2018年08月

台風20号の被害です。バドミントンのジャージと突然お別れしました。

<今日の表紙>きれいなニチニチソウです。
DSC04962

民家の入り口の花壇で見かけました。シロタエギクも植えられていました。DSC04963

昨日は台風20号が接近中にも関わらずいいお天気の朝でした。DSC04950


ということで、朝早くから一昨日のバドミントンでの山のような洗濯物を洗濯して干しました。DSC04954
そして、2時間ほど部屋でくつろいでいたらバタンという音がベランダから聞こえてきました。物干しざおの片方が風でクーラーの屋外機の上に落ちていました。

慌てて、洗濯物を取り込むと何か変です。少ない・・・・

下着のシャツとバドミントンのジャージがありません。BlogPaint
強風で飛ばされたようです。

僕の部屋はマンションの6階ですのでベランダの風下の下を見ました。DSC04957
タイサンボクの木の上に白いものが見えます。DSC04955
シャツが引っかかっていましたのですぐに救助に向かいました。DSC04956
無事救助されました。(笑)

しかし、ジャージの方はついに見つかりません。行方不明です。

まさか、風で吹き飛ばされるとは思いませんでした。台風が接近中ということは分かっていながら干したときは風がそんなに強くなかったことだけをうのみにして普通の干し方をした僕が悪い。(涙)

突然の愛用のジャージとの別れとなりました。後悔の気持ちが襲ってきました。

  台風で洗濯物が飛ばされていつものジャージ突然の別れ

禍福は糾える縄の如しとの格言がありますが、一昨日の幸せな時から一転不幸がやって来ました。

もっとも、ジャージの行方不明程度でよかったです。神様が僕に警鐘を鳴らしてくれたのだと思うことにしました。

昨日は、違うジャージを履いてバドミントンの練習に出かけました。そしたら今度は予想通りでした。

強いK君がたまたま来ていて、4戦4敗です。(汗&笑)

それでも、無事にバドミントンの練習を終えたことでほっとしました。

黒川郵便局近くの花屋さんで見かけたフェアリーホワイトがきれいです。DSC04958


帰りの大曽根駅ホームに着くと、突然の雨が襲ってきました。DSC04965


台風20号が去っても強風が吹いている今朝のモノトーンのパノラマでお別れします。DSC04966
DSC04967
今日はいい日かな?

今日の曲は、山下達郎 忘れないで




㊗48年ぶりのアジア大会優勝バドミントン女子団体戦(僕の幸せなバドミントン三昧の1日)

<今日の表紙>48年ぶりのアジア大会優勝を伝える今朝の朝日新聞
DSC04953

昨日は、昨日のブログ通りのバドミントン三昧の1日でした。

午前中は県スポで、シングルス1ゲーム、ダブルス6ゲーム。午後は北生涯でダブルス6ゲーム。そして、家に帰ってアジア大会女子団体決勝日本vs中国をテレビ観戦。DSC04915
DSC04920
DSC04921
見事3-1で中国に勝利です。

日本女子の強さが証明されました。

朝から晩までバドミントン三昧でした。

幸せな1日を味わいました。DSC04954
今朝の幸せな1日の残骸です。(笑)

  日本の強さ際立つバドミントン見れる幸せやれる幸せ
  
北生涯では、残り少ない夏休みの期間中ですので子供たち同伴でのママさんたちの練習です。BlogPaint


今朝は、昨日の日本女子の勝利のようにスッキリとした日の出のパノラマが広がりました。DSC04937
そして眩しい太陽の登場です。DSC04947
御嶽山がシルエットもきれいです。DSC04932


昨夜、アジア大会バドミントン決勝のテレビを見ながら、刻々と輝きを増していったお月さまでお別れします。DSC04909
DSC04910
DSC04912


今日の曲は、ゆず 栄光の架橋

今の僕の仕事はバドミントン?やっぱりそうだよね。(老後つれづれ(21))

<今日の表紙>昨日の朝日新聞夕刊のテレビ欄
DSC04888

アジア大会のバドミントン女子団体戦準決勝日本×インドネシアの中継です。DSC04889
DSC04892

3-1で勝って今日の決勝で中国と対戦します。

バドミントンは、最近テレビでよく中継してくれるほど人気スポーツになりました。

バドミントンを愛する僕としては大変うれしいことです。僕がバドミントンを始めた18歳のころ、今から49年前には考えられませんでした。

バドミントンは個人種目ですので、本人がバドミントンを楽しもうと思えば比較的簡単に楽しむことが出来るスポーツです。

60歳を過ぎて仕事の量が減り、今ではサンデー毎日の生活を楽しんでいます。そんな僕の一番の趣味はバドミントンを楽しむことです。

僕は今67歳ですが、65歳の時に全日本シニアという大きな大会の65歳以上シングルスに出てベスト16に入りました。このときは偶然3回勝って4回戦で偶然が通用しませんでした。

でも、僕の心にシングルスの面白さのスイッチが入ったのは確かです。今は、ベスト8を目指して練習に励んでいます。

昨日までに今年になって125日バドミントンを楽しんでいます。バドミントンを楽しむことが仕事です。(笑&汗)映画も72本観ましたがね。

僕は夜は練習をほとんどしませんので、昼間に家庭婦人のママさんたちに鍛えられています。

今日も午前は愛知県スポーツ会館(県スポ)、午後は北生涯学習センター、そして、6時半からはアジア大会決勝をテレビ観戦と1日バドミントン三昧です。

年間の試合は、僕が監督をしている名北クラブでの愛知県社会人リーグ以外はほとんど年齢別で楽しんでいます。ということは、同じ年齢層の人たちと試合を楽しむことになります。

仕事をしている時代は、いいスタッフやいいお客様に恵まれていい仕事が出来ました。

今は、いい練習相手や、試合で競うライバルたちに恵まれていい仕事(バドミントン)が出来ています。(笑)

仕事でも、マンネリに陥ることが怖いですが、バドミントンでもマンネリに陥ることが怖いです。

やっぱり、上手な人のプレーのまねをしたり、いろいろな工夫をして楽しむことが大事です。

今は、桃田選手のプレーを参考にしたり、ブログでも何度か書きましたが13ポンドのゆるガットのラケットを使ったりしています。

今年1月からゆるガットにしていますが、かなりいいフィーリングで楽しめています。

僕たちの歳になると、健康を損ねてバドミントンが出来なくなった人も珍しくありません。

僕もあとどれだけバドミントンを楽しめるか分かりませんが頑張って仕事(バドミントン)をします。

今では、昔の仕事着のスーツを買うことはありませんが、昨日9月のマレーシアのペナンで開催される第1回アジアマスターズゲームのためにバドミントンのユニフォームを買いました。

仕事は身だしなみが大切です。

ゆるガットと新ユニフォームで頑張ってきます。

やっぱり、今の僕にはバドミントンは仕事です。(笑)

  給料をもらえませんが仕事ですバドミントンを楽しむことが

仕事は周りの人にも喜んでいただけなければいけません。僕がバドミントンを楽しむことが周りの人たちにも喜んでいただけるようにこれからも頑張ります。

今朝のダイナミックなパノラマでお別れします。DSC04905


今日の曲は、奥原希望選手の「なんてフットワークの軽さだ」





未必のマクベスの後はメタルマクベス。そして、サルスベリの花壇がとってもきれいでした。

<今日の表紙>新栄の花屋さんの外で見かけたハスの実
DSC04858

朽ちてくると種が落ちて行きます。DSC04857
もとは、こんなにきれいでした。DSC04855
DSC04854

もう、8月もあと10日ほどになりました。

8月の前半に小説「未必のマクベス」早瀬耕著を読んで感動したので、新栄の名演小劇場で劇団新感線のゲキ×シネ「メタルマクベス」の再上映を観に行きました。DSC04874

未必のマクベスは、現代での物語、メタルマクベスは200年後の未来の物語です。でも、物語のベースとして400年前のシェークスピアの戯曲「マクベス」が存在します。

  マクベスの過去と現代未来まで運命の道シェークスピア作

内野聖陽と松たか子が熱演してとてもよく出来ているメタルマクベスでした。今週の金曜日までの上映です。

名演小劇場には、地下鉄新栄駅で降りて錦通りを西に歩きます。その途中で花屋さんがあり、いつも僕の目を楽しませてくれます。昨日は、ハスのほかに大きなタイタンビカスもきれいです。DSC04860
DSC04861
ベゴニアも可愛い花を咲かせています。DSC04867


花屋さんを越えて、交差点の花壇にはサルスベリのいろいろな色の花が乱れ咲いています。DSC04869
薄ピンク色です。DSC04870
ピンク色です。DSC04871
そしてホワイトです。DSC04872
サルスベリは大きな木もいいですが、こういう低木もいいですね。

そして、いつものハクモクレンの木です。DSC04875
花の白さも目立ちますが、葉っぱの独特な黄緑色も目立ちますね。

映画を観終わって近くのうどん屋さんで遅いランチを食べた時に見かけた可愛いランタナの花でお別れします。DSC04876


今日の曲は、back number 瞬き






今朝の日の出ウォッチングは飛行機雲が主役でした。

<今日の表紙>朝日新聞18日(土)東京版夕刊の惜別での加藤剛さんの記事
DSC04740

僕の若い時の時代劇のヒーローでした。80歳でした。DSC04741

もう一人、版画・彫刻家の浜田知明さんの記事です。DSC04737
浜田さんは100歳でした。DSC04739
自身の兵士としての戦争体験がすぐれた作品を生み出してきました。テーマは反戦や不条理でした。

朝日新聞は、名古屋版は土曜日の夕刊はありませんが、東京版はあります。惜別はいつも東京版で読みます。

今日のブログは惜別の2人を少し詳しく紹介しようと思っていましたが、朝起きていつもの日の出ウォッチングをした瞬間に変わりました。(汗)(5時22分)DSC04833
巨大な飛行機雲が目の前に、そして目の上に出現していました。どこまで続いているのでしょう?DSC04835
マンションの反対方向の僕の部屋のベランダからも見れました。DSC04837
風に流されて斜めになっていきます。DSC04840
忘れていた日の出が始まりました。DSC04848


素晴らしいパノラマをどうぞ!DSC04849


  目の前に大きく伸びる飛行機雲朝のパノラマ日の出忘れる

30分後には飛行機雲は跡形もなく消えていました。DSC04851


昨日、県スポでバドミントンを楽しんで、今朝その時の洗濯物を干しているときに感じた涼しさで気分は最高でした。幸せを感じました。その涼しかった時に干した洗濯物でお別れします。(笑)DSC04852
1日で出た僕だけの洗濯物です。(汗)

今日の曲は、荒井由実 ひこうき雲




太陽と煙と雲のコラボで今朝の日の出ウォッチングは盛り上がりました。

<今日の表紙>アジア大会開幕前に抱負を語るバドミントンの桃田賢斗選手
DSC04746
NHKニュース
昨夜、アジア大会がインドネシアで開幕しました。

インドネシアはバドミントンが国技の国です。最近では、日本が強くなっていますが過去のアジア大会では多くのメダルを獲得しています。

僕が学生時代のスーパースターは男子シングルスのルディ・ハルトノ選手でした。(47年前)

今回のアジア大会では、日本は桃田選手の男子シングルスや男女団体、女子ダブルスなどが金メダルを期待されます。

これからの8月後半が楽しみです。

今朝は、昨日に引き続き涼しさの中の日の出ウォッチングを楽しめました。DSC04748
ヒヨドリも日の出ウォッチングを楽しんでいます。(笑)DSC04747


煙の中からいきなりの日の出です。(5時25分)DSC04756
煙食です。

煙突の上に来ました。DSC04764
放射状に光が飛び散っています。DSC04769

雲にかかってきました。DSC04771
DSC04774

空一面に光が飛び散っています。DSC04781
太陽が煙エリアを脱出しました。DSC04782


長い間、太陽の光が放射状に飛び散ることは珍しい現象です。DSC04784
この景色をきれいだな~、荘厳だな~と自然に感じる感覚は僕たちが生きる上で必要なのでしょう。どういう理由かは分かりませんがね。

  放射状に飛び散る光見つめると心洗われ不思議な気分

涼しさの中、楽しい日の出ウォッチングが出来た日曜日の朝でした。

昨日の夕暮れ時の夕焼け雲の中で輝くお月さまでお別れします。DSC04743
DSC04744
お月さまのバックが少しピンクがかっています。

今日の曲は、桃田選手のアジア大会優勝を祈念して、桃田選手世界選手権ハイライト


膵のう胞の疑いあり(人間ドックの結果)膵のう胞って?(老後つれづれ(20))

<今日の表紙>昨日の夕暮れ時(18時50分ごろ)
DSC04725

きれいな夕焼けが見れたので今朝の日の出ウォッチングを期待していました。珍しく日の出の20分以上前から外に出ました。

涼しい!

でも、あいにくのロケーションが広がっていました。DSC04726
それでも、30分後には太陽が出てきて煙の芸術作品が見れました。DSC04736
馬が首をそらしているようです。DSC04734


15日の夜、郵便受けに7月末受けた人間ドックの最終結果が来ていました。

それによると、腹部超音波診断ですい臓部分での膵のう胞の疑いありでD判定(要医療)でした。DSC04723


早速、膵のう胞をネットで検索して調べました。

詳しく説明している資料もありますが、一番簡単な説明はこのようです。
膵嚢胞の原因と症状

症状
膵臓や周辺に膵液などの液体を含んだ袋(膿疱)ができる病気です。膿疱が上皮でおおわれている真性嚢胞と、おおわれていない仮性嚢胞があります。
膿疱が小さいうちは症状はありませんが、大きくなって周囲の臓器を圧迫するようになると、上腹部痛を感じたり、しこりに触れることもあります。

原因
膵炎や腹部の外傷などによって、膵管外に流出した膵液が炎症性浸出液とともにたまると、膿疱が形成されます。

治療法
小さな仮性嚢胞は自然消失することもあるので、経過をみます。
大きくなった仮性嚢胞は腹部に穿刺して嚢胞内の液体を吸引する方法や、手術で膿疱を摘出する方法が用いられます。
真性嚢胞も小さいうちは経過観察をしますが、大きくなるもの、隆起性病変がみられるものは、がん化するおそれがあるため、手術で切除します。

ということで、早速、昨日春日井市民病院へ行きました。

初診は予想通りCTを撮っての診断となり、予約しました。DSC04724


膵のう胞の中には、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)があり、「膵のう胞」と言われたら、それは早期に膵がんを発見できるチャンスを含んだ疾患です。という記述がある資料もありました。

その資料によると、IPMNは腫瘍性膵のう胞の中では最も頻度が高く、男性に多く、60~70代の方に見つかることが多いとされています。

この資料通りの僕は男性で67歳です。

加齢による病気としてもよさそうです。

毎年1回の人間ドックでは、昨年も要検査でした。(無事事なきを得ました)

いろいろな加齢による病気の恐れも歳をとるごとに出てくるようです。

妻がすい臓がんが原因で亡くなって10年目です。10年という節目で亡妻が僕に警鐘を鳴らしてくれたようです。

  膵がんになっては駄目よ!あの世から警鐘鳴らす亡妻の大声

CT検査でどのような結果が待っているのか分かりませんが、早期に発見できてよかったと思っています。結果は8月31日に出ます。

8月10日の朝日新聞折々のことばでお別れします。DSC04481
う~ん、なるほどね。

今日の曲は、EXILE もっと強く




株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール