2015年03月

桜つれづれ3月2015 ですが、憶えていますか?昨年の今日は5%最後の日でした。

<今日の表紙>木津根橋で久しぶりに出会った(株)平安閣の山腰相談役
078

僕のブログをチェックすると、昨年の今日も、桜の名所の木津根橋に出かけていました。079


そして、今日はお天気もいいので、ここ十数年必ずお花見をしに来ている名古屋でも有数のお花見ポイントの北区辻本通り近く((株)平安閣本社付近)の黒川に架かる木津根橋に出かけました。074


そして、僕が桜をバックに写真をお願いしていたら、山腰相談役が声をかけてくれました。075


山腰相談役のお話によると、この付近では、昔はカワセミも見かけたそうです。

どうです。076
見事な桜並木でしょ!

川側ももちろんですが、道路川にも桜の枝がせり出していて、桜が散るころには花びらが道路の隅に固まっています。106


あと一週間もすれば、水面には花筏が出来てそれはそれで風情がある景色を出現させてくれます。

そして、僕の住んでいる春日井市の朝宮公園の入口近くの桜のスポットにも足を運びました。089


花見客でにぎわっていましたが、お目当ての枝垂桜はまだ咲き始めたばかりでした。086


そのかわり、コブシが桜をバックに青空に向かって白い花を咲かせていました。088


昨年の今日のブログをチェックして思いだしましたが、昨年の今日は消費税が5%最後の日ということでした。

1年経つと、すっかり忘れてしまいます。来年の今日は果たして、8%最後の日になるのでしょうか?いえいえ、8%最後の日の予定は再来年の今日でした。

昨年のブログでは、3月の終わりということで「終わり」についての天声人語を紹介していました。

日本では、平成26年度が終わる日が今日です。明日から27年度がスタートします。

ということで、その天声人語をすこしご紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
同じことのようでいて、順番しだいで印象が変わるから言葉はこわい。たとえば、人を評して「実直だが、仕事が遅い」と「仕事は遅いが実直だ」ではずいぶん違う。いい言葉で締めてもられれば株は上がるし、悪い言葉なら逆になる。
ある意味、人の一生も似ていよう。功成り名遂げた人生でも、終わり方しだいで幸不幸の彩りは変わる。逆もまたしかり。老境に入って、ふさわしい尊厳を保つことは、人が生きる上で疎かにできない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本という国の現実は、人生の終わりに近づいている老人にとって厳しい環境になっていることを書いていました。

長寿社会になった日本では人生を全うすることは段々大変になってくるようです。でも、昔も今もそして将来も、美しい桜の季節を味わえる幸せを僕たちは持っている国民だという事が生きていくうえでの清涼剤になっています。

  お花見が 出来る幸せ 友として 長い人生 ゆっくり行こう

僕のまずい歌の後は、あの有名な西行法師の辞世の句です。

  願わくは 花のもとにて 春死なむ その如月の 望月の頃

この歌の花はもちろん桜の事です。如月の望月=2月15日(釈迦の命日)現在の3月20日過ぎです。

実際、西行は2月16日に亡くなります。願わくば2月15日ごろ満開の桜の下で春逝きたいという本人の希望通りでした。

今朝のきれいな日の出(5時50分ごろ)でお別れです。015


今日の曲は、熊木杏里 桜




シェフがCHEFを観に行ってきました。

<今日の表紙>これは何だ?宇宙船か?
002

昨夜の僕の部屋の窓です。019
暗闇に浮かぶ蛾でした。005
よくマンションの6階まで飛んできたものです。

昨日は、お花見にはあいにくの雨でした。

僕がいつも読んでいるブログ「藤村正宏のブログ」に映画「CHEF」が紹介されていました。112


ブログを読んでいて気付きました。そうだ!僕も宇宙人料理のキッチン如意申のシェフだ。

では研修ということでCHEFを観に行こう。

ロスアンジェルスの有名なレストランの一流シェフカール・キャスパーが主人公。

カール・キャスパーを演じているのは、監督・脚本を手がけたジョン・ファヴロー。119


自分の好きな料理を作らせないオーナーと対立してレストランを辞めて息子と一緒にマイアミからロスまで、フードトラックに乗って、キューバサンドウィッチを売りながら旅をするロードムービー。118


レストランを辞めるきっかけになったのは、ツイッター。そしてフードトラックでのサンドウィッチの販売にもツイッターが活躍する。116
息子が発信する情報でお客さんがいっぱい集まって、その美味しさをまた発信する。117


今の時代を象徴する映画です。SNSの時代の楽しい映画でした。

ラテンのリズムにのってストーリーがテンポよく進行します。

美味しいキューバサンドウィッチを食べたような後味のする映画でした。

親子の旅をするうちに、息子のパーシーも成長していきます。115


何より料理をつくる時の手際の良さが素晴らしい。まるで本物の料理人と錯覚します。

主演・監督・脚本・製作を一人でこなしているジョン・ファヴローの楽しさが伝わってきます。

やっぱり料理って最高ですね!

料理関係のお仕事をしている人には、特におすすめの映画です。

  シェフを観て SNSで 伝えよう 作る楽しさ 食べる幸せ

最近、キッチン如意申は開店休業状態です。(涙)

新しい子どもたちをいじめる悪い宇宙人の情報をSNSで探しています。(笑)

今朝の春らしい日の出でお別れです。011


今日の曲は、吉田拓郎 春だったね

桜と亀の物語 IN 地蔵川 2015

<今日の表紙>今日の主役の亀と桜
056


今朝は、きれいな日の出が見れました。010
これから下り坂のお天気でお昼前には小雨がぱらぱら。

洗濯、掃除をして8時前から、桜が見ごろの地蔵川へウォーキングへ。034


あれ!亀もお花見をしてる。056


昨日のブログで、伊集院静が、山手線に乗って2周ぐらい回って人間を観察してみて、物語が一つも浮かばないようなら、小説家になるのは諦めなさいと言っていました。

亀のお花見は見たことがありませんでしたのでじっくり観察しました。それにしても動きません。036
絵になりますね。

では、拙い物語の始まりです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
地蔵川の桜並木は、およそ50年前に地元の青年団の人達によって植樹されました。

今では、毎年見事な花を咲かせて桜の名所としてお花見の頃は多くの人でにぎわっています。033


そして、今では地蔵川に住んでいる生き物たちもこの時期が待ち遠しくてたまりません。

桜は桜で、多くの人たちに毎年、立派な花をみせようと頑張ってきました。

地蔵川の名前の由来は定かではありませんが、この川は大雨が降ると荒れ狂うので、お地蔵さんにお願いして鎮めてもらうようにしようとつけられたようです。

桜並木も多くの人に怖がられていた川を親しみが出来るようにとの願いを込めて植えられました。

そうすると、川には鳥たちも集まり、鯉も棲むようになりました。049


そして今年は、何と亀さんもやって来ました。041


亀さんが桜の木に尋ねました。「どうして君はそんなにきれいな花を咲かせているんだ?」056


桜の木は答えました。「それはね、お地蔵様からお願いされたんだよ。花を一斉に咲かせて自然の神様に見てもらいなさい。こんなにきれいな花の咲いている川には水害などを起こさないでねと。」

「アッ!やさしいお日様もお花見してる。」と亀さんが気付きました。093


もうすぐ、花びらが散って地蔵川の川面を埋め尽くします。そして花びらは川の中の生き物の食糧になり、葉っぱや、その葉っぱを食べる昆虫などが鳥たちの食糧になります。

亀さんは、桜の木が話すことを静かに聴きながら思いました。

僕は何と幸せな所へ来ているんだ。僕は一生君を離さないぞ。いいだろ?---どこかで聞いたことがあるフレーズですが。

桜の木がいい気持ちになっている亀さんにやさしくささやきました。「亀さん、お魚さんや鳥さんと仲良くしてね。そして自分より小さい生き物をいじめないでね。」

亀さんは桜の木に約束しました。「ありがとう!僕も君のように周りの仲間の役に立つことを探すよ。また来年きれいな花をみせてね。」

子どもたちもお父さんとお母さんに連れられてやって来ました。044
「ワアーきれい!」笑顔がはじけてお花見の季節の幕が開きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
拙い物語でしたが、亀がいる。桜が咲いている。きれいだな!よりも面白いでしょう。

  満開の 桜と亀の 物語 日本の春 地蔵川より

桜と亀の物語を楽しく聞いていた観客の菜の花のショットでお別れです。045


今日の曲は、ATSUSHI&AI Story








無頼のススメ 伊集院静著 は、生きていくための酒のつまみのようです。

<今日の表紙>道路の歩道などに植えられているきれいなユキヤナギ
029

桜がもうすぐ満開になりますが、足元にはユキヤナギの白い花が満開です。

最近、僕が大好きな作家伊集院静の「無頼のススメ」を読みました。017


無頼という言葉の意味について触れています。022


無頼とは、頼るもの無し という覚悟の事だと著者は言っています。018


頼るもの無しという姿勢が出来ると、周りに振り回されて右往左往することがなくなります。頼るもの無しと決めていると、まず他人に対して楽でいられる。自分は、何かや誰かに頼って生きるのではない。腹の底でそう決めておけば、他人にどう思われようがどうでもよくなってきます。

では、こんな生き方面白いなと感じた部分を抜粋します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<人とつるまず、「孤」を知ること>
自分には収入のある両親がいて何代続く家柄だとか、どこの大学を出ているとか、今の会社の肩書はなんだとか、家柄やキャリアというのはその人の正体ではない。・・・・・・・
だから「自分の正体を知る」というのはその人が息絶えるときまで続く、生涯の仕事だと言ってもいいくらいです。
「どうやら俺の正体はこの辺らしいな」
「大人になる」というのは、それがわかってくることに他ならない。
自分の正体がわかると、必要以上のものを求めなくなります。欲が減っていって、生きるのが楽になってくる。
無頼でいられる。
ただしそこに至る手軽な近道はないけどね。

<健康は自分が決めること>
健康でいたい、老いても健康が大事。
みんな、そう口をそろえますが、どこまで医療にすがってもいつかは死ぬのだし。死ぬときは一人で死ぬ。
何をもって「健康」だというのか。今の自分の健康は医者や検査が決めること?
絶対に違います。人の健康というのは結局は自分が決めることで、少々悪いところがあるのは当たり前だろう、統計や数値とは合わないだろうよ。ぐらいに考えておくのが妥当。こんな自分だからダメなところ、おかしいところもあるだろう、そう覚悟しておくことです。

<誰でも「事情」を抱えて生きている>
たしか武者小路実篤が言ったように、新聞の一面を見て物語が浮かばないようなら小説家になる資格はないのだろうし、事実関係だけが書かれたベタ記事でも、その裏側にはとてつもないたくさんの事情があるにちがいない。だから山手線を二周ぐらい回って人間を観察してみて、物語が一つも浮かばないようなら、小説家になるのはあきらめたほうがいいと私も思います。
世の中で起きたことは自分にも起こりうる。
今日の三面記事は明日の自分かもしれない。
人は誰だって外からはうかがい知れない、その人なりの事情を抱えながら、それでも平然と生きている。
それは大人になるにつれてだんだん分かってきたことでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その他にいっぱい、著者ならではの生き方が載っています。021


僕たちがこの世の中を生きていくうえでの酒のつまみみたいな感じの言葉の数々です。

年を重ね 頼るもの無しと 決めてみる 無頼のススメ 読めば爽やか

僕のおすすめの一冊です。

夕日を浴びたこれから満開になる桜の木でお別れします。012


今日の曲は、松任谷由実&ゆず、桜井和寿、寺岡呼人 DESTINY


つれづれウォーキング3月2015(2)は、2日がかりでした。何で?

<今日の表紙>筑水池で見かけたジョウビタキ
060

今日の表紙は、先日シデコブシを見に行ったときに偶然撮りました。森でなければなかなかお目にかかれません。

さて、最近は空気もきれいで、始めから大変眩しい日の出が続いています。昨日も今日もすごく眩しかったです。

昨日の朝、いいお天気ですので、地蔵川の堤防沿いの桜の花はどれくらい開花しているだろうかと思いながらウォーキングを開始。011


きれいなムスカリが咲いています。036


そして、朝日を浴びた桜の花。012
いよいよですね。今週の日曜日には見ごろになっているでしょう。

ちょっと木全体も撮ろうとしたところ・・・・イタッ!何かにつまづいて転びそうになりました。左すねに激痛!

ズボンをめくると、すねが少し裂けて血が出始めました。038
しばらくその場でしゃがんで様子見です。

立てる、歩ける。ほっとしてゆっくり歩いてマンションへ。

9時前に近くの病院へ行き治療をしてもらいました。040
幸い、軽い打撲と裂傷でした。

今朝もいいお天気でしたので、現場検証とウォーキングの続きをしました。

現場検証ですが、桜の木のそばに沿ってブロックが並んでいます。008
昨日の最後のショット(桜の花)の後に、木全体を撮ろうとしてその場でくるっと回って後ろに下がった途端、ブロックに左すねを打ちつけました。034


スピードが出ていなかったのと車が通っていなかったので大事には至りませんでした。まあこれだけで治療費約2000円です。

運が悪かったとも言えるし、大変なことにならなかったので運がよかったとも言えます。

アクシデント直後は、運が悪かったなと思いましたが、大したことではなかったとわかった途端、運がよかったと思いました。運の良し悪しはいい加減なものですね。

  ゆっくりと バックオーライ 確認を きれいな花を 見るとき特に

さて、ウォーキングの続きですが、いつもの橋の上まで行くと、鯉が寄ってきました。011
錦鯉は鯉の巣の中で休憩中です。012


桜の花は鳥の大切な食料です。018
ヒヨドリです。017
ムクドリです。015


地蔵川が何やら騒がしい!021
鵜が舞い降りました。とにかくすばしっこくてなかなか撮れません。024
まるでネッシー見たいです。(ちょっと古いかな?)

無事に2日がかりのつれづれウォーキングも終わりました。020


きれいなシモクレンの花でお別れします。026
バックオーライ!

今日の曲は、今井美樹 Pride


ナイトミュージアム エジプト王の秘密 は、昨年の3月の映画「LIFE!」のウォルター・ミティ(ベン・スティラー)が主役です。皆さんご存知だと思いますが・・・

<今日の表紙>今朝、3月になって初めて見る御嶽山
010

今朝、3月になって初めて御嶽山がうすぼんやりながら見えました。相変わらず噴煙が出ています。

空気が今日は澄んでいて朝日も最初から眩しかったです。008
007


ブログを4年以上も続けていると、昨年の今日は何のことを書いていたかなと辿ってみたくなります。たとえば昨年の誕生日はどんなことを書いたかな?とか、大晦日たお正月はどうだったかな?とか。

何気なしに、昨年の今日、3月26日はどうだったかな?と朝チェックしました。

その時のブログは、「一瞬の素晴らしい景色は撮るものなのか、味わうものなのか?」でした。(ブログ参照是非クリックしてほしいです)

これは、映画「LIFE!」での印象的なシーンから発想したことです。

カメラマンのショーン・オコンネル(ショーン・ペーン)が主人公ウォルター・ミティ(ベン・スティラー)に言った言葉が気になったからです。012

「見ることを楽しめ!」

そんなことで、1年後の今、ベン・スティラーが主役の人気映画「ナイトミュージアム」が上映中ですので行ってきました。050


さすがに、シリーズの3回目ということで、面白い事は折り紙つきです。大人も子供も一緒に楽しめる映画でした。046
今回は1人2役047


ベン・スティラーの演技力とそれを支える脇役の存在感がいいですね。特に、昨年8月に亡くなったセオドア・ルーズベルト役のロビン・ウィリアムズは素晴らしいです。049
彼の遺作にもなりました。

娯楽映画のヒットする要素は、スリル・ユーモア・ペーソスと親子愛や友情が欠かせません。そして主役、わき役の演技力も。この映画はそのすべてが備わっています。

  ヒットする 映画の要素 満載で 幕を閉じます ナイトミュージアム

ナイトミュージアムは06年、09年そして15年ですので9年間で3本というシリーズです。人気映画のシリーズ物はとにかく時間がかかるということですね。

今回は大英博物館がメインミュージアムでしたので、3年前に行った事を思いだしました。027
015
映画の中も結構よくできていたと思います。

また、1年後にベン・スティラーの主役の映画を観たいですね。

今日の曲は、もんたよしのり ダンシング・オールナイト

人形供養での意外な出会い(犬山市の大縣神社にて)

<今日の表紙>大縣神社梅園から望む伊吹山
009

昨日、僕の引越、娘夫婦の引越で出たお人形さんを犬山市にある有名な神社「大縣神社」に供養していただくために娘と出かけました。034
もちろん孫の健剛も一緒です。

娘の車で30分ほどかかって大縣神社に着きました。019


大きな神社で、境内もとても広い神社です。

受付で手続きを終えて、本殿にお参りしました。018


そして境内を見ると、女の赤ちゃんが生まれた時にお参りする姫之宮があります。017


左奥の山の斜面にいっぱいの梅の花が咲いています。003


紅白のシダレ梅の梅園です。006


入口近くの玉垣にタイム技研株式会社の文字がありました。004


僕が大学を卒業して愛知県の会社に就職したときの大変可愛がっていただいた営業の上司の丹羽さんが創業した会社の名前です。

丹羽さんには恩師として僕の結婚式にも出席していただきました。(1978年12月10日)

梅園には、その梅を植えた人や会社や神社のプレートが梅の前にかざされています。005


いろいろ見て回っていたら、タイム技研(株)創立35周年記念のプレートが。014


その横に、犬山市 丹羽公男のプレートが。013


懐かしかったですね。丹羽さんが、僕にとってどういう人だったかを娘に説明しながら梅園を後にしました。

丹羽さんから仕事もマージャンもよく学びました。犬山の丹羽さんの家に遊びに行ったことも懐かしい思い出です。

丹羽さんは、仕事では厳しく、そして自分の考えをしっかりと持ったロマンチストでした。

1977年に会社を辞めて、1978年にタイム技研(株)を創業されました。

約36年ほどお会いしていませんが、ネットで検索すると、約400名の社員数のグループの代表取締役会長としてご活躍されている様子です。

あらためてすごい人だなと思います。

僕も丹羽さんが会社を辞めた後に会社を辞めて今に至っています。

人の運命は不思議なもので、たまたま丹羽さんが僕の上司だったから今の僕があるということも事実です。

人の運命は、僕の好きな映画「フォレスト・ガンプ」のオープニングとエンディングに出てくる風に吹かれて揺れながら飛んでいる羽根のようにどこに行くかわかりません。ただ、その時その時を懸命に生きること。・・・

たまたま、人形供養で大縣神社へ、そしてたまたま、しだれ梅がまだ咲いていたので、梅園に足が向かいました。

  ビジネスの 恩師とつなぐ しだれ梅 大縣神社 人形供養

昨日は大縣神社の神様が人形供養での粋なお計らいをしてくれたようです。

大縣神社の神様と丹羽さんに感謝します。

僕の恩師の丹羽さんのきれいなしだれ梅でお別れします。012


今日の曲は、矢沢永吉 時間よ止まれ


株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール