2012年12月

平成24年大晦日大祓式と25年前に亡くなった義父のこと

<今日の表紙> 義父が亡くなってから1年半ほどして届きました。
001


今日は、大晦日です。

もうあと少しで、平成25年です。

今年は、僕にとっていろいろなことがありました。

大体の事は、僕のブログを読んでいただくとわかるでしょう。

今は、当然、僕が宮司をしている、日吉神社のある滋賀県高島市安曇川町西万木に
来ています。

大祓式の事は、後に書くとして、ちょっと義父の事を書いておきます。

今朝、西万木の家に帰ったら、今日の表紙の平成元年10月20日の当時の海部首相より
届いた賞状が目に入りました。

ということで、ちょっと25年前に亡くなった義父の事を書こうと思いました。002


義父は、昭和20年2月に靖国神社から、戦争に行きました。004

平成11年に創刊された創立130年記念 やすくにの祈り でも出征の時の記念写真に
坊主頭のたすき姿(右)で写っています。005


そして、満州でソ連軍の捕虜となり、昭和24年に抑留生活を終えて生きて帰ってきました。

帰ってきて地元の日吉神社の宮司として一生を終えました。

いつもは、お酒をよく飲み、朗らかに語ってくれる義父でしたが、
僕が知っている限り、つらかったであろうシベリヤでの抑留生活については一言も
話しませんでした。

亡くなってから、銀杯と賞状が届いたことも、その過酷さゆえなのかなとも思います。

戦争は、絶対してはいけません。という思いが、義父の生き様からも感じられます。

さて、今日は、今年1年間の罪、穢れを祓って、新しい年を迎える準備をする大祓いの
神事を午後8時から始めました。CIMG1914


今日は、日中は風が強い日でしたが、始まるころには、無風で晴れた少し寒い素晴らしい
お天気になり厳かな気持ちで式に臨むことが出来ました。

静寂の中に、僕の祝詞が響きます。CIMG1921


とっても、気持ちのいい今年の大祓式でした。

今日は、日本中の神社で大祓式を行っています。

嫌なことが多かったという1年でも、リセットして新しい年を迎えられる日本です。

いいことが多かったという1年でも、リセットして新しい年を新たに作っていこうと思う日本です。

ということで、また新しい年がやってきます。

真っ白いキャンパスに新しい素敵な画を描きましょう。

     ゆく年のもうすぐ終わる儚さよ春夏秋冬つれづれのとき

今年最後の曲は、やっぱり今年をまとめて惜しむ曲です。

春儚き、夏儚き、秋儚き、冬儚き・・・高橋真梨子 オレンヂ








坂の上の坂 藤原和博著(ハラハラ・ドキドキ・ワクワク・・・)

<今日の表紙> 苦悩する天才バッター イチロー
002


松井秀喜が引退を発表した次の日のNHKのプロフェッショナルでの1コマです。

苦悩するイチローは、とても人間的な魅力を感じました。

スランプに陥っても、自分らしさを貫く意志とトレーニング。

ときどき、イチローは、僕たちの前に、自分をさらけ出してくれます。

僕は、こういうイチローがとても好きです。

今日は、今年最後の本の紹介です。

坂の上の雲でなくて、坂の上の坂  藤原和博著 です。003


約100年前の日露戦争を戦ったときの平均寿命は、今の半分だったそうです。

子供時代をゆったりと過ごして一人前になり、兵役や仕事をして一生懸命生きたら
隠居の時期を迎え、やがて死に至った時代でした。

今の時代は、隠居しても、20年30年と死ぬまでの時間があります。

坂の上にまた坂があるということです。005


この坂を登るために、かなり前から準備をする必要があるということをわかりやすく
著者の経験を踏まえて述べています。008


人生が終わる瞬間まで、ハラハラ、ドキドキ、ワクワクしながら。
顔をほてらせ、やや上をむきながら。

この本は、特に男性のサラリーマンに対して語っています。

個人の成長と自立を考えたとき、組織をあまり過大評価することは危険です。

ピーターの法則によれば、あらゆる組織は無能化するということです。

昇進ができなかった人は、そこのポストで無能レベルにとどまる。

こういう人が、圧倒的に多くなる。

パーキンソンの法則によれば、あらゆる組織は肥大化する ということです。

仕事のできる人が昇進した場合、自分の仕事の領域は広げられることになる。
すなわち組織は大きくなっていきます。
仕事の出来ない無能のリーダーは、仕事ができないから人を集めようとします。

こういう事で、組織に頼っているとリスクの増大に気付かなくなります。

組織内自営業者になることを進めています。

それなりの自分の特化したスキルセットを持つように自分を高めていく。

会社が蓄積した資産を使って、サラリーマンとして自らを磨き上げる。そうすれば
個人をブランド化することも可能です。個人をブランドにできれば、それは会社に
とってもプラスになります。

著者の藤原和博 は、東大から当時黎明期のリクルートに入社して、トップセールスの
営業マンとして活躍します。
病気もあって、ヨーロッパ勤務を経て、成熟社会を体感します。
そして、40歳で会社を辞めて、フェローとして、リクルートと付き合います。
47歳から、5年間都内初の中学校の民間校長として活躍しました。009


著者は、あなたは何処の会社にいたのではなく、あなたは何ができるのですかを
明確に答えることができることが坂の上の坂を登るためにはとっても大事だと語っています。

僕は思います。

この世の中で生きることにとってすごく大事な事は、自分を自分らしく表現する事だと。

会社の中でも、家庭の中でも、趣味などの中でも、そして、夢の中でも。

自分をブランド化する努力を、若い時からしている人は、坂の上の坂を
ハラハラ、ドキドキ、ワクワクして登れるのかな?

僕も、坂の上の坂を登り始めています。

来年は、どんな坂が待っているのでしょう?ハラハラ・ドキドキ・ワクワク・・・

    年老いてワクワクしよう坂の上自分らしさをふりまきながら

      今日の曲は、Mr.Children 祈り 涙の軌道

突然ですが、僕の考える幸せな最後の時

<今日の表紙> 今年最後の初孫の海斗(KAITO)と
003


昨夜は、東京の息子夫婦の家で、夕食をご馳走になって帰ってきました。

海斗と今年最後のご対面です。002


抱き上げると、おしりが重たくて腕がつかれます。

2ヶ月と20日ほどたち、生まれた時の2倍の体重になっています。(7キロ)

突然ですが、ブロガーの人は経験があると思います。
今日は、こういうことをブログにアップしようと思っていても突然起こったことに
変更してしまったことが。

まさに、今日はそれです。

それは、僕の12月20日のブログで選んだ曲から始まっていました。

12月20日は、僕の息子の嫁の誕生日です。

僕は、遅ればせながら、バースデーメールを彼女にしました。

その時に、12月20日のブログで選んだ歌をプレゼントしますとメールしました。

JUJUの「ただいま」という歌です。025


とってもいい夫婦の歌です。

そして、今日、本屋さんに年末年始に読む本を探しに行きました。

本屋さんには、CDも販売していました。

ということで、JUJUの「LIFE STORIES]を買ってきました。026
(帽子がよく似合う歌手です。)

もちろん、ただいま が入っているアルバムです。

そして、残念ながら1人で鍋料理を作って食べながら、CDを聞きました。014
(これは宇宙人料理ではありません。)

最後の5曲(また明日・・・、願い、花がめぐるところへ、ただいま、ありがとう)を
聞いているとなんとも言えない気持ちになりました。024


僕は、突然、僕がこの世の最後を迎えるときに、この曲を流してほしいと思いました。

そういえば、、眼を閉じて意識がないような状態でも、話している声が聞こえる
ということを聞いたことがあります。

映画の1シーンみたいに素敵だなと思いました。

子供から、お父さんしっかり・・・、お父さんありがとう・・・と言ってほしいけれど
そのあとは、このJUJUの最後の5曲をエンドレスで流してほしい。

お葬式で、故人の好きだった歌を流すことはありますが、亡くなるときは、一般的には
病院ですので、ほとんど不可能です。

お医者さんは、結構冷静ですので、そういうサービスをしてほしい。

突然、ビビッと感じたので、今日のブログを変更してアップしました。

そうそう、今日の午前中は、年賀状を書きました。(僕の下手な巳年にちなんだ短歌付き)

皆さんには、3日後にご披露しますね。

あと、今年も2日です。

    天国へ好きなメロディー聞きながら逝けたらいいな映画のように

     今日の曲は、もちろん JUJU 願い

師走つれづれ2(前撮り&バド&エプロン)

<今日の表紙>娘夫婦の前撮り風景
063


昨日は、朝から忙しい1日でした。

いいお天気の中、朝から、娘夫婦の結婚式の前撮りが、マリエールヴィヴィエ
行なわれました。
カメラマンは、大変ですね。(二人のバックは素晴らしい青空でしょう。)

僕も、一昨日のプレゼントのキッチン如意申総料理長オリジナルエプロンをつけて
3ショットしました。068

もちろん、このシーンは、カメラマンは撮ってくれませんでした。

彼らは、1日中カメラに撮りまくられます。

でも彼らの人生でこれだけカメラで撮りまくられることは、二度とないでしょう。
いや、披露宴でのケーキカットはすごいかもしれないね。

その後、愛知県スポーツ会館で、今年最後のバドミントンを家庭婦人のママさんたちと
楽しみました。070


思えば、彼女たちとお知り合いになれて、歳をとっても楽しく体を動かして健康な生活を
贈ることができています。

そして、夜は、僕のミックスダブルスのペアで、僕のブログの2歳の誕生日を一緒にお祝い
をしてくれました田村さんのご自宅で、パーティーです。078

僕がカメラマンですので映っていませんが、男は僕1人の参加でした。

僕は、鶏の丸焼きを2つ持って行って料理しました。

3日前から、僕の行きつけのキッチンヒマラヤで仕込んできました。

鶏のおしりから、色々な野菜やハーブ系の物を入れます。004
007
(食べるのはシメジだけ)

香辛料をかけて1日寝かし、たれをかけてまた1日寝かし,ます。

その後、オーブンで焼いて出来上がりです。072


一昨日僕の会社の忘年会でプレゼントされた、キッチン如意申総料理長オリジナル
エプロンをつけて、早速調理します。075
081


エプロンのおかげか、鶏に暴れられることなく調理でき、美味しく食べていただきました。

その次は、田村さんが購入した、イベリコ豚をみんなで切って頂きました。087


彼女たちは、すごいパワーを持った地球人です。

瞬く間に、鶏の丸焼きは、彼女たちの胃袋に収まりました。

彼女達のパワーをもってすれば、来年もこの地球は大丈夫でしょう。

    近頃の別れの言葉いいお年を名残惜しさが募る年の瀬

今日の曲は、スーザン・ボイル レ・ミゼラブルより夢やぶれて

僕の会社の忘年会はすごい!(忘れられない忘年会)

<今日の表紙>キッチン如意申総料理長用オリジナルエプロン
054
055
ハンフリー・ボガード風の横顔とミチュランの☆☆☆が輝いています。

昨夜は、僕の会社のちょっと遅めの忘年会でした。

会場は、今池の平安ふれあい会館です。

忘年会の始まる前に、山本社長のアイデアで、集合写真を撮りました。

真面目なポーズです。001

自由なポーズです。003


やっぱり自由なポーズの方が生き生きしているよね。(声も出しているんですよ。)

そして、忘年会が始まりました。

乾杯の挨拶を頼まれましたので、かなり手短に挨拶をして乾杯しました。
僕のブログの中で、会社の女性たちにキッチン如意申が人気ですので、昨日のブログは意識して書きましたよなどをお話しました。004


宴会が進んで、恒例の僕の会社の大道芸人 野田君のパフォーマンスです。010

今回は、だれかの洒落た帽子をかぶっているのでいつもよりうまく見えました。

じゃんけん大会の後に、サプライズで、僕と平松さんに皆から
素敵なプレゼントがありました。

まず、平松さんに、釣りをするときの大きなクーラーボックスのプレゼントです。
クーラーボックスの中には、皆が作った魚たちが入っていました。022

お魚さんと記念撮影です。

そして、いよいよ僕へのプレゼントです。

何と、キッチン如意申総料理長オリジナルエプロンです。025
028

しかも、2種類も作ってくれていました。

感激のあまり、今度 キッチン如意申に特別に招待することを約束しました。

それからは、キッチン如意申総料理長と一緒に記念撮影の嵐でした。042
035
044
宇宙人料理で検索するとキッチン如意申がトップに出てきますよと教えていただきました。
もっとも、世界で1軒しか宇宙人料理は作っていませんので当然ですが。

それにしても、僕の会社の社員の企画力にあらためて感激しました。

最後は、山本社長の締めの挨拶です。047


開演前に撮った写真と、宴会のスナップが入った写真を挨拶の途中でいただきました。051
057


カメラマンの田河さんと柴山さん(右)ありがとうございました。053


    人生を楽しくするには企画力みんなに感謝最高でした

        今日の曲は、JUJU ありがとう

役員室午後三時 城山三郎著

<今日の表紙> マッターホルンのゴールデンモルゲンロート(朝焼け)
103


何と言っても、今年最高の景色です。(今日のマッターホルンの夜明け参照

8月15日のツェルマットの日本人橋から眺めた早朝のマッターホルンです。

まさに、神の山という表現がぴったりの景色でした。


さて今日は、僕のお客様の会社の社長に勧められて読んだ本を紹介します。

やはり、それなりの人に紹介された本は、はずれが少ない様に思います。

ということで、この本も、すごく面白かったです。

城山三郎著の 役員室午後三時 です。001


ご存知のように、著者は2007年に亡くなっています。

名古屋生まれで、多くの著書を残しています。003


色々な経済界の有名な人をモデルにした小説を多数書いています。

この小説は、明らかにモデルは カネボウ です。

この作品は、昭和46年 ちょうど僕が20歳の頃の作品です。

経営者のあるべき姿の難しさを表わしています。

というのは、この小説での繊維業界は、斜陽産業になってきている時代背景です。

この小説のネーミングは、華王紡の役員会が午後3時から始まるのと紡績事業が
午後三時の斜陽産業だということを意味しています。002


戦前の華王紡の隆盛を継いで社長になった先代社長の息子 藤堂 は戦後の
会社経営に全力で当たり一応の成果を出しました。

その成果の陰に、のちに対立して社長になる 矢吹 の努力がありました。

藤堂は、会社を家族主義的な経営で運営しようとしています。

矢吹は、会社を運命共同体として見ています。

家族主義と運命共同体 似ているように見えますが、ニュアンスは対照的です。

この二人を中心とした 人間模様が 今の時代でも通じる新鮮さを持って
語りかけてくれます。

社長という立場は、今も昔も 会社に対する愛情は誰にも負けてはいけません。

しかし、時代の流れに逆らい過去の栄光に執着する考えで権力をふるう藤堂社長と
時代の流れを察知して、嫌な数字の具体的な把握と対策をする勇気をふるった矢吹
との対決は、この小説の最大のクライマックスです。

斜陽化した業界の中で生き抜く知恵と勇気を与えてくれる物語のようです。

自分の会社はどうなのかな?と少しチェックする機会になるような小説ですよ。

    経営はロマンと数字携えて楽しく進むアワーウェイかな

       今日の曲は、中島みゆき 暦売りの歌


 

キッチン如意申(にょいさる)年末特別メニュー(すき焼き星人のノロノロとじすき)

<今日の料理 クリスマス・イブの最強のふたり(ホテルプラザ勝川レストランソレイユ)
008


今日の表紙は、僕の師匠 ホテルプラザ勝川大鹿シェフとの2ショットです。

彼は、今週のCCNetで、大宮弓絵さんの番組で料理を教えています。

彼と僕の共通点は、春日井に住む子供たちのために料理で貢献していることです。

彼は、子供たちの食育ということで、小学校や中学校の給食のメニューの開発や教育を
しています。

キッチン如意申のシェフの僕は、子供たちに悪さをする宇宙人たちを料理して子供たちを
守っています。

昨夜は、大鹿シェフの素晴らしく美味しいクリスマスディナーの視察に行きました。

クリスマススペシャルデセールです。007


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
少し、おさらいをしますが、キッチン如意申は、僕の家が如意申町にあることからつけた
名前です。(もちろん実在はしません。)
子供たちが風邪を引いたり、お腹が痛くなったり、夏バテをしたりして元気がなくなったり
するのは、宇宙人がばらまくばい菌や、ウィルスのせいだという設定がなされています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、最近、冬休みになってもノロノロして元気がなくなっている子供たちが
多くなっています。

キッチン如意申には、そういう子供たちに困って、子供たちを連れてくるお父さんが
多くなりました。

キッチン如意申のシェフがお父さんに言いました。

お父さん、よく来てくれましたね。
子供がノロノロしだしたのは、すき焼き星人がまき散らすノロノロウィルスのせいです。
このウィルスは感染力が非常に強くいま退治しないとこの美しい地球が大変なことに
なります。
みんながノロノロしだして今年が終わらなくなります。

さあ、早速すき焼き星人を退治するスペシャルメニュー「すき焼き星人のノロノロとじすき」
を作りましょう。

すき焼き星人は、牛肉の形をしています。
そして、宇宙人の中では、猛牛に似て一番狂暴です。

でも、安心してください。
キッチン如意申では、先日宇宙人料理栄誉賞の受賞でいただいた瀬戸本業窯の三彩
があります。005

これにすき焼き星人を乗せるとおとなしくなるのです。012


すき焼き星人は、自分の味方にと、地球の野菜たちをすでに集合させています。010


すき焼き星人をすき焼き鍋に入れると、野菜たちもそのあとに続きます。015


すき焼き星人の存在がすっかり隠れます。

このままでは、すき焼き星人は、ノロノロウィルスを出し続けます。

ここで、シェフの味方の卵マンの登場です。016


すき焼き星人と野菜たちが煮えたことを確認して卵マンに絡めます。018


さあ、今だ!子供たち ノロノロしないで、一気にすき焼き星人を食べるんだ。

子供たちは最初はノロノロして食べていましたが、そのうち 美味しい美味しいと言って
素早く食べだしました。

少し、残りましたが、この残りで、地球上のノロノロしている人を救うお薬を作ります。025


悪いすき焼き星人を君たちが退治してくれて、この美しい地球が救われたよ。

これで、あと1週間で2013年を迎えられる。

子供たち、君たちはすでにヒーローだ!

今日は、いつもの僕のつたない短歌と違って、ここまで、笑って読んでいただいたあなたへ
僕から素敵な、ちょっと切ないクリスマス・イブの歌をプレゼントします。
昨日の朝日新聞の天声人語での歌人 小島ゆかりさんの歌です。

    待つ人はつねに来る人より多くこの街にまた聖夜ちかづく

       今日の曲は、B'z いつかのメリークリスマス

株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール

株式会社中日映像出版
会長