2015年01月

冬なのに甲子園が熱い!映画のお話ですが・・・

<今日の表紙>9ヶ月になった孫の健剛
061

28日に9ヶ月になり、つかまり立ちをするようになりました。

最近、甲子園がテーマの映画を2本観ました。

1本目は、アゲイン28年目の甲子園 重松清の小説を映画化しています。010


2本目は、KANO 1931海の向こうの甲子園 台湾の映画会社の製作です。005


どちらも、野球少年だった僕の心に感動を呼んでくれました。

アゲインは、実際に2004年から、神戸大学に大会事務局が発足して去年までで14回を数えるマスターズ甲子園に出場するというテーマが中心です。015
017


主人公は中井貴一が演じる元高校球児46歳のバツイチサラリーマン坂町晴彦011


そしてもう2人、波瑠が坂町と同じチームメイトの娘戸沢美枝013
と柳葉敏郎が演じる同じチームメイトのピッチャーだった高橋直之です。014


28年前に県予選の決勝に進みながら、美枝の父の不祥事で不戦敗となったことが物語の発端です。

現在の世相にありがちなシチュエーションを加味しながら、それぞれのハードルを越えていい年のオジサンたちがマスターズ甲子園をめざすドラマです。

そして、2本目のKANOは、1931年に実際に台湾代表として夏の甲子園に出場して準優勝した嘉義農林学校野球部の甲子園まで導いた近藤兵太郎と生徒たちの物語です。

近藤兵太郎を演じる永瀬正敏です。006


近藤監督を囲む生徒たち(台湾と日本の役者の混成チーム)です。008


今までほとんど野球の試合で勝ったことがなかったチームを甲子園に導きます。台湾は当時に日本の統治下にありましたので甲子園にも行けたのです。そして甲子園でも・・・・・・

台湾人と日本人の混成チームを見事にまとめて、猛練習を課して頑張らせる近藤監督の情熱がスクリーンからほとばしってきます。

この映画は台湾で大ヒットして日本でいま上映されています。

僕は2つの甲子園のことは全然知りませんでした。

それともう一つ、KANOは台湾の南部の農林学校です。当時は、よく水害などにあって農業を営むことが大変な地域でした。この映画にも出ていますが、台湾で、今でも最も尊敬されている日本人八田與一が大規模灌漑事業「嘉南大しゅう」を作ったことも紹介されています。009

3年前の2月、台南を旅行したときに八田與一の記念館へ行ってきました。012
017


野球の話題が少ない1月に、僕の知らなかった2つの甲子園を映画で見ることが出来てうれしかったです。

野球は、ドラマがよく似合うスポーツです。

ということで、20年ほど前に朝日新聞が募集した俳句甲子園(甲子園が夏の季語としてもOK)で応募して、佳作で16万の中の1万に選ばれた僕の俳句をご紹介します。

  うたた寝の 夢の続きは 甲子園

ついでに、1月の終わり(尽日)の歌です。

  豪雪で 幕を開けたる 新年も 落ち着いてきた 睦月尽日

それでは、1月の最後は、健ちゃんの笑顔でお別れです。063
2月も僕のジージーをよろしくネ!

今日の曲は、アゲインの主題歌 浜田省吾 夢のつづき

最後の平安閣協力会総会&懇親会は、歴史をふり返ることが出来て楽しく終わりました。

<今日の表紙>昨日の日の出前
004

空気が澄んでいて、太陽のオーラが周りにほとばしっています。

一転して今日は朝から冷たい雨の1日でした。

夕方から、結婚式場「美翔苑」で平安閣協力会最後の総会&懇親会が開かれました。018


村上会長のご挨拶です。019
平安閣協力会は人情に厚いし、平安閣グループも利益だけを追求する会社ではないので、協力会が発展的解消をしてもソフト面の協力を引きつづきお願いします。

平安閣グループを代表して田代社長のご挨拶です。021
今現在、平安閣グループとのお取引をしていただいている会社は400社以上に上り、協力会の62社だけではなく、すべての取引先と共存共栄を図って行かなくてはなりません。情報交換の場を1年に1度8月~9月上旬に考えています。

キャンペーンの表彰です。081


そして、最後に特別に山腰相談役から想い出話も含めて30分ほどのご挨拶です。022

平安閣グループの歴史の生き証人だけあって昔の苦労話から最近の事まで、色々な人への感謝を述べながら語っていただきました。024
最後に協力会の行事で一番面白かったことはということで、僕の名前を出して、僕が脚本、監督をした平安閣グループ創立40周年での、還暦を迎えた当時の土田三次郎社長が水戸黄門を演じた「水戸黄門長島温泉花水木の旅」を紹介してくれました。025


総会が無事終わって記念写真です。026


懇親会の始まりです。

井上副会長の開式のご挨拶です。028
みなさんにご迷惑をおかけしましたゲームの企画は僕がしたんですよ。

乾杯の後美味しい食事を食べながらの懇談です。033
105


山腰相談役との2ショットです。107


お楽しみ抽選会の始まりです。035


自転車が当たって試乗している土田会長です。036


僕は残念ながら参加賞です。でも羊神社のお守りが入っていました。

三本締めで終わるのかなと思っていたら、やっぱり結婚式場ですので、エンディングシネマの上映です。050
053
懐かしい映像が流れてきて感動しました。

そして、61年の歴史の平安閣協力会の幕を閉じました。058


協力会 歴史つくりし 先達に 感謝をささげ 幕を閉じたり

今日の曲は、平井堅 瞳を閉じて

冬枯れの不忍池でも鳥たちは生き生きしています。(ジョギングつれづれ不忍池1月2015)

<今日の表紙>昨日の富士川から望む富士山
100

昨日のブログでも同じところ(正確には上り、今回は下り)から富士山を撮りました。

実は、このアングルは結構難しいショットなんです。富士川の新幹線の鉄橋からですので鉄橋部分が入ってしまうことが多いのです。たとえば098
たとえば099


ということで、昨日も今日もほとんど偶然の結果です。

さて、昨日の朝、久しぶりに上野公園から不忍池の周りをジョギングしてきました。

上野公園の桜並木です。056
まだ冬枯れ状態です。

桜並木を走って出口付近まで行くと、国民栄誉賞受賞者の手形のモニュメントがあります。058
最初の受賞者は王貞治選手、059
ここにある最後の受賞者は高橋尚子選手です。057
残念ながら長島さんや松井さんはまだです。

不忍池の入口付近は、ジョギングをしていた道路が工事中でした。060
駅伝発祥の地の記念碑はいつもの所にたたずんでいます。061


冬枯れの風景です。063
夏に咲き誇っていた蓮の実の残骸が哀れです。066


その中で、鴨だと思いましたが僕の友人の松山のW君から連絡が入り訂正します。鴨の一種のキンクロハジロの雄が遊んでいます。068


ヒヨドリも元気です。070
ムクドリも元気です。073
そしてカモメたちもいつも通りに留まっています。076


亀も鯉も目立ちません。どうも不忍池の鳥たちは寒さに強いようです。

スカイツリーもすっかり不忍池の風景の一部になっています。074


ボートを浮かべる池も寒々としています。080


拝むと小銭が溜まるという噂がある辯天堂をしっかり拝んできました。081


辯天堂の参道は、通学、通勤路となって朝は大勢の人でにぎわっています。082


  冬枯れの 不忍池 賑わいは 鳥たちの声 通勤の音

久しぶりに冬枯れの不忍池の周りを写真を撮りながらゆっくり楽しみました。

それでは、いつものポーズでお別れします。083


今日の曲は、スキマスイッチ 奏






小谷みどり氏の講演は僕にとって、とっても刺激的でした。(全互協賀詞交歓会&新春講演会) 

<今日の表紙>昨日の新幹線から眺めた富士山
005

富士川の鉄橋からのショットですが、富士山が空に浮いているようです。そして、こちらはなにか神秘的な雰囲気がする雲の下の富士山です。006


昨日は、東京の「ホテルベルクラシック東京」で毎年恒例の全日本冠婚葬祭互助協会の賀詞交歓会と新春講演会に参加してきました。

最初に、新春講演会です。

講師は、第一生命経済研究所主席研究員の小谷みどり氏 演題は「つばがりを考える~社会や家族のゆくえ」です。018


小谷みどりさんは昨日が誕生日ということです。014
死生学や葬送問題、生活設計論などの研究をされています。

暗い話が専門ですので悪しからずという事でした。

余命を知っても価値観は変わりません。いい人だったのが突然わがままになることは女性にたまにありますが。

終末病棟にもよく行っていますが、男性の方は咽頭がんには注意してください。声が出せませんので、奥様がこれまでの我慢していたことをあからさまにしてののしることも珍しくありません。

支え合う家族は意外と少ないですよ。

この20年で世の中はすごく変わりました。

生涯未婚率の男性が増えてきて、今では20%にもなります。022
その中で、75歳以上の男性は半分以上が生活保護を受けているのが現状です。これは、孤独死や無縁墓が増えている原因です。

男性の寿命がこの20年ですごく延びてきていまでは80歳まで長生きする人が多くなっています。従って、奥様が先に天国へ行くことも珍しくありません。

65歳以上の1人世帯の男性は、2週間の内、一度も他人としゃべらない人が16%もいます。028


そういう人は、世間とのつながりも気にしなくなり、家の片づけをしなくなります。ということは、洗濯物もたたまなくなり、風呂にも頻繁に入らなくなり、汚くなっても気にならなくなります。

(この部分には、さすがに、僕もなるほどなるほどと感じました。僕は風呂には毎日入っていますけれど、洗濯物の片づけはそうきれいな方ではありません。)

日本人は、ぽっくり死にたい人が多いですが、030
欧米はじっくり型が多いです。

ぽっくり死にたい人でも、今日死ぬのは困るという人が圧倒的に多いです。

日本人は、ガンで苦しんで死ぬのが嫌だということですが、意外に日本人は苦しいことが好きな民族です。

というのは、鎮痛剤の使用量は、欧米のたった1割か2割です。無痛にすると病気を忘れそうでかえって不安になり、ちょっとの痛みなら我慢しますという人が多い。
出産でも、欧米は無痛分娩が一般的ですが、日本はなぜか自然分娩のほうがいいとされています。

介護の世界では、男性も女性も女性のヘルパーさんに介護されたいということで、男性のヘルパーさんは人気が薄いです。

60歳以上の独身になった男性に再婚したいと多くのひとが思うのもそういう願望があってのことが多いです。

最後にお葬式のことですが、直葬が多くなっているのは、自分の葬式のために周りの人達を煩わせたくないという本人の意向が反映しているからです。032
終活が盛んになるほどお葬式がなくなる気がします。

しかし、生活の中で迷惑の掛け合いをしないと絆は生まれません。

現代のお葬式は、親戚の人達や、お友達が集う同窓会的な役目も担っています。これはすごく大事な事です。

このままですと、人と人のつながりが無くなっていってしまいます。

お葬式を今も大切な共同体の行事という地域があります。インドネシアのバリ島です。
バリ島のお葬式は、亡くなってから、お金が工面できてからします。死後半年~5年の間にします。034
最近では、集団でお葬式をする日を決めて観光にもなっています。
行って見るのもお勧めです。

すごく珍しい話題をお話していただきましたので、90分があっという間でした。

  日本の 家族のゆくえ 聞かされて 僕の現実 よく見えました

10分後に場所を変えて、新年賀詞交換会が大勢の参加で齋藤全互協会長のご挨拶で始まりました。039


自民党、民主党、維新の党の代議士のご挨拶の後、鏡開きです。045
046


そして、乾杯の後、和やかに歓談が始まりました。050


僕が尊敬しているカリスマブロガーの(株)サンレーの佐久間社長と2ショットです。052
佐久間庸和の天下布礼日記」でも紹介されています。

講演の講師 小谷みどり氏と2ショットです。051
今朝の8時からのTBS「いっぷく」のコメンテーターで出演していますと情報をいただきました。

では、今朝の「いっぷく」の1場面でお別れします。093
一番下の枠です。それにしてもみどりさん大活躍ですね。

今日の曲は、玉置浩二 夏の終わりのハーモニー





僕たちの仕事は結婚式やお葬式のどういう役目だろう?音楽プロデューサー島田昌典さんに学ぶ。

<今日の表紙>今朝のパノラマ
009

東の横綱(太陽)、西の横綱(王子製紙の煙突の煙)という感じです。

そして、今朝は2度の日の出が見れました。007
1度目です。
そして2度目です。019
雲のいたずらですが、2度目はかなり眩しい。

日曜日の夜、CBCテレビで情熱大陸という番組を見ました。

その時の主役は、音楽プロデューサーの島田昌典さん(53)でした。012


島田さんは、aiko、いきものがかり、秦基博、JUJUなど今の音楽シーンを代表するアーティストたちが熱い信頼を寄せる音楽プロデューサーです。011


島田さんの主な仕事は、アーティストたちが作った曲をアレンジしてその曲の良さを引き出すことです。いわゆる編曲という作業です。

例えば、イントロが原曲は2小節だったのを、色々アレンジして音を足して8小節にすることなど観客により聞き入れやすいように加工することです。

映像では、古い機材や新しい機材、そしていろいろな楽器が所せましと島田さんの仕事場に溢れています。

僕たちがライブやCDで聴く曲は、島田さんのような人の手でアレンジされているのです。

島田さんが言っています。曲を作るクリエイティブなことは、アーティストの仕事、僕の仕事はその原曲に味付けをすることです。

上手い表現を使うなと感心しました。もちろん原曲から段々アレンジができてきてすごく曲のイメージが膨らむ過程を見るとその表現がピタリです。そして、島田さんは、曲に味付けをする仕事にすごくプライドを持っています。

僕は考えました。僕たち結婚式やお葬式の仕事をしているスタッフは、島田さんの仕事とよく似ているなと。

お客様がやって来て、結婚式やお葬式の相談に乗ります。この時点では、アーティストが原曲を島田さんに持ってきて相談することに似ています。

そして、それぞれの特長を引き出して、いいアレンジをして、島田さん流に言うならば、いい味付けをして盛り上げてあげる。

プロとして、それぞれのお客様の物語の良さを引き出して、出席していただいた方々に喜んで頂くことにプライドを持つことが大事でしょう。

僕の会社の仕事は、主に映像演出とビデオ撮影ですが、お客様の物語を感じながらいいアレンジをしていくことがすごく重要です。

常にセンスを磨く努力をし続けなくてはいけません。

島田さんは、イントロの重要性を強調していました。結婚式では、お二人に気持ちのいい1日を始めてもらえるように、気持ちのいい式を始めてもらえるように、気持ちのいい披露宴を始めてもらえるように味付けをすることが重要でしょう。

映像の世界でも、気持ちのいい始まりをお二人に味わっていただくためにアレンジすることが重要です。

結婚式 二人の良さを 引き出すと 気持ちを込める 始まりの時

昨日今日は、ずいぶん暖かくなって、年始の寒さを忘れてしまいそうですので、昨日の朝日歌壇からこの歌を紹介してお別れします。013


  初詣 雪ふり出して 寒すぎる 二羽いたとびも 森へかくれた (横浜市)高橋理沙子

今日の曲は、いきものがかり 茜色の約束




僕の大好きな監督の映画「BIG EYES」を観てきました。彼はBIGが好きなようです?

<今日の表紙>一昨日の朝の御嶽山
002

御嶽山の見える確率は、この1月は1週間に1日ぐらいかな。僕のマンションの通路から春日井市役所のビルの向こうに見えます。

見えるときも噴煙の出方が違います。

僕の友人のセントラルヘリコプターサービス(株)の新井さんから春日井から御嶽山が見えるよと昨年教えていただいたことがなんと身近に感じられました。

今日はあいにくのお天気でしたのでまったく見えません。

23日に僕の大好きな映画監督ティム・バートンの作品「BIG EYES」が公開されました。021


先日、観に行ってきました。

僕は以前ブログに書きましたが、ティム・バートン監督の「ビッグフィッシュ」が大好きです。(ブログ参照

その時から、ストーリーもさることながら、スクリーンを彩る色彩の豊かさが強く心に残っています。008


BIG EYES も時代的にはビッグフィッシュとよく似ていて、1950年代~60年代が中心の映画です。

しかも、実話をもとに映画化した作品です。

主人公のマーガレットを演じる、とってもチャーミングなエイミー・アダムスです。003
彼女が大きな目をした子どもを描きます。010


相手役のマーガレットと結婚するウォルターを演じるクリストフ・ヴァルツです。004
マーガレットが書く画を自分のサインをして売りまくります。009


マーガレットは、自分の娘にも世間にも嘘をついて暮らしていることに我慢が出来なくなります。

そして、色々なことが起こり・・・・・・・。

ティム・バートンの世界は、ファンタスティックな雰囲気をかもち出してくれて、ストーリーと一緒に楽しめます。

 ティム・バートン ストーリーカラー 楽しめる ビッグ・アイズを 夫婦で見よう

夫婦で見ると結構楽しめるかもね?僕はボッチで見ましたけれど(涙)

今日の曲は、aiko 花火
 

僕のお引越しパート2はすごい量の? & 今朝の珍しい?

<今日の表紙>僕の元の家に咲くロウバイ
060

今は、ロウバイが見ごろです。蝋梅と書いて、梅に似た、黄色のろうそくのような雰囲気の花を咲かせます。でも梅ではありません。

今日は、僕の元の家のお引越しパート2の日です。

実は、昨年11月11日に今のマンションに引っ越したのですが、その時は自分が生活できる必要なものを中心に持ってきました。

従って、非常にシンプルな荷物でOKでした。

24年ほど住んでいた家ですので当然いろいろなものをそのままにしてきました。

実は、この3月から娘夫婦が元の僕の家に住むことになったのです。048


そして、リフォームに約1ヶ月ほどかかりますので今日がそのいろいろなものを仕分けする日にしました。

東京から息子も呼んで、朝8時過ぎから夕方4時過ぎまで掛けて娘の指揮のもとに仕分け作業をしました。

これが、37年前の僕と亡妻の結婚式で出席者の皆さんからサインしてもらっただるまさんです。050


当時は結婚式で結構流行っていたことを思いだします。037
37年ぶりにだるまさんからお金を取り出しました。053
当然昭和53年以前のものだけです。

燃えないゴミが倉庫いっぱいに。055
そして燃えるごみが駐車場いっぱいに。056
すごい量です。

息子は東京のマンション、僕は勝川駅前のマンションに住んでいますが、改めてこんな量のストックをする空間はインポッシブルだと妙に感心しました。

約25年住んでいた家ですので、仕分け中にいろいろな思い出話に花が咲きました。098
こんなものやあんな物が出てきて、なかなか先へ進めないこともありましたが何とか整理がついて、リフォームを開始できるめどがつきました。

孫の健剛もお利口さんにしていてくれました。042


これから、この家を娘夫婦が活用してくれて、自分たちの物語を紡いで行くことを見守ります。

  住み慣れた 家は再び 甦り 娘夫婦の 物語紡ぐ

僕は「ルスカス」とともにマンションへ帰りました。062


今日は穏やかないいお天気の中、作業が出来て幸運でした。

前後が逆になりましたが、今朝の素晴らしい、そして珍しい日の出の模様です。

今朝は、大気の影響でしょうか、しばらくの間眩しくありませんでした。018
そして鉄塔の骨組みがくっきりと浮かび上がりました。024
鉄塔の中心に太陽があります。025
日の出の動きもクッキリ見ることが出来た今朝の日の出でした。029


それでは、健ちゃんの写真でバイバイ!095


今日の曲は、スガシカオ 光の川


株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール