2013年02月

結婚式が、ラブストーリーでありますように イン 姫路

<今日の表紙> 新幹線姫路駅の構内に展示していた松原屋台
031


今日の表紙は、灘まつり で登場する数々の屋台の中のひとつの松原屋台です。

写真からは、すごい熱気の中ぶつかり合っている屋台が見れます。032


地域の伝統文化が生き生きと受け継がれています。

さて、今日は、昨日のブログでも書きましたが、「結婚式が、ラブストーリーでありますように」
というテーマで姫路に本社がある(株)117グループの結婚式場の支配人会議でお話を
30分ほどさせていただきました。028
ラヴィーナ姫路にて)

まず、僕の会社の結婚披露宴のオープニングDVD「シネマストーリーシンデレラ」の新作を
プレゼンしました。023

今は、映像演出の披露宴での役割が大きくなってきています。

こういう映像を、結婚式場のHPで紹介するとかなりイメージアップになりますよと僕の会社の
CMをしました。

そして、メインテーマに移って行きました。
ということで、服装も、僕の娘の結婚式で使用したキッチン如意申オリジナルエプロンを
着用してスタートです。024
027


娘の結婚式は、僕のブログがプロローグとなり、出席していただいたお客様に前日から楽しんで
頂きました。
そして、当日、僕のパフォーマンスなども織り交ぜながら現実にお客様に楽しんでいただきました。
そして、当日の夜には僕のブログで結婚式を楽しんでいただきました。(エピローグとして)

僕は、結婚式場に前日のプロローグをお客様に提供するストーリーを作ってほしいと考えます。

エピローグについては、スタッフブログやウエディングレポートなどで今でも発信しています。

そして、もう一つは、結婚式場がラブストーリーで溢れさせてほしい。

ラブはこの世の中のすべての愛です。

2月10日の朝日新聞の1面広告「人生が、ラブストーリでありますように」チョコレートは明治。001
002

この広告を読むと、明治のチョコレートが輝きます。(ブログ参照

僕が当日、娘たちに作ったオムレツもストーリーがあるので輝くのです。150
002


結婚式にまつわるいろいろなものに、ストーリーがあると輝きます。

そして、結婚式に携わる人たちに、お客様にお話できる素敵なストーリーがあると
その人が輝きます。

是非、みなさんは、今のお仕事を愛して、素敵なストーリーをお客様に話してください。

そんなことを中心にお話させていただきました。

最後に、僕も花嫁の父親ですので、花嫁の両親を特に喜ばしてくださいねとお願いしました。

人前でお話するのは難しいとあらためて思いました。

僕の話し方も問題があるのですが、支配人ともなると実績がある年齢の方が多く、
僕の期待したストーリー通りにはいきませんでした。
真剣に聞いていただいたことはよくわかるのですが。楽しく聞いていただいたかというと
そうでもないかな?

やっぱり、僕の尊敬する エキスペリエンスマーケティングの藤村正宏先生のようには
いきません。

でも、僕自身はとっても面白かったし、何よりも、今日までが楽しかったです。

     人生はストーリー作る旅ですかあなた自身のラブストーリーを

         今日の曲は、小椋佳 甘いオムレツ







つれづれジョギング イン 姫路城 2月2013

<今日の表紙> 姫路城との2ショット
020


今朝は、久しぶりに姫路駅前のホテルから姫路城までジョギングに行きました。002


空を見ると、なんだか涼しそうですね。

穏やかな、ジョギング日和です。

駅のコンコースを抜けると、駅前は再開発の真っ最中です。021


早くも来年の大河ドラマのPRです。003


通りの向こうに姫路城が見えます。022
と言っても修理中なので覆いしか見えませんが。

今日の表紙は、姫路城に行く途中のビルの壁に、記念撮影をどうぞと書いていましたので
撮りました。004


姫路城の桜門橋の近くに立派な護国神社があります。008
境内はひっそりとした独特な感じです。

お城の反対側から見た姫路城です。013

険しい要塞ですね。

白壁沿いを走ると表通りに出ます。014


桜門橋から見た静かに水をたたえるお堀です。018


橋を渡って場内に入ると素晴らしいパノラマが広がります。016


気持ちよく姫路城を後にすると、朝日を浴びた少年のモニュメントの目が行きました。019


最近は、お日様を浴びると、健康に良くないが常識になっています。

久しぶりの姫路城へのつれづれジョギングでしたが、さわやかなお天気でラッキーでした。

    白鷺の歴史とともに城のそば護国神社の静寂な朝

今日の曲は、2月のスタートの時の歌 松任谷由実 春よ、来い

結婚式がラブストーリーでありますように。(2)いよいよ明日です。

<今日の表紙>娘の結婚式での僕のパフォーマンス
150


結婚式がラブストーリーでありますように。

2月16日のブログで書きました。(これはぜひ読んでほしい)

いよいよ、明日僕の友人が経営に携わっている結婚式場の支配人会議でお話しますので
今日のブログは、その内容のチェックをすることにします。

何せ、久しぶりに、結婚式場の関係者の方々へお話しますので。

今回は、2月10日に、僕の娘の結婚式で、僕は、新婦の父親ということでの参加でした。

その時に感じたことや、それまでの僕の取り組みなどを中心にお話する予定です。

与えられた時間も比較的短く20~30分ですので、僕の想いを手短に伝えなければいけません。

先回のブログで書きましたように、ラブストーリーがいっぱいの結婚式場にしてほしいのです。

ラブとは、恋愛、親子の愛、兄弟愛、友情、博愛などのいろいろな愛のことです。

では、どうすればいいのでしょう。

僕はまず会議の出席者の方々に質問します。

あなたは、今の仕事を愛していますか?

僕の話は今の仕事を愛している人ほどわかりやすい。

今の仕事を愛していれば、それが周りの人を喜ばせることにつながります。

僕がお話することは、結構大変な事かも知れません。

でも、仕事を愛していたら、そう大変にならないかな?

まず、自分が中心の素敵な物語を作ってください。(何だろうと思うかもしれませんね)141
(キッチン如意申総料理長)

自分の仕事で、一番自分がうれしいことにスポットを当てるとできるんじゃないかな。

お客様にそれを笑顔で語ってください。

そのヒントになればと、今日、僕がお邪魔しました。

ラブストーリーがいっぱいの結婚式場・・・。

結婚式がラブストーリーでありますように。

明日が楽しみです。

    人前でお話するは久しぶりラブストーリーうまく伝われ

          今日の曲は、Mr.Children GIFT

惜別 大鵬幸喜 抜井規泰著(朝日新聞2月25日夕刊)

<今日の表紙>大鵬の国民栄誉賞受賞の様子
008


昨日のブログに、かっての国民栄誉賞の輝いた人たちの手形のことを書きました。

そしたら、東京から帰って朝日新聞を見ると、惜別の欄に大鵬の記事が出ていましたので
読みました。
ちなみに、今日の表紙は、昨日の国民栄誉賞受賞の様子です。

今年の1月19日に72歳で亡くなりました。016


惜別のタイトルは、終生忍び続けた「日本の夢」
005

明日はもっと幸せになれる。
そんな風に信じられた高度成長期、大鵬は日本の夢だった。
でも本人は孤独だった。「私は負けが許されない。だから負けない相撲、つまらない相撲しか取れなかった」。横綱に同時昇進したのに、豪快に勝つ一方で、あっけなく負けが許された柏戸を、「うらやましかった」と語っていた。
大横綱の名声とは裏腹に、耐え、忍び続ける人生だった。
敗戦で樺太から引き揚げた後の極貧生活。角界入り後は、猛稽古の耐えた。引退の6年後には脳梗塞で左半身が不自由になり、壮絶なリハビリが待っていた。
でも、「横綱は死ぬまで横綱であり続けなければならない」が矜持だった。人前に出る時は常にノリの効いたワイシャツを着た。左袖に「K・T」の刺繍。
大鵬幸喜を演じ続けた。
「心の上に刃を載せて生きていく。必死に生きてきた私の人生を表している」と「忍」の文字を愛し続けた。
鍛錬を続けることで、戦後日本とともに鵬(おおとり)のごとく羽ばたいた大横綱。国民栄誉賞の受賞が没後になったのは、遅くはないか。
(一部省略や変更あり)

僕も国民栄誉賞の受賞が遅かったと思います。今更言ってもしょうがない。

みんなが思っていることは、書かない方がなんとなくいい。

特に、美しい惜別を望む人には・・・。

僕が少年の頃の大横綱でした。

ハンサムで強い。柏戸というライバルの存在が相乗効果で大相撲を盛り上げました。

大鵬が引退してから横綱がたくさん出てきましたが、大鵬と相撲をとったらどちらが強いかななどと常に目標とされました。

僕は、強い時の大鵬より、引退が近くなった時の大鵬の方が好きだったです。
でも、45連勝をしたときは興奮しました。

1月31日の葬儀の祭壇です。006

中央の晩年の写真の左右に現役時代の写真を飾っています。

僕の感想を言うと、写真を3枚使用するアイデアは大変いいです。
欲を言うと、左右の写真がもう少し大きかったらもっといい。中央と同じでもいい。

なぜか?葬儀に来ている多くの人は、現役時代の大鵬幸喜にお別れを言いたいのです。

故人のストーリーが表現できる祭壇は理想ですよね。

    忍の字が一生の友貫きて国民栄誉賞の大鵬

         今日の曲は、ハジ おまえに




つれづれジョギング イン 不忍池 2月2013

<今日の表紙> 上野公園南入口近くにある偉大な歌手の小さな手形
003


手形の横のサインでお分かりのことと思いますが、美空ひばり の手形です。
僕の小さな手と比べてもかなり小さい子どもの手のようです。024


それに比べて、大きな手形は、千代の富士の手形です。002

僕の手よりかなり大きい手です。021


その他、一番初めの王貞治の手形や022
渥美清の手形もあります。005

そして、最後が高橋尚子です。006
(尚子ちゃんは足形の方がいい)
もうお分かりですよね。国民栄誉賞を受賞した人の手形です。

こんなモニュメントがあるんですね。手形がない人はこんなふうになっています。019
(長谷川町子)

今朝は、久しぶりに、上野公園と不忍池の周りをジョギングしました。

お天気は良かったのですがとても寒い朝でした。

まだ、名物の桜も寒そうです。025


不忍池では氷が張っていました。017


氷の上で羽を休めているカモメたちです。013


池の周りの工事が進んでいますので、ボートがある池の周りは走れません。014


花見の名物スポットをバックにいつもの記念撮影です。027


それにしても、今年の冬は寒い。

     不忍の池に張りたる氷上にのどかなカモメ如月の朝

         今日の曲は、美空ひばり 夢芝居


今日の主役は僕たちではなく女性陣です。(全国バドミントントリプルス大会イン仙台2日目)

<今日の表紙>150歳以上のクラスで優勝した3人(左から霜さん、鈴木さん、田村さん)
021

今日も仙台は、雪が舞う寒い1日でした。003

僕たちは、秋保温泉の佐勘を出発して試合会場に勇んで行きました。005
(仙台に住む僕の友人の村上さんも一緒です)

最初の試合で、またしても強敵が現れました。

ということで、ウァイナルゲームにもつれる接戦でしたが惜敗を喫しました。

お相手は、地元仙台のプラネットというチームの方々でした。009
(左から遠藤さん、菊地さん、佐藤さん)

これで、僕たちの全日程は終了しました。優勝は、昨日の最初の試合で惜しくも敗れた
古橋大会実行委員長、鈴木さん、後藤さんの宮城県チームです。022
(大会の実行委員長が優勝するということは珍しいですね)

僕は、一緒にバドミントンを楽しんでいる家庭婦人のママさんの依頼もあり、昨日対戦した
栂野尾夫妻(昌一、悦子)と、ヨネックスの米山勉(べん)社長に、用意した色紙3枚のサインをしていただきました。013
(さすがに皆さん素晴らしいサインです)
おまけの栂野尾悦子さんとの2ショットです。007


僕たちと一緒に愛知県代表として参加した女性陣が優勝しなかったら、これが一番だったのです。

それにしても、女性陣の頑張りは素晴らしく、決勝まで5試合を戦い接戦をものにしました。016


バドミントンの専門店会の主催ですので、僕たちがよく行くラケットハウス野中の社長も喜んで
くれました。023
(左端)

僕は、東京に住む息子夫婦と孫の海斗に会いに行くため、表彰式は出れませんでした。

この大会に初めて参加しましたが、同じ年齢ぐらいの人たちと和気あいあいにゲームを
楽しむことが出来ました。

僕の歳になると、色々な試合で、初めて対戦する人達との出会いを楽しんで汗をかくことが
すごく気持ちがいいです。

また、この大会のような、トリプルスという歴史が新しい大会に参加したことは、
今後の楽しみがまた一つ増えたということで大変うれしいです。

栂野尾悦子さんのような、往年のスタープレーヤーとも気さくにお話出来たのもよかったです。

来年は、熊本開催とのことです。

またいつか対戦すると約束し一歩一歩の練習の日々

        今日の曲は、杉田二郎 再会





予想以上に楽しい1日でした。(全国バドミントントリプルス大会イン仙台1日目)

<今日の表紙> 今回のストーリーの原因です。
032

これは、アキレスけんの手術の痕です。上が足です。
今回の試合の僕たちのチームの佐々木君の足です。033


実は、彼は、1年3ヵ月前の、仙台で開催された全日本シニアバドミントン大会で
アキレスけんを断裂して、半年間休んでいました。(ブログ参照

リベンジの意味もあり、仙台でのこの大会に誘いました。

そしたら快諾してくれたので、僕たちのチームが成立しました。(180歳以上男子)

今日は、予選リーグの日です。

開会式の風景ですが、相変わらず、僕たちのメンバーの田村さんは陽気です。035
034


古橋大会実行委員長の挨拶です。037
(この人よく覚えていてくださいネ。)

特別協賛のヨネックス(株)の米山社長です。039
(この人も覚えていてくださいネ。)

大会が始まりました。023


最初の相手は、宮城県と埼玉県の混成チームです。

何と、3ゲームの熱戦の末に、残念ながら、惜敗でした。

試合後の記念撮影です。022
(後ろ右が鈴木さん、前列中央が後藤さん、右が古橋さん)
もうお気づきだと思いますが、挨拶をされた古橋委員長ですよ。
すごくお上手でビックリしました。

そして、先日のブログにも書きましたが、往年のスタープレーヤーの栂野尾夫妻と
ヨネックスの米山社長のチームといよいよ対戦です。

まず、敗戦を覚悟しましたが、1ゲームは取りたいなと思い、最初のゲームは特に
頑張ろうと全員で誓いあいました。

そしたら、思いが通じたのか接戦をものにすることが出来ました。073


そしたら、2ゲーム目は、佐々木君のスマッシュが決まり、田村さんのミラクルショット
もあり、流れが僕たちのチームに傾いて、何と勝ってしまいました。

こういう事ってあるんですね。

僕たちのチームワークの勝利です。

気さくに記念撮影に応じていただきました。024
(僕の隣が米山社長、僕の後ろが栂野尾夫妻)

尚、女性陣は、安心して予選リーグのトップで終わりました。043


僕たちは、2位で予選リーグを終わることが出来ました。

夜は、秋保温泉の佐勘で美味しい料理を食べて明日の鋭気を養いました。029


月並みですが、先手必勝、まず第1ゲームに集中することは勝負の鉄則ですね。

明日は、どんな相手が待っているかわかりませんが、楽しく頑張ります。

今日は、栂野尾悦子さんと試合後にお話できてうれしかったです。(栂野尾悦子さんをクリックすると素敵なブログが出てきますよ)
やっぱり、素敵な人ですね。男子の試合に女性が混じるということは珍しいことですが
往年の素敵なプレーを楽しませていただきました。

     一日は筋書き通りいかないよだから楽しい明日を夢見て

          今日の曲は、GiFT 絆ノウタ

    
株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール