2013年01月

平安閣協力会総会&懇親会2013

<今日の表紙>今日の総会後の記念撮影でのカメラマンのうしろ姿です。
019


今日は、いいお天気でしたので、平安閣協力会の総会&懇親会の会場となった
大曽根の結婚式場「美翔苑」とブルースカイの2ショットです。003


総会は、副会長の僕の開会のことばで始まりました。006


続いて、村上会長のご挨拶がありました。007

名古屋冠婚葬祭互助会(平安閣)の60周年の年にあたり、他人を意識していいことを
取り入れましょうとお話がありました。

順調に議事が進行して、平安閣の土田社長のご挨拶です。010

60周年にあたり仕事があること、投資ができることに感謝します。
大が小を食う時代から、スピードが速いものが遅い者を食う時代になりました。
巧遅は拙速に如かずという孫子の言葉にある通り、下手でも早く行動する方が
上手でも遅く行動するより勝つことが多い。
信念は、人の影響で変わる。執念は変わらない。
執念を持って、仕事をしてほしい。
というお話がありました。

そして、1年の成果のキャンペーン表彰です。012
013
(前年度よりだいぶ良かったです。)

最後に、平安閣の本田取締役より、互助会会員獲得のお願いがありました。014


60周年を記念して、来賓の方々も交えて出席者の記念撮影です。017


さあ、楽しい懇親会の始まりです。021


再び、村上会長のご挨拶です。023

今年は、余寒が長いようです。みなさん服をいっぱい着ますよね。
いっぱい福が来ますように!(笑)

そして、再び土田社長のご挨拶です。024

人には、口癖があります。
例えば、あなたは美しいですねと人を常にほめる癖がある人は、その言葉は
相手にだけではなく、言った人に反応してすごくいい気分になります。
そして、言われた人は、その言葉を信じることによって気分がよくなります。
気分がいい言葉を常にいう口癖をつけましょう。
反対に、人をけなす口癖がある人は、その逆ですのでつつしみましょう。

平安閣協力会からの、毎年恒例のチャリティーで、天野鎮雄さん(アマチン)に20万円を
お渡しします。029

アマチンから、このお金は、今年は、劇団の若者3名を、修行でロンドンに派遣する費用の
一部として使わしていただきますとご挨拶がありました。
また、3月2日にはミリオン座で「約束」という映画の舞台挨拶をすることになっています。

乾杯のご挨拶を三菱東京UFJ銀行東支店の並川支店長からありました。030
033


アマチンと山田昌ご夫婦とのショットです。034


お楽しみ抽選会で当たってしまった時の、謎の女性との2ショットです。036


東海ラジオのパーソナリティーの森本曜子さんと、竹下さん(タケチャンマン)の2ショットです。037


そして、特等賞(LEDアクウォス)をゲットした須田順さんと土田社長です。039


和気あいあいのうちにお開きの時間となりました。
荒川理事の長い締めの言葉があり、三本締めで楽しく終わりました。041
043


明日から素敵な自分夢に見て人を褒めよう我を信じて

       今日の曲は、山下達郎 硝子の少年

サイパンつれづれ 1月 2013

<今日の表紙> 無事我が家へ帰ってきました。寒い!
005


1月25日夜から30日朝まで、サイパンへゴルフツアーに行ってきました。

1月のわりにはお天気に恵まれて、暖かい気候の中で、思いっきりゴルフを
4回も楽しむことが出来ました。004


といっても、スコアの方は平均97であまりよくありませんでした。

でも、サイパンの青い空と海がとっても僕の心を癒してくれました。009


サイパンの気候になれるのに2日もあればOKです。
人間は、環境に順応する能力は結構高いようです。

ゴルフ場の中に、戦車の残骸を残して、平和の時間の中に、戦争を忘れないように。007

二度と戦争をしないようにと語りかけてくれました。

ジョギングも夕方、3回できました。

アメリカンメモリアルパークも気持ちよく走れました。025

子供たちが、遊んで、親子連れが散歩をしていました。

最後のジョギングでは、シイラと2ショットを、魚屋さんが撮ってくれました。027


そして、最高の夕日のプレゼントです。028


サイパンで読んだ本の紹介もできました。001
一流になるヤツ、二流で終わるヤツ 橋上秀樹著

プロ野球選手になるための、ベースボールチャレンジリーグ(BCリーグ)の実態が
よくわかりました。

そして、日常をどう過ごすかによって、2、3年後には劇的に変わる可能性が多くの人に
有るということもあらためて感じました。

きれいな花にも目が奪われました。008


1月のサイパンも結構いいですよ!

そして、あと1日で1月が終わります。

     戦争の残したものは平和です永久にきれいな自然を守る

    久しぶりに、今日の曲は、BEGIN 島人ぬ宝

一流になるヤツ、二流で終わるヤツ 橋上秀樹著(4)(最終回)

サイパンでの旅行も今日で最後になりました。

この本の紹介もこれで最後です。001


独立リーグの正式名称はベースボールチャレンジリーグ(BCリーグ)です。

著者の橋上秀樹は、現役時代にヤクルトなどで、左ピッチャーを得意とするスペシャリスト
として活躍して、野村監督率いる楽天のヘッドコーチなどを経験して、昨年は独立リーグの
新潟アルビレックスベースボールクラブの監督として、チームを優勝に導きました。

<プロを目指すなら「独立リーグ」が近道だ>

もし、私が現在、20歳前後のプロ入り前の若者で、BCリーグのような制度があることを
知っていたら、迷うことなくBCリーグからNPB(プロ野球)に挑戦しようと考えるだろう。
昔のように、高校や大学の選手の受け皿となっていた社会人の企業チームは、休部に
つぐ休部で大幅に減少している。

BCリーグの監督は、すべて元NPB出身者である。直接プロの指導がうけられるのは、
ある意味ここにいるからこその特権なのだ。しかも「BCリーグで2年、もしくは3年プレーして
プロから指名されなければ、その夢はあきらめよう」と覚悟を決めて、その間は必死になって
野球に取り組める。

BCリーグは言い換えれば{東大だけに入るための予備校」だ。東大に入らなければ
意味はない。そうしたがむしゃらさとハングリーさがプロに入るための原動力となる。

本書にも書いたが、BCリーグの監督は「NPBに選手を送り込むこと」、
「チームを優勝させること」、「観客動員を増やすこと」の三つの課題で結果を出す
ことを求められている。監督だって選手と同様にクリアすべき目標があるのだ。

この本を読んで、BCリーグの立場の事や、選手の環境などを初めて知りました。

今の、プロ野球を取り巻く環境は昔と違ってきています。

メジャーリーグとに距離もずいぶん近くなっています。

その一方で、社会人チームは経済界の変化の影響で弱体化が進んでいます。

野球にかける情熱のある若者をサポートするこのようなBCリーグの存在が
今のNPBには必要なのかなと思いました。

こういう環境は、一般的ではありませんが、若者が仕事を始める時期には、
BCリーグの選手のような覚悟を秘めてする人とそうでない人では2、3年後は
かなりの差がつくような気がします。

仕事をしているうちに、その仕事に情熱を燃やして、覚悟を決めて仕事をすると
運も呼び寄せることができて、いい人生を歩めるような気がしました。

サイパンでのゴルフが終わりました。(80台は出なかったけれど・・・)

<今日の表紙>これは何でしょう?
007


答えは、ブログの最後の方に書きますので考えてくださいネ。

さて、今日は、サイパンでの4回目でこの旅行での最後のゴルフを昨日のゴルフ場
ラオラオベイゴルフアンドリゾートのイーストコースをプレーしました。

今日はいいゴルフをするぞと意気込んでスタートしました。

海に近いコースで、すぐそばに青い海が広がって、すばらしいロケーションを味わいました。011


肝心のゴルフはどうだったんでしょう?

海越えのショートホールでの打つ前のポーズです。004


このホールは見事1オンしてパーでした。

今日は、このツアーでは珍しく途中シャワーが降ってきました。

そのせいではないのですが、調子がすこしづつ狂ってきて上がってみれば96でした。

ということで、100、91、100、96でサイパンでの平均スコアは97でした。

これが、いまの実力ということです。

終わってしまえば、無事楽しくゴルフができたことを感謝することと、サイパンでの
4日間が素晴らしくいいお天気で、美しい景色を楽しめたことを幸運に思います。006
012


今日の表紙の前で、記念撮影です。008


僕の後ろは、第二次世界大戦で、実際にサイパンでの戦闘で活躍したアメリカ軍の戦車
です。010


戦争の面影が、ゴルフ場にもありました。

またいつか、サイパンに来て、必ず、80台のゴルフをすることを夢見て今回のゴルフ
のブログを終わります。

    すばらしい景色見ながらゴルフした常夏の島アバヨサイパン



サイパンでの最後のゴルフに行ってきます。

今朝のサイパンです。
001

今回の旅行中は、ずーっといいお天気です。

朝は雲が多いですが、昼になると、いつもの青い空と海が現れます。

これから朝食を食べて、昨日のゴルフ場 ラオラオベイゴルフアンドリゾート東コース
へ行って最後のゴルフです。

100、91、100 ときましたので、今日はいいスコアが出る日だと信じてプレーします。

今回の旅行中は、日本はあいにく寒い日が続いているようですので、気持ちのいい
気候の中、ゴルフができるだけでも幸せかなと思います。

でも、いいスコアが出せるともっと幸せになります。

なーんて考えている僕は結構よくばりなのかな?

こういう性格は、ゴルフには向いていないようです。

ゴルフは、トラブルショットがあった時には、安全な所へ出せば1打だけ余分にたたく
だけなのに、欲を出すともっとトラブルがやってきます。

目の前のショットをどう打つかに集中すれば、終わった時には、結構満足の行くスコア
が待っています。

スタート前は、意外に冷静ですが、プレーをしだすと、性格がもろに顔を出します。

こういう、立派なことを書いたことを忘れないように、最後のゴルフを楽しもうと思います。

では、行ってきまーす!

つれづれジョギング イン サイパン(3)(大漁でした。何が?)

<今日の表紙> ジョギング中に見た今回のサイパンでの一番きれいな夕日
028


今日もホテルから、サイパンの海岸側を走る道路を5キロほどジョギングしました。

ホテル前で、写真を撮ってもらいました。016
(現地人のひとは、チーズではなくてサシミです)

南国情緒あふれる道路です。018


そして、しばらく走ると、最初のジョギングの時に見つけたヤシの実を売っている露店の
そばにテントが出ていました。029


近づきますと、テントの前に、大きな魚(シイラ)が入ったバケツが置いていました。019


そうです。、魚屋さんです。

クーラーボックスの中にいろいろな魚が入っていました。

カツオです。021


シイラです。022


そして、大きなシイラを釣り上げたようなポーズの僕です。027
(気のいい魚屋さんのご協力)

ジョギングをしていると、面白いことに出くわすことがありますね。

今日のジョギングの最後の、そして最高のプレゼントは、今日の表紙の夕日です。028
(もう一度)



一流になるヤツ、二流で終わるヤツ 橋上秀樹著(3)

一流になるヤツ、二流で終わるヤツ 橋上秀樹著 の3回目です。
001



<相手のことを考えられるヤツが伸びる>

野球というスポーツは、心理戦の要素がとても多い。
ピッチャーやバッターなど相手の立場になって考え、相手の動きを読んでいく。
そういった心理戦を制するものが、勝負事も制するのだ。

その意味からも、マナーや礼儀の指導とは、単なる生活態度の指導ではないのだ。
相手の立場になるという、考え方のクセをつけさせるためにおこなうものでもあるのだ。

礼儀やマナーは、何回も繰り返し、無意識にできるようにならなければいけません。
無意識に、相手の考えを読めるクセをつける意味でもこの指導は大事ですね。

<書かせて、言わせることで責任感が生まれる>

相手投手の攻略法を、あえて選手個々にどう攻略すべきかを考えさせ、
さらにノートに書かせて、言わせるようにした。
選手たちが自分で書いて、発言したことにはその言葉に責任感を持つようになるのだ。
こちらがこうしなさいなどと指示した場合の何倍も主体的に、徹底的にやるようになる。

書かせるだけでなく、言わせるという行為に意味があるようです。
やっぱり、人は、人前でいうという行為に自然と責任間が生まれてきます。

禁煙や禁酒やダイエットなどをするという行為でも、ノートに書くだけでなく、
人前で発表する人の方が効果があります。
株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール