2019年03月

平成最後の年度末はKBAでバドミントン三昧です。

<今日の表紙>昨日のKBAでのメンバー
DSC02342
僕の右はロンドンオリンピックバドミントン女子ダブルス銀メダリスト垣岩令佳選手のお父さんです。
昨日、今日とKBAで4月の試合(山形、台湾)に備えてのバドミントンの合宿です。DSC02337

KBAの近くに巨大スーパー「PLANT」がオープンしていました。DSC02336
DSC02334
DSC02335

宴会用の食材を買い込んでKBAに到着です。

早速、練習開始です。DSC02338
DSC02339


1時から5時までたっぷり練習して丸三旅館のお風呂へGO。

6時半ごろからKBAで楽しい宴会の始まりです。DSC02344

天野さんの料理は相変わらず美味しい!DSC02347

途中で、思わぬサプライズです。DSC02349
68歳のバースデーケーキです。

楽しく1日目を終えて今日はこれから2日目のバドミントンを楽しみます。DSC02351
まだアルコールが少し残っているようです。

平成30年度はKBAでのバドミントンで締めます。

  平成の時代を締める昨日今日KBAのバドミントンで

KBAに向かう途中の奥琵琶湖のパノラマでお別れします。DSC02332


今日の曲は、ゆず 友~旅立ちの時~



僕の終活の時代の新しい元号は何だろう?(老後つれづれ(38))

<今日の表紙>今が見ごろのユキヤナギ
DSC02303

遠くからでも白く輝いているユキヤナギです。DSC02318

名古屋の桜の名所の黒川沿いもまだ3分咲きぐらいで満開は4月初めでしょう。DSC02320

最近の話題は、4月1日に発表される新しい元号はどんな元号か?です。

今回の改元は、じっくり考える時間がありましたので世間でもいろいろな候補が目白押しです。ちなみに僕の候補は「日和(にちわ)」です。(汗&笑)日本に平和が続きますようにという思いです。

  平成を閉じて開くは日和かな平和な日々が続きますよう
  
楽しいですね。どんな元号になるのでしょう?

新しい時代が幕を開けるという印象です。

でも、その時代は、今の僕の生活の延長線上での「終活」の時代になると思います。僕のいう終活とは、葬式の準備をするという意味だけではなく、いつ死んでもいいという生活をするという意味です。

世の中は、AIを活用して益々便利になります。自動運転の車の時代がそう遠くない時期に到来しそうです。でも、僕の日常はほとんど変わりません。毎日JRや地下鉄を利用してバドミントンや映画を観に出かけてるということは、車で言うと自動運転です。(笑)

毎日の生活は、睡眠を十分に取り、栄養も十分に取ることを心掛けていいます。きわめて昔からの健康の基本を守っている生活です。

有り余る時間の使い方は、睡眠、食事&トイレ、読書、バドミントン、ブログ、ネット、TV、映画という順番ですかね。まあ、時代が便利になってもほとんど影響されない生活が続きます。

僕の終活は、これからますます便利になってもほとんど影響されない生活をすることです。

一応82歳までは生きる予定ですので、新元号での15年までは生きたいです。僕の希望は日和15年です。(笑)

先日、歌手の森昌子が今年で歌手を引退することをニュースで知りました。DSC02309


他人事ながら、かなり長い終活が待ちかまえていると思いました。日和30年ぐらいまでは生きるのでは。

森昌子が「先生」を唄った頃のような若々しいクンシランでお別れします。DSC02283


今日の曲は、森昌子 哀しみ本線日本海



久しぶりのゲキ×シネ(劇団☆新感線)は面白かった。

<今日の表紙>猫が大好きな伊丹十三の本のポスター
DSC02304

昨日、千種駅近くの本屋さんで4月分の読書本5冊を買った時に見かけた伊丹十三の写真です。彼は猫が大好きだったのをエッセー「再び女たちよ!」で書いていることを思い出しました。
<わが想い出の猫猫より>

「犬なんてのはさ、一番偉くなってせいぜい狼だろ。猫の偉いのは豹、虎、ライオンだからねえ、まるで格が違う」
「そんなことなんの関係があるの。猫はライオンじゃないじゃないの」

「そう。猫はライオンじゃないかも知れん。でもね、動物園に行って見てごらん。ライオンは確実に猫だよ」

本屋さんへ行く前に、新栄の名演小劇場で久しぶりに劇団☆新感線の「髑髏城の七人」を観ました。DSC02306
昨年までに以前の髑髏城の七人、アカドクロ、アオドクロを観ましたが、今回は2017年3月から1年3ヶ月に渡り新シリーズ6作品を日本初の360°回転シアター「IHIステージアラウンド東京」のこけら落としとして累計55万人を動員した作品の上映です。

花・鳥・風・月(上弦の月/下弦の月)は、それぞれ配役を変えて、最後の極はサブタイトル「修羅天魔)としてストーリーも一新した内容になっています。DSC02307


昨日は、最初の「シーズン花」でした。小栗旬が主役でなかなかの演技でした。

1ヶ月ごとに1週間づつ8月まで楽しませてくれそうです。

  いろいろな人の演技を楽しめる新感線のゲキ×シネタイム

「髑髏城の七人」を楽しんだ後に、広小路通り新栄交差点にある1本の満開の枝垂桜を楽しみました。DSC02290
DSC02296


瀧のような枝垂桜の枝でお別れします。DSC02297


今日の曲は、木村弓 いつも何度でも

丸亀への旅で忘れられない海老飯事件他

<今日の表紙>クリスマス・ローズですよ。
DSC02167

バックのミッドランドスクエアとよく似あいますね?普通の様子はこの通りです。DSC02165


旅の思い出というのは不思議なもので、先日の丸亀への旅ではバドミントンの試合での優勝が一番の思い出?DSC02020
きれいだった車窓からの瀬戸内海の景色?DSC01985_1
丸亀城の雄姿?DSC01991_1
人間というのは不器用な物で、優勝よりも強烈に印象に残っている思い出があるのです。しかも、そう立派なことではありません。

まず、ジャブの思い出を一つ。2試合目が終わってロビーに出るとソファーを見ると110円がソファーに座っていました。110円の身元が分かりません。しばらく隣に座っていましたが誰も来ませんので僕が身元保証人になることにしました。(汗)

110円ほどの大金の身元保証人になると、何か悪いことが起こるかと思いましたが、何とか試合には勝ち優勝することが出来ました。

しかし、その日のJR岡山駅でやっぱり悪いことが起こりました。丸亀から順調に岡山まで来ましたが、ジパング倶楽部の切符ですのでのぞみには乗れません。結局1時間半ほど待たされました。

夕食がまだでしたので、JR岡山駅新幹線構内のイタリアンレストランへ行きました。

入り口前に、お勧めの海老飯750円の見本が展示されています。DSC02027

美味しそうでしたので迷わずオーダーしました。しばらくして出てきました。これです。DSC02026
あれ、海老がない!しかし、よく見ると黒い色した小さな海老がところどころにいました。おなかが空いていましたのでペロッと食べました。

でも、見本の海老の方がもっと美味しそうでした。

今回の海老飯事件は1週間経っても強烈に残っています。

  海老飯の見本の海老が美味しそう出て来た海老は食べたら海老か?

まあ、このブログにアップしたので幾分心が軽くなりました。

ホームセンターの花コーナーで見かけたきれいなカランコエでお別れします。DSC02269


今日の曲は、小田和正 坂道を上って



築水池のシデコブシは今年もきれいですよ!

<今日の表紙>昨日の築水池のシデコブシ
DSC02248


昨日はレンタカーを借りて10時過ぎから高蔵寺にある築水池のシデコブシを観に行きました。DSC02256

僕の3月の年中行事です。昨年は早く行き過ぎてまだ咲いていなかったので月末にもう1回観に行きました。

昨日は、気温が20度近くまで上がり暖かかったのでシデコブシもかなり咲いているのではないかと期待して出かけました。
10時半ごろ駐車場に着いて徒歩で池に沿って歩きます。道端には可愛いショウジョウバカマがいっぱい咲いています。DSC02217
5分ほど歩いて左側の丘に登り、そして下るとシデコブシの自生地に着きます。DSC02222
いつもこの付近でドキドキします。咲いていました!DSC02224
春霞のようなシデコブシの群れ咲く風景です。DSC02255

青空をバックにしてきれいに咲いています。DSC02225
まだ咲き始めもいっぱいです。DSC02226
DSC02232
花の雰囲気が注連縄に挟む紙垂に似ていることからシデコブシということです。DSC02235
DSC02248
昨日は暖かかったので、シデコブシを見学に来ている人が多かったです。DSC02237
DSC02253


  咲き誇る築水池のシデコブシ拳を広げぐーからパーへ

シデコブシの下には、ミズバショウが咲いていました。DSC02242


シデコブシを観に行くときのもう一つの楽しみはハルリンドウを探すことです。でも、一昨年、昨年と見つかりませんでした。そして、今年も残念ながら見つかりません。イノシシが湿地を掘り返した痕がありました。可愛い花を咲かせてくれていましたが。052
115
64歳の誕生日にて
しかし、テングチョウが道路に羽を広げて日向ぼっこをしていました。DSC02258
そして、きれいなツバメシジミを発見です。DSC02262


気持ちよく築水池を周りをウォーキング出来ました。

凛とした雰囲気で咲いているヤマツバキでお別れします。DSC02254


今日の曲は、矢沢永吉 もうひとりの俺



桜咲き春が訪れ水緩む地蔵川では開花のラッシュ(つれづれウォーキング地蔵川3月2019(3))

<今日の表紙>きれいなピンク色の桜の花
DSC02213

地蔵川へのウォーキングに向かう途中の少し早咲きの桜です。DSC02210


今朝は穏やかな薄曇りでした。DSC02173
御嶽山のバックは赤く染まっています。DSC02176

そんな中、3月3回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC02177

まだまだだな。DSC02181
でも、少し細かく見ると咲いています。DSC02179
DSC02183
もっとも、この時期は桜の木によってまちまちです。DSC02200
DSC02199


しばらく歩いて行くと、一番立派な桜の木があります。DSC02187
この桜は結構咲いています。DSC02189
週末には8分咲きぐらいにはなるでしょう。

僕の主観では、まだ咲き始めの状態です。全体としては4月の入学式の頃が満開でしょう。

鴨さんたちも早く咲いてよと言っています。DSC02185
錦鯉さんも早く満開になってよと思っています。DSC02192


桜が満開になると、出番がなくなるので、今のうちに目立っておこうと菜の花が頑張っています。DSC02201
ムスカリもきれいです。DSC02205
レンギョウです。DSC02204
ツルニチニチソウです。DSC02202


桜が咲き始めて地蔵川に本格的な春の訪れが始まりました。

  桜咲き春が訪れ水緩む地蔵川では開花のラッシュ

帰り道での、エネルギーが溢れているアジサイの若葉でお別れします。DSC02214


今日の曲は、Queen Don't Stop Me Now


老いては子に従えでしょうか?僕のセカンドバッグ交換式

<今日の表紙>愛知県スポーツ会館(県スポ)前の枝垂桜
DSC02154

一足先に、県スポ前の枝垂桜が咲き始めました。DSC02153
DSC02150


昨日は、68歳になって初めてのバドミントンを県スポで楽しみました。

県スポへ行く前に、4年間使った愛用のバリーのセカンドバッグから新しいTUMIのバッグへ入れているものを移しました。DSC02142


そして、息子と娘からの誕生日プレゼントのセカンドバッグを初めて使ってJRに乗り、地下鉄に乗り県スポへ向かいました。DSC02140


誰しも、愛用の品物から新しい物へのチェンジは不安になるものです。

僕の今までのセカンドバッグは4年前から使っていて、かなり愛着がありましたが、誕生日に息子と娘から、今のバッグがかなりみすぼらしくなっていると思うということで新しいTUMIのバッグが送られてきました。

今までのバッグは、19年前に買って使い始めたのが4年前。当時質屋さんの査定がわずか5円。いろいろな故障にもめげずに使いこなしてきました。DSC02139

2年前にバッグの鍵の部分の留め金が緩んで紛失。DSC08161
バッグの蓋が出来なくなりました。そこで、ボールペンが鍵になりました。(笑)DSC08162

セカンドバッグに入っていた鍵のボールペンが6本。DSC02143
我ながら呆れますね。半年ほど前にはバンドが切れて自分で修理しました。DSC02164


昨日、新しいバッグを使ってみての感想ですが、なかなか使いやすい!

老いては子に従えでしょうかね。

でも、こういうタイムリーな状況がなければ愛用品を変えるということは不可能です。いかに主観と客観が違うかということですね。

  主観ではまだまだいける客観はもう変えようよセカンドバッグ

僕の日常の中では、ちょっとした変化です。毎日使う物が変わるということですのでこれからの1年間が特に楽しみです。

県スポに向かう時に見たボケの花でお別れします。DSC02146
DSC02147


今日の曲は、ビッケブランカ まっしろ



株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール