2015年05月

7年半ぶりの長崎サミットは、朝9時から夜12時までのマラソンサミットだった!

<今日の表紙>長崎駅広場のきれいな紫陽花(プリンスブルー)
014


昨年同様、この時期には、長崎駅前の広場にきれいな紫陽花が目を楽しませてくれています。026


朝9時から「アリーナかぶとがに」で7年半ぶりの長崎サミット(長崎大学バドミントン部の50歳以上のOB会)を楽しみました。029


現役の大学生も一緒にシャトルを打ち合って白熱した試合も多くできました。044


いきなり大学生の女子とダブルスです。往年の深堀とのダブルスで臨みましたが完敗。前田と組んでも負け。また負け。

結局、この大学生ペアには3連敗。OB同士の試合では、対称的に誰と組んでも全勝でした。4時間たっぷり汗を流して6勝3敗。楽しく第1部を終わりました。049


大学時代のペアの深堀君と051

山形オープン専用ペアの前田君と053

名古屋の名北クラブから長崎に帰った中の瀬君と052

長大の現監督の江崎君と055


夜6時から始まった楽しい懇親会です。001
002


乾杯の挨拶を長老ということで僕が指名されました。004
7年半ぶりに皆と元気に再会できて嬉しいです。大学を卒業して長い時間が経っていますが、大学でバドミントンをしたことが今につながっています。・・・・・
長すぎる乾杯のスピーチにクレームが入り「かんぱーい!」

美味しい食事の合間に全員の近況報告です。008
009
010
長大の監督をしている江崎君の挨拶の中で、第1回の長崎サミットの時(僕が50歳)、僕の挨拶で、半世紀を生きてきましたことを比較にだし、自分たちがもう60歳になるなんて信じられないと感慨深く語っていました。011
両手に花の前田君です。021


みんな楽しく思い出話の花を咲かせて一次会がお開きです。

二次会は幹事の松下君行きつけのバーで。024
バドミントン小唄096
と、年金時代(青春時代の替え歌)を全員で合唱しました。097


さらに三次会では、フォークソングを生ギターで歌えるお店に行って盛り上がりました。036
ギターを演奏しながら歌う幹事の松下君

木綿のハンカチーフを歌う女性群です。041
我よき友よを歌う、前田・松永組です。033
僕は再び年金時代と長崎は今日も雨だったほか2曲を熱唱。結局僕が一番多く歌ってしまいました。029
生ギターの上手な伴奏に助けられて途中ずっこけてもすぐ持ち直して楽しく歌えました。

結局12時まで盛り上がってお開きとなりました。

学生時代から40年ほど経っていますが、みんなあった瞬間から学生時代の関係にすぐに戻れるというのが不思議なうれしい感覚です。長く生きているといいことがありますね。

また数年後、元気な再会を誓って別れました。数名の後輩とは、KBA62に早いうちに来てもらう約束もしました。

  つかの間の 青春の時 思いだし 笑顔はじける 長崎サミット

長崎によく似合う紫陽花(ブルースカイ)でお別れします。015


今日の曲は、さだまさし 長崎小夜曲


7年半ぶりの長崎サミットに出発しました。そして夕日が優しく迎えてくれました。

<今日の表紙>2007年11月10日の長崎サミット
015

長崎サミットというと大げさですが、長崎大学バドミントン部の50歳以上のメンバーのOB会です。

僕の左隣が、昨年12月に長崎新聞社の社長になった僕の同期の才木君です。今回は忙しくて欠席ですので64歳の僕が最年長です。

先回50歳の人は57歳か58歳になっています。僕は56歳でした。

今日午前中バドミントンを楽しんで、夜は飲み会というハードスケジュールです。

あれから早いもので7年半が経ちました。みんなどんなプレーをするのか楽しみです。

昨日は、セントレア発17時45分のANAで長崎空港へ出発しました。

早い夕食をセントレアのまるは食堂の海老フライがメインのまるは定食を食べました。110
美味しい!

飛行機からのショットです。019
航空写真家のルーク・オザワに対抗しました。(笑)

離陸した直後のショットです。030
空が近くなります。

雲と雲の間の風景です。041
雲の中に雲の島が出来ています。044


月と飛行機のコラボレーションです。057
これもルーク・オザワに対抗しています。

7時2分ごろの夕暮れ時の風景です。065
着陸寸前です。068
無事着陸しました。071


夕日を浴びた翼です。136
長崎空港ターミナルです。076


飛行機からターミナルに入る通路の窓からのきれいな夕日です。082


昨日の朝日は残念ながら見れませんでしたが、すばらしい夕日を見れましたのでうれしかったです。

僕の今朝の気持ちを短歌にしました。

  久しぶり シャトル打ち合う 中年の 若さあふれる 長崎サミット

元気いっぱいの孫の健剛でお別れします。120
今日はジージーも元気いっぱい頑張ります!

今日の曲は、玉置浩二 メロディー


「消せるボールペン」30年の開発物語 滝田誠一郎著は、30年の人間ドラマです。

<今日の表紙>パイロットの消せるボールペン「フリクションボールシリーズ」
001

僕は、企業の成功した商品開発の物語が大好きです。

古くはビクターのVHSビデオの開発物語がNHKの「プロジェクトX」で取り上げられていた時も、仕事がら感激して見たものでした。

ミスターVHSと呼ばれる高野静雄元日本ビクター副社長を載せた霊柩車が、故人が愛した日本ビクター横浜工場に立ち寄った時には、人生はドラマだなーと感激しました。

本屋さんで、パイロットの「消せるボールペン」30年の開発物語 滝田誠一郎著が目に留まりました。001


ボールペンの開発で30年?ずいぶん長いですね。

読んでいくうちにわかりましたが、最初から消せるボールペンを開発するということではありませんでした。002


2006年1月にヨーロッパで先行発売され、2014年3月末時点で累計販売本数が全世界で10億本を突破した大ヒット商品、消せるボールペン「フリクションボール」をはじめとするフリクションシリーズの開発物語です。003


1971年に温度変化で色が変わる「メタモカラー」の基本原理を当時27歳のパイロットインキの若き開発者中筋憲一(現パイロットインキ取締役会長)が発見したところから物語は始まっています。

1971年から、2006年まで長い時間が経っていますが、その時々で中筋をリーダーとしたチームは困難なことを克服してフリクションボールにたどり着きました。

中筋は、緑の葉っぱが秋になると赤く色づく紅葉を見て、色が変わるインクの開発を思いつきました。

熱いお湯を入れると、表面の色が変わるコップなどはメタモカラーのお蔭です。

フリクションボールで書いた色が安定している温度はー20℃~65℃の範囲で、こすって摩擦熱で65℃以上になれば色が消えます。フリクションは摩擦を意味する言葉からネーミングされました。

この本には、セレンディピティという言葉がよく出て来ます。

何かを探しているときに、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力を指す言葉です。

中筋が、パイロットヨーロッパの社長だった、マルセル・ランジャールとの会話からこのセレンディピティを感じたことからフリクションボールの開発に進みました。
「ミスター中筋、イリュージョンはカラー・トゥー・カラーだが、カラー・トゥ・カラーレス(ある色から透明に)ならないのか?」

ヨーロッパの学校では、日本と違い、鉛筆ではなくペンで筆記する文化が主流です。ペンではまちがったら消すのに苦労しているのです。

ということで2006年1月ヨーロッパで先行発売しました。フリクションボールはヨーロッパで爆発的に売れて日本での発売ということになりました。

中筋憲一が2010年、特許制度125周年の記念事業の一環として特許庁が企画・発行した「現代の発明家から未来の発明家へのメッセージ」と題する冊子の中の発明家22名の中の一人として”未来の発明家”に次のようなメッセージを託している。005

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メタモカラーは自然を手本に。自然と対話しながら開発しました。画家や音楽家は、一般の人が見えない光や、聞こえない音を感じると言います。子供は、その時にしか見えない「となりのトロロ」が見えるのです。自然は時折、「真理」を垣間見せるが、それは誰にでも見えるのではなく、その一瞬は、常識にとらわれず、真摯な姿勢で常に真理を追い求めている人にのみ捕える事が出来るようです。そのためにはものごとに感動する心が大切です。きれいな花、美しい夕焼け、夜空にきらめく星・・・・・・昔、小さな天体望遠鏡で初めて麦わら帽子のような小さな土星の輪を見た感動。

子供の頃は時間を長く感じましたが、年齢を重ねると、とても時間が短く感じるようになります。それは、感動することが少なくなってきているからとも言われています。五感だけではなく、六感も働かせて、自然と対話してみて下さい。その応答は、ひょっとすると「世界で初めての発見」かもしれません。ワクワクする心が大事なのです。

私はメタモカラー着想からフリクションボールの商品化までの30年余、ずっと一筋に携わり、多くの心意気の合う人と仕事ができて、「技術者冥利」「経営者冥利」につきる幸せを感じています。

今、皆さんには、無限と思える時間があります。そして、やがてじぶんでは気がついていない「才能」に出会うでしょう。そのチャンスを決して見逃さないようにしてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
多くの幸運に恵まれて、すばらしい商品を開発した過程には、チャンスを見逃さなかった中筋憲一の生き方が現れています。

僕の会社の若いスタッフにもこの中筋憲一の言葉を贈ります。

僕は、フリクションボールを使ったことがなかったので買って使ってみました。012

書き味は普通です。013
そして専用消しゴムでこすると消えます。014
開発まで30年かかったとは、知ってビックリです。

中筋憲一が27歳の時に見つけた「小さな秋」が、30年後大きな成果となって今も続いています。

  紅葉から 色の変化を 追い続け 三十年後 フリクションボール

今日の曲は、浜田省吾 J.Boy





「チャッピー」犬の名前ではありません。人工知能ロボットの名前です。

<今日の表紙>幻想的な表情を見せる今朝の日の出
021

暑い日が続いています。今朝の日の出の太陽は真っ赤な顔をして現れました。020
今日も暑くなりそうです。

先日、映画「チャッピー」を観てきました。002


南アフリカのヨハネスブルグ生れの若い監督ニール・ブロムカンプが、ヨハネスブルグを舞台とした映画です。008


若いロボット開発者ディオン・ウィルソンをデーヴ・パテルが熱演しています。009


相手役ヴィンセント・ムーアには、有名な俳優ヒュー・ジャックマンです。010


南アフリカからデビューしたミュージシャンのグループダイ・アントワードのグループの中のニンジャ006
そしてヨーランディが、007
チャッピーの父親、母親として好演しています。ただしギャングですが。

ストーリーは、ヨハネスブルグが犯罪が多いので、ディオンが開発したテトラバール社のAIロボット警官隊を採用しました。

ディオンは、このAIロボットに人間のように自分で考えて成長するチップを植え付けました。それがチャッピーです。

ただし、ギャングの抗争に巻き込まれてしまいます。生まれたばかりのチャッピーを奪われて、ギャングに育てられます。003


ギャングは悪ですが、この映画では悪く見えません。

この映画の面白さは、正義対悪 という構図ではなく、人間とロボットの人間的な関係をテーマにしていることです。

人間とは何か?肉体だけではない。ではな何だ?その答えを監督のニールは探っています。

そして、チャッピーとディオンに不思議なことが起こってきます。

ターミネーターとは一味違ったロボット映画です。

こんなストーリーもあるんだなと妙に観終わった時に納得しますよ。

ヨハネスブルグが危険な都市として描かれていますが、実際はこの映画のように危険な町ではなさそうです。

実際にヨハネスブルグに行ってもチャッピーには会えませんがね。(笑)

ロボットが 命の不思議 理解する 未来の世界 チャッピーに見る

今夜のおぼろ月でお別れします。061
明日はお天気が下り坂です。

今日の曲は、徳永英明 レイニーブルー




地蔵川は遅い鯉の産卵の季節を迎えていました。(つれづれウォーキング5月2015(2))

<今日の表紙>ぐんぐん大きくなっている八田川のオシロイバナ
039
7月にはピンク色の花を咲かせます。
12日前のオシロイバナの様子です。013


昨日僕の前の家の庭の紫陽花が気になりましたので見てきました。042
ガクアジサイは元気に咲いていました。

2年間つぼみは出来るけれど咲かなかったシャクヤクも今年は咲きつつありました。043
頑張れ!

今朝は快晴の空の夜明けです。(4時51分)005
天気予報ではなんと最高気温34℃。006


涼しい朝の内に地蔵川へつれづれウォーキングへ出掛けました。012


地蔵川沿いの畑のきれいなタチアオイです。016


少し歩いていると、錦鯉を発見。015
いつもよりずっと上流にいます。

そしていつもの橋の上から鯉の群れをウォッチング。029
あれっ!錦鯉がいない?いつもより鯉が少ない?

上流へ向かって歩き出すと、水面に水しぶきが上がっています。026


錦鯉がいました。014
鯉の産卵です。021
よくよく思いだしてみると、錦鯉の産卵風景は初めて見ました。025
きれいですね。

八田川での鯉の産卵は何度か目にしましたが、普通の鯉の産卵です。そして5月上旬が多かったです。

それに比べると、かなり遅い時期です。川によってまちまちなのでしょうか?

でも、いつもの場所に錦鯉がいなくて、鯉の数が少なかった理由がわかりました。

それにしても、錦鯉がメスだったらいいけれどオスだったらイメージに合いません。

  ばしゃばしゃと 水しぶきの中 紅白の 模様がはねる 錦鯉の恋

錦鯉と遊んでいたあの亀さんは何処に行ってしまったのでしょう?083


ウォーキングの途中に桜の木の葉に隠れるように咲いていた夏に咲くキョウチクトウでお別れします。061
季節はもう夏になっているようです。

今日の曲は、吉田拓郎 サマータイムブルースが聴こえる

紫陽花が咲き始めました。梅雨が近いようです。

<今日の表紙>サラリーマン川柳大賞ベスト10
038

第一生命の第28回サラリーマン川柳コンクールの大賞が発表されました。

大賞はこの川柳です。

  皮下脂肪 資源にできれば ノーベル賞

「うまい!」思わずうならされますね。

5月もあと1週間を切りました。6月のイメージは「梅雨」です。そして梅雨の花と言えば「紫陽花」です。

昨日車で走っていたら、きれいな紫陽花が目に留まりました。013
気になりましたので車を側道に停めて早速ウォッチング。

色々な色の紫陽花が咲いていました。015
010
011
016


昨年6月上旬に長崎に行きました。その時に長崎駅の広場でいろいろな種類の紫陽花を展示していたことを思いだしました。022
018
016


どんな花も、咲き始めに目にすると新鮮です。きれいさが目立ちます。1ヶ月も経つと紫陽花もいたるところで見かけられて新鮮さはなくなりますが、やっぱり梅雨の雨の中咲いている紫陽花はいいですね。

  紫陽花が 咲いては告げる 梅雨の入り 今年は少し 早く入るかも

昨年の東海地方の梅雨入りは、6月4日ごろでした。

王子製紙の工場の煙突群に2ヶ月ほどの別れを告げている今朝の日の出でお別れします。009
005


今日の曲は、佐野元春 SOMEDAY



千代田セレモニーグループ故大石和雄会長の一周忌(5月15日)に想う

<今日の表紙>お元気なころ(4年前)の大石会長との2ショット
NEC_0101

2011年3月9日の僕のブログ「THEプロフェッショナル 千代田グループの大石会長」での2ショットです。

僕は故大石会長の事をTHEプロフェッショナルとよく表現しています。

ブログを書いているといいことがあります。それは、去年の今頃はどんなことを書いていたのかチェックできることです。

普通の人は、自分の1年前のことはよく憶えていません。僕も例外ではありません。

先日、僕が大変お世話になった千代田セレモニーグループの故大石会長の話題が出て来ました。

僕が、仙台の友人Mさんに、「僕が死んだら岸バドミントンアリーナ(KBA62)で葬儀をするようにブログで書いたんだ」(ブログ参照)と言ってから「でも、千代田さんの大石会長にはかなわないよね。」と思わず口に出ました。

その言葉がきっかけで、ブログをチェックすると、この15日にご逝去されたことが出て来ました。(ブログ参照

あの日から、早くも1年が経ったんだ。月並みですが、人が亡くなると、その人を中心にした時間は止まるのですが、遠ざかる時間の早さは驚くほどです。

気がついたときには、「もう〇年経ったんだね。」とのお決まりの会話。これって幸せなのかな。

一昨日のブログで、未来工業(株)の創業者故山田昭男さんの本「日本一社員がしあわせな会社のヘンなきまり」のことを書きました。(ブログ参照)

実は、ブログを書いているときにも、千代田セレモニーグループの故大石会長もユニークな経営者だったということで顔が浮かんでいました。

では、なんで「大石会長にはかなわないよね。」の答えを話しましょう。

僕は、KBA62を僕の葬儀をするために建築した訳ではありません。建ててから、僕の葬儀ができると気がついただけです。

大石会長は、西日暮里にある現在の千代田グループのフラッグシップ斎場「メモリアルセレス千代田21」の前身結婚式場「セレス千代田21」を建築するときに、将来はセレモニーホールにできるように設計して建築しました。007


今から20年以上も前の結婚式隆盛、セレモニーホールはこれからという時代でした。

高田馬場にある結婚式場「セレス高田馬場」でも「千代田平安閣高田馬場」を当時8部屋あった宴会場を3部屋にして、最上階部分の2階をぶち抜いて当時都会では珍しい屋内での大チャペルを作りました。

そして、大胆にもスタッフは厨房も含めて全員高田馬場では新しい人たちにチェンジ。新しい結婚式場にするには、建物だけではなく、人も新しい方がモチベーションが上がるはずとの信念を貫いたら、オープン10年連続700組以上という成果を達成。(約1部屋250組)

その後の人事にしてもユニークです。

仕事のできる人を積極的に違う部署へ配置転換しています。それの方が組織の活性化につながるようです。

即断即決の人で、マージャン、ゴルフなども早いプレーを心がけていました。

  かっこよく 難しい事 簡単に ザ・プロフェッショナル 大石和雄

未来工業(株)の創業者山田昭男さんといい、大石会長といい、雰囲気は違いますが、ユニークな経営をされて会社を発展させました。

大石会長が亡くなって、もう1年が経ちました。

2013年11月6日千代田セレモニーグループ協力会での300名を前にしての40分に及ぶ熱弁です。015


  渾身の 思いを語り 会場は 感動の渦 大石イズム

時の流れは止めることができません。でも、せめて僕のブログを読んでいただいて、関係者の方は懐かしく思っていただいて、ご存知ない方は、少しでも感じていただければと思います。

最後に大石会長と初めて東京でお会いした時(32年前)の、千代田グループの幹部との食事会での大石会長の言葉をご紹介します。

大石会長は、アルバイト社員として千代田グループで働き始めて、抜群の営業成績を残した方です。

「先代の社長は偉かった。僕を登用したからだ。」

先代の故杉浦社長が、大石会長を経営者として指名しなかったら、今の千代田グループの繁栄はなかったでしょう。

  何気ない 会話の中に 現れた ザ・プロフェッショナル 一周忌に思ふ

4年前の千代田セレモニーグループのホテル春日居での大石会長との2ショットでお別れします。002


今日の曲は、大石会長が好きでよく歌われた曲、坂本冬美 風に立つ

株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール

株式会社中日映像出版
会長