2013年05月

そして試合が始まりました。初日の結果は?

<今日の表紙>台湾の熱血おじさんの許三忠さんのペインティング
004

午前中は、試合会場の下見と軽い練習をしました。

今日の表紙は、その時の台湾の熱血おじさん 50歳代のシングルスで、ファイトあふれるパフォーマンスを楽しませてくれた許三忠さんです。

僕たちと記念撮影です。007
彼の手には、彼の試合の模様や記事のスクラップブックがあります。

日本人で、あそこまでの試合でのパフォーマンスと自分のバドミントンのスクラップブックを持っている人を知りません。

午後からは、いよいよ試合ですが、今度僕が作るバドミントン専用コートは、この体育館がヒントになっています。

照明が上からではなく横からですよね。009
眩しくないんです。

今日は、60歳代の男子ダブルスに出場しました。

31点先取の1ゲームという変則マッチです。結果は31-16で、黄・蔡組(台湾)に完敗です。021
なかなか気持ちのいいペアでした。常に笑顔で僕たちに接してくれました。

僕のペアは今回ブログに登場しませんが肩が痛いのを我慢して頑張ってくれました。

試合会場で昨年この大会で知り合って、別府の親善試合で大変お世話になった溝口さんとの再会です。025
溝口さんは、僕の兄の職場の先輩でもありました。

ホテルから試合会場までは歩いて5分ほどですが、今の台北はすごく暑いです。

日本から来た選手で昼食を食べて気分が悪くなって棄権した人がいました。体調に気を付けていい試合が出来ればうれしいですが。

明日は、試合がなく明後日の田村さんとの混合ダブルスを頑張ります。

    シャトル打ち ラリーをしたら わかります 相手の気持ち フレンドシップ

          今日の曲は、浜田省吾 東京


ミニ時差ボケ

<今日の表紙>台北の繁華街のピンク色の歩行者用信号(とまれ)とまるかな?
021

台北にやって来て最初の朝を迎えました。

ホテルの窓から眺めた風景ですが、朝6時半ごろの様子です。001


ホテルのプールで泳いでいる人がいます。朝から結構暑そうですね。

日本と台湾の時差は-1時間(日本7時台湾6時)です。

昨夜、明日は朝食を8時から食べましょうと約束してみんなとお別れしました。

ケータイの時間は日本時間のままにしていました。

朝起きたら7時半でした。めちゃくちゃあわてて起きました。

15分ぐらいで顔を洗って歯を磨いてヒゲを剃って・・・まだ間に合う。

腕時計を見たら6時半。これってミニ時差ボケ?

1時間の時差はあまり感じないかもしれませんが、歳を取ると頭と体のバランスの柔軟さが無くなっていくように感じます。

そんなことを考えながら、勘違いの1時間をブログを書くことで過ごしています。

こういう事も、旅に出なければ味わえないかと思うと何か得をした気分になります。

この逆で起きたのが8時半でしたらどうでしょう?そうでなくて、ますますよかったなと思いました。

    海外の 旅の不思議さ 時間の差 少し感じる 台湾の旅

      今日の曲は、やしきたかじん&松山千春 東京

今の世界は素晴らしい!

<今日の表紙> 台北のフアミリーマートの漢字は全家です。素敵ですね!
018


僕の毎日のルーティーンは、他の人の書いたブログを読むことです。

その中でも、エクスマ塾の藤村正宏先生のブログは毎日読んでいます。

そうです。この蒸し暑い台北でも。

ネットを1日中利用して300元(約1000円)のホテルの部屋で読みました。

いつもビジネスの気づきの事や、仕事を好きにならないと人生が面白くなくなるよとか、自分の仕事が世の中のためになっていることが大事だということなど、生きていく上で大切なエッセンスを気付かせてくれることが多いです。

そして、今日のブログの記事は、僕の会社も間接的に関係する事でした。

お墓のお話です。藤村先生が書いたブログ「全優石の吉田会長の話 情報があればあるほど欲しくなる」は面白いです。

吉田会長の話です。「ある刑務所の受刑者の98%の人が、お墓参りの経験がなかった」「子どものころに、習慣的にお墓参りをした子は、他人をいじめる子が極端に少ない」

詳しくは、ここ をクリックしてください。

こんなことが、外国でも日本と同じように情報を受け取ることが出来る今の世界は素晴らしいと感じました。

今のどんなビジネスにとっても共通なことは、受け取る情報源のクオリティーの高さを把握して、いい情報源(有料、無料は問いません)を自分のビジネスに取り込んで、いいと思ったらすぐ実行する行動力とその逆の効果がないと思ったらすぐやめる行動力が大事です。

でも、まず受け取る情報源をはっきり決めて、毎日そのルーティーンを繰り返すことが最も大事です。

いつの時代でも、センスと行動力が色々なビジネスの世界を創ることは不変です。

世の中の 真理のひとつ 生きる意味 考えながらの 時間旅行

          今日の曲は、桑田佳祐 東京

3人合わせて204歳(モーニングカップ2013台北)

<今日の表紙>3人合わせて204歳の3ショット(賴さんは84歳)
015

明日から始まるバドミントンの国際大会 第42回モーニングカップに出場するために台北にやってきました。

僕は昨年の大会から2回目ですが、日本からの参加者も年配の方を中心に180人ほど参加しています。(僕も年配ですが)

海外13か国約1200人国内約2250人の参加の大きな大会です。

今朝、中部国際空港(セントレア)から台北へ約3時間のフライトです。005
時差は-1時間です。(日本10時台湾9時)

朝食を食べに入ったレストランで偶然出会った(株)平安閣の山岡さんと2ショットです。001
彼は北海道に旅行です。

中華航空機の中で、一緒に参加する末永さん(右)と田村さんです。009
(CAが撮ってくれました)

座席の前には鏡もついています。006
007


無事お昼頃台北(桃園国際空港)に着きました。010


昨年4月にこの大会のために台北に来て以来です。(ブログ参照

うさぎか猫かわからないキャラクターが歓迎してくれました。011


とにかく暑い!

ホテルに着きました。013
(今回ブログに登場しない僕のペアが撮影)

ホテルの大会受付で、昨年の大阪以来の賴さんとの再会です。

お互い、この3月23日で1歳年を取ったですので204歳となりました。

昨年の大会の時の3ショットです。056
ブログ参照

昨年の秋の大阪でのレディースの国際大会での3ショットです。004


不思議な縁を感じます。バドミントンが縁で親しくできています。

賴さんは、台日羽球交流会会長として今大会の日本の参加チームの窓口の責任者として大活躍しています。

とてもお元気で何よりです。

明日から6月2日までの大会です。

    台湾の 暑さに負けず 頑張ろう バドミントンは 世界をつなぐ

         今日の曲は、矢沢永吉 東京







さあ これからだ 鎌田實著 毎日新聞5月28日2013

<今日の表紙>鎌田實が大好きな八ヶ岳
038

昨夜は、東京から帰ってきて、僕の行きつけのキッチンヒマラヤで食事をしました。

先客がいましたので料理が出てくるまでかなりかかるというのはこのお店のスタイルです。

といことで普段読まない毎日新聞を読むことにしました。

ページをめくって目が止まりました。

さあ これからだ 鎌田實 010


あの有名な「がんばらない」を書いた諏訪中央病院の院長です。(現在は名誉院長)

すこし、のぞいてみようと思い記事を読みだしました。

僕たちが知らない世界の事が書いていました。

タイトルは「スラム街に子どもたちのオアシス」です。009


今年の4月に訪問したケニアのナイロビのスラム街キベラに行きました。

キベラには100万人が、上下水道、ガスの無い生活をしています。

ここでの生活は僕たち日本人の想像を絶する。

路上にはゴミが散乱し、悪臭が鼻をつく。

トイレはと聞くと「フライング・トイレ」という答えが返ってきました。空飛ぶトイレ?017


治安が悪い、特に夜は最悪。ビニール袋の中に排尿し、袋ごと外に投げ出すのだ。

そんなキベラに400人の子どもたちが楽しく学ぶ「マゴソスクール」がある。

マゴソスクールの意味は、穴ぼこ村の行き倒れになった人たちを助ける孤児のための学校です。

1999年にリリアン・ワガラというキベラ出身の女性が日本人の早川千晶さんなどの協力で作りました。

100人の子どもたちが自分たちで作った歌を歌いながら、踊りながら歓迎してくれました。

子供たちは明るく学校生活を楽しんでいます。

学校は、路上生活の子どもたちの寝泊りする場所となり、お昼の給食は大事な栄養源です。

この学校出身で大学までいった人も出るようになりました。

卒業生の会の会長のオドンゴ青年の言葉です。

「幸せをつかみたいなら、つらい過去を流して、今を一生けん命生きればいい」

そのマゴソスクールの支援のためリリアンと卒業生は、毎年来日して日本各地でトーク&ライブを開催しています。

マゴソの音楽も子供たちの話も感動的だ。013


貧しく汚いスラムに輝く命の光を感じてほしい。

大体こういう事が書かれていました。

僕は鎌田實を検索しました。

毎日ブログも書いていて「かまたみのる 八ヶ岳山麓日記」で活動を知ることが出来ます。

すごいですね。64歳で色々なボランティア活動をしています。

やさしさがあふれた考えの行動力を感じました。

なおマゴソスクール支援 祈りと風コンサート のフェイスブックは こちら をクリック

    僕たちは どれだけハッピー 学びます マゴソスクール ケニアの子ども

         今日の曲は、Mr.Children 東京

あなたを”がん”から守りたい PETがん検診 日本医科大学健診医療センター

<今日の表紙>新宿御苑で僕の友人で炭火焼き「炉庵」を経営している大嶋徳次郎さんと。
068

昨夜は、僕の友人の大嶋徳次郎さんが経営している炭火焼き「炉庵」で僕の息子と楽しい夕食となりました。

息子も今の仕事に生きがいを感じている様子で忙しい日常を楽しそうに語ってくれました。

友人の大嶋さんも僕のブログを時々読んでくれているそうで、マスターズ観戦の話で盛り上がりました。

さて、今日は昼から、毎年僕が受診している「PETがん検診」を日本医科大学健診医療センターで受けてきました。004


僕は、お客様の千代田セレモニーグループ大石会長の紹介で毎年受診しています。

今日で7回目になります。

ちょっと費用が多くいる検診ですが、がんの早期発見にとっては極めて有効な方法です。018
023


僕は55歳から受診していて、これまで運がよく異常が見つかりませんでした。

僕の亡妻は、乳がんや子宮がん検診は毎年受けていましたがすい臓がんで57歳で亡くなりました。

そういうこともあって今回まで必ず1年に1回は受診しています。

世の中には絶対安全ということはあまり存在しませんがPETを受診すれば1年間はがんに対しては大丈夫かなと思います。020


がんは早期発見すればほとんど治ります。021


そんなことで、3時間あまりの時間で1年間の安心ができるならOKです。022


原理は放射性元素が入ったブドウ糖ににた薬剤を血管に注射します。1時間後から検査が始まります。019


がん細胞はエネルギーが必要ですので薬剤を正常な細胞より多くがん細胞が取り込みます。

そういう状態が身体の中にできていると要注意ということになります。

例外もありますが、色々ながんの早期発見に役立っています。

日本医科大学は最新の設備で検査してくれますので安心感が僕にはあります。

最近、僕のブログでも、がんの事がよく出てきていますが家族ががんになれば大変です。

がんにならない方法ではありませんが早期発見できるシステムを自分の生活に取り入れることによって家族の精神的な負担も軽くなります。

今年の結果も1週間後に届きますが、無事異常なしでありますようにお祈りします。

    がんですよ 言われてもまだ 初期ですよ 安心しよう PET検診

          今日の曲は、BEGIN 東京


PS:PET検査の説明をしていただいた珍しい名前の看護師の地主(じぬし)さん、楽しい会話ありがとうございました。







僕の東京行切符紛失事件&海斗(KAITO)

<今日の表紙> もうすぐ8か月になる初孫の海斗(KAITO)と2ショット
069

昨夜は、東京に住む僕の息子夫婦の家に行き海斗に会ってきました。

もう、ハイハイをしています。006


抱くと10キロもあり、とっても重たいです。歯も少しづつ生えてきて順調に育っていて安心しました。059


今更ながら、僕の息子が赤ちゃんの頃のことはすっかり忘れています。世のお爺さんはだいたいこんな程度でしょうか?

事件は、その海斗に会いに東京に行く途中で起こりました。

勝川駅で、東京までの切符と新幹線の指定席券を買ってホームに上がりました。

電車がすぐに来たので乗り込みました。

荷物を3つ持っていたので空席にやれやれと腰を下ろしました。

そして、いつも切符の確認をします。あれ、一つない。ポケットを探しても乗車券がありません。

乗車券だけを入口で通して取らなかったような気がしてきました。

勝川駅に電話しなきゃ。104で勝川駅の番号を聞いたら、番号を登録されていませんと答えが返ってきました。
総合案内がありますのでそこにおつなぎしますかと言われたのでつないでくださいと答えました。

ふと車両の奥の方に車掌さんがいましたのですぐ来ていただきました。

車掌さんに事情を説明して勝川駅と連絡を取ってほしいと頼みました。

しかし、電車内では、電話は出来ませんので、申し訳ありませんが、名古屋駅で確認している時間はないでしょうから、新幹線の改札口の係りにわけを言ってください。そして、申し訳ありませんが、新幹線に乗って同じように車掌さんに分けを話してください。そしたら、東京に着くまでに新幹線車内と勝川駅とで連絡がつくと思いますよ。

非常に丁寧に親切に笑顔で説明していただきました。(20代の若い男性車掌さんでした)

指示に従って、新幹線に乗り込みました。

今度は、女性の切符のチェックする係りの人がやってきましたので説明しました。

そして、新横浜の手前で、女性の係りの方が、笑顔でやって来て勝川駅で切符が見つかりましたと報告してくれました。

この用紙を改札口の係りに見せてください。002


僕は、新幹線に乗った後、先日のインド映画「きっと、うまくいく」のことを思い浮かべました。

そして、心の中で「アーリズ ヴェール アーリズ ヴェール」と唱えました。

無事、品川駅で降りて、息子夫婦の家にたどり着きました。

切符をなくしてもあわてないで車掌さんや、駅の係りに説明することが大事ですね。

今回の、JR東海の車掌さんの対応は素晴らしかったです。

僕がお世話になった車掌さんの苗字は偶然にもどちらも小澤さんでした。ありがとうございました!

ありがとう 切符失くした この僕に 笑顔で接す JR東海

         今日の曲は、井上陽水 五月の別れ






株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール