2016年07月

今朝は、日の出が2回見れました?

<今日の表紙>3ヶ月間で読んだ薬丸岳の小説
DSC06946

5月中旬に薬丸岳著の「その鏡は嘘をつく」を読みました。刑事ものの小説ですが、夏目という自分の幼い娘を通り魔によって植物状態にされた刑事は、犯罪被害者だけでなく、犯人の周辺にも寄り添う捜査をしながら事件を解決に向かわせるという独特の刑事小説でした。DSC06950


そして、この3ヶ月で気が付いたら5冊の薬丸岳の本を読んでいました。DSC06952


なかでも、「刑事のまなざし」(短編集)DSC06949
と、デビュー作の「天使のナイフ」は読みごたえがありました。DSC06947


  犯罪の 奥に潜んだ 闇照らす 薬丸岳の 不思議な世界

思わぬ展開のストーリーが僕を楽しませてくれました。

ちょうど今朝の日の出のようにDSC06911


今朝は、曇りの予報でしたが、5時10分には、お日様が顔を出しました。DSC06912


雲のベールを着て登場です。DSC06914


そして雲のベールを脱いだのは一瞬でした。DSC06920


すぐに、雲の中に隠れてしまいました。DSC06932
DSC06936


それから再び雲の中からの日の出が始まりました。DSC06940


今月は、曇りの日が多くてなかなかすっきりとした日の出が見れませんでしたので、神様が、月末の今朝は2回日の出を見せてくれました。

気が付いたら、日の出の位置が煙突群の中になっていました。DSC06945
8月は「煙食」が見れそうです。

朝日に照らされて黄金色に光る雲でお別れします。DSC06928


今日の曲は、Mr.Children 名もなき詩

日本人の平均寿命を見て思うことつれづれ(僕が考える男が短命な訳)

<今日の表紙>7月17日の朝日新聞折々のことば
DSC06316

人生に意味や理由を求めすぎると幸福より不幸に近づく・・・・・

28日の朝日新聞朝刊に、2015年の日本人の平均寿命が男女とも過去最高を更新したと書いていました。DSC06876


女性は、香港に抜かれて1位から2位、男性は3位から4位となった。男女とも1位は香港です。

女性87.05歳、男性80.79歳男女間の差は、6.26歳です。6年と3ヶ月女性の方が長生きという結果です。

法律は男女平等ですが、こと寿命に関してはかなり女性の方が勝っています。

生物学的には、いろいろ言われています。

女性ホルモンには血圧を下げたり、悪玉コレステロールの血中濃度を下げたりする作用があったり、女性の方が基礎代謝量が少ないので、老化を促進する活性酸素ができにくい。
そして、女性はカガミをみる回数が多く、男性よりも健康状態をよく見る習慣が身についているとの説があります。

僕が65年間、男として感じている理由が2つあります。

1つ目は、食事を作るのは圧倒的に女性が多い。ということは、子供の健康を考えて食事を作ることが多いので、本人の健康もコラボ出来ます。

男性は、どうしても外食の比率が女性よりも多いので、好きな食事になりがちです。

2つ目は、今日の表紙もそうですが、物事を考えすぎる、やりすぎる、つまりし過ぎることが人生の中で男性のほうが女性よりも多い感じです。

人生の夢(ロマン)と現実の差が大きいことも関係があるような気がします。

  表向き 男女平等 ですけれど 圧倒的な 六年の差

過ぎたるは及ばざるがごとしと言います。

かって、林真理子著「オーラの条件」の中で著者が書いていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<目からうろこ>
・・・・田辺聖子先生はご著書の中で、「女の子にとって一番大切な才能は、どんな嫌なことがあっても、ひと晩寝たら立ち直ることが出来ること」とおっしゃっている。私は長いこと胸に刻みつけてきた。新年というのは、新しい一日の三百六十五倍だからすごい。
最近、不安な世相の中、どうやったら毎日をポジティブに生きていけるのか、どうやったら人生を意義深いものに換えられるか、という本がいっぱい出ている。が、この「ひと晩寝たら」というのは、すべての基本であろう。いろいろ追い込まれたとき、とにかく私は寝る。そして次の日、いろんなことを朝日の中で考えるのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
多分、女性の方が平均睡眠時間は長いのではないかと思います。

僕のような高齢者の特権は、睡眠時間が比較的に自由にコントロールできることにあると考えています。

この特権を忘れると寿命に影響すると思います。

少し、お酒を飲み過ぎた翌日は、睡眠時間を多めにとると、体の回復もスムーズです。

先日、釧路の桂恋バドミントンクラブの人達から頂いた釧路長コンブを僕が一緒にバドミントンを楽しんでいる家庭婦人のママさんたち、30名ほどに配りました。DSC06824
みなさんよろコンブでした。(笑)

男性相手では、配るのもスムーズに運びません。バドミントンの練習も井戸端会議付きで笑いを絶やさず楽しくやっています。決してやりすぎることはありません。

生活するうえでのコミュニケーション能力も女性の方が勝っているようです。

女性は男性よりも2100日ほど時間に余裕がありますのでそれが態度に出ているようです。

人生に効率論を主張しすぎると窮屈になって寿命に影響します。

これ以上、ブログの内容を考えると僕の寿命に影響しますのでこのへんでお別れします。(汗&笑)

今日の曲は、中島みゆき 宙船(そらふね)












青空と雲と煙・・・そして太陽 久しぶりの日の出は素晴らしかった!

<今日の表紙>光の中を泳ぐ魚(?)
DSC06850

今朝は晴れる予報でしたので、4時37分から日の出ウォッチング。DSC06825
日の出の位置にはいやな雲。

釧路から帰ってきて1週間、ぐずついたお天気でしたので、太陽が昇ってくるところは見れずじまいでしたので、ついつい力が入りました。

DSC06826
上空にはお月さまが見えました。

4時57分には日の出の位置付近が色づいてきました。DSC06832
DSC06834


5時5分には光の線が放射されてきました。DSC06840


5時11分には、かなり光の線が強くなってきました。DSC06845


雲の中に不思議な空間が目立ち始めました。DSC06839


その中には、黄金の魚が泳いでいるようです。DSC06858


上空には青い空が広がっています。(5時15分)DSC06853


5時21分に、ついに太陽が顔を出しました。DSC06862
ずいぶん高い位置からの日の出です。

それと同時に、煙突の煙が輝きだしました。DSC06866
DSC06868


青い空、雲、煙・・・そして太陽 いいですね!(5時23分)DSC06871


今日はいつもよりかなり長い46分間の日の出ウォッチングでした。でも、刻々と変化する早朝のパノラマをじっくり見れて幸せです。

  青い空 雲と煙と 太陽の 早朝の劇(ドラマ) 見れて幸せ

上空のお月さまにさよならを言っているような薄い優し気な雲でお別れします。(5時19分)DSC06859


今日の曲は、井上陽水 勝者としてのペガサス

亀さんのお家が乗っ取られていました。(つれづれウォーキング地蔵川7月2016(2))

<今日の表紙>花屋さんの入り口横を飾る鬼灯(ほおずき)
DSC06775

風鈴とのショットは涼しそうですね。
DSC06776


もう7月もあと今日を入れて4日です。今朝も相変わらずの曇り空です。DSC06783


久しぶりに、地蔵川へつれづれウォーキングに出かけました。DSC06785


土手の草が散髪をされて、妙にすっきりしています。DSC06790


早速亀さんたちはどうしているかなと亀さんのお家をチェックするとびっくり!DSC06786
猫がいます!

獲物を待っているようなポーズです。DSC06789


どうやら、僕の知らない間にお家を乗っ取られたようです。

ということで、亀さんファミリーはどこに行ったかわかりません。

地蔵川のそばの畑には、ヒャクニチソウが咲いています。DSC06791
ルドベキアも元気がいいです。DSC06794
ナスももうすぐです。DSC06795


川を覗くと、錦鯉さんが元気に泳いでいます。DSC06799
広島カープのようです。

散髪された土手には、かろうじて残ったランタナが咲いています。DSC06815
ポツンとしたオシロイバナです。DSC06817
ツユクサです。DSC06819


桜の木は、クマゼミの鳴き声の巣になっています。DSC06805
DSC06806


今朝は曇り空でしたので、クマゼミを見つけるのに苦労しました。DSC06808
DSC06811


  セミの声 たどって木々に 目を凝らす いつもの夏の 風物詩かな

8月のお盆過ぎには、散髪された雑草たちもかなり復活しているでしょう。

それにしても、亀さんファミリーはどこに行ったのでしょう。

昨日、名城公園で見かけたフヨウでお別れします。DSC06778


今日の曲は、さだまさし ほおずき


ホームレス、獄中、・・・・青春 それぞれの歌(朝日歌壇7月2016)

<今日の表紙>7月11日の日の出前のパノラマ
DSC05709

今朝のパノラマは、煙突の煙が主役のあいにくの曇り空です。DSC06766
釧路から帰ってきて、6日連続で日の出を見ていません。(涙)

同じ場所からの日の出ウォッチングですが毎日違います。

僕が毎月楽しみにしている朝日新聞の朝日歌壇も、いろいろな人の思いが出ていて、心の状態が晴れの歌、曇りの歌、雨の歌、それぞれに毎回違います。

今週の月曜日に久しぶりに、ホームレス歌人の坪内政夫さんの歌が載っていました。DSC06745


  コネあらず贈物せずひたすらに清く貧しく応募し候

「清く正しく」ではなくて「清く貧しく」が印象的ですね。

先週の朝日歌壇には、久しぶりにアメリカで終身刑で服役中の歌人の郷隼人さんの歌が載っていました。DSC06404


  からからに乾いたカルフォルニアの獄庭に毛虫は夜露の玉を背負いて

先日、「ホームレス歌人のいた冬」三山喬著の感想をブログで書きましたが、その中にも郷隼人さんのことが出ていました。

坪内さんも郷さんも、今のご自分が過ごしている環境で感じることを歌にして楽しんでいます。

郷さんの歌は選者の馬場あき子さんが選んだ5番目の歌ですが、2番目の歌は、18歳の富山市の高校生松田梨子さんの歌です。

  眠いのは十八歳の特徴かそれとも雲を見ていたせいか

のどかな青春時代の歌です。梨子さんは、7月4日にも載っていました。

  若い頃きっとゆれてたはずだけど母は私を理解できない

シリアスな青春時代の歌です。

僕が住む春日井市の伊藤亮さんの歌もいいですね。

  妻に見え吾には見えぬ蚊がふらりだから我が家はうまくいくのだ

もうすぐ、ブドウの収穫のシーズンです。朝霧市の青垣進さんの歌はそうなんですかという感じです。

  果樹園にアイネクライネ響くなり葡萄の玉も聴かば太ると

7月の朝日歌壇は、日本を揺るがす大きな天災や8月の原爆や終戦にまつわる歌ではなく、日本の庶民のそれぞれの日常の歌が多くてハッピーでした。

その中で、ホームレス歌人の坪内さんや獄中歌人の郷さんの歌が載っていたことは、僕のささやかな喜びです。

  逆境の 中で生まれた 歌が載る  朝日歌壇の 隠し味かな

7月17日の朝日新聞折々のことばでお別れします。DSC06316
「私の場合、人生に意味や理由を求めすぎると幸福より不幸近づくと、犬から教わった。」が特に印象的でした。

今日の曲は、浜田省吾 悲しみは雪のように




忘れかけていた5年前の「原発危機」を改めて知ることが出来ました。映画「太陽の蓋」

<今日の表紙>花屋さんで見かけたハイビスカス
DSC06750

今時の花屋さんには、いろいろな花が飾られていて、見ていて楽しくなります。

南国の花の代名詞のハイビスカスもよく見かけるようになりました。

昨日、名古屋の名演小劇場で、話題の映画「太陽の蓋」を観ました。DSC06760


5年前の3.11、特に福島第1原発事故に焦点を合わせた映画です。

地震発生からの5日間を新聞記者の視点で、当時の政府(管直人総理大臣)や東電の対応を克明に再現しています。DSC06764


政府の要人は実名で出ていますので、よりリアリティーがありました。

映画を観終わって感じたことは、事故がもっと大きな規模になる可能性が十分あったので真っ先に、「日本は運が良かった」、「息子夫婦は東京に住んでいますので特に運が良かった」です。

映画で表現されていたことは、政府も、福島第1原発で仕事をしていた人たちも、それぞれに懸命に体験したことのない危機に命がけで向かっていたことです。

想定を超えた事故が次々に起こりました。最悪の事態は、放射能汚染が東京も巻き込んで起こることです。

映画を観ていると、その可能性も十分あった事故だったことが分かります。

民主党政権は、事故後自民党政権になって今日に来ています。野党になったことで、真実が映画の中で表現できたのでしょう。

それにしても、まだこの事故が終息していない今、原発を再稼働させる理由が分かりませんね。

今なお、名古屋市の面積と同じ土地に、人が住めない現実が存在しています。

最悪のシナリオでなかった、運が良かった福島第1原発の事故でも多くの人が苦しんでいます。

原発事故の恐ろしさは、人の力で制御できることは限られているということです。この映画を観てよくわかりました。

  5年経ち 原発事故の 恐ろしさ 伝える映画 太陽の蓋

今の時期が旬のキョウチクトウの白い花でお別れします。DSC06747


今日の曲は、斉藤和義の反原発の歌 ずっとウソだった。



名城公園は、夏の花がきれいです。(つれづれジョギング IN 名城公園7月2016)

<今日の表紙>名城公園で見た「くちなし」の名前の理由
DSC06734

花は咲いていませんが、クチナシの木です。DSC06735


一昨日、愛知県スポーツ会館で釧路から帰って初めてのバドミントンを久しぶりの暑い中、楽しみました。

2時間半ほどプレーしたころ、急に両足が太もも、ふくらはぎ、つま先まで重たくなって動けなくなりました。

ロビーに出てソファーに座ると、両足ともつり出しました。びっくりして一緒に練習をしていた消防士のO君に来てもらうと、脱水症状からの症状とのことです。この時期には僕が飲んだ量の2倍は水分補給をするようにアドバイスを受けました。

釧路で涼しい環境でバドミントンを楽しんだ後遺症かもしれません。(汗&笑)

症状が治まって、昨日バドミントンをする前に、様子見で、軽いジョギングを久しぶりに名城公園の木漏れ日が落ちるケヤキ並木のコースでしました。DSC06693


池の噴水が涼しそうです。DSC06696
塩辛トンボが池の石に留まっています。DSC06699


ジョギングコースのアジサイの道のアジサイたちはまだまだ元気です。DSC06702


途中、名城公園フラワープラザへ寄ると、花たちが歓迎してくれました。

鮮やかなユリです。DSC06704
黄色が眩しいメランポジウムです。DSC06722
葉っぱが鮮やかなコリウスです。DSC06719
白い葉っぱの白妙菊です。DSC06711
赤色が鮮やかなベゴニアの大群です。DSC06710
ブラックベリーも赤い実をつけています。DSC06721
可愛い花を咲かせているペンタスです。DSC06725


運動場では、草野球の歓声が聞こえてきました。DSC06738


コキアが珍しい風景を作っています。DSC06730


ジョギングのゴール付近で僕を待っていたのは、ムクゲです。DSC06736


ジョギングをしていた時間より花を見ていた時間のほうが長かったかも?

おかげで、足も痛くなく楽しいジョギングが出来ました。

  カラフルで 見てて楽しい ベゴニアと ユリにペンタス メランポジウム

ジョギングコースの脇でひっそりと佇んでいるツワブキでお別れします。DSC06723


今日の曲は、KOKIA 夢追人





株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール

株式会社中日映像出版
会長