2014年03月

数字が気になる弥生尽日(3月31日)です。

<今日の表紙>今日の黒川にかかる木津根橋からの桜並木
031

一昨日より、ずいぶん咲いてきました。037


今日は25年度の終わりの日です。

今までのこの日では、あまり感じませんでしたが、今日は特に数字に敏感になりました。

きっと、僕だけではなく、多くの人の感覚でしょう。

そうなんです。わかっていましたが、今日が消費税5%の最後の日です。

レストランの広告看板にシートがかけられています。018


みょうにガソリンスタンドの値段の数字が気になります。019


日本の向かう将来にとって、消費税5%の時代は良かったなということになるでしょう。

これからの将来がちょっと不安ですね。

少し話題を変えて、今日は、3月の終わりの日です。「終わり」ということをテーマにしたことが27日の天声人語に載っていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
同じことのようでいて、順番しだいで印象が変わるから言葉はこわい。たとえば、人を評して「実直だが、仕事が遅い」と「仕事は遅いが実直だ」ではずいぶん違う。いい言葉で締めてもられれば株は上がるし、悪い言葉なら逆になる。
ある意味、人の一生も似ていよう。功成り名遂げた人生でも、終わり方しだいで幸不幸の彩りは変わる。逆もまたしかり。老境に入って、ふさわしい尊厳を保つことは、人が生きる上で疎かにできない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本という国の現実は、人生の終わりに近づいている老人にとって厳しい環境になっていることを書いていました。

まあ、消費税は、僕が生きている間は、上がり続けて、控えめに予想しても15%以上にはなるでしょう。あと7年で70歳ですので。

若者も苦しみますが、間違いなくお年寄りが、老境に入って、ふさわしい尊厳を保つことが難しい時代へ進むでしょう。

そんなこと言ってても仕方がないので、そういう時代を予測して生活することが大事です。

昔に比べると、今の方が格段に便利な環境でもあります。そう思うと、これから訪れる未来も、今よりも便利になっているでしょう。

そんな便利になっていることを、興味を持って体験して自分のライフワークに活用することがちょっとした生きるコツでしょう。

僕も、この年でブログを書き続けています。これって、自由な時間を遊ぶお金をかけない趣味です。昔はこんなことは想像できませんでした。

未来は、今よりもっと便利に、そしていろいろな新しいお金をかけない趣味が発生しているでしょう。

   人生の 終わりの季節 生きやすく 今から工夫 3%アップ

そんなことを思いながら消費税5%の最後の日が暮れていきます。

今日は、日没前に5キロほどジョギングをしました。014


私たちには関係ないよと言っているような、山羊のユウちゃんです。(手前)後方はアイちゃん。016


3月は僕の誕生月です。楽しかった3月を惜しむとともに、3月生まれのあなたへ再びこの短歌をプレゼントします。

   祈年祭 ひな祭りから 春分へ 華やぐ弥生 わが生れし月

それでは、3月最後の夕日でお別れです。005
消費税5%さようなら!

         今日の曲は、熊木杏里 桜


我が家の謎の植物は造花でなく生花でした。(サブタイトル:自分の常識を疑え!)

<今日の表紙>今日のミッドランドシネマ名古屋空港の入口
003

今日は、朝から強い雨。映画を観ようと11時半ごろ、ミッドランドシネマ名古屋空港に到着。

なんと、この時間で入口から人が溢れています。チケット売り場まで、入口のエスカレータ横の階段を上って、おそらく300人以上。004
チケットを買うのに50分ほどかかるようでしたので、Uターン。

春休みということもありますが、すごいですね。ソフトの力は。

もちろん、映画そのものの内容も。そして、この映画館に人を集めるソフトも。

今日のミッドランドシネマ名古屋空港のお客様の数も僕の常識外でしたが、我が家のお話で常識外なことがわかりました。

それは、昨年12月17日のブログ「ちょうど1年が経ちました。(我が家のちょっと面白い造花、いや正確には造葉物語)」で終わったはずでした。

一昨年の12月17日に富山で、故奥野博 オークス(株)代表取締役会長 の葬儀が行われました。028
ブログ参照

その時の帰り際に、バラの花を一輪いただきました。

我が家に帰ると早速花瓶に活けました。ここまでは普通の筋書きでした。

花の命の儚さか、年が改まった1月になると花は枯れてきました。水は足していましたが、バラの花は2月3月でドライフラワーに変わってきました。

しかし、バラの花と一緒にくるんでいた葉っぱは緑色のままです。

その後も、葉っぱは、水を足していたら緑色のままです。

7月7日の様子です。009
成長している様子は見受けられませんが、元気そうです。

1ヶ月後の8月9日に僕の友人のW君にどういう植物だろうと質問したら、根が生えているかどうか確認するようにアドバイスを受けました。彼は、根が生えていなければ造花だよと言っていました。024


根が生えていません。008
造花じゃん。

そう結論づけて、水やりを止めました。

そしたらどうでしょう。それからはだんだん枯れてきました。003
004
10月18日の様子です。

そして、葬儀から1年後のすっかり枯れた様子です。046


でも、その後も僕は、造花でも枯れることがあるんだと信じてきました。もっとも僕の娘は生花だと言っていましたが。

そして、先日、沼津でオークス(株)のFさんにそのことをお話すると、調べて連絡していただくことになりました。

そして、昨日、答えがでました。

あの謎の植物は、ルスカスという花材として頻繁に使われる東ヨーロッパ原産の植物でした。一般には3ヵ月~半年も持つ長持ちが価値ある植物として重宝されているとのことです。

そして、現物も送ってくれました。049
バラの花はベンベラという種類の白バラ、グリーンとしてルスカスを添えてセットしていたとのことです。

答えがわかった瞬間、今ではドライフラワー化したルスカスを造花と決めつけて命を絶ってしまったことを悔やみました。

でも、Fさんのお蔭で一昨年の12月17日の故奥野博会長の葬儀から始まったルスカス物語は、1年4ヵ月経って、やっと真実が解明されて、今後は、頂いたルスカスがどれくらい元気に我が家の花瓶で息づいてくれるかを観察する楽しみが始まりました。002
1年4ヵ月前の先輩と2ショット

故奥野会長にプレゼントしていただきました、ルスカス物語をできるだけ長く味わいたいです。

それにしても、自分の常識がいかにいい加減か知りました。娘の方が正しかったことがちょっと悔しい。(涙)

   疑おう 僕の常識 ルスカスの 花瓶の中に ワンダーランド

最後に、故奥野博会長の大好きだった言葉2つをご紹介します。052
054


今日の曲は、高橋真梨子 グランパ

今日は、僕の恩人 アスピカグループ故渡辺一教前相談役の一周忌

<今日の表紙>今日の黒川にかかる木津根橋からの桜並木
037

まだ三分咲きです。

去年の3月31日の様子です。013
この日は、一教さんの葬儀の日です。

今日の11時からアスピカホール岐阜駅前で一周忌の法要が執り行われました。004


久しぶりに見る一教さんの笑顔です。006


もう1年が経ったんだ。早いなー。

お坊様が丁寧なお経を唱え始めました。008


焼香が始まりました。011


途中休憩をはさんで、丁寧なお経を唱えられて、お坊様の法話で終わります。024


人は支え合って生きているので、お陰様の精神を大切にして過ごしてください。

法宴の始めに喪主の渡辺芳晴さんのお礼のご挨拶です。026


そして、新潟県上越市から来られました、冠婚葬祭互助会の平安セレモニー(株)を経営されている東山会長のご挨拶をいただきました。031


東山会長は、故人とは52年前からのお付き合いで、お互い冠婚葬祭互助会の黎明期を同志として生きてきたことや、故人からいろいろなアドバイスをいただき危機を乗り越えたお話など、法要に来ていただいている方たちの知らないお話を披露していただきました。

しばらく、和気あいあいのうちに美味しい料理をいただきました。032


僕は、iPadを利用して、1年前の葬儀(通夜)アスピカグループ社葬の僕のブログを周りの人にお見せして懐かしんでいただきました。

   一周忌 一年前の 懐かしい ブログの中に 故人の笑顔

東山会長と一教さんの遺影の2ショットです。033


そして、僕とも2ショット。034


笑顔が素敵な人でしたね。一教さんは。

社葬の葬儀委員長をお努めされた、(株)カヨウ商事の上野社長のご挨拶です。036


今日のアスピカグループの発展の基礎を作っていただいた故人への感謝の言葉を述べられました。

奥様のお元気そうな姿に安心し、また一教さんのお孫さんたちの成長には驚くばかりです。そんなことを感じながら岐阜を後にしました。

       今日の曲は、KOKIA ありがとう


   



歓迎!奈良フェニックス大学バドミントンクラブ(芸達者クラブですか?)

<今日の表紙>今朝のKBA62からの景色
073

田んぼもすっかり緑色に染まっています。春色ですね。

さて、昨日午後から、岸バドミントンアリーナ(KBA62)に、奈良にある奈良フェニックス大学の学生さんのバドミントンクラブの人たちが1泊2日の合宿にいらっしゃいました。

卒業旅行の代わりに合宿です。

それでは、紹介します。010


あれ、大学生?

実は、フェニックス大学は、シニア世代の学びの場として2013年に開校した学びの場です。

その中で、クラブ活動の一環として、バドミントンクラブがあります。

皆さん、バドミントンを始めて1年も経っていません。

KBA62のこけら落としに奈良から参加していただいた、山本邦子さんが講師を務めていることが、今回のご縁につながりました。

ということで、平均年齢は、想像するに65歳ほどですかね。

準備運動も入念にします。005


でも、みなさん1年未満の経験のわりにはお上手です。011
バドミントンを楽しんでしています。

KBA62の看板の前で、記念撮影です。012


6時半から、懇親会が始まりました。

河合部長の乾杯の発声で、長い、長い懇親会が幕を開けました。015
016


昔、チェリッシュと間違えられた奥野夫妻です。034


片上さんのパソコンでのどこがだんだん変わるかのクイズ。040
(僕は全然ダメでした)

来年度の部長に内定した中嶋さん。024
手打ちうどんの名人ですが、今度STAPうどん(?)に挑戦するそうです。

そして、山本さんと2ショット。033
031
彼女の素敵なネイルアート。

2次会は、KBAの僕の家で。046


12月のこけら落としで、僕と紅白歌合戦をしてくれた、山本さんと再び対戦。

結果は、またしても山本さんの勝ち。064
何と98点です。

でも、自分でも下手な歌だったなと言っていた吉川さんの得点は95点。066
おかしい!

最後は、水野さんの郡上節にあわせて郡上おどりです。067


そんなことをしている間に、時刻は11時50分を回りました。070


12時過ぎから、水野さんと奥野さんを鍛える、地元の中村さんです。072


練習より、宴会のほうが長く、しかも皆さん、かなり芸が細かい熟年の大学バドミントンクラブの楽しい合宿でした。

年をとっても新しいことにチャレンジする、若々しいお年寄りのクラブです。

   人生は チャレンジという 友達と 仲良く年を とれば楽しい

今日も朝9時過ぎから11時まで元気にバドミントンを楽しんで帰って行かれました。

皆さん、これからも、フェニックス大学バドミントン部には在籍するそうです。

いっぺんに十数名のお友達が出来ました。いいですねー。

そんな時に、大阪から、わざわざKBA62を見学に来ていただいた、ダブルスコア代表の上地稔さんです。075
バドミントンに懸ける情熱がすごい人です。

KBA62も段々知れわたって楽しくなってきた昨日、今日です。

   今日の曲は、AKB48 恋するフォーチュンクッキー



3.11の黙祷風景のTV報道に思った事つれづれ

<今日の表紙>今朝の奥琵琶湖
004

今日は、安曇川の岸バドミントンアリーナ(KBA62)に朝から車で出かけました。006

午後から奈良から大勢の人たちがおいでになり、KBA62で合宿をしていただきます。

名古屋はいいお天気でしたが、途中の奥琵琶湖は肌寒いお天気でした。

それでも、鴨の群れが気持ちよく春の湖面で戯れていました。003


昨日のブログで紹介した映画「LIFE!」の雪豹を見ているカメラマンのショーンと主人公のウォルターのシーンでもう一つ思ったことがありました。012


それは、3.11の黙祷シーンのTV報道で、新聞、雑誌カメラマンがフラッシュを焚いて、カメラのシャッター音を響かせていたことです。

その場にいた、黙祷をしている当事者の事などお構いなし。

3月20日の地下鉄サリン事件の遺族の黙祷風景でも同じです。

これって、すごく変な気分になります。

暗くても、フラッシュを焚くこともなく、カメラの音もさせないように配慮できないものかと思います。

まるで、世間の人にきれいな風景で知らせないといけないかのように、そして、シャッター音を出すのは報道のために仕方無いかのように感じます。

僕をはじめ世間一般の人は、きれいな映像でなくても全然かまわないですし、当事者の人たちが気が散ることの方が心配です。

しかも、その時間になったら、必ず始まるのですから、事前の準備もたやすいでしょう。

芸能人か何かの話題のニュースと同じ感覚で取材しているように感じます。

参加した人の表情を克明に捉えるのではなく、少し暗めでもいいでしょう。人を映すのは一瞬にして祭壇をながく映すとか、そういうルールを報道関係で作ったらいいと思います。

   黙祷は 静寂の中 心こめ 祈りを捧ぐ 大切な時間(とき)

そんなことを僕に考えさせてくれた映画「LIFE!」はすばらしい。

      今日の曲は、Mr.Children 祈り~涙の軌道







一瞬の素晴らしい景色は撮るものなのか、味わうものなのか?

<今日の表紙>2012年8月15日のマッターホルンの朝焼け
103

昨日は、きれいな富士山を紹介しましたので、雨の日の今日は、マッターホルンです。

運よくこんな素晴らしい景色を拝めました。いや撮れました。

瞬間に近い短い時間の1コマです。

なんで、今更僕がこんなことを言うのでしょう?

これは、先日の映画の紹介のブログ「LIFE!」でのこのシーンでカメラマンのショーン・オコンネル(ショーン・ペン)が主人公のウォルター・ミティ(ベン・スティラー)に言った言葉が気になったからです。012


ショーンは、わざわざヒマラヤの雪豹を撮りにアフガニスタンの山に来ていました。

雪豹はめったに撮ることが出来ない動物です。

雪豹が現れる瞬間にウォルターが世界中を探していたショーンの前に現れます。

そして、ショーンが取った意外な行動が僕の脳裏に焼き付きました。

雪豹が現れたベスショットを撮らずにウォルターにカメラのファインダー越しに見せました。

そして、見ることを楽しめと。

ついに、雪豹は撮られずに去って行きました。

一流のカメラマンの心境なのか?一流であることは、すなわち、その瞬間を撮ることと楽しむことを理解してその葛藤を絶えず抱えて仕事をしている人のことなのかな?

僕は、僕のブログを読んでいただいている人からよく言われます。

写真を撮るのがお上手ですね!

うれしい瞬間です。

僕は、ブログを始める前は、すばらしい一瞬の景色は楽しむものだと、撮ることより楽しむことの方が大切だと思っていました。しかし、ブログを始めてから、夕日や、新幹線から見る富士山など一瞬のシャッターチャンスをものにすることの方を楽しんで、景色を楽しむことはその次になっています。

どちらも価値があるので答えは明快ではありません。

年や時とともに変わるのかな?でも、僕自身ではっきりしていることがあります。

僕は、僕の最後が近づいた時が運よくわかったならば息子にお願いしています。

高いところに僕を連れていって、きれいな夕日を拝ませてくれと。

その時は、じっくり沈む夕日を最後まで楽しむことにします。009
2月17日の夕日つれづれ2月2014にて

ブログを書き続けている今は、どちらも楽しいのですが、いい景色を楽しむことより、いい景色を撮ったことの方が楽しいです。わずかの差ですが。

でも、カメラの眼より、肉眼のほうが絶対きれいです。(あくまでも僕のカメラです)

きれいな景色や色々な感動の瞬間は儚いですね。だからプライスレスなのでしょう。

  一瞬を 楽しむことと 撮ることは どちらも大事 どちらも自然

今日の曲は、高橋真梨子 オレンジ


素晴らしい富士山&下手なゴルフ(国内初戦)イン沼津

<今日の表紙>青空に映える見事なハクモクレン
013

今年国内で初めてプレーした新沼津カントリークラブの今が見ごろのハクモクレンです。014
青空とハクモクレンはよく似あいますね。

さて、昨日、今日と、業界の集まりが沼津でありました。

沼津へは、車で行きました。

運転を僕の会社の舘部長にお願いして、助手席で景色を楽しみながら3時間半ほどのドライブです。

昨日は、すばらしいお天気でしたので、うまくいくと富士山を眺められるとひそかに期待していました。

静岡を過ぎると、出てきました。015
すこし、霞がかっています。

由比のトンネルを出た時に、駿河湾の向こうにきれいな富士山が望めました。017


そして、富士川SA近くの大きくなった富士山です。018


富士川SAでの富士山。020
ついでに2ショット。022


今朝の沼津のホテルからの富士山。012


やっぱり、富士山の頂上まで見えると、なぜか得をした気分になるのは僕だけでしょうか?

   富士山を まじかに眺め 感動し 不思議な気分 得をしました

満足な気分で、新沼津カントリークラブへ今年、国内で初めて、サイパン以来1ヶ月ぶりのゴルフへ出かけました。

このゴルフ場は、フェアウエーを緑鮮やかなテフトン芝でセッティングしています。015


マスターズのオーガスタナショナルのような高速グリーンが売りのゴルフ場です。

さすがにその名に恥じないグリーンにお手上げ。016


河津桜は花が終わり、青々とした葉っぱが育っています。017


ダブルパーをたたいたホールは、例のごとくグリーンからティグランドを見てその難しさを感じて気分を落ち着かせます。018


スコアは、101。でも、コンペでしたが、ダブルぺリアのハンディに恵まれて準優勝。

これも、富士山効果でしょうか?

それでは、きれいな富士山で今日はお別れします。026


     今日の曲は、富士山の歌 伸太郎 白い風
株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール

株式会社中日映像出版
会長