2013年11月

安曇川へ引越社の若者たちに荷物を運んでもらいました。

<今日の表紙>昨日、僕の愛車が20万キロ突破しました。
009

7年乗って、20万キロです。フーガの3500㏄です。まだまだ大丈夫です。

僕の方が、ガタが来ているようです。(笑)

今日は、そのフーガに乗って、早朝から安曇川の新築の家へ荷物を運びました。

主役は、アリさんマークの引越社の若者たちです。

僕の家へ到着すると、すぐに手際よく荷物をトラックに積み込みました。008


スマホで、安曇川の家の住所を確認すると別々に出発。005


途中の奥琵琶湖の様子です。010


僕の方が早く着くと思っていましたが、彼らのほうが早く着いていました。

そして、また手際よく家に運んでくれて、しかも丁寧に設置しました。

すごく気持ちのいい対応の河村君(中央)と高瀬君です。014


アリさんマークの引越社はいいね!015


彼等が去ってからが、僕は大変でした。荷物の梱包を解いて、片づけ作業が延々と続きました。

足りないものを買いに行きながらの作業です。

まだ、リビングに食卓テーブルやこたつなどが入っていませんので、堅田まで家具を注文しにも行ってきました。

その途中の道路です。016
雨が降っていないのに、濡れていますね。どうしてでしょう?

そうなんです。冬に備えて、スプリンクラーの試運転です。

広いリビングです。020


そのリビングの壁に、8月30日に購入した、横江逸美さんの「ともだち」を飾りました。005
ブログ参照

白い壁にとてもマッチして素敵です。

   ともだちを 飾ると部屋が やさしさに 包まれたよう 不思議な気分

今日は、長い1日でした。夕食は、電子レンジの試運転も兼ねて、スーパーで買ってきたものを食べたりしました。やっぱり料理を作って食べる美味しさがよくわかります。

その食卓も、ブログの机も、段ボールを積み重ねた状態でしています。021


これも、いい思い出です。

もうすぐ、息子が東京から到着します。そうなんです。明日は、待望の岸バドミントンアリーナ(KBA62)の竣工式です。033


立派に完成しました。035
僕を取り巻く大勢の人たちに感謝します。

今日の曲は、やっぱり ゆず&aiko 友達の唄


第16回手帳大賞(高橋書店)は、今年も僕をうならせました。

<今日の表紙>僕の誕生日の木 ハナノキ のきれいな紅葉
013

我が家の近くの公園に育っています、ハナノキがやっと紅葉してきました。

木のてっぺんから赤くなりだんだん下がって行きます。このグラデーションがとってもきれいです。

いよいよ師走まであと2日です。

この時期になると、僕は来年の手帳を買います。

そして、今年も買ってきました。017
僕はずーっと高橋書店の手帳です。

高橋の手帳は、使いやすくてよくお客様の事を考えてくれています。018


そして、手帳に付録で着いているのが、2012年の手帳大賞作品です。020


高橋をうならせたら50万。(手帳大賞作品募集のキャッチコピー)

ことしも、僕をうならせてくれました。021


では、大賞も含めて3つご紹介します。(名言、格言部門)

第16回手帳大賞

明るい貧乏めざすわ! 関 美奈子 会社員

釜石に住んでいる姪は、3月11日の大津波で5年前に新築したばかりの家を流され、35年のローンだけが残りました。小学校入学前の長男のために用意した机やベッドもすべて流されました。何と言って慰めて良いのかと思いつつ、とにかく励まそうと電話したところ、彼女の力強い一言でこちらが励まされてしまいました。単純明快ですが、たくましい一言でした。

泉麻人賞

なんで人は勝手に地球に線を書いていいの? 牧田 武 団体職員

6才の息子が地球儀をぐるぐる回しながら、国境線を指差して言った言葉。なんでも線引きしたがる人間社会の狭小さ、尊大さを考えさせられました。「きっとこの地球で人間が一番偉いと勘違いしているからだと思うよ」と答えました。

椎名誠賞

きみはちきゅうというところにきたんだよ。たのしめよ! 小野 恵 主婦

私の出産に立ち会った息子(当時小2)が、生まれたばかりのじぶんの妹に言った言葉。生まれたての赤ちゃんは、まるで「宇宙人」みたいに見えたのでしょうか。私は「そうか、地球でのひとときを楽しめばいいんだわ」と、妙に気が大きくなり、育児に対してすっと肩の力が抜けたことを覚えています。今では小学生になった娘ですが、毎朝ランドセルのうしろ姿に「たのしめよ!」とエールを送っています。

僕は、最後の椎名誠賞 きみはちきゅうというところにきたんだよ。たのしめよ! に特にうなりました。

子どもの思いもかけない一言には、僕たちが忘れてきた感覚が詰まっているのですね。

では、特別に、今では僕の健康状態に特にうるさい娘の幼稚園時代の一言を披露しますね。

おばあちゃん、じてんしゃがまっているはずないよ。

夏休みになって、田舎に住む祖母からの電話「のんちゃん、はやくおばあちゃんのところへおいでね。自転車ものんちゃんがくるのを待っているからね」の返答の言葉です。この時、親として妙に納得させられました。自転車を物としてこんなに小さい時からとらえていたんですね。

やっぱり子どもは、現実と空想の世界を自由に行ったり来たりできる宇宙人ですね。大人になっても、地球を楽しむことは大事です。

   大人とは 見る目が違う 子どもの目 うなりつづける 手帳大賞

今日の曲は、GReeeeN 地球号


    



君は、君の仕事で主役を演じていますか?

<今日の表紙>昨夜の かすがい離宮 での突然の「お・も・て・な・し」の巨大鮃(ヒラメ)
015

僕の行きつけの、勝川駅前の かすがい離宮 で、釣りの上手なお客様が、今朝、師崎沖で釣った75センチの鮃を振る舞ってくれました。写真は離宮の大将の釣りが下手な下ちゃんです。

美味しい鮃の刺身を突然いただくことが出来ました。

その時に、僕の隣でご一緒した高三(たかみ)さんです。017
大阪にある名前だそうです。

高三さんは、 僕よりだいぶ年上ですが、名古屋の大原学園でいろいろな資格試験の指導を現役で生徒に指導しています。ということは、税理士、社会保険労務士、衛生管理者、日商簿記1級、・・・・などの資格をサラリーマン時代に取得されていたとのことです。

最近では、フィナンシャルプランナーなどの資格の提案者としても大きな実績があります。

今では、多くのフィナンシャルプランナーが誕生しています。

余談ですが、高三さんは、離宮の大将の下屋敷(下ちゃん)と僕の亡妻の誕生日(3月8日)と同じ誕生日です。

高三さんは、いつの時代でも、自分の置かれている環境を楽しんで、そこからこんなことをプランニングすると、新しい資格の誕生になるのではないかと考えて今日まで生きてきたようです。

高三さんは、自分の仕事の中で、常に自分が主役を演じてきた雰囲気があります。

では、君は、君の仕事の中でどれくらい主役を演じていますか?

冷静に考えて下さいね。

主役を演じるということはどういうことでしょう?

ドラマの主役では、もっとも重要な人物。そのドラマで一番印象的な人物でしょう。

でも、君の仕事は、結婚式の目立たないカメラマンかもしれないし、演出用のDVDを作る仕事かもしれない。

目立っているのは、君が作った作品でしょう。

そんなんで、主役というイメージがわかないかもしれないよね。

でも、君の仕事がなければ、結婚式はいまより盛り上がらないかもしれません。ドラマでも、主役以外の人たちの力がないと成り立ちません。

ということは、君の仕事は、お客様が喜ぶために絶対必要なものなんだ。

せまい君の仕事の世界では、間違いなく君が主役なんだ。

そうすると、その世界でかっこいい君を君自身に見せることは、君の仕事のクオリティーを間違いなく高めます。

淡々と言われた仕事をこなすのではなく、今、君がしている仕事をどんなふうに変えたら、今よりもっとお客様の喜ぶ顔が浮かんでくるかを考えることが主役としての君の演技です。

それには、君の仕事を好きになり、多くの時間を君の友としなければいけません。

そういう考えで、仕事をすると、いい人との出会いがあり、あるいは、いいヒントが仕事上で浮かんだりして、また一歩進んだ主役をこなせるようになります。

その連続で、仕事をしていくと、歳をとっても、高三さんのように大部分の人生を主役で演じ切ることが出来ますよ。

    主役です 仕事の君が 望んでる かっこいいこと している君を

        今日の曲は、さだまさし 主人公

春日井市制70周年の春日井市役所へ行ってきました。

<今日の表紙>とうふうくんの顔が何か変です。
005

とうふうくんの本当の顔です。011
春日井市ゆかりの「書道の神」 小野道風のイメージキャラクターです。とうふうくんグッズも市役所で販売しています。

今日は、安曇川の岸バドミントンアリーナの登記に必要だということで、僕の住民票を取りに久しぶりに春日井市役所へ行ってきました。

市制70周年を告知するポスターや横断幕がいたるところに目に着きました。002


春日井市は、僕が大学を卒業して最初に40年近く前に住んでいたところです。その後、名古屋で住み、平成2年の8月に今の住所にやってきました。

この市役所はすごく立派な建物でしょ。009
定礎を見れば平成2年4月と書いています。僕の家とほぼ一緒に時期にできました。

時代は、バブル経済の末期です。ということは、すごい建築費がかかっています。

その当時の春日井市民の感想は、春日井で一番立派な建物を市役所が、市民の税金で建てたと批判めいたのが大部分でした。

23年経った今でも、事務所としての建物の中では、一番立派でしょう。

空間がすごくあり、維持費も馬鹿にならないなと感じます。007


でも、春日井市は、僕が最初に来たときと比べても、平成2年の時と比べても、すごく発展をしてきました。012


人口も30万人を突破してまだ増えています。

名古屋にも近く交通も便利で住みよい街です。

自然もかなり豊で、色々な動植物を楽しめます。

僕の息子は東京で仕事をしていますが、たまに春日井に帰ってくると、空が広くて気持ちがいいと言って、夫婦でよく散歩をしています。

これからの春日井は、この自然を保護して、名古屋の通勤圏のベッドタウンとしても、人々が安らぎを感じる町作りをしていってほしいですね。

春日井市役所のロビーに展示している題名表示がない謎のモニュメントです。001
なかなかの出来だなと感じました。

春日井ナンバーが実現しました。006


春日井出身の俳優兼映画監督の奥田瑛二のトークショーや市長との春日井をテーマの対談を行うイベントのポスターです。004
いい企画だと思います。

最後に、今日現在の今年の交通事故状況です。010
あんまりよくないですね。

でも、市役所にいけば、春日井の事がそれなりにわかるというのはいいことですね。最上階のレストランからは、春日井が一望できますよ。

    春日井は 春のやさしさ 育ててる 素敵な地名 七十周年

      今日の曲は、スピッツ ロビンソン

琵琶湖つれづれ 11月2013(家具を探して、琵琶湖半周、トホホ!)

<今日の表紙>岸バドミントンアリーナ(KBA62)が完成しました。
034

今日は、岸バドミントンアリーナの完成引き渡しのために、朝から安曇川に行きました。035


11時過ぎの奥琵琶湖の風景です。020
時雨模様で風が強く、雲の動きがとても速かったです。

湖岸の山も紅葉がきれいですね。024


無事、安曇川に着いてランチを道の駅「藤樹の里」で食べました。

中江藤樹の子ども時代と母の像(藤樹先生孝養像)です。008
あかぎれがひどい母に、塗り薬をお土産に持って帰ってきた親孝行の中江藤樹を表しています。

電気屋さんに寄って、岸バドミントンアリーナへ行きました。

若干の手直し箇所がありましたが、よくできていてオープンが楽しみです。12月1日に竣工式をします。

ところで、家具屋さんは、この近くではどこにありますかと、建築業者の人に聞きますと、高島市にはなくて、大津市の堅田が一番近いということです。堅田までは、車で30分はかかります。名古屋からは遠くなりますが、行って見よう。

途中の湖西道路からの琵琶湖です。036
穏やかなきれいな景色が現れました。037


堅田に着いて、堅田駅から琵琶湖へ行く道路を走ると、家具やさんがありましたが、定休日。(ショック)

仕方なく、琵琶湖大橋を渡って帰ります。053


橋を渡っているときに、琵琶湖を見ると、ちょうど夕暮れ時になっていました。

琵琶湖大橋を渡って、車を停めて、琵琶湖大橋を少し歩きました。

どうです。010
お日様が対岸の山に隠れた瞬間です。

つるべ落としに山に沈む夕日は、パワーがまだまだ残っています。

これから、マジックアワーです。050


段々、コバルト色の空が変わっていきます。055
ファンタスティック!

風力発電の風車も止まっています。058
穏やかな夕暮れ時です。

堅田まで家具屋さんを探してきたおかげで、すばらしいマジックアワーを味わう事が出来ました。056


   太陽が つるべ落としに 隠れたり コバルト色の 空を残して

      今日の曲は、長渕剛 夕やけの歌


「四十九日のレシピ」は、大変美味しかったですよ!

<今日の表紙>名古屋の都心のケヤキ並木の落ち葉
005

今の時期、名古屋の広小路通り伏見付近のケヤキ並木の落ち葉がすごいですね。003


その伏見の近くの映画館 伏見ミリオン座 で、「四十九日のレシピ」を観てきました。010


元気だった妻が突然亡くなり、気丈夫そうな夫がうろたえている所に、突然やってきたイモ。夫婦関係がうまくいかなくて戻ってきた娘。そして、フォルクスワーゲンに乗って現れた、日系三世のブラジル人ハル。

イモとハルは、亡くなった妻の遺言によって来たという設定です。

そして、四十九日は、みんなで楽しく、呑んで食べて大宴会という妻のレシピに沿って行動を開始するのですが、はたして、大宴会が実現するのでしょうか?020


とにかく、娘役の永作博美は、一昨年の映画「八日目の蝉」で見ていましたが、表情に何とも言えないうまさと魅力があります。011


そして、父親役の石橋蓮司の、大ベテランの迫力ある演技が映画を引き立てています。012


イモ(二階堂ふみ)017
とハル(岡田将生)016
も亡くなった妻 乙美 との深い関係がありました。

映画を観終わって、トイレに行くと、入口付近のポスターに小さな紙がいっぱい張っていました。006


観終わった時の感想を書いた紙です。007
感動した人が多いようです。

僕としては、妻に先立たれた夫と結婚生活がうまく行かない娘の心の葛藤が新鮮でした。

原作者の伊吹有喜もいいし、監督のタナダユキ も うまく俳優の良さを引き出しています。

そうですね。娘を嫁に出す年頃の50代以上の夫婦には、特にお勧めの映画です。

   それぞれの 四十九日は 未来への 家族を思い 出発のとき

今日の曲は、映画のエンディングソング 安藤裕子 Aloha'Oe アロハオエ


岸 邦晴 の つれづれブログ 3歳 おめでとう!

<今日の表紙>我が家の玄関横に咲くミニ薔薇の小さな世界の鮮やかなホワイト
001

きれいですね。こんな感覚を味わうのは、僕がブログを3年間続けている結果のおかげです。

ついでに、今日の春日井のきれいな桜並木です。004


ブログを毎日アップしていると、色々な事を伝えようと思います。そのために、毎日の自分が感じたことを解り易く読者に伝えようとします。それには、いつもケータイやデジカメで自分のまわりのことを撮ることが自然になりました。

今日は、僕のブログの3歳の誕生日です。010
011


誕生祝いを、僕の行きつけの炭火網焼きの 十五亭 で盛大(?)にしました。012
僕と一緒にバドミントンを楽しんでいる後藤さん夫婦が祝ってくれました。

十五亭も開店23周年記念日にあたりますのでより賑やかになりました。015
006
十五亭のママからもケーキをプレゼントされました。

話が弾んで、もう十時半過ぎになりました。(4時間以上)

ブログの最初の頃は、ケータイでアップしていましたが、2ヶ月ほど経ってから、パソコンでアップするようになりました。

そして、しばらくして、<今日の表紙>をアップするようになり、ユーチューブから今日の曲をあアップするようになりました。

去年の1月から、記事にそった短歌をアップするようになって今日に至っています。

僕のブログは、時には長い、時には写真が多すぎる、時には、短歌が標語みたいだと、気に入らないことも多いと思います。(僕の娘と息子は僕の安否確認でチェックしています)

でも、色々な要素を、反映して、読者の皆さんに興味を持っていただいていることを期待して、そして何よりも僕が楽しめるブログをアップしてきました。

これからも一日一日の積み重ねの中で、皆さんに、僕の思いを伝えることができたらうれしいですし、それが、皆さんの一日の中の一瞬の時間のうるおいになれば幸いです。

アップした記事数が1200を超えて、11月17日に読者数が、ついに延べ10万人を突破しました。多くの読者の皆さんの一瞬のうるおいになるようにこれからも楽しくブログをアップしようと思っています。

今後とも、岸 邦晴 のつれづれブログ をよろしくお願いします。

    三年の 時は流れて 今日のこと 大切にする つれづれブログ

今日の曲は、つれづれブログ3歳の誕生日ということで、ゆず 贈る詩









株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール

株式会社中日映像出版
会長