2015年02月

如月のラストは「ラストマネー(生命保険査定人)」瀧田力著

<今日の表紙>最近始まった孫の健剛の得意なドヤ顔
021

いつもの月より2、3日短い2月が今日で終わります。

皆さんはどんな2月だったですか?

昨年の僕の2月28日のブログを見るとこんな短歌で終わっていました。

  極寒と 常夏の地を 旅行して 五輪が駆けた 如月の尽

昨年の2月は、ソチオリンピックで世界中が興奮したんですね。それに比べて今年はちょと地味でしたかね。

個人的には、社員旅行で長崎、ハウステンボスに行って楽しかったです。130
そして、僕の息子がアフリカのケニアやルワンダに行ってLINEで現地のことを連絡してくれてうれしかったです。偶然ですが、今読んでいる「風に立つライオン」さだまさし著はケニアが舞台の小説です。これも嬉しいですね。

そんな2月でしたが、今朝の朝日新聞の天声人語の2月の言葉から、016


日中関係は複雑ながら、民間は密接な関係を保っている。カフカ賞の中国人作家イエンリエンコーさんが「あなた方は政治をする、私たちは経済や文化で交流する、と分けて考えている。中国人はだんだん成熟してきています」。春節休暇には多くの中国人観光客が日本を楽しんだ。

シリアから来た女子留学生タルクさん(32)。「シリアでは死はもう日常。紛争やテロのある世界と「日常」との間には薄い壁しかない。でも、そのもろさは崩れるまでわからない」。

会社を辞めて書き続けてきた山梨県のしいなさいち(本名・野沢一彦)さん(60)の作品が、第26回新美南吉童話賞の最優秀賞に。どんな作家を目指しますかと聞くと、「筆名の「しいなさいち」を逆から読んでください」。ほんのり人柄がしのばれる。

2月も何冊かの本を読みました。その中で、古本コーナーで目に留まって100円で買った「ラストマネー(生命保険査定人)」瀧田力著の中から印象に残った言葉をご紹介して2月のラストとします。014
015

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話を聞き終えた時、神部が感慨深そうに呟く。「保険金を残さなかったことが、愛、か・・・・・」
羽柴が思いだしたように、向島に言う。「そういえば、一ヶ月くらい前に、14歳で多額の保険金を手にした子に再会したって言ってたよな?」
幸太郎のことだ。
田中が残念そうな声を出す。
「彼は、働きもせず、ブラブラしている感じだったんですよね?」
向島は幸太郎の姿を思いだしながら、「ああ」と呟く。
残された保険金で自分の道を見失った人間と、保険金が残されなかったことで、自分の道を見つめ直した人間がいる。
どちらも、保険金を残そうとした人間の思いは同じはずだ。
しかし、その思いは、受け止める側の気持ちで、いかようにも変わるものなのだ。
「亡くなった人の愛を受けとめることができるのか、それは生きている人にかかっている」
向島の言葉に、羽柴も神部も田中も大きく頷いた。
「そうだな」羽柴がグループ全員を見ながら言う。「死んだ後に残す金も大切だが、それ以上に大切なのは、生きているうちに何ができるかってことだな」・・・・・・・・・
もし自分が死んでしまっても、大切な人が強く生きていけるだけの言葉を伝えておくことのほうが金を残すことより大事かもしれない。


ーーー人は金に執着する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

様々な物語の誕生の裏に「金」があります。

だから、この世は面白い!

  生き方を 教えてくれる ラストマネー 生きているうち 何ができるか

如月最後の日の出でお別れです。010

明日から僕が生まれた弥生3月がスタートします。

今日の曲は、川嶋あい 旅立ちの日に・・・




人間ドックも僕の元の我が家も新しくなりました。でもボクの体は?

<今日の表紙>僕の元の我家の庭に咲いたクリスマスローズ
012

もう一か所の薄紫色の花ももすぐ咲きます。014
玄関先のミニバラもほんのりピンク色の花で迎えてくれました。016


昨日は、1年ぶりの人間ドックでした。

先回までは、春日井市健康管理センターでした。008
今回からは、春日井市民病院敷地内に昨年4月からオープンした春日井市総合保険医療センターです。010


ロビーもすごくゆったりしていて、検査設備も最先端機器になっています。007


先回まで23回人間ドックを受けていますので、今回いろいろな違いに面喰いました。

13項目の検査です。001


では、検査に行ってきまーす。002


日本人間ドック学会の指導に従った検査方法を取っているそうです。

聴力検査は、先回までは聞こえるか聞こえないかという事だったですが、今回からはもっと複雑になって検査される方も反応の理解がかなり難しくなっています。

血圧も先回までは1回でしたが、今回から2回検査して平均値を採用しています。僕の場合1回目と2回目ではかなり違いました。なんとなく将来3回になるような気がします。

すごく良くなったことがあります。これはすばらしいことです。

今までは、結果の連絡は、2週間後再訪して医師に結果についてのレクチャーを受けていましたが、何と血液検査と尿検査の結果は、当日データ化して検査終了時に医師のレクチャーを受けます。006
あとの結果は2週間後に郵送してくれます。それを見た上でくわしい説明を受けたいときは連絡するシステムになっています。

なおかつ、僕の場合、血液検査の結果、腎臓の機能が少し低下しているようなので栄養士の説明を医師のレクチャーのあと受けました。046
なるほど、なるほど。

半日で成人病関係の検査と結果と栄養士の生活改善指導まで受けれるということは画期的です。

結果が全部出てから医師のレクチャーという今までの常識にこだわらない、受診者目線で考えた改革でしょう。市民病院の敷地内ということも大きいのでしょう。

もう1回言います。

すばらしい!

  春日井の 人間ドックの スピードは 感激します すごいサービス

11時半ごろ終わって、娘夫婦がリフォームして住みだした元の僕の我家へちょっと寄ってみました。

ダイニングキッチンとリビングの壁をとっぱらい広々とした部屋が出来ていました。024
孫の健剛と2ショットです。

まだ、引っ越してきたばかりですので、荷物の整理はこれからです。

それでは、もう自分でつかまり立ちが出来るようになったケンちゃんでバイバイ!039


今日の曲は、lecca&九州男 TSUBOMI

天動説を支持する僕としては、ちょっとこの辺で、3ヶ月半の日の出をふり返ってみます。

<今日の表紙>今の僕の部屋に引っ越してきて1ヶ月が経った「ルスカス」
006

昨年3月末にいただいたルスカスを1月25日にもとの僕の家から持ってきました。

環境が少々変わってもルスカスは元気です。もう11ヶ月になります。その間、水だけの窓際の花瓶の中で枯れることもなく現在に至っています。

ご覧のように、根は生えていません。008
でも生きているんです。

ルスカスをネットで調べたら葉っぱに見えるのは実は枝です。007
葉のように変化したそうです。その葉状枝の真ん中のボッチは花だそうです。

ルスカスの生命力のすごさには脱帽です。あと1ヶ月でいただいて1年になります。

さて、このマンションの6階の部屋に引っ越してきての一番の楽しみは、毎朝、日の出を拝むことです。

2度と同じ日の出はありません。

11月11日から住み始めました。もう3ヶ月半になります。この辺で日の出をふり返ってみます。

記念すべき11月15日の最初の日の出のショットです。019
6時30分ごろです。

そして、何と言っても一番のショットは、今年1月14日の日の出前のショットです。017
やっぱり雲とのコラボの織りなす風景が素晴らしいです。

クリスマスイブの日の出もいいですよ。003


ロケットが落下しているような日の出も大迫力です。026
その逆でこれから日の出が始まるぞというオーラが出ている日の出直前の様子です。010
こちらは親子の日の出です。026
これは水中みたいです。013
きれいなバランスでオーラがでています。005
飛行機雲を照らしています。011
黄金色の日の出前の世界です。006


この日の出もきれいですね。023
雲を突き破る火柱見たいです。031


雪が積もった日の朝の一瞬の景色です。006
そしてスケールの大きな景色です。006
ちょうど鉄塔の真ん中に太陽が来ました。026
強烈に眩しい日の出です。015


毎日違った日の出が出現します。日が昇り日が沈む。そして刻々と位置が変わります。そのすべてが素晴らしいと感じます。

太古の昔から、人間は太陽とともに生きてきました。それは、地球を中心としての感覚的な天動説に支配されているのです。

  毎日の 日の出を拝む 素晴らしさ 天動説の 本質がある 

今日はあいにくのお天気ですが、これから人間ドックです。日の出を見過ぎていますので目の病気が出ていないかちょっと心配です。

これからどんどん朝が早くなってきますので早起きが大変です。

今日の曲は、JUJU ラストシーン


惜別 大塚ホールディングス会長 大塚明彦さん ボンカレー、ポカリ生んだ寡黙の力(2月21日朝日新聞夕刊)

<今日の表紙>先日59歳の若さで亡くなった坂東三津五郎さん
001

天声人語での惜別の言葉

 寸分も狂わぬことが、踊りの一つの極意だという。「百回踊ったら、百回同じ形にならなければいけません。一回一回バラツキのある人は、まだ下手だということになります」。言葉の主。踊りの名手で知られた歌舞伎俳優の坂東三津五郎さんが亡くなった。・・・・・
十代目を継いだのは2001年。周囲は「21世紀冒頭の年」の襲名を祝ったが、ご本人は新しい千年の最初の年と語っていた。伝統芸能の将来を真摯に、遠く見据える人だった。・・・・・
「歌舞伎の守り神は、昼寝でもしていたか」。中村勘三郎さんに続いて市川団十郎さんを小欄に綴った嘆きを、きょうも繰り返す。

三津五郎さんの訃報が届く前に、朝日新聞21日の夕刊の惜別のコーナーに目をやると、ボンカレー、ポカリスエットの生みの親、大塚ホールディングス会長 大塚明彦さんが紹介されていました。135


昨日のキッチン如意申のブログの動機になっています。(笑)137


サブタイトルは「ボンカレー、ポカリ生んだ寡黙の力」です。

ボンカレー、ポカリスエットなどの生みの親だ。「おいしいより飽きない」が信念。すべての試作品を味見し、納得するまでゴーサインを出さない。そんなこだわりが、徳島の製薬会社を世界的な企業に育てた。
大塚製薬の創業家の3代目。社長に就任する10年ほど前、海外の軍隊用保存食をヒントに家庭向けのアレンジを思いつく。
1968年、日本初のレトルト食品ボンカレーを発売した。・・・・

言葉少ない人だった。部下にはコンセプトだけ伝え、黙る。

高市晶久・大塚製薬顧問(72)は「あとは考えろの合図。聞き返せない雰囲気でした」。

73年のことだ。2年かけて開発した飲料を報告すると、それには見向きもせず指示された。

「汗の飲み物、できないかな」。

7年後、発汗で失った塩分などを素早く吸収できる健康飲料が完成したとき、やっとほほ笑んでくれた。ポカリスエットが誕生した。・・・・・・・

目標にしたのは、俳優大村崑さんを起用したCMでオロナミンCドリンクをヒットさせるなど多角化の礎を築いた2代目の父正士氏だった。
10年には、海外事業を視野に東証1部に上場した。創業者の武三郎氏からの道のりを振り返り「箱根の坂を越えた」と感慨深く語ったという。(福山亜希)

2014年11月28日死去 77歳

「おいしいより飽きない」が信念。

いいですねー!何かを発明、発想する人は少しだけ考え方が普通の人と違うんですね。

ポカリスエットは、今や日本を代表する健康飲料となっています。

コンセプトがしっかりして、飽きないというテーマで商品開発することは、どの分野でも大事です。

そして、スタッフにとことん考えさせるという姿勢、7年の歳月をかけてポカリスエットを開発させた寡黙の力。

すごい力です。

  ヒントだけ 汗の飲み物 できないかな ポカリ誕生 寡黙の力

今度、キッチン如意申でも、カレーを作る工程で、水の代わりにポカリスエットを入れた健康カレー(ポカリカレー)にチャレンジしてみようかな?無言・・・・・・・(汗)。

今日の曲は、ATSUSHI 最後の雨

花粉症ではありません。カレー粉症なんです。キッチン如意申(にょいさる)受験する子供たちへの特別メニュー

<今日の表紙>花粉症を伝える昨日のニュース
048

今年は花粉症がひどくなるとテレビのニュースや天気予報で話題になっています。そして、街ではマスクをした人がもう溢れています。051
どうやら風邪ではなく花粉症対策のようです。

これから受験シーズンですので、花粉症に悩ませられている受験生は大変です。

でも、本当に花粉症なんでしょうか?

世界で唯1軒の宇宙人料理のレストラン「キッチン如意申」のシェフは、特に小学校や中学校の受験生を悩ませている花粉症は、実はカレー星人の出すカレー粉症ウィルスのせいだと、緊急に論文を発表しました。
そして、カレー星人予防のレシピを一般公開して、受験生のお母さんたちに協力しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
少しおさらいをしますが、キッチン如意申は、僕の家が如意申町にあったことからつけた
名前です。(もちろん実在はしません。)
子供たちが風邪を引いたり、お腹が痛くなったり、夏バテをしたりして元気がなくなったり
するのは、宇宙人がばらまくばい菌や、ウィルスのせいだという設定がなされています。
誕生秘話は、キッチン如意申エピソード1をご覧ください。141

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一般の花粉症と違うのは、カレー星人の出すカレー粉ウィルスの症状は、目がかゆくなるだけではなく、見るものがカレー色に染まって見えてしまい、気持ちが悪くなって勉強が手につかなくなるのです。

キッチン如意申には、受験直前の子どもたちがお父さんに連れられていっぱいやって来ています。

お父さん、安心してください。この特別メニューを食べると元気に受験に行けますよ。

これが、カレー星人の部下たちです。091
そしてこれが番頭さんのトントン星人です。094


先発隊として地球にやって来てすっかりこの星に慣れています。097
お風呂に入る前の体操、いわゆるウォーミングアップです。

お風呂に入りました。098
ちょっと過密ですが(笑)

WHOからの報告が届いています。今年のカレー星人は、カレー粉ウィルスをコクのペースト状態にして香りのルウで覆っています。108
宇宙人も進化しているのです。

カレー星人の登場です。109
集団でお風呂に遅れて入りました。113
見る見るうちにカレー星人に覆われてきました。117


もうすぐ、カレー粉ウィルスを放出します。その時がカレー星人が唯一すきを作る時です。

シェフは、この時のために、カレー星人の天敵グリーンピース星人に別のお風呂に入っていてもらいました。093


カレー星人の上に襲い掛かります。118
これで少しの間カレー星人はおとなしくなります。

大好きなご飯を食べたいので、カレー星人はお風呂から出て、ごはんの上に覆いかぶさります。122
ご飯を食べるとカレー粉ウィルスがばらまかれます。

でもご安心ください。シェフが宇宙人栄誉賞を受賞したときにいただいた魔法の皿でカレー星人のパワーを弱めます。121


さあ、子どもたち、今だ!ローストビーフサラダと、カレー星人料理に相性がいい福神漬けと一緒にカレー星人を食べるんだ。128


子どもたちは、カレー星人料理を美味しくいただきました。134


  子どもたち 君たちはすでにヒーローだ!

子どもたちは、すっきりした目になって受験に行きました。

シェフが子どもの時代は、小学校や中学校の受験はすごく珍しい事でした。最近は幼稚園の受験もあり子どもたちには大変な世の中になっています。悪い宇宙人もいっぱい地球に来ていますが、世の中も子どもたちにもっと優しい世界にしてあげたいですね。

 親が子に 将来のため 頑張って! 将来はいつ やってくるのか?

キッチン如意申は、いつまでも子どもたちのために頑張ります。(笑)

今日の曲は、いきものがかり 風が吹いている






僕の職業は岸邦晴です? そして、僕の価値はプライスレス。

<今日の表紙>約18年前の僕の姿です。
090

葬祭の展示会で、僕の会社のブースの前で写っています。46歳の頃です。偶然僕の前に出て来ました。

ブラウン管のモニターTVとVHSビデオデッキが当時の世界を物語っています。

先日、元の家で、色々なものの整理をしているときに出て来た、約15年前にアメリカで買ってきたBALLYのバッグを中古品の買取店に持っていき査定をしてもらいました。085
買った時の値段は約10万円でした。

1度も使っていませんので少しは期待していました。089


金額が出るまで待つこと40分。

いくらだと思います?

古すぎて、価値がまったくないので、はかり買いです。いわゆる重さが重いほど値段が高いシステムです。

何と5円!ウソ-ッ!ではなくほんとです。

如何します?と聞かれましたので、迷わず売りません!

40分かかって5円です。ムー!

もう1軒行って見ようと思い、通りすがりの質屋さんへ寄りました。

そこでは、30秒で、古いし少し傷もありますので2000円です。086


さっきのお店でのことと比較すると、まず待ち時間は、80分の1、値段は400倍です。同じ商売にしてはすごい差です。

でも、15年で、値段が50分の1になりましたので、これから使うことにしました。

あらためて、時間の儚さを知らされました。

先日の僕のブログ「僕の命の値段は?ガン保険の満期に思うこと」が思いだされました。(ブログ参照

15年前のBALLYのバッグは10万円の価値がありました。でも15年経った今は2000円。

では、15年前の僕の価値は?そして今の僕の価値は?どちらもプライスレスです。

保険での価値は15年前のほうがだいぶ価値があります。同じ掛け金を払い込んだら、死亡時にはかなり15年前のほうが保険金が多いでしょう。

でも、僕はこの世でただ1人です。寿命は平均寿命ではありません。誰にもわかりません。

人生は、お金のほかに健康、家族、友人、趣味などいろいろな要素の集合体です。僕は僕だけの価値観に支配されて行動しています。そう思える自分は多分幸せなんでしょう。

ある本に書いていました。色々な仕事をこなしているビートタケシにあなたの職業はなんですか?と訊けばその答えは多分ビートタケシだと答えるでしょうと。

僕もあなたの職業はなんですか?と訊かれれば岸邦晴と答えたいですね。そして、この命が尽きるまで僕の価値はプライスレス!

  唯ひとつ プライスレスな 僕の価値 岸邦晴を 楽しみ生きる

今日の曲は、AKB48のカバーでも約770万回のアクセス Goose house 恋するフォーチュンクッキー

2月22日、今日はニャン、ニャン、ニャンで猫の日です。

<今日の表紙>今日は、僕の恩人アスピカグループ故渡辺一教相談役の誕生日です。
054

今日2月22日は、僕の恩人で2年前にお亡くなりになった故渡辺一教相談役の誕生日です。

僕と同じ卯年でお元気でしたら76歳になります。049
スキーが大変お上手でした。

2月22日ですので憶えやすいということもあって、晩年はよくバースデーメールをしていました。

もう2年になるのかと、今更ながら時の速さに驚きます。

FBの友達で、僕が宮司をしている日吉神社の氏子の枩田さんも、FBからの連絡で今日が誕生日だと知りました。016
枩田さんおめでとう!走り過ぎに注意して元気な1年をお過ごしくださいね。

今日の天声人語を読むと、今日は、ニャン、ニャン、ニャンと読むごろ合わせで「猫の日」ということです。

犬びいきと猫びいき、どちらが多数なのか判じがたい。だが俳句となると、私的ながら猫に軍配が上がるように思う。しぐさやたたずまいが俳句心をくすぐるのだろうか<叱られてめをつぶる猫春隣(はるとなり)><仰山に猫ゐやはるわ春灯(はるともし)>は、ともに久保田万太郎の作。

僕のブログでも紹介しました、「マルサの女」などの映画監督、故伊丹十三も大の猫好きでした。彼のエッセイでこんな一節。<わが想い出の猫猫より>

「犬なんてのはさ、一番偉くなってせいぜい狼だろ。猫の偉いのは豹、虎、ライオンだからねえ、まるで格が違う」
「そんなことなんの関係があるの。猫はライオンじゃないじゃないの」

「そう。猫はライオンじゃないかも知れん。でもね、動物園に行って見てごらん。ライオンは確実に猫だよ」

昔から日本人に大変愛されてきた猫猫。(僕は猫も犬もそんなに好きではありませんが、)

最近は、ねずみを捕ることを忘れている感じです。猫も平和ボケしているのかな?

何はともあれ、今日1日が猫猫にとって幸せな1日でありますように。

その昔 家でネズミを 捕まえた 平和な今は キャットフードか

お別れは、夏目漱石の住居跡で、005
今は日本医科大学の建物の塀を歩いている008
「吾輩は猫である」の猫です。009
ニャーン!

今日の曲は、山根康広 Get Along Together~愛を贈りたいから
株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール