2018年05月

今日「5月22日」を「日の出ウォッチングの日」と名付けます。(笑)何で?

<今日の表紙>今朝出現した聖火台(4時57分)
DSC01427

今朝は、さわやかな空気が流れる気持ちのいい中、日の出ウォッチングを始めました。DSC01407

恵那山の山麓からの日の出です。(4時51分)DSC01410
だんだん煙突に迫ってきました。DSC01413
ついに煙突に触れました。DSC01418
そして、煙突の上にやって来ました。DSC01424
まるで、聖火のようです。DSC01426
DSC01428
静かに煙突から離れていきます。DSC01429
より輝きを増して離れていきます。DSC01432
DSC01433
わずか7分余りのショウタイムでした。

今日「5月22日」を「日の出ウォッチングの日」と名付けます。(笑)

その理由は、3年連続で素晴らしい日の出を見れたことです。

そして、3年連続で今日の日の出ウォッチングをブログにアップしています。

2年前の今日の日の出ウォッチングは、その年の日の出ウォッチング大賞を受賞したこの日の出です。DSC03944
そして、昨年の今日です。DSC09823
幻想的な昨年、一昨年の日の出に比べると、今朝の日の出はパワフルですが、それゆえに聖火台の雰囲気が出ていました。

一昨年の日の出ウォッチング大賞の時の聖火台です。DSC03942
聖火台の雰囲気としては苦しいですね。

今の時期には、煙突と太陽が交わり、楽しいショウタイムが見れて嬉しいです。そして、今日は3年連続の素晴らしい日の出を神様がプレゼントしてくれました。

  煙突に太陽が座す年ごとの今朝の日の出は特別な時

3年前の2015年の今朝のパノラマでお別れします。001


今日の曲は、ケツメイシ バラード


前期リーグ戦は、新人の活躍で盛り上がっています。(バドミントンの名北クラブ懇親会)

<今日の表紙>昨夜集まった名北クラブの10名
DSC01396

昨日は、お昼過ぎから県スポでバドミントンの練習をして、夕方から僕が監督をしているバドミントンの名北クラブの懇親会が開かれる小樽食堂大曽根店へ向かいました。

6時から10名の参加で楽しく2時間半、飲んで食べまくりました。

今期の名北クラブは2名が転勤、故障などで退部して、4名が新たに入部しました。

A、B、Cチームそれぞれ6名づつの18名になりました。

AチームとBチームは現在7部、Cチームは最下位リーグの10部です。

最高年齢73歳~22歳の男性のみのメンバーで構成されています。

45年の歴史を誇る名門チーム(?)です。ということは、高齢化が進んで段々上位リーグから落ちてきました。

  45年歴史を刻み未来へとゆるゆる歩く名北クラブ

今期は、新人たちの活躍もあり、Aチームは1勝1敗、Bチームは2勝1敗の途中経過です。

僕の所属するCチームは6月10,17日に試合があります。先回は3位でしたので、今回は2位以上を目標に頑張ります。

飲みながら、僕の実行しているゆるガット(13ポンド)でのバドミントンを説明すると、いろいろな意見がでて、面白くて楽しい時間になりました。

11月前半にKBAで名北クラブの合宿をすることを約束してお開きとなりました。

8時半から場所を変えて5名で2次会です。何故か、全員が50歳過ぎのメンバーです。

あっという間に2時間が過ぎて10時半を回りました。

お陰で、今朝は二日酔い気味で頭が重い!(涙)

昨朝の煙突と太陽のコラボの怪しく目が光る怪獣「エントツコング」でお別れします。(笑)DSC01381


今日の曲は、SEAMO Continue


目標に1歩届きませんでしたが、「ゆるゆる大作戦」を楽しめました。(2018和歌山グランドシニアバドミントン大会)

<今日の表紙>4位に終わったバド喜知クラブの6名
DSC01372

昨日は、和歌山市立河南総合体育館で第1回目の2018和歌山グランドシニアバドミントン大会が開催されました。DSC01349_1
開会式は大勢の参加者でにぎわいました。DSC01351_1

お楽しみ抽選会はおなじみのヨネックスの佐伯さんです。DSC01354_1
今回も当たりませんでした。(涙)
試合が始まりました。DSC01360

僕たちは、50代、60代、70代のそれぞれのミックスダブルスでの団体戦に出場しました。予選リーグ2試合、そして順位戦1試合の3試合です。

予選リーグでは、1-2、3-0で残念ながら2位通過、順位決定戦も1-2で負けて4位に終わりました。

僕と藤井さんのペアも1勝2敗でした。DSC01365
2敗の2試合ともファイナルゲームでの逆転負けです。(涙)

ゆるガット(13ポンド)でのゆるゆる大作戦は途中まで上手くいっていましたが、せってくると焦ってしまい、パワープレイに走り、ゆるゆるとした気持ちを忘れてしまいました。(汗)

  せった時気持ちの焦り和らげるゆるゆるとした気持ち忘るな

50代ペアの保科・金剛ペアです。DSC01357_1
70代の杉谷・兼田ペアです。DSC01358
両ペアはそれぞれ2勝1敗でしたので、僕たちがもうちょっと頑張っていたらなと反省しています。

悪いことがあればいいこともあります。

お昼ごはんは、いつもKBAで一緒にバドミントンを楽しんでいる天野・森組からのDSC01361
手作りの中華風ソーメン他の差し入れがあり美味しくいただきました。DSC01359


グランドシニアの大会では、多くの友人と出会います。今回も優勝した山本さん(右)です。DSC01362
そして、今回も優勝した神戸チームの一員での長渡君(右)です。DSC01373
最後は、負けてもいつもニコニコしている古田・山田組です。(笑)DSC01363
愉快な仲間たちに会えるというのもグランドシニア大会の楽しみです。

9時半~18時過ぎまで試合をゆるゆると楽しんで、勝川駅に午後10時過ぎに到着です。

今日は、午前中はゆるゆると過ごして、午後から県スポでバドミントンを楽しんで、夜は僕が監督のバドミントンの名北クラブの懇親会です。

まだまだ、人生の「ゆるゆる大作戦」は続きます。(笑)

昨日、体育館を出ると見れたきれいな夕陽でお別れします。DSC01375


今日の曲は、スガシカオ コノユビトマレ


昨夜は、今日の試合での「ゆるゆる大作戦」で盛り上がりました。

<今日の表紙>和歌山へのJR特急「くろしお」車内の津波が予想される場合のお願い
DSC01339

昨日は、今日のグランドシニアバドミントン大会のために和歌山へ来ました。

東南海地震が起こったら予想される津波に対しての対策が車内に書いていました。DSC01340


久しぶりの車窓での旅は、田植えの時期が目立ちました。DSC01338


大阪では、プロ野球が行われる京セラドームが目につきました。DSC01342


和歌山駅に近づくと紀ノ川が待ちかまえていました。DSC01344


和歌山駅に着きました。DSC01345
DSC01346


今日の試合は、50代ミックス、60代ミックス、70代ミックスの3ペアによる団体戦です。

僕は、60代ミックスに藤井さんと出場します。

昨夜は、ミーティングもかねて前夜祭で盛り上がりました。

話題は、僕が今年から実行しているゆるガット(13ポンド)での「ゆるゆる大作戦」です。

残念ながら、僕のほかは、ゆるガットではありません。アンチゆるガットの人たちです。

喧々諤々の議論が出ましたが、ゆるガットがいいという結論は出ませんでした。

今日の試合での結果で仲間に認めさせなくてはいけません。というか、プレースタイルや年齢にかなり考え方の隔たりがあるようです。

一応、団体戦ですので、僕と藤井さんのペアは2勝1敗を目指すことにしました。

先日のブログで、「惜しい試合をよくする人達へゆるガット(13ポンド)での、ゆるゆる大作戦をお勧めします。」をアップしましたが、すごいアクセス数がありました。

それから、今日が初めての試合ですので結果を報告することが楽しみです。

明日のブログで、きちんと報告します。

  ゆるガット今日の試合もゆるゆると楽しいバドで勝利を目指す

それでは、昨夜の前夜祭のメンバーの乾杯でお別れします。DSC01347


今日の曲は、徳永英明 僕のそばに


シンプソンの優勝は、家族と仲間がもたらしてくれた。(素顔のプロたち 舩越園子著)

<今日の表紙>面白い出方の今朝の日の出(4時59分)
DSC01313

今朝は、薄もやが広がる中、煙突の横の空が赤くなり日の出が始まりました。DSC01311
そして、太陽のトップが見えてきました。DSC01312
下の赤い部分が消えていきます。DSC01315
そして、実際はもう少し赤みがある太陽が出てきました。DSC01320
DSC01322
今朝は曇りの予報でしたので、いい日の出が見れて良かったです。

昨日の朝日新聞夕刊の舩越園子さんのコラム「素顔のプロたち 米国ゴルフツアー」が載っていました。DSC01295

先週のPGAツアーで第5のメジャーと言われるプレーヤーズ選手権で優勝した、ウェブ・シンプソン(32・米国)の事を書いています。

ちょうど、僕も中継を観ていましたので、この記事を読んで感動しました。DSC01296


この記事の中で、副題「家族、仲間、パターの秘話」とあるように、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大学生の時に父親と訪れたゴルフ場のショップで中尺パターと出会い13年までに米ツアー4勝を挙げました。大学時代に父親のお陰で妻ダウドと出会い、2人は4児の父母となりました。ともに4勝を挙げたキャディーのポール・デソリは「常に僕を支えてくれる」。いい出会いに恵まれたシンプソンの人生は順風満帆だった。
14年、デソリに長男が生まれ、ダウン症と診断された。「生きられるなら幸せだ」。戸惑いの連続となったデソリ夫妻をシンプソン夫妻は励まし続けた。
ゴルフルール改正に伴い、16年からシンプソンは中尺パターからレギュラーパターに持ち替えざるを得なくなり、踏ん切りをつけるために愛用のパターを真っ二つに折りガレージに放り込んだ。妻ダウドは折れたパターを拾い上げ、そっと全米オープンのトロフィーの横に飾った。
パットに苦悩する日々。最愛の父はパーキンソン病と認知症を併発して昨秋に他界。シンプソンの救いは家族やキャディー一家。「みんなの笑顔だった」。
プレーヤーズ選手権の舞台、TPCソーグラスは実はキャディーのテソリの「庭」である。テソリの祖父は同コースの管理責任者の第1号。孫のテソリはこの地で生まれ育ち、「ソーグラスは9歳の時から700回以上、回った」。その知識と経験がシンプソンの復活優勝の助けになった。
シンプソンは今年のソーグラスで誰よりもパットを沈め、2位に4打差で優勝。勝利を目指すエネルギーを彼にもたらしたのは、どん底でも笑顔を投げかけてくれた家族と仲間だった。
「これはチームの勝利だ」。個人競技でありながら一人では勝てない。ゴルフは人生そのもの。そういわれるゆえんである。(在米ゴルフジャーナリスト)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ゴルフは人生そのもの」

深いですね。

最近は、ゴルフをする機会もめっきり減って、25日に今年2回目のゴルフをする予定です。この言葉を思い出しながら、トラブルも楽しんでプレーします。(汗)

母の日のピンクのウェアが眩しいウェブ・シンプソンの優勝インタビュー風景でお別れします。DSC01223
NHKBS 右横は妻のダウド

今日の曲は、一昨日63歳で亡くなった西城秀樹 抱きしめてジルバ


  突然のニュース速報ヤングマン秀樹感激青春の中





他人事ではありません。「老後破産 長寿という悪夢」NHKスペシャル取材班著(老後つれづれ(14))

<今日の表紙>昨夜10時過ぎのJRタワーズ
DSC01290

昨日は、1ヶ月に1回の19時はじまりのゲキ×シネ「阿修羅城の瞳2003」を観にミッドランドスクエアシネマに行きました。遅い時間にもかかわらず多くのゲキ×シネファンが観ていました。ちなみに19時前のJRタワーズです。DSC01288
雰囲気が全く違いますね。

先日、NHKスペシャル取材班著「老後破産 長寿という悪夢」を読みました。DSC01185

面白い本はないかなと本屋さんで探していると、老後という言葉が目に入ったので購入しました。

僕も、年金と今までの蓄えで暮らしていますので、長生きしすぎるとかなりやばくなります。(汗)

この本に出ているモデルケースの人たちも若い時に亡くなっていれば老後破産はしなくてよかったのですが、長生きをしたために生活環境が悪化した結果です。DSC01186


そして、この本に登場するケースのほとんどは僕と同じ1人暮らしのお年寄りです。2014年には一人暮らしの高齢者は600万人にのぼり、いまも増え続けています。DSC01191


この本で示されている日本の現状は、国民年金だけ(最高で月に65000ほど)での生活はほとんど不可能。そして、その数字は生活保護(月に12万円ほど&医療費は無料)よりもかなり低いということです。

老後破産状態の人たちの生活は、預金や家、土地があり、生活保護を受けにくい生活をしているのです。

病気などで、病院や、介護を必要としていても、3割~1割の医療費や介護料が必要となりそれも節約せざる負えない暮らしをしているひとがかなりいます。

この本を読むと、これからの日本は、年金の減額と医療費の負担増が予想されますので、年金暮らしのお年寄りは、ますます厳しい経済状況になっていくことが分かります。

そして、ひとり暮らしのお年寄りは、身体が病気やケガで働くことができなくなり、動きづらくなると、たちまち老後破産に陥る危険性が高いのです。

今の年金制度は、まだ3世代同居が多い時代に作られた制度ですので、現状とのギャップが老後破産を引き起こしているようです。

この本の終章に書いている言葉で印象的な内容を書きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
家族形態の変化に、制度が追いついていないのではないか。番組で取材したある研究者は、「結局、高齢者問題はお金でほとんど解決できるのです」といっていた。・・・・・

「例えば収入が少ないので病院に行くのをためらったり介護を受けなかったりすると、症状が重くなり、そちらのほうが結果的に社会的コストは高くなる。『老後破産』にならないような仕組みを作っておくことのほうが安上がりなのです」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は妻を亡くして今年で10年目、そして一人暮らしも6年になりますが、老夫婦二人暮らしのお年寄りが、どちらかが亡くなると老後破産に陥るケースが多いようです。

独り暮らしのお年寄りが楽しい老後を送ることは、年々ハードルが高くなっていくようです。

  人生の終わりは独り当たり前虹を求めて楽しい老後

僕は、とりあえず82歳(生誕30000日)までは頑張ります!(笑)

先日見た、JR車内広告でお別れします。BlogPaint


今日の曲は、ゲキ×シネ「阿修羅城の瞳2003」のエンディング






地蔵川キンケイギクの鮮やかさ日の出の色を映した黄色(つれづれウォーキング地蔵川5月2018(2))

<今日の表紙>恵那山から昇る今朝の日の出(5時00分)
DSC01258

薄もやのかかる今朝の日の出前のパノラマです。DSC01251
恵那山の山頂から日の出が始まりました。DSC01257
黄色がかったオレンジ色の太陽は、やっぱり神秘的です。DSC01262
だんだんと光が強くなってきます。DSC01263
DSC01268
DSC01265

朝から気温が高めの中、半そでのTシャツでつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC01269
5月10日のつれづれウォーキング地蔵川の時よりも、オオキンケイギクの黄色が目立っています。DSC01271
DSC01274
まるで、今朝の太陽の色が乗り移ったかのようです。

  地蔵川キンケイギクの鮮やかさ日の出の色を映した黄色

亀さんが2匹?DSC01270
いや3匹でした。(笑)DSC01273
子どもの亀さんが親亀のお尻をつついて遊んでいます。DSC01284
もう朝顔が咲いていました。DSC01276
そのとなりでは、テントウムシが佇んでいます。DSC01277
初夏ですね。

橋のたもとでは、鯉さんたちが元気です。DSC01280
錦鯉さんが目立ちますね。ここの土手にもオオキンケイギクが鮮やかです。DSC01281
DSC01282

今回もいつもの鳥さんたちは見当たりませんでした。ひょっとしてオオキンケイギクが嫌いなんでしょうか?(笑)しかし、燕が川面を気持ちよさそうに飛びまわっていました。

昨夜見たきれいなツツジでお別れします。DSC01250


今日の曲は、ATSUSHI 慕情




株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール