2015年11月

出雲でも2位、でもとっても楽しかった1日でした。(縁結びグランドシニアバドミントンオープンイン出雲)

<今日の表紙>踊るゆるキャラ「しまねっこ」
042

昨日は、朝から島根県立浜山体育館カミアリーナで「縁結びグランドシニアバドミントンオープンイン出雲」が多くのバドミントン愛好家の参加で盛大に行われました。046
010


大会会長のご挨拶で、出雲は神話の国ですので、出雲大社を始め十分楽しんでいってくださいとありました。011


僕たちのチーム「くう」は合計年齢360歳以上混合の部で参加です。

開会式が終わると、主催のヨネックス(株)から、新しいラケットのPRと抽選会が行なわれました。020


そして、今年のゆるキャラグランプリで10位の「しまねっこ」が登場しました。032


僕たちのチームとのショットです。044


「しまねっこ」が応援する中、試合が始まりました。052
051


ガンバレと 踊るゆるキャラ しまねっこ 楽しく試合 始まりました

最初の試合は、3-0で完勝。

2試合目は、残念ながら3試合ともファイナルゲームの接戦を繰り広げましたが1-2で惜敗。

3試合目は、2-0のあとの最後の試合で、20歳代以来のペア、山田さんと僕で男子ダブルスです。084
091


ファイナルゲームの接戦を制してお互いをたたえる2人です。095


ということで、7月5日の防府での試合と同じく2位に終わりました。(涙)

僕自身は、何とか最後までスタミナ切れを起こさずに動けましたので、とっても楽しかった1日でした。

試合後のチーム「くう」のショットです。100


4時過ぎに、会場を後にして、縁結びの神様で知られる出雲大社へ参拝に行きました。103


おなじみの大しめ縄のショットです。114


千木が印象的な大社造りの本殿のショットです。112


ヒノキの幹を白く飾っているのは、何でしょう?107


何と、おみくじです。108


夕暮れ時にも拘わらず、お参りに来ている男女や、外国人の人たちも多く参拝していました。

参拝が終わると、女性の肌がつるつるになるという玉造温泉へ直行です。

ここで思わぬサプライズ。128
女性陣からの昨日が誕生日の山田さんへの65歳のバースデーケーキのプレゼント。

なぜか、可愛い仲居さんとの2ショットです。129


カニ料理を前に全員で乾杯!127
オイシイカニ!

今日は、朝から松江へ・・・・・この模様は後日ご報告します。

出雲婚のポスターでお別れします。006


今日の曲は、スケルト・エイト・バンビーノ 生まれてきてくれてありがとう









From県営名古屋空港To出雲縁結び空港 つれづれ

<今日の表紙>出雲縁結び空港からの道路で見れた神秘的な夕暮れ
047

昨日は、午後から県営名古屋空港から初めて島根県の出雲縁結び空港へのフライトです。

今日、出雲市で開催される第1回縁結びグランドシニアバドミントンオープンイン出雲に出場するためです。

今日の模様は明日お伝えするとして、今日は昨日のフライトの模様をお伝えします。

県営名古屋空港では、フジドリームエアーライン(FDA)が元気がいい!026
カラフルな機体が眩しい!

名古屋空港は、最近はMRJが脚光をあびましたが、日ごろは自衛隊との共用空港です。030


迷彩色のC-130Hは本当に分かりずらいですね。031


今日はあいにくのお天気でしたので、離陸直後は雲がすぐそこです。032


雲の上は相変わらずいいお天気です。035


FDAの翼にシャトレーゼの文字が。037
客席の背もたれにもシャトレージェ。038


約1時間後、無事出雲縁結び空港へ着陸。040


飛行場の中には、出雲大社のCM。041


宍道湖を中心とした地図です。042


島根県は、縁結びをキーワードとして、観光スポットを紹介しています。043


  縁結び 出雲大社の 島根県 空港名も 縁結びパワー

ホテルの夕食で今日の試合の健闘を誓い乾杯をする僕たちのチームのメンバーでお別れします。048
今日の試合も縁結びパワーで!

今日の曲は、伊勢正三&南こうせつ 雪が降る日に


「閉鎖病棟」 帚木蓬生(ははきぎほうせい)著は、現役の精神科医の珍しい、そして感動的な小説です。

<今日の表紙>今朝の日の出前のオーラ
007

今朝は、昨日より穏やかな朝です。幾分寒さも和らいでいる感じです。

穏やかさを象徴するような風景が広がっています。009


最近読み終えた「閉鎖病棟」帚木蓬生著は、珍しい精神病院の患者たちにスポットを当てた小説です。022


古本コーナーで見つけて、面白そうだなと感じて買いました。023


著者は現役の医師です。025


精神病の人たちは、犯罪を犯しても、幾分普通の人たちと違って、治療を優先されます。

精神病院の中での犯罪についても、この小説が実態に近いのならばかなりさばくのは難しい感じです。

病院内で起こった殺人事件を巡って考えさせられます。

それとは別に、患者の多くは退院したいのですが、退院後の家族のサポートが得られることが難しい現実を描いています。

でも、主人公は結果的に医者のサポートもあり退院して元気に暮らしだします。

僕の印象に残った部分を抜粋してご紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
患者はもうどんな人間にもなれない。秀丸さんは調理師、昭八ちゃんは作男、敬吾さんは自衛隊員、ドウさんは大工、キモ姉さんは芸者、ストさんは会社員、ハカセは医師、テシバさんは畳屋、という具合に、かってはみんなは何かであったのだ。
それが病院に入れられたとたん、患者という別次元の人間になってしまう。そこではもう以前の職業も人柄も好みも、一切合財が問われない。骸骨と同じだ。
チュウさんは、自分たちが骸骨でないことをみんなに知ってもらいたかった。患者でありながら患者以外のものになれることを訴えたかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
雨脚の駆け上がる先に夏の山

にわか雨が移動していく風景を詠んだ二、三年前の作だ。秀丸さんはこれを書き上げるために、紙に何回も字を書きつけた。
「<雨>と<脚>、これは両方ともつり合いをとるのが難しか字。あんまり書く機会もなか」
秀丸さんは嬉しそうに言い、その
二文字を集中的に練習した。
「字はね、どの字も自分の顔と気持ちを持っとる。それもひとつじゃなか。人間と同じで何種かの顔と気持ちがあって、一緒に並ぶ他の字や文章の内容で、どの顔をし、どんな気持ちになるかが変わってくる。<雨>もここでは脚とくっついとるし、駆け上がって行っとるから、そのつもりの字にならんといかん。何度も文章を読み、書きつけるうち、<雨>の顔と気持ちがこちらに伝わってくると」
傍で眺めていたチュウさんに、秀丸さんは問わず語りに言った。「チュウさんの俳句にある<雨>は重々しくなったら内容とあわん。さっと軽く書くとよか。<山>はその反対に、どっしりと、ばってんその一方で夏の山らしくさわやかに書かにゃ、味が出らん」
短冊の文字は、その通りに書かれている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新川医師は初めて顔を曇らせた。「塚本さん(チュウさん)はこの三十年間、一度だって退院のチャンスが与えられなかったのです。入院前後の経緯が大変だったことはカルテを読んでも、よく分かります。しかしだからといって、その後ずっとチャンスを与えないというのは可哀相ですよ。誰だって失敗はあります。たった一回の入院で、もう兄さんは駄目だと決めつけるのは酷です。わたくしが塚本さんの言うことを信じたいのはそこです。だってわたくしはまだ塚本さんから嘘をつかれたことはありません。何回も嘘をつかれればしまいには信用しにくくなるでしょうが、今は、彼が通院し、服用してくれるという言葉を信じたいです。
それに塚本さんは任意入院です。法律が変わったばかりなのでご存知ないないかもしれませんが、精神科の入院には大きく分けて三つあります。一つは、精神障害のため他人に害を与え、自分も傷つける恐れがある場合に適用される措置入院、これは強制的な入院です。ふたつめは、本人が入院を拒む場合、家族の要請で入院させる医療保護入院、三つめが本人の意志で入院する任意入院です。任意入院であれば退院もまた患者さん自身で決定できます。
塚本さんは法律が改正された際、前の主治医との間で任意入院の手続きをとっています。というこてゃ、塚本さんが退院すると主張すれば、わたくしたちにとめる権利はないわけです」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この本を読んで、今更ながら精神科の医師の方たちの患者さんたちに対する心のこもった接し方というのが大事だという事が分かりました。

そして、心の病気の治療も人間ならではの難しさを感じました。

現役の精神科の医師が書いた精神科の世界の珍しい、そして感動的な小説です。024


  精神科 世界を描く 強い意志 帚木蓬生 閉鎖病棟 

珍しい今朝の林の中からの日の出の風景でお別れします。013


今日の曲は、森恵 キミ



愛車と別れて1週間つれづれ

<今日の表紙>赤い実をつけた街路樹のハナミズキ
021

逆光でしたので、フラッシュを焚いて撮影しました。赤がくっきり出てきれいです。

それにしても今日は寒い1日でした。冬が突然やってきたようです。でも朝は久しぶりの日の出でした。016


11年間親しんだ愛車と別れて脱車(だつくるま)になって、1週間を越えました。歩くことが以前より多くなったので、今日みたいな寒い日はこたえますね。

8日の内、レンタカーを借りて過ごしたのが2日、姫路へ出掛けたのが2日。ということで実質4日、普通の交通機関だけで生活しています。

今日も、行きつけの散髪屋さんにバスで行きました。022
バス停でバスを待つ間は寒かったです。

まず、レンタカーを借りて驚いたことは、1500ccクラスの乗用車を借りたのですが、燃費の良さに驚きです。高速道路が主でしたが、リッター20キロ以上でした。

これでは、ガソリンスタンドが儲からなくなるのが分かります。023


ハイブリッド車や軽自動車の隆盛や、若者の車離れなどで、日本のガソリンの消費量は10年前と比べてかなり減っているでしょう。

田舎に帰ると、高齢者の人達の運転する車が多いのには驚きです。これからますます高齢者の運転する車の比率が多くなるでしょう。

名古屋市内へ出掛けるときには、JRと地下鉄を使いますが、以前でしたら車が主で、重い荷物も気になりませんでしたが、今ではりんご1個でも重たく感じますので、極力ムダな荷物は除いて出かける工夫をしています。

僕は本を読むのが好きなので、車ではなくJRや地下鉄の中で本が読めて嬉しいです。

JR勝川駅から徒歩1分の所に住んでいますので、この環境を生かすのは、脱車と決めていましたので順調な滑り出しです。

でも、まだ朝起きると車が駐車場にあるような錯覚に陥ります。

身体が元気なうちは、この生活が面白そうです。

東京に住む息子夫婦は結婚した最初から脱車の生活をしていますので、僕を応援してくれます。

まだ、1週間を越えたばかりですが、車のない生活を楽しんでいます。

  若者の 車離れと 低燃費 日本の未来 脱車へと

冬景色のような夕暮れ時のパノラマでお別れします。027


今日の曲は、Mr.Children くるみ


2人ともハンディーを33頂きたいゴルフでした。(涙)でも、ゆく秋を感じれた素晴らしいゴルフ場でした。

<今日の表紙>写真左側の赤い木は、何の木でしょう?
028

昨日は、曇り空の中、兵庫県小野市の小野ゴルフ倶楽部で1ヶ月ぶりにプレーしました。

今日の表紙は、小野ゴルフ倶楽部の5番ショートホールに育つ柿の木です。031
ゴルフ場で柿の木を見るのは珍しいですね。

小野ゴルフ倶楽部は、兵庫県の名門ゴルフ場で、難しさでは僕がプレーしたゴルフ場の中でも3本の指に入ります。012
そして美しさでも。

池が多く、松や杉でセパレートされたコースと深いバンカーに囲まれた砲台グリーンがプレーヤーに立ちふさがります。024
036


僕のライバルの成瀬さんとの今年最後の勝負開始です。003
一昨日の夜のカラオケでは僅差で僕が負けています。(笑)

前半は、悪戦苦闘しながら50。後半はゴルフ場の難しさにギブアップして55。トータル105でした。

ライバルの成瀬さんはというと、52、53の105。ということで引き分けで今年最後の勝負を締めくくりました。

お互い、ハンディー33のゴルフでした。(涙)

でも、小野ゴルフ倶楽部のロケーションは素晴らしく、晩秋のきれいな景色を十分楽しませてくれました。

池には鴨が遊び、020
錦鯉が戯れています。034


グリーンそばに薄く紅葉しているメタセコイアが美しい。026


そして何と言っても、見事な朱色をした、大きな満天星(ドウダン)ツツジです。014


パンパスグラスと紅葉の2ショットもいいですね。008


ゴルフ場の美しさに酔って、昨日のブログ、プロローグのハンディープラス10の男の話は、完全に頭から抜けていました。(笑)

  ゆく秋の 景色の中で ゴルフする スコアのことは 棚上げにして 

普通ではなかなか見れない多くの花を咲かせているサザンカでお別れします。007
ナルチャン、来年も宜しく!

今日の曲は、槇原敬之 北風~君にとどきますように~



今年最後のライバル対決のプロローグとして、「ハンディープラス10の男」地球ゴルフ倶楽部 夏坂健著をどうぞ!

<今日の表紙>ライトアップされた世界遺産の姫路城
040

昨夜、姫路に着きました。042
姫路駅広場から正面に眺める小さなお城が姫路城です。

今日は、これから兵庫県の名門中の名門のゴルフ場「小野ゴルフ倶楽部」でプレーします。

そして、僕のゴルフのライバル成瀬さんとの今年最後の対決です。011
昨夜の歌合戦は僅差でナルチャンの勝ち(涙)

カラオケの腕前は、お互いゴルフと一緒で、フェアウェイを外すことはしょっちゅうです。

ゴルフはというと、先回は、どちらも大たたきしましたが、僕の方がよかったので僕の勝ちでした。

さて、今回はどうなるでしょう?

これからプレーする小野ゴルフ倶楽部は、コースの素晴らしさもさることながら大変難しいので無理をしないで心を冷静にしてプレーした方に勝利の女神がほほ笑むと予想されます。

僕たちの実力なら100を切れば素晴らしいゴルフをしたことになります。

これから始まる勝負の前に、この男 ハロルド・ヒルトンのことが地球ゴルフ倶楽部に載っていますのでご紹介します。034

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
史上最強のアマは誰か?
ゴルフの歴史に興味を持つ者なら、即座にグランドスラマーのボビー・ジョーンズを指名するだろう。ところが、数字の上に限って、そうは問屋が卸さないのだ。
アマチュアの場合、腕前に応じて上限36、下限0のハンディキャップが与えられ、この番付表の相応な場所を仮の棲家として、少しでも日当たりのいい高台をめざすことがゴルフ人生の目標の一つとなる。・・・・・

さて、1803年までは、ハンディ0がアマの頂点だった。ところがリースに住む屋根職人のトーマス・バウィックが強すぎて、ついに「プラス1」が誕生、これをきっかけにハンディの世界にもプラス制度が導入され、全英オープンや全英アマに出場する選手の多くはプラス・ゴルファーだった。ちなみにバウィックの場合、パー72のコースを「71」で回ってパープレーというわけだから、やるせない話だ。・・・・・

さて、マッケボイの「プラス5」がアマの最高だと思ったら大間違い、上には上が、それも途方もない上がいた。1869年にリバプールで生まれ、1942年にロンドンで亡くなったハロルド・ヒルトンである。その戦歴たるや全英アマ4回、全米アマ1回、英米両国の選手権を制したのはヒルトンとボビー・ジョーンズだけ。さらにアマの身でありながら、1892年と97年の全英オープンにも優勝している。
彼がゴルフを覚えたのは7歳のとき。11歳から正式にロイヤル・リバプールGCでプレーが許されると、あっと言う間に腕を上げ、12歳でハンディ9、13歳で7、15歳で5、17歳で0になった。そして18歳、イングランド・ストローク選手権で「69、70、68、69」と、4ラウンドで70を叩いたのがわずか1回、残る3ラウンドをすべて60台で回って優勝、この快挙によって「プラス3」に昇格。20歳で全英アマに優勝して「プラス5」、それ以降も毎年メジャーを制するたびにハンディが加算されて、1892年、23歳のとき全英オープンに優勝して「プラス8」、そして2度目の優勝をとげた1897年、28歳の夏、彼は空前のハンディキャップ、「プラス10」を得たのである。・・・
プラス10の知らせを聞いた彼、微笑しながら、「もう、スリーパットはできないね」と言ったそうだ。

ヒルトンは、身長5フィート7インチ、イギリス人としてはごく普通の体型だったが胸幅が分厚く、特に足腰が頑健、思いっきりクラブを振り抜くので、フィニッシュのたび帽子がふっ飛ぶことでも有名だった。・・・・

スィングは豪快だが、ボールのコントロールにかけては天才的。その秘密を彼はこう書いている。

「首を埋める感じでボールを見つめ、スタンスと平行のラインにためらわず振り抜くこと。つまり、スタンスを性格に決めることが最も重要なのだ。あとは振るだけだもの」

人間的にも自己抑制に長け、何があっても気持ちを荒げることがなかったヒルトンは、また科学者のようにゴルフを研究して、腕の振りにあとからヘッドがついてくる「レートヒッティング」の理論を確立し、さらにドライバーの「アッセンティングブロー」の有利さを論文にまとめて発表した。いまでいうところの「アッパーブロー」である。・・・・

著書「My Golfing Reminis」の中で、上達の秘訣を次のように書いている。

「ショットだけ練習しても、それほどうまくなるものではない。クラブを振らせているのは腕に非ず、頭脳だからだ。従って、スウィングのメカニズム習得と心理面での武装に励むべきである。”筋肉の記憶力”を唱えている人もいるが、筋肉に記憶力は存在しない。いかなる動きも、それを記憶し命ずるのは頭脳のみ。だから正しいスウィングの形を、まず頭脳に叩き込むことが上達の近道である」

ハンディ「プラス10」まで登りつめた男の、これが奥義だった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハロルド・ヒルトンのゴルフに対する考えを少し参考にするだけでゴルフが上手になりそうですね。

ヒルトンに なったつもりで ゴルフする 今日のゴルフは 頭でプレー

では行ってきまーす!

今日の曲は、スガシカオ サヨナラホームラン

つれづれブログ5周年記念つれづれウォーキング地蔵川11月2015(2)はちょっと寂しかった。

<今日の表紙>㊗つれづれブログ 5歳おめでとう!(18日撮影)
008

今日は、5年前の僕がつれづれブログを書き始めた記念日です。

一足先に18日に「岸邦晴のつれづれブログ」5歳の誕生日パーティーを盛大に3名で行ないました。(笑)012
大鹿シェフも特別参加で4名

それでも、記念日を飾る何かが欲しい!

そうだ、地蔵川につれづれウォーキングに出かけよう。あの亀さんに会えるかも・・・・・

早速、薄曇りの中7時過ぎに出かけました。

街路樹の下には、今の時期でも薄桃色の花を咲かせているフヨウが芽に眩しい。006


地蔵川へ着きました。008
桜の葉っぱはだいぶ落ちて地面を赤くしています。

9月の中旬に赤いヒガンバナの花で飾っていた桜並木道は、桜の落ち葉で色づいています。011


今の時期のヒガンバナは、葉っぱの緑がまぶしい。018
冬の間の光合成で球根に栄養を蓄えて年を越します。

亀さんのお家は、残念ながら空っぽです。010


どういうわけか、ゴルフ道具が川の中に散乱しています。014
ヘボゴルファーの僕としては信じられない光景です。

2週間ほど前のつれづれウォーキングで亀さんを発見した場所に着きました。021
錦鯉さんの親子は元気に泳いでいますが、亀さんは見つかりません。

「亀さんは、最近遊びに来ていないよ」と錦鯉さんが寂しそうに答えてくれました。020


冬が近いのでしょうか、セイタカアワダチソウは黄色の花が枯れています。023


オシロイバナも白やピンクの花の代わりに黒い実が目立っています。026


その中で、ヒメジョオンは、可憐な白い花を咲かせて川辺を彩っています。030


ナンテンの赤が目立つ季節になりました。027


亀さんのお家のそばの石の上からセキレイさんが「亀さんは、寒くなったらお家にきっと帰ってくるよ」と言って僕を励ましてくれました。032


つれづれブログ5周年記念にしては、亀さんがいなかったせいか、冬が近いせいか寂しいつれづれウォーキングでした。

  つれづれに 歩き楽しむ 地蔵川 ちょっとさびしい 5年目の秋

きれいなピンク色の花を咲かせているまだまだ元気なコスモスでお別れします。007


今日の曲は、中西保志 LAST CALL



株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール