2021年01月

雪景色とサンピラー(太陽柱)のモーニングショウを楽しみました。

<今日の表紙>うっすらと雪が積もった昨朝の駐車場の車
DSC05951


一昨日の夕方から雪が激しく降りだしました。DSC05927 (1)
こういう時は、子供の時から朝起きたら雪が積もっているような気がしてウキウキします。

朝起きたらよく晴れていて屋根にうっすらと雪景色でした。DSC05936_1
交通機関が乱れることもないと思いますがもう少し降ってくれればと内心では思いました。でも、よく晴れたパノラマを観ると興奮しました。DSC05932
朝焼けの中、よく見ると、サンピラー現象(太陽柱)が出ています。DSC05934
煙突の煙が色付いてきました。DSC05950
DSC05949
僕の部屋のベランダに移動します。DSC05952
よく分かります。

  うっすらと雪景色見てうっすらとサンピラー見る老後の冬日

よく晴れて寒くて風が弱いことがサンピラー現象の気象条件ですのではまったようです。

太陽の光が強くなっても観れます。DSC05961
DSC05963
かえって迫力があります。DSC05964
もうこの状態はサンピラーとは言わないかもしれませんが上に引っ張られているようです。DSC05965


再びいつもの場所からのパノラマです。DSC05967
きれいです。DSC05968


長い間(約30分間)楽しめました。DSC05971
DSC05972
DSC05974


サンピラー現象を楽しんでいる途中で日の出と反対側にひっそりと沈んでいくお月さまでお別れします。DSC05948
昨朝の太陽とお月さまの対比はいいですね。大晦日の紅白歌合戦が終わった後のゆく年くる年になった瞬間のようです。

今日の曲は、Kinki Kids 雨のMelody

東京2020は中止するのではなく無観客で行うべきだと思います。

<今日の表紙>昨朝の名古屋城
DSC05918

昨日は、久しぶりに愛知県体育館でのバドミントンの練習でした。DSC05919
お城のお堀は草刈りがされていてすっきりです。DSC05917


緊急事態宣言下での1月下旬は東京2020まで半年を切ったことなどが話題になっています。

昨日の東京の感染者数が868人ということで、減少傾向が見えてきています。

選抜高校野球の出場校も昨日発表されました。大相撲初場所も無事開催されました。プロスポーツの世界は感染対策をして実施されます。3月以降にはワクチンの接種も始まります。

組織委員会の高橋理事がオリンピック開催は米国次第といったとかニュースで出ていましたが、その米国は、1月26日の数字ですが、1日の感染者数が15万人ほどで1日の死者が4200人ということです。それでも、NBA(バスケット)、NFL(アメフト)、NHL(アイスホッケー)は感染対策をして行っています。

オリンピックの行われる7月~8月は夏場ということで、時期的には、コロナウィルスの感染力が今の時期よりも弱くなる傾向もあります。

東京2020に参加を希望する国と選手に対しては厳重な感染対策を履行して主には選手村と会場の往復と言う事にして無観客で行うべきだと思います。医療従事者の仕事も普通のオリンピックの時よりも少なくする工夫をする必要があります。

客観的に見ても、オリンピック開催を延期する状況ではないようです。もちろん、今のコロナ禍の状況よりも改善していることが条件ですがこれはクリアすると信じています。

人情的に見ても、政治のスキャンダルなどの話題よりもオリンピックで躍動する選手たちの姿をTVを通して観てああでもない、こうでもないと話せる夏のほうが精神衛生上いいに決まっています。

世界の感染状況が改善しているかどうかも気になりますが、オリンピックに参加するかどうかはその国々で判断すべきで、日本が自ら中止、延期という決断をするべきではないでしょう。

3月25日の国内での聖火リレーの始まる前に開催するか、しないかを決めるという事ですのであと2ヶ月余りで結論がでます。

僕は、東京2020を行ってほしいし、行うべきだと思います。

コロナ禍での中で開催したという歴史を創ってほしいです。

  コロナ禍の中で開催する意義は歴史を創る東京五輪

昨日の名古屋城金シャチ横丁の紅葉並木でお別れします。DSC05915
2019年12月14日はきれいでした。DSC08894


今日の曲は、僕が17歳の時の西郷輝彦のヒット曲 月のしずく

サラリーマン川柳優秀の100句が決定。対抗して老後川柳を作りました。(老後つれづれ(99)) 

<今日の表紙>昨朝のきれいなパノラマ
DSC05902

DSC05905_1

今の時期には、毎年第一生命が昨年募集したサラリーマン川柳の優秀100句が発表されます。今年も昨日発表されました。DSC05908
3月までの投票でベスト10を決めるとのことです。

リモートでの仕事

  出勤が運動だったと気付く腹

マスク文化

  どの店もドレスコードはマスクあり

  マスクでは防ぎきれない妻のグチ

など笑える優秀な作品が目白押しです。

ベスト10発表が待ち遠しいですね。

昨年もサラリーマン川柳に対抗して「老後川柳」を作りました。

最近は、1ヵ月に1回「コロナ関連川柳」を作っていますので川柳にも愛着が湧いています。

今年の「老後川柳」発表前に昨年の気に入った3句をどうぞ!

  元気でも一度行きたい天国へ

  安眠の不足をカバー映画館

  血圧を測る時間も暇つぶし

サラリーマン川柳では、昨年はコロナ禍で明け暮れたのでコロナ禍での生活が多くの作品に影響しています。僕の今年の「老後川柳」もサラリーマンと同じく影響しています。

では、老後川柳2021の発表です。

老後の仕事はテレビワーク

  コロナ禍のだいぶ前からテレビワーク

78歳のバイデン大統領は老後?

  バイデンの老後はいつか78

旅行できない。ジパング倶楽部使えない。更新期限は待ってくれない。

  使えないジパング倶楽部延期して

僕は不要不急の生活ほぼ100%です。

  老後とは不要不急の代名詞

緊急事態という言葉のイメージと現実のギャップ

  退屈だ緊急事態なのになぜ?

お正月もなく東京の感染者数毎日3時

  東京の毎日3時待ってます

コロナ禍での地味な生活

  コロナ禍でおなか減るけど金減らず

11ヵ月カラオケに行ってない。

  思い出せ僕の持ち歌何だった?

コロナは年寄りがよく亡くなる。普通でも年寄りがよく亡くなる。

  年寄りの死亡原因増えただけ

老後や生前など深く考えるとおかしな言葉

  老後とはおかしな言葉生前も

最後に今年の僕の目標「老後サンシャイン大作戦」を祈念して、

  コロナ禍に負けるな老後サンシャイン

僕の老後サンシャイン大作戦のイメージフォトでお別れします。DSC05423_1


今日の曲は、僕が14歳の時の舟木一夫のヒット曲 高原のお嬢さん


  

春が来た!勘違いした亀さんの親子夫婦の謹賀新年(つれづれウォーキング地蔵川1月2021(3))

<今日の表紙>雪を戴いた雄姿がきれいな昨日11時過ぎの御嶽山
DSC05899

昨日の御嶽山は雪を戴いてきれいでしたが昨朝は雨上がりで暖かかったです。DSC05873
10時頃にはすっかり晴れて15℃ぐらいになったようです。DSC05877
これぐらいの暖かさですと1月では風が強くても寒さではなくて涼しさを感じます。ということで、1月3回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC05878


驚きましたが、亀さんがいつものお家でお出迎えしてくれました。DSC05879
暖かいんですね。亀さんの子供がお家へに上がろうとしています。DSC05880
もう少しで上がれます。DSC05881
ところがつるっと滑って川の中へ逆戻り!DSC05883
幼いのが原因か、それともまだ寒いせいなのかなんて考えて歩き出しました。気が付いたら橋の手前でした。DSC05885
青色のペンキがまだ塗りたてです。橋の下では鯉さんたちがゆっくりと泳いでいます。DSC05887
その向こうにはコサギさんがぽつんと佇んでいます。DSC05886
川辺ではスイセンがきれいです。DSC05889


殺風景な地蔵川でしたがウォーキングの最後も亀さんでした。DSC05890
親子ではなく今度は夫婦です。DSC05893
地蔵川は春めいてきました。

  春が来た!勘違いした亀さんの親子夫婦の謹賀新年

今回も両手を広げたような桜の蕾でお別れします。DSC05894


今日の曲は、僕が15歳の時の橋幸夫のヒット曲 恋と涙の太陽

日の出ウォッチングで失った風景をもう一度どうぞ!

<今日の表紙>一昨日の朝のパノラマ
DSC05870

最近はよく晴れてもマンションに阻まれて日の出が見れません。DSC05867_1
それとともにマンションが建つ前に見れた風景も見れません。このマンションは1期工事、2期工事の2回を経て現在の姿になりました。2月10日ごろから日の出が見れるようになります。

ということで、過去の日の出ウォッチングのショットと共にもう見れなくなった風景を味わうことにしました。

1期工事は3年前には終わっていてマンション1棟は経っていました。そして2年前には今の状態になっていました。と言う事はまともに見られたのは6年前から4年前の2年間と言う事になります。

何といっても2015年1月14日の日の出前のパノラマは素晴らしかったです。017
今の状態でしたらちょっと違う雰囲気になっています。そして、2016年1月19日の太陽と雲の芸術作品「ファイアーフィッシュ」のです。030
同じく2016年1月26日の雪の日の朝のパノラマです。015

続いて2017年1月のショットをどうぞ!
27日の朝焼けです。DSC05517
22日の墜ちてきているような太陽です。DSC05288
16日の神秘的な鉄塔から現れた太陽です。DSC05042
31日の角を生やして昇ってきた太陽です。DSC05593


失った景色は1年も経てば思い出せなくなることが多いです。こうしてみると12月から1月の約2ヶ月間はもう帰ってきません。今日のブログで思い出せてすっきりしました。

  失った2ヶ月間の風景を楽しむことが出来て幸せ

マンションが建ったので見れなくなった景色とは真逆が、僕が40年以上バドミントンを楽しんできた愛知県スポーツ会館(県スポ)の解体工事です。17日です。DSC05677
12月2日です。DSC04362
DSC04364


今は存在しない県スポの雄姿でお別れします。DSC06129
ついでに、バドミントンエリアです。014
もう一つついでに50代最後の県スポでの僕です。(汗)001


今日の曲は、J-Walk 何も言えなくて・・・夏 


僕のバドミントンでの「老後サンシャイン大作戦」とは?(老後つれづれ(98))

<今日の表紙>日曜日午後の名古屋市北生涯学習センター体育室の様子
DSC05856

卓球、インディアカ、そしてバドミントンとそれぞれのスペースで楽しくスポーツを楽しんでいます。

緊急事態宣言が愛知県にも出て1月の試合が中止になりました。しかし、僕のバドミントン環境は幸いにも今のところ影響を受けずに練習は変わらず出来ています。

今年の目標に「老後サンシャイン大作戦」を掲げました。

バドミントンが「老後サンシャイン大作戦」に与える影響はかなり大きいのです。今年のバドミントンの成果が大きければ大作戦は成功で、成果が小さければ失敗ということだって十分考えられます。

ということで、今年の僕のバドミントンでの「老後サンシャイン大作戦」を考えました。

昨年はコロナ禍でバドミントンの試合がずっとなくて12月に2日試合を楽しめました。結果はどちらも準優勝ということで、優勝には届きませんでした。

敗因はありふれていますが肉体精神ともスタミナ不足と言う事にしました。

では、どうすればこのスタミナ不足を克服できるでしょうか?

先週から僕が考えた強化方法をご紹介します。といっても、体力のほうはKBA合宿などで鍛えるとして、通常の練習での精神的な強化方法を考えました。

通常の練習は、家庭婦人のママさんたちとダブルスのゲーム練習をして楽しんでいます。

そこで、このゲーム練習で精神的なスタミナの強化が出来ないかを考えました。

ダブルスの重要なポイントは、1にサーブ、2にサーブレシーブ、3にそのサーブレシーブへの対処です。この1,2,3が甘ければそこでラリーが終わることが多いです。

1のサーブはルール改正もありかなり上手になりました。2のサーブレシーブはロングサーブ対策として利き足を前に出して構える構え方を実行してしっくりき出しました。

そして、3のサーブレシーブへの対処方法を今までと少し考え方を変えました。空いているスペースにシャトルを運ぶのではなく、僕のバックに来たら相手コートの後ろまで飛ばすことをテーマにしてゲームを楽しみます。そして、シャトルが上がったらスマッシュを打ってから次のプレーに入る。

これだけですが、何せゲーム練習が主体の練習ですので、ゲームをする中で自分の強化テーマを決めて意識をして繰り返します。相手コートの空いたスペースにシャトルを運ぶというのが点数を取る常識的なゲームプランですがイージーミスも結構出ています。あくまでも練習ですので少し力が要りますがこういう練習を繰り返すことによって精神的なパワーアップが出来る気がします。特に実力拮抗の相手との試合では簡単に点数が取れませんのでパワープレイから入ってイージーミスをしないバドミントンに変えて行ければと思います。

先週からこのプランで練習をしていますが、ネット際のイージーミスも少なくなっているような気がしています。

  いろいろと工夫重ねて楽しめる老後サンシャインバドミントン

まだ、今年が始まったばかりですがいい感じでバドミントンの「老後サンシャイン大作戦」がスタート出来ました。

名古屋市北生涯学習センターの正面玄関横に咲いているサザンカでお別れします。DSC05855


今日の曲は、吉田拓郎&かまやつひろし シンシア

僕の未来は「いまとちがう時間」ではなく「いまとちがう場所」(朝日新聞折々のことば)

<今日の表紙>大相撲初場所優勝の大栄翔
DSC05860_1
NHKTV
これで、6年連続初場所は初優勝力士の誕生です。2016年は引退した琴奨菊、2017年は引退した稀勢の里です。

昨日の朝日新聞折々のことばにはビビッ!と来ました。DSC05853_1

未来を考えるということは「いまとちがう時間」ではなく「いまとちがう場所」を探すことなのかもしれない。(若林恵〈けい〉)
 未来社会として描かれるものはたいてい現代の欲望が生む幻影でしかない。未来を考えるとは、すでに足許(あしもと)に兆し、萌芽(ほうが)状態で実現していながら、十分に気づかれていないつながりやしくみを育てること。その意味で未来は「いますでに『どこかに』ある」と、「WIRED」日本版の元編集者は言う。コラム集『さよなら未来』から。

日曜日の折々のことばにビビッ!と来ました。

僕の未来は、「いまとちがう時間」ではなく「いまとちがう場所」に存在するということです。

こういう考え方もあるのかと妙に感心しました。

僕の老後での最近を考えてみると、このマンションに移って7年目になります。それまでの二十数年は春日井市如意申町の自宅でした。

このマンションは8年前からこの場所に存在しています。

そして、このマンションに移ってからの生活はそれまでと比べて大幅に変わりました。そういう意味では同じ春日井市ですが違う場所で生活しだすと多くのことが変化しました。そして、このマンションに移ってからの生活を僕は7年前から望んでいました。と言う事はその時の僕の未来は「いまとちがう場所」存在したと言う事です。

未来社会として描かれるものはたいてい現代の欲望が生む幻影でしかない。その通りだと感じます。

3月に70歳になる僕は、一応82歳と49日での生誕30000日まで生きるという目標を立てています。あと12年ですので僕の未来は若い人ほど長くありません。このマンションからどこに移るかまだ自分でもわかりませんが最低1回、最高2回は移って新しい生活をしたいなと漠然に考えています。一人ですので気軽に移ることができる環境です。今のところ、僕の当分の未来は見つかっていません。コロナ禍が収まれば世の中の雰囲気が明るくなるでしょうからその時の気分で未来が見つかるかもしれません。

日曜日の折々のことばに反応した僕は今の緊急事態宣言下での退屈な毎日のなせる行為です。でも、未来は「いまとちがった時間」ではなく「いまとちがった場所」という考え方はグッドアイデアだと思います。

昨年の年賀状で、大分に住む80歳代の元気な僕の親戚夫婦が息子が住んでいる近くの姫路に引っ越しました。そして、その場所を終の棲家とします。とありました。これはまさに未来を手に入れたと言う事になります。

いつ僕の未来がやってくるかは分かりませんが人生はミステリアスのほうが面白いので最低1回、できれば2回来てほしいです。

   未来とは時間ではなく場所ですよ納得できる僕の過去今

今のマンションからの楽しみ、煙突の煙の芸術「THE DOG」(昨年の1月)でお別れします。DSC09981


今日の曲は、EXILE I Believe
株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール