2019年08月

老後つれづれ短歌ベストセレクション10(老後つれづれ(53))

<今日の表紙>大気が不安定だった昨日の面白い雲
DSC05445

タクシーの窓から撮りましたが低く垂れこめていました。DSC05446


最近は高血圧の話題でブログをにぎわしています。やっぱり68歳になると老化現象が顕在化してきます。

一昨年の12月7日からのカテゴリー「老後つれづれ」も今回で53回目になります。

52回の老後つれづれで詠った短歌から10首を選んでみました。

第4回での歌は実感がこもっています。老後を生きるために歯を大事にすることは必要条件です。

老後では髪の毛よりも歯が大事これから先の長い友だち

第6回での歌です。残りの人生で今日が一番若い日です。

死ぬ日まで若さ忘れず生きていく今日が一番若い日だから

第15回では、お葬式から帰った時に今の僕は幸せだなと感じた今現在の僕の辞世の句です。

今はどう?幸せですか?そうですね?今の生活変えたくないね!

第17回は、6月のクリスマスローズを眺めて感じた歌です。葉っぱに隠れて下を向いていますので目立ちませんが、年老いた姿を見せてくれています。DSC02771
こんなクリスマスローズの姿を見ると、今の僕のイメージに重なりますね。(笑)

  6月のクリスマスローズ下を向き眠るがごとく老いて生きたり

第18回は、老後の読書についての歌です。日本人の平均寿命は、男性もだいぶ伸びて81歳台に突入しました。長~い老後を読書で楽しみましょう。

  長い老後読書しながら歳をとる時間旅行は格安ツアー

21回は、僕の大好きなバドミントンについての歌です。やっぱり、今の僕にはバドミントンは仕事です。(笑)

  給料をもらえませんが仕事ですバドミントンを楽しむことが

33回は、感動することについての歌です。僕の老後はある意味「感動という目に見えないもの」を探す旅かもしれません。

  老後とは感動という栄養を探し見つけて食べる旅かも

37回は、友だちとの老後での距離についての歌です。杉ちゃんのお陰で、今の独りの時間のありがたさを再認識出来ました。

  友だちと近すぎない距離保つ老後の僕の大事な仕事

45回は、年を取って生きる気持ちの歌です。82歳、生誕30000日が一応のゴールですのであと14年元気に生きるために老いに対して抗いたいです。

  年を取れば弱いところが現れるごまかしながらゴールを目指せ

そして、先日の52回は、高血圧の歌です。これから、高血圧と長いお付き合いになりますので生誕3万日(82歳と49日)目指して気長に頑張ります。老後の課題が一つ増えました。

  僕の老後高血圧を下げないと動脈硬化リスク高まる

老後つれづれを書きだして1年9ヶ月になりますが短歌を辿ると面白いですね。ほとんどの歌が老後を生きる僕の姿勢が出ています。

  生き方を歌で表わし楽しむは僕独特の老後つれづれ

明後日の9月2日に生誕25000日を迎えますが、今日はKBAで㊗生誕25000日記念バドミントンイベントを開催します。元気に記念すべき生誕25000日を迎えることが出来ることを嬉しく思います。

昨日の朝日新聞折々のことばでお別れします。DSC05440
作家の小田実が娘が誕生した日に日記にこう記した。「ようこそ地球へーーここは問題だらけであるけどね」。

今日の曲は、桑田佳祐&Mr.Children 奇跡の地球



  

鶴舞公園の晩夏ウォッチングは暑かった。(汗)

<今日の表紙>我が家の血圧計での今朝の血圧
DSC05439

朝食前ですので脈拍もかなりゆっくり目です。

昨朝は曇り空で蒸し暑い朝でした。DSC05401


午前中は名駅前に映画を観に行きました。DSC05407
そして、ランチを食べて名大病院に用事がありましたのでその前に鶴舞公園を久しぶりにウォッチングしました。

JR鶴舞駅を降りると、公園の入り口近くには大きなヒマラヤスギの並木があります。DSC05409
今の時期には大きな松ぼっくりというか杉ぼっくり張り出した枝の上に多く見かけられます。DSC05410


しばらく歩くと、夏の象徴のひまわり畑が出現しました。DSC05411
まだきれいです。DSC05412
柳の木とひまわり畑の2ショットです。DSC05413
あまり、仲良しではありません。(笑)

ひまわり畑を通り過ぎると、踊り子というタイトルのバレリーナの彫像がありました。DSC05414
今まで気づきませんでした。

バレリーナ広い舞台で気持ちよく踊る晩夏の鶴舞(つるま)公園

さらに奥へ歩くと蓮池があります。DSC05415
お花見の季節とはガラッと変わっていました。お花見の季節にはアオサギさんが佇んでいましたが今は蓮だらけです。DSC02762


いろいろな状態の蓮の花が目を楽しませてくれます。DSC05416
DSC05418
DSC05423


汗びっしょりになって名大病院に向かいました。

名大病院から見る鶴舞公園のパノラマです。DSC05426
DSC05431
公園の緑がきれいです。遠くのビル群と比較すると際立ちます。

鶴舞公園は「踊り子」でしたが、名大病院の公衆電話の上の壁の「舞妓」でお別れします。DSC05432


今日の曲は、矢沢永吉 止まらないHa~Ha

高血圧対策として、コンスタントな測定をするために血圧計を買いました。血圧計は長〜い友だち。

<今日の表紙>名駅前のミッドランドスクエア入り口前花壇の黄色の花「ジニア」
DSC05176

この花壇には、ピンク色のニチニチソウと一緒に植えられています。DSC05175
ニチニチソウとのコントラストがきれいです。DSC05177
ジニアの名前が出てこなかったので気になっているところ、FBの友人の投稿で目にしました。

昨日も、一昨日もバドミントンの練習会場で練習前に血圧を測りました。でも、一昨日は午前中の練習前、DSC05378
昨日は午後の練習前です。DSC05395


血圧は変動するということです。

そして、違う種類の血圧計でもかなり違います。

これでは、正確な僕の血圧は分かりません。

ということで、血圧計を買いに大曽根のエディオンに行きました。

血圧計売り場には、多くの種類の血圧計がずらっと並んでいます。DSC05391

デモ機がありました。バドミントンの練習会場と同じ機種でしたので早速チェック。DSC05393

手首で測るタイプもありましたが、測って見ると、かなり数値が違いました。高血圧の方へ出ていましたのでこれは買う気分になれませんでした。(笑)

ついに、バドミントンの練習会場の機種にしました。DSC05400
家に帰ってセットアップして初回の測定に臨みました。DSC05396
いいね!

これで、コンスタントな条件で血圧測定が出来ます。16000円ほどの出血になりました。(汗)

測るたび一喜一憂したくない血圧計は長~い友だち

朝起きてから1時間以内、夜就寝前の決まった時に測ることがいいようです。脈拍も低い方がいいようです。測る前に1~2分の安静時間を取る必要があります。

プランター栽培されていたマツバギクでお別れします。DSC04956


今日の曲は、福耳 10Years After



高血圧は薬でかなり下がりました。でも、次の試練が?

<今日の表紙>一昨年の今ごろJR名古屋駅から無賃乗車で勝川駅まで来たハグロトンボのメス
DSC00660

電車の中の冷房が気持ちいのか、人が近づいても逃げません。DSC00656

電車に乗って外に出ると珍しい光景に出くわすことがあるんですね。夏、電車に乗るとつり革を見る癖が出来ました。ちなみに、地蔵川やKBAの近くの小川でも今ごろはハグロトンボが飛んでいます。

ハグロトンボのオスは、虹色の美しい胴体です。DSC00087 (1)
僕はトンボの中ではハグロトンボのオスが一番好きです。

さて、先週の金曜日に高血圧の精密検査を受けて、血圧を下げるお薬を4日連続で飲んで、昨日はバドミントンの練習に行きました。そこに血圧計がありますので早速右腕を血圧計に通しました。

緊張の一瞬が終わり、値が出てきました。DSC05378
127-91。

かなりいいね!ちなみに、精密検査では、158-104でした。そして、この血圧計で23日の練習後に測った値は、145-86でした。そして、今日の練習後に測った値は、134-90です。

僕なりに分析するとお薬の効果が明らかに表れているようです。しかし、下の値はまだかなり高いです。
あと8日お薬を飲んでの再診が楽しみです。といっても高血圧は長~い友だちになりそうです。

最近、新たな痛みが発生しています。大したことはないと思いますが、いままで経験した覚えがありません。それは、先週、4日連続でバドミントンをした最終日に起こりました。

左ひじの下の筋肉がラケットの振りに悲鳴をあげたようで内出血してラケットを振ると痛くなりました。内出血した血は手首の方へ移動して溜まっています。DSC05386
どうも、これも腕の筋肉の老化現象のようです。

昨日の練習ではだいぶ良くなっていました。

歳を取ると、いろいろな体のトラブルが起こます。それにめげずに老後を楽しみたいですね。

  次々と体を襲うトラブルを楽しむ覚悟老後の薬

昨日、今日はお天気が悪いし、お月様も見れません。

3年前10月15日の僕のブログで一番きれいなお月様でお別れします。DSC01125


今日の曲は、玉置浩二 夏の終わりのハーモニ



8月2冊目を読み終えました。訳者も絶賛!「償いの雪が降る」アレン・エスケンス著

<今日の表紙>今朝の短い日の出の太陽(5時31分)
DSC05372

今朝は涼しいですがあいにくの曇り空です。DSC05366
わずかな隙間から日の出が始まりました。DSC05368


8月は20日までに1冊しか読んでないとブログに書きましたが、21日から読み始めた本が面白くて昨日までに読み終えました。その本は、アメリカ人の小説家アレン・エスケンスのデビュー作「償いの雪が降る」です。DSC05356


とってもスリリングなストーリーで、エピローグもスッキリ!感動しました。DSC05358
訳者の務台夏子さんも絶賛です。DSC05359


ストーリーとは直接の関係はありませんが、主人公のジョーと元服役囚の老人カールとのやり取りで面白い箇所がありましたのでそれを抜粋します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「いちばん傑作なところを聞きたいだろ?」彼(カール)は言った。

「もちろん」僕(ジョー)は言った。

「あれだけ長いこと死を願い、死のうとしてきたあとで、わたしに生きたいと思わせたのは、刑務所だったんだ」

「まさかね」痛みをこらえつつ、彼はくすくす笑った。「刑務所を気に入るやつなんていないさ。だが、わたしは、ものを読んだり考えたりしはじめた。自分自身や自分の人生を理解しようとしはじめたんだ。そして、ある日、房の寝棚に横になって、パスカルの賭けについてじっくり考えたわけだよ」

「パスカルの賭け?」

「ブレーズ・パスカルという哲学者がこう言ったんだ。神の存在を信じる信じないの選択肢があるなら、信じるほうに賭けたほうがいい。なぜなら、神の存在を信じ、たとえそれがまちがいだったとしてーーどうだろう、失うものは何もない。一方、神の存在を信じず、それがまちがいだったら、そのときは永遠に地獄で過ごさなきゃならない。少なくとも、ある人たちの説によればな」

「信仰を持つ理由として、立派なものとは言えないな」僕は言った。

「ぜんぜん立派なもんじゃないさ」カールは言った。「わたしは、人生の終わりを待ち、死後に訪れるよりよいものとやらを待つ何百人もの男たちに囲まれていた。私も彼らと同じ気持ちだったよ。向こう側によりよいものがあると信じたかったんだ。わたしは刑務所で時間をつぶしながら、向こうに渡る時を待っていた。そのさなか、パスカルの賭けのことが頭に浮かんだわけだよ。だが、そこにはちょっとひねりが加わっていた。もしも自分がまちがってたら?向こう側なんてなかったらどうする?永遠の時全体のなかで、これが自分の生きる唯一無二の時だとしたら?その場合、わたしはこの人生をどう生きるだろうか?わかるかね?もしこれが与えられているすべてだとしたら、どういうことになる?」

「まあ、大勢の聖職者が死んでがっかりすることになるでしょうね」僕は言った。

カールはくすくす笑った。「そう、それもあるな」彼は言った。「だが、来世がないということは、この世こそがわれわれの天国だということにもなるんだ。われわれは日々、人生の驚異に囲まれているわけだよ。理解を越える驚異なのに、われわれはそれを当たり前だと思っているんだ。その日、わたしはこの人生を生きることに決めた。ただ存在するだけじゃなく、生きることに。もし死んで向こう側に天国があったなら、それはそれで結構なことじゃないか。だがもし、天国にいるつもりでこの人生を生きず、死後に何もなかったら・・・・・わたしは人生を無駄にしたことになる。全歴史における自分が生きる唯一のチャンスを無駄にしたことになるわけだよ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人生を生きるエキスがちりばめられている個所です。

  人生はパスカルの賭けアレンジし今が天国今を生きよう

僕のお勧めの本です。訳者の務台夏子さんの翻訳能力もすごいですね。

今朝の日の出の終わりでお別れします。DSC05375
わずか5分間の出来事でした。

今日の曲は、桑田佳祐 ラチエン通りのシスター

夏の終わり蝉時雨止み虫の音が草の下から沁みだし唄ふ(つれづれウォーキング地蔵川8月2019(3))

<今日の表紙>バドミントン世界選手権桃田選手連覇達成
DSC05303

昨夜のメ~テレでLIVEで放映されました。初戦からすべて圧勝の完全優勝でした。

その他、日本人対決の決勝となった女子ダブルスでは、永原・松本ペアが大接戦の末の2連覇です。DSC05305


奥原選手、保木・小林ペアは銀メダルに終わりましたが、全種目でメダル獲得という快挙を成し遂げた日本バドミントンです。東京2020でも期待しています。

一昨日、昨日と久しぶりにテレビにくぎ付けでバドミントンを楽しみました。

今朝は久しぶりにすごくいいお天気になりました。DSC05318
DSC05315


そんな中、8月3回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC05319


蝉時雨が止んでいました。時折り単発で蝉の鳴き声が聞こえます。蝉時雨の代わりに虫の音がよく聞こえます。特に川沿いの畑の方から大きく聞こえました。DSC05321
畑の隅っこのテッポウユリしか目立つ花はありません。DSC05322
足元を見るとカボチャの黄色い花が咲いています。DSC05323


橋のたもとに来ると相変わらず鯉さんたちが元気です。DSC05326
錦鯉さんは目立ちますね。DSC05328


オシロイバナは今が一番元気がいい時期でしょうか?DSC05331
DSC05341
どこからか飛んできたムクゲもきれいです。DSC05332


川沿いを歩いていると、セミの代わりにバッタやトンボが目立ちます。

と言っても、トンボは分かります。DSC05337
でも、バッタは分かりますか?DSC05339
もう一つ。DSC05340
カメラを向けてもじっとしています。

  夏の終わり蝉時雨止み虫の音が草の下から沁みだし唄ふ

ウォーキングの終わり掛けに2羽の鴨さんが仲良く浮かんでいました。DSC05343
久しぶりに見ました。

今朝のつれづれウォーキング地蔵川は、涼しい空気が漂っていて快適でした。朝夕はもう秋の気配が漂ってきています。

ウォーキングを終えてマンションにたどり着くと、タイサンボクの花が一輪咲いていました。DSC05355
夏の間楽しませていただきました。

日の出ウォッチングの時に久しぶりに見たお月様でお別れします。DSC05310


今日の曲は、MISIA アイノカタチ


名古屋は、ど真ん中祭りですが、スイスはバドミントン祭りです。

<今日の表紙>昨朝の煙突の煙の芸術「ラクダ」
DSC05243

昨朝も煙突の煙が主役でした。DSC05245
涼しい朝でした。こちらは、口を開けた大きな魚のようです。DSC05241


昨日は、日の出ウォッチングを楽しんだ後は、名駅前に映画を観に行きました。DSC05246


観た映画は、エルトン・ジョンの伝記映画で「ロケットマン」です。DSC05247
あまりスカッとしませんでした。

観終わって、ランチを食べようといろいろなお店を覗きましたが、ラーメンは脂っこいので除外。結局JR名古屋駅ホームのお店で「きしめん」に落ち着きました。高血圧が頭によぎりました。

  当分は好きなラーメンやめなさい心の声が血圧下げろ

名古屋駅に向かっていると、名駅前の道がふさがれて車が通れません。DSC05249
歩道に人だかりが出来ていましたので横断歩道から見ると踊っていました。DSC05251
DSC05248
日本ど真ん中祭りです。栄中心に開催されているようですが名駅前にも来たようです。

久しぶりの名駅前通路の花屋さんでは秋の花が飾られていました。カワラナデシコです。DSC05252
キバナコスモスです。DSC05256


家に帰って6時からは、スイスで開催されているバドミントンの世界選手権準決勝を11時半までBS朝日で5試合たっぷり観ました。

何と、準決勝4試合が日本人が出場していました。

女子ダブルスでは、福島・廣田ペアが2-0でゲット。DSC05273
男子シングルスでは、世界NO.1の桃田選手が危なげなく2-0でゲット。DSC05263
そして、女子シングルスでは、奥原希望選手が1時間20分の熱闘を制して2-1の逆転勝ちです。DSC05270
この試合は感動しました。最後は、日本のミックスダブルスとして初めて準決勝に出場した渡辺・東野ペアが世界NO.1の中国ペアと戦いましたが0-2での敗戦。銅メダルに終わりました。DSC05274


これ以上は疲れて見れませんので録画しました。

日本は、初めて全種目でメダル確定とのことです。

そして、今朝録画をチェックすると、まず女子ダブルス世界NO.1永原・松本ペアがインドネシアペアに2-0で勝って決勝で福島・廣田ペアと戦います。DSC05292


ビックリしたのが、準決勝最後の試合で登場した男子ダブルス世界ランク13位の保木・小林ペアが世界3位で前回世界バドミントン優勝の中国ペアに2-0で勝ったことです。DSC05297


ということで、決勝5種目のうち4種目で日本人が登場します。DSC05299
保木・小林ペアの相手は実際はインドネシアペアです。表示が間違うほどの番狂わせです。(笑)

今夜は、決勝戦を楽しみます。あまり寝れないかもね。

名駅前通路の花屋さんで見た珍しいリンドウの心美白寿でお別れします。DSC05258


今日の曲は、ケツメイシ 夢中


株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール