2015年07月

天声人語も、お天気も暑くてたまらない7月末です。

<今日の表紙>涼しげな昨夜のお月様
018

7月の終わりの今朝は、グラデーションがきれいなパノラマから始まりました。001


こんな日は、眩しくない太陽が昇ってくるはずです。

赤い、淡い太陽の登場です。(5時13分)004
005
だんだん光が強くなります。008
009
登場して5分後には眩しいいつもの太陽です。016


今日は、予想最高気温は37℃。超暑くなりそうです。

月末の天声人語はいつも、その月に出た話題に対するいい言葉がちりばめられていて楽しみです。

ということで、今朝の天声人語を読みました。061


冒頭、安保法案に反対する声が広がり続けている。平和主義と立憲主義が全国で語られた7月の言葉から とある。この言葉で始まり、あとすべて安保法案がらみの7月の言葉が登場していました。

他にこの2度とない今年の7月の印象的な言葉はなかったのかなと思ったのは僕だけではないでしょう。

安保法案がらみの記事やニュースは連日報道されていますので、ちょっと心が安らぐ言葉に天声人語ファンは飢えている気がします。

でもちょっと気になっていたことが解決しました。

26日のつれづれジョギング八田川の途中で見た立て看板のことです。055
「アベ政治を許さない」

天声人語の言葉の始めにこう書いています。062


「アベ政治を許さない」。各地で一斉に掲げられた文字は、俳人の金子兜太(とうた)さん(95)が書いた。首相と米国の関係を哀れむ。「でっち小僧が旦那になだめられたりひっぱたかれたり、時々菓子をもらったりして、いいようにされている姿を想像してしまう」

天声人語とは対照的に穏やかなリズムの折々のことばは心が安らぎます。063


出会ったのは なにかの ご縁ですね でもお別れも またご縁なのです・・・・・・さようなことと ならば さようならの ことば  

浜田真理子

解説の最初と最後に鷲田清一さんがこういっています。

自分をほどきたくなったときによく聴くのがこの人の歌。ふわんと力の抜けたその歌語りに慰められる。・・・・・

「縁」は恵まれるものであって、人が操るようなものではないだろう。

そういえば僕は、7月は「縁」に恵まれたな。8月にはどんな「縁」に恵まれるのかな?

文月の 終わりに思ふ 僕との縁 どうかいい縁で ありますように

6名の行方不明者の捜索が再開された7月の御嶽山でお別れします。019
発見できますように!

今日の曲は、青山テルマ&絢香 そばにいるよ


今日は夏バテぎみです。ということで7月中でブログに書き忘れていたことつれづれ

<今日の表紙>必死に鳴いているクマゼミ。至近距離からの撮影でも逃げません。
033

7月20日頃はクマゼミの鳴き声がうるさかったですがすこし峠を越した感じです。031
あと1日で8月に突入です。

Yahooの天気予報を見ると、今晩から明日にかけて今年一番の猛暑が襲ってくるようです。017


僕も遂に、今年初めて家のクーラーのスイッチを入れてしまいました。ということは今快適にブログを書いています。

今日はどうも夏バテぎみで体がすこし重たいので無理をしてはいけません。

明日で7月が終わるので、今日のブログは、7月中にブログに書き忘れていたことをつれづれに書くことにします。

19日に僕の会社の沼沢君&佑果ちゃんの結婚式があって20日に結婚式をブログにアップしました。その日は海の日でした。そしてこの連休から子どもたちは夏休みになりました。

先日の東京への新幹線でも親子連れが多かったです。そして外国人の旅行者もすごく多かったです。

海の日の朝日新聞「折々のことば」は印象的でした。001


なみだは にんげんのつくることのできる いちばんちいさな 海です  寺山修司

どうしても譲れないこと、受け入れられないこと。あまりに悲しくてやりきれないこと。小さな者たちの小さな、小さな抗議は、けして、けして小さくはない。どっと押し寄せる波に溺れてしまいそうな大海ではなくて、自分たちでじわりじわり広げてゆく海。「小さな海」までひらがなが続くのがいい。「いちばん短い抒情詩」の全文。「愛さないの、愛せないの」から。 鷲田清一

朝日歌壇のこの二首も印象的でした。

ニュース見る中一娘にもわかる「安倍ちゃん戦地に行かないもんね」 豊橋市 赤石裕佳里

フクシマとヒロシマナガサキオキナワと日本国中カタカナとなる さいたま市 田中ひさし

7月中旬は僕の大好きなゴルフの全英オープンが開催されて、ザック・ジョンソン(39)がプレーオフを制して優勝。ジョーダン・スピース(21)のメジャートーナメント3連勝を阻みました。

そのエピソードが、23日の朝日新聞夕刊のコラム「素顔のプロたち 舩越園子著」でサブタイトル「誇り高きグッドルーサー」として載っていました。004


グッドルーサーとは負けっぷりがいい人のことです。006


ゴルフの聖地、セントアンドルーズで開催された今年の全英オープン。ザック・ジョンソンが勝利を決めた直後。「近寄ってきて最初にたたえてくれたのはジョーダンだった」。
今年のマスターズと全米オープンを続けて制したジョーダン・スピースには歴史の偉人ベン・ホーガンしか達成していないメジャー3連勝の期待がかかっていた。・・・・・
失ったものは一つではなく、そのぶん心の痛手は大きかった。それでもかれは勝者を称えた。・・・・・
オーガスタにはあってセントアンドルーズには無かったものは平常心。手を伸ばし、わしづかみしようとすれば、栄光は魔物になる。
逆にオーガスタにはなくてセントアンドルーズにあったものは「18番グリーンの巨大な観客席。このコースは1ヵ所からたくさんのホールが見えるから好きだ。ゴルフの聖地はファンにとても優しい」。
敗北を認め、勝者をたたえる潔さ。敗北しても戦いの舞台の魅力を語る寛容さ。「負けたけれど、僕はいいゴルフをした」と毅然と言い切るプライド。誇り高きグッドルーサーだからこそ、彼にはきっと「次」がある。

この誇り高きグッドルーサーもとってもいいですね。

負けたけど いいゴルフした ジョーダンは 覚えておこう グッドルーサー

日の出の時間も今は5時10分過ぎになり昼の時間は夏至の頃より短くなっています。しかし、暑さはまだまだ峠になっていません。皆様くれぐれもご自愛くださいね。

今夜の涼しげなフルムーンでお別れします。018


今日の曲は、今井美樹 氷のように微笑んで

人類の代表として、夕日&朝日について考えてみました(笑)。結論は「癒され夕日」「爽やか朝日」となりました。何で?

<今日の表紙>品川での久しぶりのつかの間の息子とのアルコールタイム
043

昨日は、東京ビッグサイトで開催されているブライダル産業フェア2015に行きました。

品川駅のスタバでコーヒーを飲みながらブログをアップ。

その後、東京で仕事をしている息子とつかの間の楽しいアルコールタイム。2時間ほどいろいろな話で盛り上がりました。

品川駅のスタバでブログをアップして、ふと窓の外を見るとビルの壁が夕日を浴びて赤く染まっていました。003


わあー、きれいだな!002


21時30分品川発ののぞみで名古屋へ。

今朝は、いつも通りに4時50分起床。

いつも通りに朝日ウォッチングです。065
今朝は風がなく、お日様と煙突が仲良くしているような風景が広がっていました。014


太陽と雲が織りなす光景も美しく感じます。015
018


どうして、僕は、夕日と朝日が美しく感じるんだろう?もっとも、昼間の太陽は強烈過ぎて眩しいとしか感じませんが。

この場合の僕は、人類の代表としてですが。責任重大です(笑)。

僕が生存するために美しく感じることが必要なんではないかと考えました。

太陽が地球上の大部分の生き物にとってのエネルギーの元で、生存の一番重要だということは言うまでもありません。

あの赤い、オレンジ色の太陽を見ると、美しいと自然に感じる。何で?

文明が発達する以前の人間の世界は、夜は眠り、昼は食べ物を探して活発に行動することが普通でした。

そのチャンネルの切り替えが、夕日と朝日です。

ということで、夕日を美しく感じた方が、起きている間の心理的な疲れを癒して、眠りにつく夜の訪れにすーっと入れるし、朝日を美しく感じた方が、起きた時に爽やかな1日の始まりでスタートできます。

これは、朝日を毎日拝んでいることを習慣にしている僕が思うことです。

朝日や夕日を毎日拝める環境で生活している人は、健康で生きられるような気がします。

人の寿命は平等ではありませんが、もし僕が朝日や夕日を拝めない環境で生活していたら、寿命はだいぶ短くなっている気がします。

まだ、今のマンションでの生活は8ヶ月ほどしか経っていませんが、朝日を拝むことは、自然を身近に感じています。冬至、春分、夏至を通過して秋分に向かって朝日、夕日は動いています。

恥ずかしながら、この年(64)になるまでこういう感情は生まれませんでした。それだけ、僕は自然から遠い生活をしてきたのです。

僕が生きるためにもっとも重要な太陽。文明が発達した現在、その存在を美しいと感じて生きることは、健康に生きる要素としては重要な気がします。

昨日の夕日を反射した品川駅近くのビルが美しいと感じたことがきっかけです。003
直接夕日を見るのではないのになぜ美しいと感じるのか?

人類の代表としてつれづれに考えてみました。

貴方も人類の代表として考えてみてはどうでしょう?(笑)

  皆さんの 健康のため 見るといい 癒され夕日 爽やか朝日

今朝の「爽やか朝日」でお別れします。009


今日の曲は、平原綾香 翼



結婚式も、3Dプロジェクションマッピングの世界で・・・(ブライダル産業フェア2015 東京ビッグサイト)

<今日の表紙>僕の会社の3Dプロジェクションマッピングのパンフ
057

最近は、結婚式場の宴会場へ、3Dプロジェクションマッピングを導入する仕事が多くなっています。058


今日は、昼ごろ東京へ向かいました。多摩川です。059
たまちゃんはどうしているのかな?

新橋駅の蒸気機関車です。006
ゆりかもめに乗って東京ビッグサイトへ向かいます。ミニ観光です。007
レインボーブリッジを渡ります。011
お台場の大観覧車です。015


ビッグサイトが見えてきました。017


ブライダル産業フェア2015の受付を済ませて会場の中へ入ると広い!023


僕の会社のブースは、映像ゾーン(少し暗い)にあります。028
スタッフが、お客様と熱心にお話しています。026


今回は、施工例をまとめたダイジェストをわかりやす説明しています。1年間でずいぶん3Dマッピングが結婚式場へ納入されて、お客様を楽しませています。

今日、明日の2日間の開催です。

さて、昨年もブログにアップしましたが、同じ会場で、ジャパン・ウエディングフォト・グランプリ2015が開催されています。

写真にも僕は興味がありますので見てきました。

どの作品も素晴らしいのですが、僕のお気に入りをアップします。036
044
045


過去の入賞作品が別のブースに飾っていました。当然、素晴らしい作品が多い。049
048
047


1年ごとに開かれるフェアですが、僕たちの仕事の世界のようにハードの進歩につられて進化しなければいけない世界と、写真のように一瞬を切り取る世界があります。

でも、どの世界でも、携わるスタッフの情熱が形となってお客様の感動という付加価値を生み出します。

  情熱が 形となって 感動へ 結婚式は ワンダーランド

フォトコンテストで見つけた、あおいスタジオ(名古屋)の澤田知宏さんの作品でお別れします。032


今日の曲は、TUBE さよならイエスタデイ







詩集 億年の耳 鷹取美保子著 は、旧家の継承がテーマの祈りの詩です。

<今日の表紙>日の出前の神々しい御嶽山のシルエット
002

今朝の日の出前は穏やかなパノラマが広がっていました。004
そこへ突然の強烈な太陽の登場です。033


劇的な変わり方をした空で今日の1日が始まりました。

今朝の朝日新聞の朝日歌壇から二首僕が気に入った歌です。013


一人来て独りで食べる牛丼屋何人いても独りは一人 吉野川市 喜島成幸

じいちゃんと呼ばれることを受け入れてようやく孫のじいちゃんとなる 熊本市 近藤光弘

どちらの歌も、僕の心境の一端をユーモラスに表しています。

さて、今日は僕には珍しくというか、初めてですけれど詩集の紹介です。

きっかけは、ちょうど1ヶ月前の僕のブログ「中学時代がすぐそこにあった。鷹取夫妻との再会です。」です。009


ブログの中で、奥様も学生時代からよく知っていて、しかも有名な詩人です。(鷹取美保子)と書いています。

その鷹取美保子さんから7月初旬に彼女の詩集「億年の耳」が届きました。037


今日は、億年の耳 の 紹介を少しさせていただきます。038


僕は詩集というジャンルは、恥ずかしながら今まで読んだことがありませんでした。

歌集でもそうですが、僕は最初にあとがきから読みます。

作者がどういう心境で書いたかがおぼろげながらわかるからです。

生と死が表裏一体となった自宅介護の危うい日々の末、平成十六年に母を見送った。有形無形にかかわらず、幾百年も続いてきた旧い家を守り継がねばならない役目が、私に手渡された。・・・・・・・

とあります。

作者の父母や先祖への思いが、この詩集の詩の中に表現されています。

僕は、詩を読むことが苦手というか、詩を読んではっきりとした感想などは思い浮かびません。

でも、この詩集の最後の詩は、なんとなく旧い家を守り継ぐ決意が見えるような気がしました。

ということで、皆さんにはこの詩を味わっていただいてそれぞれに何かを感じていただければ嬉しいです。

天空の耳

父が逝き
空を見上げる日がふえた
母が逝き
雲のあわいに
大きな耳朶(みみたぶ)がみえた

地の騒がしさと
天の沈黙の交差点で
ちち よ
はは よ
と呼びかける

私の声の胞子は
短い祈りとともに風に乗り
あの耳に広がっているだろう

光りが地にとどくほどにもまっすぐに
空は地の哀しみを引き上げる

先に往った者たちと
礼儀正しく挨拶をかわし
私が空へ引越す日まで
豊かな耳を見あげていよう

早春の昼さがり
天空の耳に語りかける


よい日和だ


作者は、あとがきの中でこうも言っています。

祈りの時は感謝の時でもある。自分の命がこの地に与えられている不思議を思い、先に逝った人たちが、天で幸いであって欲しいと願う。森羅万象に感謝する。私にとって祈りとは、人をふくめ、自然の中で日々更新される諸々のものへの挨拶でもある。・・・・・

旧家を継承することはいつの時代でも大変なことだと思います。

僕も、亡妻の家を継承しましたので何となくわかります。

ご先祖様への感謝の祈りが基本でしょう。その祈りが詰まった詩集です。

  父母や 先祖への感謝 祈りにて 語りかけるは 天空の耳

今朝の日の出前の黄金色の空でお別れします。005


今日の曲は、Mr.Children 祈り~涙の軌道








つれづれジョギング八田川7月2015は、あのフヨウの花がやさしく迎えてくれました。

<今日の表紙>昨日のJR勝川駅上空の夕暮れ
023

この週末は、猛烈な暑さが続いています。でも昨日の夕暮れ時は、朝に負けず劣らずきれいでした。

今朝は、久しぶりに勝川駅から八田川沿いの僕の以前のジョギングコースを走りました。054


いきなり、きれいなピンク色の花を発見。058
残念ながら名前は?

そして、百日草です。063
白色の百日草です。105
見事な白い花を咲かせている百日紅(さるすべり)。086
百がつくと長い間咲くようですね。

可愛いランタナです。079
このカンナは日陰と水が大好きなようです。084


若葉が美しい稲です。080


キバナコスモスが咲いています。089
秋になると目立ってきます。

トウカエデの並木は、青空がよく似合います。087
トウカエデの下には鮮やかな赤いバラの花がやっぱり咲いていました。101
103


突然ですが、亀さんと錦鯉を発見!094
でもこの亀さんはどうもあの地蔵川の亀さんではないようです。071
セミの鳴き声がうるさいのですが気にしていません。

そして、久しぶりの八田川です。108
遠くに名古屋駅のツインタワーが見えます。109


川の流れは変わりませんが、114
八田川沿いの畑が宅地へと変わっています。116


昨年からジョギング・ウォーキングの時にアップしていましたあの川岸に咲くフヨウがどうなっているのか気になりました。雑草が生い茂る中、よく見ると、ピンク色がちらほら見えます。124
あのフヨウです。121
水辺ですので1年間の幾度の大雨にも耐えてきています。

1年前より多くの花を咲かせています。123
つぼみもいっぱいあり元気です。130
川の流れに陽の光が当たり、キラキラした中にほのかなピンク色が浮かんでいます。

  一年(ひととせ)の 川の流れに 流されず キラキラ浮かぶ フヨウのピンク

嬉しくなって向かった先は、僕の娘夫婦の家。131
きれいなピンク色のバラの花が迎えてくれました。

そして、健ちゃんも。134
やんちゃで元気な健ちゃんです。139


久しぶりの楽しいつれづれジョギングでした。

健ちゃんのショットでお別れします。135
バイバイ!

今日の曲は、松任谷由実 埠頭を渡る風




昨日発表された東京オリンピック公式エンブレムの僕の感想

<今日の表紙>今朝の美しい日の出の風景
037

毎日こんなに美しい風景を拝めないということ、むしろこの風景に比べたら平凡なことのほうが圧倒的に多いのです。それ故に、この風景の価値があります。017
雨の日や曇りの日、日本晴れの日には拝めません。

そして、わずか15分間ほどのプレミアムタイムです。011


昨夜、東京オリンピック、パラリンピック公式エンブレムが発表されました。002
NHKニュース

様々な感想が出てくると思いますが、僕も今の気持ちを書くことにします。

良いデザインは、第一印象はあまり感動しなくても、いつの間にか自然に好感が持てるようになるというのが、僕の印象です。

僕の中では、3代目トヨタのマークⅡが印象的でした。051
当時はヘッドライトが2個づつが流行でしたが、あえて1個づつのデザインで発売。最初は何か変だなと思っていましたが、よく見るようになると、いい車だなと好感が持てるようになり、今でも印象に残る車です。

という事でもないですが、第一印象は、地味で日の丸だけが日本的だなという感じです。色調も黒を基調とした落ち着いた感じです。

オリンピックのエンブレムについていうと、対称性が日の丸によって損なわれていますので、少しアンバランスの感じです。004


僕の中では、マークⅡのような第一印象です。ということは、自然に好感が持てるようになれば嬉しいです。

エンブレムと言えば、あの招致活動の時に、名古屋のスポーツ施設でも張っていたポスターのデザインは派手でしたね。052
忘れかけていました。

参考までに、長野オリンピック公式エンブレムです。055


招致活動のデザインやら、今回のデザインやら、オリンピックは贅沢ですね。

いずれにしても、東京オリンピックの象徴としてこのエンブレムが多くの機会で見られることでしょう。

デザインも僕は芸術だと思っています。

「日本人とユダヤ人」の著者山本七平(イザヤ・ベンダサン)が、その本の中で、日本人とは、そして芸術の使命とはをわかりやすく書いています。

人の世を作ったものは、神でもなければ鬼でもない。やはり向こう三軒両隣りにちらちらする唯の人である。唯の人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりも猶住みにくかろう。
越すこ事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、くつろげて、つかの間の命を、つかの間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降る。あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。

この東京オリンピックのエンブレムが、日本人の心を豊かにすることを心から祈っています。

TOKYOの 象徴となる エンブレム 心豊かに 芸術となれ

オリンピックおじさんとして有名な山田直稔さん(89)でお別れします。023
東京2020では94歳になります。

今日の曲は、やしきたかじん 東京


株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール

株式会社中日映像出版
会長