2019年05月

吉田純子さんの愛情あふれる「ピアニスト イェルク・デームスさんへの惜別」に感動しました。(29日朝日新聞夕刊)

<今日の表紙>令和の文字が印象的な「九十九島せんべい」
DSC00396

昨日のバドミントンの練習の時に家庭婦人のママさんのお土産で頂きました。DSC00397
長崎県では有名な美味しいせんぺいです。

令和ブームも2ヶ月続くともう新鮮さが薄れて令和にすっかり慣れて平成がかなり遠くなってきました。

平成の終わりの月4月に亡くなった人を一昨日の朝日新聞夕刊の「惜別」が悼んでいました。DSC00332


その中に、僕の好きな音楽に造詣の深い朝日新聞編集委員の吉田純子さんの記事が見られました。

オーストリアのピアニスト イェルク・デームスさんを悼むコラムです。DSC00334



吉田純子さんの文章はまるで、音楽のように抑揚があり、亡くなった人への愛情がよく伝わってきます。僕は亡くなった人は全く知りませんが、かっての音楽評論家吉田秀和さんへの惜別のことばが強烈に残っています。(ブログ参照
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作曲家の精神をすべての音に宿らせることに心を尽くした。個々の楽曲が生まれた時代の素材や技術で作られた楽器を選び抜いた。フィッシャーディースカウら名歌手たちとの濃厚な交流も成熟の礎にした。
1961年に初来日。名匠グルダらと「ウィーンの三羽がらす」と親しまれた。ドビッシーの物憂いつぶやきも、シューベルトの青春の慟哭も、自身から生まれるもののように自在に歌にした。しかし、その左手は心臓の鼓動となり、淡々とたゆまぬリズムを刻み続ける。まさに命の営みの写し絵だった。
「一音一音からたちのぼる、洗練された土の香り」に魅せられていた指揮者の坂入健司郎さん(31)は2011年3月20日、自ら創設した大学オーケストラの卒業公演で念願の競演を果たした。東日本大震災から5日後、周囲の制止をふりきって来日した巨匠は、練習では感傷や同情を一切見せず、「ダメだ!」と怒号を浴びせ続けた。迎えた本番。全員が解き放たれた瞬間に生まれた温かな音の感触を、坂入さんは忘れない。「本気の探求心こそが、傷ついた時に前を向く真の力の源になるのだと教えられました」
芸術の源泉への好奇心は、国境やジャンルの壁を悠々と越えて広がり、深みへと向かった。広重の「東海道五十三次」にシューベルトの「冬の旅」の繊細な魂を、北斎の赤富士のタッチにベートーベンの力強さを重ねた。今年1月には弟子の平賀寿子さん(71)に電話をし、北斎が描いた唐の詩人、李白について尋ねた。「来年のベートーベン生誕250年に、中国、日本、ウィーンを結ぶ公演をひそかに構想していたのかも」

亡くなる数日前まで病院でバッハの前奏曲を弾いていた。一寸の濁りも曇りもない。桃源郷を思わせるハ長調の響きに静かに身を委ねていたという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イェルク・デームスさんは4月16日に老衰で90歳で亡くなっています。

これ以上の弔辞はないくらい、故人の生きざまを讃えて、亡くなる間際まで、次につながる音楽を奏でていたことを伝えてくれています。

僕は、この文章を読んでいて、自然と悲しみではなく感動の涙を流していました。そして、日本語はいいなとつくづく思いました。

  音楽家悼む言葉は美しい日本語駆使し純子さん詠う

久しぶりの吉田純子さんの「惜別」に出会えて幸せです。

先日、交差点の花壇で見かけたシランでお別れします。DSC00329


今日の曲は、EXILE 真夏の果実



水面光りビワが膨らむ地蔵川ランタナが咲きもうすでに夏(つれづれウォーキング地蔵川5月2019(3))

<今日の表紙>日向ぼっこで思い切り背伸びをしている地蔵川の亀さん
DSC00388

今朝は、雲一つない青空でさわやかな空気に包まれたお天気でした。DSC00347
そんな中、煙の中から太陽が昇ってきました。DSC00343
その前に、青空をバックにした三日月がきれいでした。DSC00338


5月最後のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC00358
早速亀さんたちのお出迎えです。DSC00360
オオキンケイギクが相変わらず目立ちます。DSC00361
DSC00369
そんな中、アルストロメリアが咲いていました。DSC00378
その隣には可愛いランタナです。DSC00377
モンシロチョウはランタナが大好きです。DSC00383
ヒメジョオンも多くなってきています。DSC00370


今朝は鳥さんたちは見かけませんでした。でも、鯉さんたちはカープと同じく大変元気です。DSC00365
錦鯉さんの子どもも元気です。DSC00364


ビワの実が大きくなってきています。DSC00376
地蔵川は一足先に初夏になっています。水面が光ってきれいです。DSC00371


  水面光りびわが膨らむ地蔵川ランタナが咲きもうすでに夏

つれづれウォーキング地蔵川から帰る途中にきれいな花を咲かせているアジサイに出会いました。DSC00394
もうすぐそこに梅雨が待っているようです。DSC00391


残雪が残る今朝の御嶽山でお別れします。DSC00395


今日の曲は、安全地帯 じれったい



傘は忘れるよりも捨てることの方が多くなっているようです。

<今日の表紙>地下鉄大曽根駅の「友愛の傘」
DSC05315

晴れた日には、数本入っていることが多いです。出かける時には雨が降っていなくて大曽根駅に着いたら雨の時に僕も良く利用させていただいています。

昨日は久しぶりの雨の1日でした。DSC00311
DSC00312


傘が目立っていました。DSC00316


僕の家の玄関の傘立てには7本の傘が入っています。DSC00310
そして、外には乾かしている傘が1本。DSC00313


僕1人でこれだけの傘を持っていることは一昔前には考えられなかったことです。

傘の値段が劇的に安くなったことが一番の要因。コンビニや薬局などで気軽に手に入ることがその次の要因です。

傘の状況で判断すると、日本は豊かになって、いい時代になっているようです。

外出先で雨に降られて傘を買っても、家に帰り着く前に雨が止んだら傘の必要がなくなり、どこかに捨ててくることも珍しいことではないでしょう。傘は忘れ物ではなく捨てるもののに変わってきたようです。

僕が子どもの頃は、物を大事に使いなさいと世の中から教えられていましたが、今の日本は物が溢れている世界になってしまったので世の中から教えられません。

  今の世は傘は差す物捨てる物それならどうぞ友愛の傘へ

6月になれば梅雨入りしますので、これから傘は必需品になります。でも、安くて手軽に手に入ります。そして、猛暑対策としての日傘は男性にも必需品のなるかもしれないとテレビで言っていました。

地下鉄大曽根駅の「友愛の傘」に傘を入れる僕(4年前)でお別れします。014


今日の曲は、井上陽水 傘がない




最近は、特に花が気になります。

<今日の表紙>名駅前通路の花屋さんで見かけたきれいなゴクラクチョウカ
DSC00272

こんな花がいっぱいあるところを想像すると、極楽、極楽!(笑)

昨日は、1週間ぶりに名駅前に映画を観に行きました。DSC00266



観た映画は、フランス映画のラブコメディ「パリ、嘘つきな恋」です。DSC00284
軽くてハッピーエンドな大人の恋でした。DSC00285
気軽に楽しめる映画です。

昨日は、27日でしたので昼食は迷わずまるは食堂チカマチラウンジ店のチカマチランチです。DSC00269
1500円ほどの内容で930円(小ライス)。通常は先着5名ですが、8日と27日は制限なし。しかも、映画の半券で600円の生ビールがタダ。

映画の帰りには、ゴクラクチョウカを見た花屋さんでつかの間のフラワーウォッチングです。

その前にミッドランドスクエア入り口付近の花壇では、きれいなキンギョソウが満開です。DSC00267
キンギョソウの下にはマーガレットです。DSC00268


それでは、花屋さんでのきれいな花をどうぞ!

ランタナ七変化という可愛いランタナです。DSC00275
星の形の小さな花がきれいなペンタスです。DSC00279
珍しいエラチオールベゴニアです。DSC00283
冬までしっかり咲くサフィニアです。DSC00281


家での夕食後、NHKニュース7で、トランプ大統領を招いた宮中晩餐会が中継されていました。DSC00289
主賓席を飾っている花は何でしょう?DSC00288


若い頃では想像もできない今日の僕です。とにかく花の名前が気になります。

  若い頃気にならなかった花の名がとても知りたい年寄りの僕

話は変わりますが、いい成績だったゴルフのスコアカードは何故か捨てるのに時間がかかります。18日のスコアカードをまだ捨てていません。人間はつくづく変な動物です。(汗&笑)

18日のゴルフのスコアカードでお別れします。BlogPaint
もう捨てれます。

今日の曲は、コブクロ 光の粒


5月としては超暑い昨日、名北クラブ懇親会は少ない人数でも超盛り上がりました。

<今日の表紙>昨夜の名北クラブのメンバー
DSC00255

一昨日の夜から窓を開けて寝だしました。

もう、完全に真夏モードです。今朝の新聞では、北海道佐呂間町で40℃に迫る気温39.5℃を5月としては初めて観測したとあります。

昨日の朝の日の出です。DSC00248
DSC00245
DSC00251


そして、今朝の日の出です。DSC00256
DSC00257
DSC00261


よく似ています。今日も猛暑日になりそうです。


昨日の県スポでのバドミントンの練習では熱中症対策で換気扇をつけっぱなしでした。

昨日や今日の気温のように昨夜の僕が監督をしているバドミントンの名北クラブ懇親会は超盛り上がりました。

今の時期は愛知県社会人クラブチームの前期リーグ戦が行われています。名北クラブは(A)は6月になってから試合です。(B)は一昨日の土曜日で終了して2勝3敗で7部で4位。僕が所属する(C)は9部で0勝3敗。あと2試合が6月にあります。

こんな結果並びに途中経過では、あまり盛り上がりません。盛り上がった理由が二つあります。

まず、一つ目は、来年度から僕たちのユニフォームの背面のゼッケンがものすごく厳しい制限を受けることが決まりました。DSC00264
先回の代表者会議での資料です。

名北クラブの正式な名前は名古屋北クラブです。そして、現在の背面です。DSC00265
これは、「愛知」は合格です。でも、「名北」は違反です。正しく「名古屋北クラブ」と書かなければいけません。

僕たちの解決策はチーム名を「名北」にすることにします。理由は、今までのユニフォームをこれからも使うことと、名北クラブでずっと通っていましたので、名北にしても違和感がないからです。

ところで、愛知県のクラブリーグの試合なのになんで「愛知」がいるのか?理由がわかりません。

でも、かなりのチームが影響を受けるのは必至です。

もう一つの盛り上がりの理由は、今年4月からルール変更で、サーブはシャトルが床から115㎝の高さを越えて打てばフォルトになります。しかし、オーバーハンドやオーバーウエストしてもOKです。

身長の低い僕(163㎝)には、かなり有利になります。今新しいサーブを練習中です。自然と今までよりもライナー気味のサーブがいいように感じます。

ここで、問題が発生しました。いままででも、サーブのフォルトをジャッジすることが難しかったのに、115㎝の高さをどうジャッジすればいいの?

5月5日の静岡でのふじさんシニアオープン大会では、副審が115㎝用の器具を使って測りました。BlogPaint
BlogPaint
これだとほぼ正確にジャッジできます。ちなみに、このときは違反はおそらくなかったと思います。なぜなら、今まで通りのサーブをすればよっぽど身長の高い人以外は115㎝よりかなり低い位置でシャトルを打っています。

問題は、普通の大会でこんな大がかりな器具を使って副審を付けてジャッジするかということです。

ということで、僕は違反するまで高い位置のサーブを練習する必要があるなと感じました。僕が感じるくらいですので、1年もすればほとんどの人のサーブが今までよりも高い位置からになると思います。

このことで思い出すのが、フォアハンドのサーブが僕の20代までは全盛でしたが、30代以降はバックハンドサーブが全盛になり今に至っています。

ルールの変更によってプレースタイルも変えていくのがスポーツの面白さです。

ルールに合わせて自分を変えていくことが僕のような超シニアには楽しみです。ゆるガット(13ポンド)はルールとは関係ありませんが、調子いいですよ。残念だった昨日のスディルマンカップの決勝での、桃田選手のラケットのガットが切れてスマッシュがネットに引っかかるシーンがありました。13ポンドでは極めてそういうことは少ないので安心して試合に使えます。

今回のサービスルールの変更は、僕にとっては嬉しい変更にしたいです。

6人での少ない人数の懇親会でしたが、いっぱい熱い意見が出て2時間があっという間でした。

  少ないがルール変更愛知など熱く語った名北クラブ

今のフォームでの僕のサーブシーンでお別れします。DSC09796


今日の曲は、世良公則 燃えろいい女


東京で孫の海ちゃんに会ってきました。

<今日の表紙>岸家の親子3代の昨日の3ショット
DSC00237

昨朝、孫の海ちゃんから「ジージー今日は運動会だよ」とメールが届きました。

ということで、急きょ東京へ行くことにしました。何しろ自由時間がたっぷりありますので。

昨日は、いいお天気の朝から始まりました。DSC00181
東京も30℃を越える予報です。

10時26分発のひかりに乗り東京へ向かいました。

途中の富士川から望む富士山も暑そうです。DSC00188
山頂付近にかろうじて雪が残っています。DSC00193
DSC00202
でも、令和で初めての富士山を観れただけで嬉しい気分になります。DSC00190
DSC00205
三島駅過ぎに見る富士山は大沢崩れを正面に見て少し異様です。DSC00213


富士山を楽しんで12時03分に品川駅に到着。

12時半ごろに運動会へ到着。午後の部を観て息子夫婦のマンションへ。海ちゃんは、汗びっしょりになりながら小学校での初めての運動会を頑張りました。

最近は、この時期に運動会をする小学校が増えてきているようです。

5時まで海ちゃんと将棋を楽しんで、近くの焼肉屋さんでおいしい焼肉を食べました。DSC00235
乾杯!

幼稚園の頃よりもだいぶ成長していることが分かりました。

なお、朝のメールは、小学校から児童に貸し出されたスマホからです。

このメールのお陰で楽しい一日を過ごすことが出来ました。

  孫からのメールのお陰富士山と運動会を観れて幸せ

小学校の教室への廊下に展示されていた海ちゃんの絵でお別れします
DSC00215
真ん中は太陽です。

今日の曲は、米津玄師 Lemon


気になる、木になる、気になることつれづれ

<今日の表紙>早くも夏バージョンのiichikoのポスター
DSC00170

「のびのびする日になりそうです」DSC00172
iichikoを飲んでねDSC00171

昨日の地下鉄大曽根駅のホームで見かけました。5月というのに30℃を越える真夏のような陽気の中、ぴったりのiichikoのポスターです。

最近、愛知県スポーツ会館へ向かう時に、気になる光景があります。

名古屋市上下水道局下水道科学館に隣接する歩道横に今年1月にきれいなプリムラジュリアンの鉢植えを並べた花壇がお目見えしました。DSC00007
きれいですね。DSC00854
DSC00855
この近くに来るといつも心が和みました。

そして、5ヶ月が経ち5月9日の様子です。DSC09690
ダメ押しで5月22日です。DSC00094

これは、名古屋市か、愛知県のお仕事でしょ?

悲しくなりますね。どうしてこんなになるんでしょうか?

  わあきれい心が痛む五ヶ月後プリムラ死して雑草天国

これほど極端ではありませんが、僕がよく行く千種駅近くの公園のユリノキとカエデの木も気になります。

これが今年4月25日です。DSC03289
そして、昨年の4月です。DSC00288


そして、一昨日の様子です。DSC00136
近くの街路樹と一緒の剪定の仕方です。もうすこし、気を付けて剪定をしてほしいものです。

2016年のユリノキとカエデの木の紅葉でお別れします。DSC02917


今日の曲は、Dream5 学園天国




株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール