総額表示化に合わせてビニール包装販売し出したという記事がありました。DSC07560
DSC07561
 本をぞんざいに扱うのを絶対に許さない。そんな古本屋が、作家椎名誠さんのエッセー『さらば国分寺書店のオババ』に出てくる。店主のオババは、本を眺める客をじっと眺め、乱暴にページをめくるのを見るや鋭い声で怒る▼本の上にカバンを置く客には、天地がひっくり返るような声が飛ぶ。そんなふうだから客は少なく、すいていて本をゆっくり探せる店だった。「たかが書店に入るのにものすごくキンチョー」するのを我慢すれば▼本はしっかり吟味していい。ただし丁寧に。オババの話を思い出したのは、講談社が文庫本のフィルム包装を始めたとの記事に驚いたからだ。漫画本でおなじみのやり方で、きれいな本が買えると歓迎する声もあるという。いやいや選ぶためのちょい読みすらできないのは悲しい限りだ▼4月から税込み総額を示すよう国から求められたのが理由で、フィルム上に値札を貼るという。一時的な措置であればいいが、心配なのはいつの間にか定着することだ。漫画ではあれよあれよという間に広がった▼書店で本を選ぶのは、服を試着するのに似ている。気になる服に袖を通すように、目次を眺め、文章を少し味わい、いま自分が求める本かどうかを確かめる。文庫本だと頼りになるのが解説で、さしずめカリスマ店員の助言である▼思えばこれまでどれだけ多くの解説に導かれ、未知の著者やテーマに出会ってきたことか。講談社は包装を早めに切り上げてほしいし、他社はどうか後に続かぬよう。

僕のような本屋さんでのつまみ買いが好きなものには心配な出来事です。

最近はコロナ禍で映画の公開が遅れている作品が多く映画館への足も重たくなってここ数ヶ月は月に3、4本しか映画を観ていません。その時間を何で穴埋めしているかというと正解ではないにしても読書は含まれているようです。と言ってもそんなに読書量が増えている訳ではありません。僕の読書の大半は電車の中でですので映画館に行かないときは家での読書がすこし増えました。

そして、内容は文庫本の新刊と再読が半分半分です。

再読でも1年以上読んでいない本は新刊の90%ほど新鮮です。ほとんどあらすじを忘れています。

先日も昨年2月に読んだ「燃える地の果てに上・下」逢坂剛著を読み直しました。DSC05125
1960年代にスペイン上空で起きた核爆弾を積んだB52爆撃機墜落事故にまつわる人間模様を30年後と交互に描かれてラストに向けてスリリングに進行していきました。DSC05127
DSC05126
驚くことにスペインの片田舎で作られたギターとそこにアメリカ空軍の爆撃機の衝突事故で落下した核爆弾が絡むストーリーは分かっていましたが詳細は全く忘れていました。ということで、かなり新鮮に読むことが出来ました。

70歳の僕にしてはこういう読書は普通のことです。再読は面白かったイメージがある本しかしませんので当然面白いですね。

今年は映画鑑賞は全然不満足ですが読書はコロナ禍での影響も受けず順調です。

   
   再読も70歳では新鮮に感じることは嬉しい誤算

先日名城公園で見かけたハルジオンとDSC07558
ネモフィラでお別れします。DSC07553_1


今日の曲は、ラッツ&スター 夢見る16歳
株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール